彼氏から『この女は一人でも生きられそう』と思われてしまう人の特徴!あなたは大丈夫?

彼氏から『この女は一人でも生きられそう』と思われたら悲しいですよね。

男はこれを感じたら気持ちが冷めますから、そうなれば別れるのも時間の問題になってしまいます。

 

それに、『一人でも生きられそうな女』と思われること自体嫌なのでは?

『全然私のこと分かってない!』と感じますよね。

一方で男は、そんな女性の気持ちなんて知らずに、ある程度の傾向があると『一人でも生きられそう』と感じだします。

以下ではそんな、一人でも生きられそうと思われる女の特徴について書いていきます。

 

あくまで男の一方的な都合や主張になりますが、参考になれば幸いです。

一人でも生きられそうと思われる女の特徴

一人でも生きられそうと思われる女性の特徴は以下のようになります。

男は『自分といるよりも楽しいようだ』『一緒にいてもつまらないらしい』と感じたら、『一人でも生きられそう』と感じる傾向があります。

なので、誤解を与えるような言動をしてしまう場合には、考え直してみるのも一つの選択肢です。

デートよりも飲み会優先

デートよりも飲み会を優先する女性には、『一人でも生きられそう』と感じる男が多いようです。

もちろんその飲み会が大切なものならば彼氏も全然理解するでしょうが、職場での普通の飲み会だったりすると『そういう仲間がいればOKなんだな』『そっちの方が大事なんだな』と男は感じます。

 

というのも、彼氏ができると『何よりも彼氏が優先』とこんな状態になる女性が多いでしょう。

中には、『予定を作ってしまうと彼氏から連絡があった時に会えないから』と一切入れない人もいます。

もちろんそこまでしてほしいと思う男は少ないですが、男はそういう女性と付き合っていることが多いのです。

 

そのため、いつ『会おう』と誘っても『空いてない』と言われてしまったり、『何があるの?』と聞くと『職場の仲間と飲む』と毎回返ってくるようだと、どうしても『そういう仲間がいればいいんだな』『本当に恋愛する気あるのかな?』と感じます。

なので、あまりにもいつものメンバーを大切にし過ぎると、彼氏からは『一人でも生きられそう』と思われてしまう可能性があります。

 

もちろん、いつものメンバーが大切だったり楽しいのは分かるのですが、一方で誰かの彼女になったら、『ある程度はそこに時間を割く努力』もした方がいいのかもしれません。

それに嫉妬深い男だったら、そのメンバーの中に気になる男がいるとか疑い始めます。

こうなったら本当に面倒くさいですよ。

彼氏は無意識に『この女は一人でも生きられそうだから俺は不要』と感じている一方で、嫉妬しているため別れないのです。

つまり、何を目指して付き合っているのかさっぱりな状態です。

 

ですから、色々誤解されない努力も大切です。

何より男は『彼氏ができてからも今まで通り遊びたい』と言う女性には未来を見ません。

それを言われた時点で割り切った関係にしてしまうので注意しましょう。

彼氏よりも仲間を信頼する

『彼氏よりも仲間を信頼する』これも、一人でも生きられそうと思われる特徴です。

例えば、彼氏がAと言ったことに対し仲間がBと言ったら、あなたはどちらを信頼しますか?

これ、一般的に信頼できるのは仲間の『B』だと考えられます。

仲間は客観的ですし交友期間も長いでしょう、そして何より、損得なしにあなたのために言ってくれているはずです。

 

一方で彼氏の『A』は、ある程度自分の都合が含まれています。

例えば、男性経験がない女性に対し旅行に行こうと提案してきた場合、半分は下心で残りは発展させたい気持ちです。

こんな提案をされたら仲間に相談しますよね。

そして仲間が『まだ早い、やめておけ』と言ったらそれを信じるのでは?

 

しかし彼氏は『俺を信用できないの?仲間の言葉を信じるんだ…』となる訳です。

こういう展開になると、『俺よりも仲間といればいいんじゃない?』とか、『きっと仲間がいれば一人でも生きられるよ』とかこんな風になります。

 

この判断難しいですよね。

信頼できそうなのは仲間の『B』ですが、彼氏の『A』が必ずしも間違っているとは限らない、とこんな局面ですから。

こういう時に大切なのは、『信じること、そして騙される勇気を持つこと』です。

 

結局、ここで彼氏を信じなかったら次の彼氏でも同じような展開になります。

要するにこれは、乗り越えるべき壁なんです。

もちろん、旅行に行った結果遊びだったとかこういうのもないとは言えません。

しかしながら、『誰との未来を最も大切にしたいか?』という決断はとても大切ですし、当然誰を選んだかは彼氏にも伝わります。

 

