映画に誘う男性心理!ただの友達のはずなのに誘ってくるのはどんな理由?

ただの友達のはずなのに映画に誘ってくる男っていませんか?

二人きりで映画に誘われると、『どういうこと?』『友達だよね?』と色々詮索してしまうのでは?

男女での映画って『デート』という印象が強いですからね。

それに、映画と言えばそこから発展したり上映中に手を握られたりとかこんなことも実際にあります。

なので、『なんで映画に誘うの?』と分からなくなるのも当たり前です。

 

男が、女友達を映画に誘う理由はいくつかあります。

以下ではその心理を紹介していきます。

実は好意を持っている

まず考えられるのは、『実は好意を持っているけど、友達として定着し過ぎているため映画をきっかけに発展させたい』というものです。

親しくなり過ぎると気になっていてもなかなか難しいですからね。

下手に動くと今の関係性が壊れてしまいますし、『今を大切にしたい』という葛藤もあるため、そんな中で絞り出したのが映画に誘うという選択です。

 

映画だと、『デートっぽいけどギリギリ友達でもOKなライン』ではないでしょうか?

男の狙いはそこです。

『あまり意識させ過ぎない一方で、普通の友達関係から前進させる』ということです。

それに、映画が成功したら『今度はドライブに行こうよ』とかこんなことも言えるので、展開を作りやすい訳です。

恋愛の話に発展させやすい

気になる異性と映画を見るメリットは、恋愛の話をしやすいということです。

映画を見たら感想を言ったりしますよね、その流れで、好きなタイプを聞いたりどんな交際が理想かなどを確認したりできるので、そういう意図があって誘う男もいます。

 

またこれは、恋愛系の映画じゃなくてもできる会話です。

というのも、たいていの映画には恋愛のシーンが含まれますよね。

アクションでもホラーでも、男女の色々というのは一般的に描かれるので、そういう意味でも映画って発展させたいとか相手の情報が知りたい時には役に立ちます。

 

一般論として、女性の恋愛観や異性の好みを聞き出すのは簡単ではないので、男はきっかけを作りたい訳です。

一方で女性は、きっかけさえあればしっかり語ってくれるので、その点で映画に誘うと期待通りに聞き出せたりもするので、そんな目的で誘う男性もいます。

ですから映画に誘われた場合、そういう質問をされると思っていた方がいいかもしれません。

男は常に目的を持って行動しているので、誘ってくるということは『恋愛感情』『下心』などの何かがあると思っていいです。

もちろん、全ての男がそうではないですけどね。

それでも、そのくらいに思っておくと男の心理が見えてきますよ。

チャンスがあったら手を繋ぎたい

ちなみに、映画中にチャンスがあったら手を繋ぎたいと考えている男もいます。

例えばホラーとかサスペンス系ならば、怖がる女性もいますよね。

こういうのだと、友達関係でも手を繋いだりできてしまうので、それを狙っていたりもします。

他にも、恋愛映画を見て良い雰囲気の時にという一般的なパターンもあります。

 

いずれにせよ男は、女性に触れたいと思っていますし、映画というのは最高のシチュエーションだったりもするのです。

 

また手を繋ぐとかのボディータッチがあると、そこから発展することも全然ありますよね。

最終的な狙いはこれです。

それが真剣なのか一時的なのかは本人次第ですが、『手を繋いだ』という事実を作れば友達から一歩前進であるためその先に進みやすい訳です。

なので、手を繋ぎたい男は多いですし、一般的には『映画に誘ってくる全ての男がそう思っている』と捉えて間違いないです。

 

ただし、実際に行動するかはまた別です。

こういうのはタイミングが合わないと出来ませんし、映画館ってそれなりに緊張する場所なので、実は簡単ではないのです。

それに、拒まれたら相当気まずいですからね。

そんなこともあり、『男性心理的には握りたいがハードルが高い』といった感じです。

 

