女性から食事に誘われた時の男性心理と男がOKしたくなる誘い方!お勧めはこれ!

女性から男性を食事に誘うって勇気がいりますよね。

『断られたら…』『素っ気なくされたら』などを考えると、『自分から誘うなんてできない』と思ってしまうのでは?

そういう気持ちも分かります、しかし、女性から誘った方が食事の成功率は圧倒的に高くなります。

 

基本的に男と女では、『異性から誘われること』に対して捉え方が違います。

女性は男から食事に誘われたら警戒しますよね。

『下心があるんじゃないか?』『その場所は安全か?』『しつこくされたりしないか?』といったように色々考えてしまうでしょう。

一方の男は、女性から食事に誘われてもそんなことは考えません。

だから成功率が高いのです。

その点では、勇気を持って誘ってしまった方が得ですよ。

 

この記事では、女性から食事に誘われた時の男性心理と男がOKしたくなる誘い方について書いていきます。

基本的に男はOKしやすいですが、それでもコツがありますので、その辺を解説します。

女性から誘われたら男は基本嬉しい

まず、女性から食事に誘われた時の男性心理ですが、『基本嬉しい』と言えます。

先ほども書いたように、男は女性から誘われてもまず警戒しません。

それに、女性から誘われる機会も一般的には多いとは言えません。

そして何より、男は基本的に女を食事に誘いたいんです。

そのため女性の方から誘ってきてくれたら、それほど楽で嬉しいことはない訳です。

 

こんな理由からも、『女性から食事に誘う』って成功率が高いのです。

もちろん断る男もいますが、それでも男は『その異性と食事をするかどうか』ということについて女性ほど真剣には考えないことが普通です。

例えば女性ならば、食事に誘われたら『これをOKしたら相手の好意に答えることになるし、私は好きじゃないから無理』とかかなり真剣に考えませんか?

もちろんこの辺は個人差があるんでしょうけどね。

 

しかし男は、誘われたら『食事?行く行く!』とかこのくらい軽く捉えることが普通です。

つまり、『その女性を好きかどうか』というのをその時点では考えず、一先ず食事を楽しみたいと思うため、だから成功率が高いのです。

好意がない女性からでも嬉しいもの?

では、好意がない女性から誘われても嬉しいのか?ということですが、これも嬉しい場合が多いです。

これに関しても、男女で大きく考え方が異なる部分です。

女性は『好意がない=食事をする理由がない』となりますよね。

女性の場合、『食事をするのは少しでもその先を感じているから』でしょう。

 

しかし男は、好意がなくても女性との食事そのものが楽しい場合もあります。

何より男は、引くかもしれませんが女性よりも許容範囲が広いです。

さらに、『好きかどうか』の他に『アリかナシか』という基準もあります。

そのため好きレベルではなくても、『アリな女性』に誘われたら全然OKします。

そういう女性とだったら食事をしたり遊んだり、こういうのは普通にやりたいことなので、むしろ断る理由がない訳です。

 

それに男は、アリな女性とならば真剣交際に発展する可能性が十分にありますよ。

アリって要するに、『外見が受け入れられるレベル』ということですから、単純にその時点では好意がないだけで、話してみたら好きになる可能性は十分にある訳です。

この辺の男性心理って単純ですから、気になる男性がいるのならば積極的に誘ってみた方がいいかもしれません。

食事に誘われた時の男性心理

ここからは、女性から食事に誘われた時の具体的な男性心理です。

女性としても、OKしてくれたのは良いとしても、『なぜOKしたのか?』というのが知りたいですよね。

これまで書いてきた通り、男は必ずしも脈アリだからOKとは限りません。

以下では、そんな男性心理を紹介します。

ついつい下心を持ってしまう

引くかもしれませんが、女性から食事に誘われるとついつい下心を持ってしまう部分はどうしてもあります。

男は女性の言動に過剰に期待するので、『食事に行かない?』と言われるだけで、『その日何かがあるかも』と考えたりするわけです。

実際に当日は、普段よりも気合入れて行ったりしますからね^^

そしたら単なる恋愛相談だったりもする訳ですが、いずれにせよ男は、女性から誘われるとかなり期待します。

要するに、よほどの好条件とかイケメンじゃない限り誘われる機会はそのくらいないという訳です。

ですから逆に考えれば、『この男の心理を利用すれば女性は色々得できる』ということです。

 

『男はまず断らない』『下心を持つ』これを理解していれば、それを利用して奢ってもらうことも可能ですよね。

実際に食事に行って、イケそうだと感じたら奢っちゃいますからね。

でも実際には何もできなかったりもするので、上手く利用すれば下心って使えますよ。

 