なので、『一人でも生きられそう』と思われないためには極力彼氏を一番に信頼しましょう。

もちろん『違う』と感じることを指摘するのは全然良いですが、それでも男は、基本的には信じてついてきてくれる女を生涯のパートナーに選ぶので、この考え方は大切ですよ。

あらゆることに拘りが強い

あらゆることに対して拘りが強い女性も、一人でも生きられそうと思われる傾向があります。

例えばですが、『夜は23時に寝て、朝は7時起き、朝食は○○、昼食は○○、週に5日ジムで運動をして、月に20冊読書するのがノルマ』とか、こういう決まりがあり、彼氏がいてもそれを一切曲げない女性だと、『恋愛が向いていない女だ』と思われてしまうかもしれません。

やりたいことや日常にノルマがあるのは本当に良いことですが、恋愛は他人と時間を共有することで成立します。

そのため、『何一つ変えられない』という場合、一人でも生きられそうと思われても無理はありません。

 

実際友人にこういう女性がいますが、やっぱり彼氏ができませんし、できてもすぐに別れてしまっています。

彼女自身、『私は恋愛が向いていない』と言っています。

 

なので、もしあなたが拘りが強いタイプで、恋愛がしたいとか将来的に結婚したいと思っているのなら、譲ることも受け入れた方がいいですよ。

人のペースに完全に合わせてくれる他人ってきっといないので、独りの人生は寂しいなと思うのならば、変わることも考えてみましょう。

仕事への情熱が強すぎる

仕事への情熱が強すぎる女性も、一般的には『一人でも生きられそう』と思われます。

私はこういう女性が好きでむしろ応援したくなるんですけどね。

ですが殆どの男は、『自分よりも仕事に熱中されている』という状態だと良く思わないようです。

 

男は独占欲が強いので、彼女の気が他のものに逸れているのが嫌なのかもしれません。

交際をするのなら自分に夢中になってほしく、『仕事さえ手につかない』とかこんな状態が望ましいと考える男が多いです。

なので、あまりにも仕事だけになっていると『一人でも生きられそうだな』とか言われるかもしれません。

 

これに関しては対処が難しいですが、あくまで個人的には、熱中できる仕事を持っているのならば理解者を探した方がいいように思います。

自分が状況を変えるのではなく相手に分かってもらうことで解決しますし、何より、仕事が忙しいのはお互い様のはずです。

女性は割と男の仕事を理解してくれますが、男は女の仕事を今まで理解しないできましたよね。

でも、これからの世の中は違うんじゃないかと思いますし、理解されて当たり前に変わっていくのかなと感じています。

なので、現状では『仕事に夢中な女性は一人でも生きられそう』と思われるとしても、『仕事が好きなこととパートナーが欲しいことは別』と男性が分かるまで貫き通し、『仕事か恋愛か』という選択が不要な状態になるのが望ましいかもですね。

一人でも生きられそうな女の特徴と共通点

一人でも生きられそうと思われる女性の特徴は、『楽しい』と感じる基準が『彼氏<他のこと』となっている人です。

彼氏がいても『他のことが楽しいからデートに時間を割きたくない』と本音では思っているようだと、それは彼氏にも伝わる可能性があります。

『俺がいないとダメだな』と思われる女性の場合、他を楽しみつつも一番は明確に彼氏なんです。

そのため、それまでどんなに楽しいことがあっても、彼氏ができたら生活スタイルを変えたりもするので、それが男性には良い印象を与えます。

 

もちろん、どの選択が正しいかなんて分かりません。

ただし、その彼氏と本気で結婚を考えている場合にはプライベートを譲歩できた方が良いでしょう。

男としては、自分といることを最優先にしたい女と結婚したいですし、彼氏ができても他を優先するタイプだと『結婚後も夜遊びとかするんだろうな』という印象になってしまいます。

なので、『真剣だ』と思わせたいのならば、ある程度男性の心理に寄り添った方がいいかもしれませんね。

これからの人生を真剣に考えてみよう

『一人でも生きられそう』と言われた時に重要なのは、『それをマイナスに捉えるのか?プラスに捉えるのか?』ということのはずです。

女性はこれを言われると『分かってない』『私、女としてどうなの?』とネガティブ要素として捉える傾向がありますよね。

しかしながら、冷静に考えてみると必ずしもそうではないです。

 

というのも、もしかしたら無意識には結婚や特定のパートナーに縛られることは望んでおらず、現状『したい』と思っているのは流されているだけかもしれません。

なので、『生きられそう』と言われたのならばこれからについてじっくり考えてみるのもアリだと思いますよ。

もちろん、『結婚したいと』と思うのならば譲るなり分かってもらうなりの努力もアリです。

いずれにせよ、『単純にショックを受けて落ち込む』のだと時間がもったいないので、『ならばどうするべきか?私はどうなりたいのか?』と考えることで、次のステージに進めるかもしれません。

最後に

『一人でも生きられそう』これって女性が主に言われる言葉ですが、男性にも当てはまりますよね。

また男の場合、これを言われたら『自分はしっかりしている』と捉えるような気がします。

このように言葉は捉え方次第なので、発想を切り替えてみましょう。