なので、もしあなたがOKならば、そっと彼側に手を差し出してあげましょう。

親しいから誘っているだけ

続いて考えられるのは、恋愛とか下心とかは抜きで、親しいから映画に誘っているだけという状況です。

一般的な男性心理としては、『女性と関わるのならば男女の関係に発展させたい』と思うのが基本ですが、それでも中には、『そういうのは望まない』という心理状態になる人もいます。

例えば、本当に親しい関係の場合『下心を出して険悪になる』『女として見た結果疎遠になる』これらの方がデメリットなのです。

それよりも、友達として楽しく過ごせた方が有意義なので、男性的な欲求は隠したり抑えたりもします。

 

一方で、男は何に対してもメリットデメリットで考える傾向があります。

そのため、本音としては異性として惹かれていても、心理的な部分で『それをするべきではない』と感じたのならばブレーキがかかることがある訳です。

従って、親友のように親しい場合には、映画に誘ってきたとしてもそれは純粋に友達として楽しむことが目的で、それ以外の思惑はないことが多いと言えそうです。

女性と見たい映画だった

下心や恋愛感情があるのではなく、単純に女性と見たい映画だから誘ったとか、これも考えられます。

例えば恋愛系の映画ならば、男同士で見に行くものでもないですから、一人か女性と一緒という形になります。

こういう状況の時に、『誘える相手がいたら誘おう』と考える男性もいますので、単純にこのパターンだった可能性もあります。

 

一方でこういう男性は、意識していないことが明白な場合が多いです。

つまり、あなたに好意がないことがはっきりしていて、誘う際にも『誰かと一緒に見たいから』とか『一人で見るのは違うから』といったようにちゃんと理由を伝えてくるはずです。

なので、そう言われたのならば警戒する必要はないでしょうし、あなたも映画好きの場合、映画友達になれる可能性もあるので、もしかしたらお互いにメリットアリの関係です。

重要なのは誘われ方

映画に誘う男性心理、これを考える時の基本は、『どんな誘い方をしてきたか?』です。

例えば、『○○という作品を見たいから付き合ってくれ』と言われたら単なる友達の可能性が高いですが、『映画でも行かない?』と誘われた場合には恋愛対象と思われていることが多いです。

気になっている場合、映画というのは発展させるための口実に過ぎないので、何を観るかは重要ではないのです。

それよりも『誰と行くか?』が男性の重要事項なので、『どうやら私と行きたいらしい』と感じたら、脈アリと捉えてみましょう。

一方で、映画そのものが目的のようならば脈は薄いので、その場合には緊張せずに友人との映画を楽しむと良さそうです。

 

映画に誘われると困惑しますよね。

確かに男も、映画ならば気になる女性と行きたい場合が多いです。

しかしながら、友達女性を誘う場合には色々な心理がありますので、冷静にそれを探ってみましょう。

デートっぽくなるので綺麗な子と見たい

ちなみに、男性心理的な部分で考えると、『映画を見るのならば綺麗な子と一緒がいい』と一般的には考えます。

というのも、映画ってデートっぽいですよね。

実際にはデートではなく単なる友達同士でも、周りにはカップルのように見えるでしょう。

 

男は一般的に『連れて歩くのならば綺麗な子』と考えるため、その点で映画に誘われたら、『あなたは彼にとって綺麗な存在』である可能性が高いです。

恋愛感情の有無は別として、外見はそう思われていると捉えてOKです。

なので、もし相手のことが好きならば、男性側が現段階ではまだ意識していないようでも、十分チャンスはありますよ。

最後に

映画って何かときっかけになりやすいです。

また、勇気がいるでしょうが、状況的には女性から手を繋げた方がスムーズです。

男は女からのスキンシップを原則拒みませんからね。

それに映画中ならば、『感情的になっている』『怖がっている』など、どんな理由でも手を握るくらい自然な流れとして許されますので、もし勇気があったら、手を握り彼の方に身を寄せてみるのもアリかもしれませんよ。

【関連記事】
ドライブデートに誘う男性心理!男の目的と車内で女性がチェックされるポイント