いずれにせよ男は、女性から誘われたらある程度の下心を持っています。

これはどんな男でも確実です。

職場のデキる上司でも、紳士的な男性でも、親友のような男友達でも、たいていの場合はありますので、そういうものだと思っていた方がいいかもです。

女性が自分に脈アリだとワクワクする

食事に誘われるということは、その女性が自分に脈アリの可能性もありますよね。

そういうことを考えるとワクワクしたりもします。

そして『好かれている』ということを意識して格好つけたりもするものです。

 

男は普段から格好つけたりしますが、さらに格好つけるのが『好かれている』と分かった時なんです。

やはり、自分に好意を持っている女性には『良く見せたい』という心理が働きますからね。

そんなこともあり、イケメンや大人の男を気取ったりもする訳です。

そのため、『実際には何でもない話だった』とかだとかなりガッカリしますし、『俺の時間を返せ!』と思う人もいます。

もちろん、全ての男がこんな風に勘違いする訳ではないので心配する必要はないですが、それでも『この女性は自分に好意を持っている』と分かると、殆どの男は意識して気取ったりするので、もしも食事中にそんな姿勢が見えたら、『この人は、私が好意を持っていると思っているのね』と考えてみましょう。

そうすると、その後のプランが立てやすくなってきます。

何の話かな?と動揺する

一方で、そこまで親しくない女性から食事に誘われた場合、さすがに男も『期待よりも何?』と思うのが一般的です。

そんなに接点がない職場の後輩とか、このくらいの距離感の女性に誘われてもさすがに期待はしませんが、少しだけ『もしかしたら告白?』と思ってしまうのも事実です。

でもたいていの場合、こういうのって共通の友人の相談とか、『他に話せる人がいなくて』といったような類の話ですよね。

男もこの辺は分かっているので、基本的には『何の話かな?』と思う訳です。

 

そのため、意表をついて『実は前から好きでした!』と告白してしまうと、案外上手くいく可能性があります。

というのも、男としても全く身構えていない訳ですし、完全ノーマークの女性がいきなり好きと言ってくるので訳が分からなくなるのです。

一方で男性は、そういうのも嫌いではないですし、何より『好き』とか言われたら意識をします。

そのため、『答えはいつでもいいので』と敢えて保留にしておくと、『まだ何も知らないけど、友達からなら』とかOKしてくれる場合もあります。

 

この辺は男女の違いですね。

男はどうしても、『チャンスを逃したくない』と考えるため、好きと言ってくれる女性がいたら『許容範囲』ならば意識してしまいます。

ですから、そんな心理を揺さぶる方法をとってみるのも意外とアリかもしれません。

OKしたくなる誘い方とは

女性から食事に誘われたら、断る男の方が基本的には少ない訳ですが、それでも『OK率が高い誘い方』というのがあります。

というのも誘い方って大切で、言い方次第では『断りやすくさせてしまう』のです。

それだと、男性の本音としてはOKしたいのに、誘導的に断ってしまう場合もあります。

なのでそうならないように、OKしやすい言い回しを意識しましょう。

 

具体的には、『敢えて理由を伝えない』これを心がけることです。

例えば、『今度の金曜日、もし忙しくなかったら食事に行かない?』と誘った場合と、『今度食事に行かない?』だったら、後者の方が圧倒的にOKしやすいです。

というのも前者は、気持ち的にはOKでも、金曜日がダメだったらそれで終了ですからね。

それにこの誘い方だと『そんなに行きたい訳でもない』とも取れます。

 

女性の場合、このように曜日を指定して誘ってくれた方が断りやすいため有り難いのではないでしょうか?

しかし男は、基本的にOKなのでそういう誘い方は不要です。

ですから男性を誘う時には、『今度食事に行かない?』とか曖昧にしてみましょう。

こうすれば、『いいよ、いつにする?』といったように、男がリードしてくれます。

 

これに関しては、相談をしたいとか引っ越しを手伝ってもらいたいとか、どんな状況でも同じです。

男としても、『友達のことで相談があるんだけど食事に行かない?』と誘われたら、それが面倒だったら『ちょっと忙しいな』と断ります。

引っ越しも同様に、事前に聞かされたら『面倒くさい』とか『忙しい』と断るでしょう。

なので、ずるい誘い方に思うかもしれませんが、男を誘う際には『食事に行かない?』『日曜私のうちで食事でもしない?』とかこんな感じが良いです。

そしてOKしてもらった上で、『実は相談があって』『日曜日引っ越しだから手伝ってほしいの』と伝えれば、『だったら無理』と言う男は少ないので、こんな風に誘うようにすればOK率は格段にUPしますよ。

最後に

モテない男の中には、『女が誘ってくるのはどうせ利用目的だ』と完全に卑屈になっている人もいて、そういう人は曖昧な誘い方をすると『何の用?』と確認してきます。

一方でモテる人は、利用されながらも落としに行く人が多いので、女性も『ずるい誘い方をするのはどうなのか…』とあんまり気にしなくていいかもです。

いずれにせよ、女性から誘われたら一般的にはOKする男が多いです。

なので勇気を持ってみると、色々楽しいかもしれませんね。