40歳代で恋愛するのが面倒な女性にはこんな方法がお勧め!負担にならない恋愛術

40歳代になると恋愛が面倒になったりしませんか?

『しばらく恋愛していないこともあり、またするのが正直面倒』『色々考えるとフリーの方が楽』といったように、人生経験が豊富だからこそ『恋愛なんて面倒だ』と感じてしまうこともありますよね。

その一方で、『このままずっと一人でいるのもどうなんだろうか?』という悩みや葛藤もあるなど、自分でもよく分からない状態になるのでは?

つまり、『恋愛するのは面倒だけど異性と関わりたい部分もある』とこんな感じで、なんとも答えが出ないところでしょう。

 

このような、悶々とした気持ちを抱えながら日々生きている40歳代女性は多いみたいですよ。

でも40歳代になると、なかなか自分について話す機会がなかったり、相談できる相手も少ないこともあり皆自分の中にしまい込んでいるようです。

 

『40歳代で恋愛するのが面倒』この状態ってとても複雑で難しいものだと思います。

一方で、解決できる方法もあります。

以下ではそんな、恋愛するのが面倒だと感じてしまう40歳代女性向けに、『こんな方法ならば負担にならない』と思えるやり方を紹介します。

恋愛に対する捉え方を変えてみることで楽になれることもありますので、良かったら参考にして下さい。

交際という形に捉われない

最初に重要なのは、交際という形に捉われないことです。

『交際』で考えると、色々なことが頭を過って『恋愛って面倒だ』と感じてしまうのでは?

40歳代ならばそれなりに経験もあるでしょうし、自分のことだけでなく、人の恋愛もたくさん見てきているでしょう。

そのため、恋愛の悪い部分もたくさん知っている訳です。

 

さらにしばらく恋愛していないのならば、『フリーでいた方が楽』と思うことは当然です。

パートナーがいるとどうしても、『時間』『曜日』に縛られ、美容や体型管理に気を遣い、毎日連絡をしたり、時には意見の衝突があったり喧嘩もあります。

それに、女性でもある程度の出費がありますからね。

こういうことを考えると、感情や幸福的な部分を除けば恋愛はデメリットも多数なので、その点では『面倒だ』と感じるのも無理はありませんし、フリー期間が長いほど『一人の方が良い』と感じてしまうものです。

 

しかしそれは、一般的な恋愛をしてきたからです。

つまり『付き合う』とか『好き』に拘って恋愛したからこそ、悪い部分や大変な面も経験して、結果的に面倒だと感じるようになったのです。

なのでこれからは、交際という形に捉われないでみることも一つの選択です。

恋愛って『好き同士が付き合う』というのが当たり前だと思われがちですが、それだけではないはずです。

それ以外にも、『各々の目的のために関わる』とかこんなスタイルもあります。

ですから今後は、そんな考え方に変えてみるのもアリかもしれませんよ。

何より、もしかしたら今のあなたは、気持ちで繋がるパートナーを求めていない可能性もあります。

そこも含め、恋愛に対する考え方を根底から変えてみることも、面倒にならないための方法です。

一人に絞るという常識に縛られない

恋愛をする場合、一人の相手に絞ることが一般的ですよね。

これに関しても疑ってみるといいかもしれません。

 

例えば彼氏がいる時に、『他の男性が気になった』ということがありませんか?

でも普通ならば、『彼氏がいるからそのまま進んだら浮気になる』『気が紛れるなんて私は何をやっているんだ』と思いますよね。

でもこういうのも、自分が興味を持ったのならば積極的になっていいのかもしれません。

もちろん彼氏に対しては、予め『一人には絞らない』と伝えておく必要がありますが、それさえしてしまえば気持ちに素直になれて楽しいと思いませんか?

 

恋愛が面倒になる40歳代女性って、真面目な人が多いように思います。

何でも真剣に考えるからこそ、例えば一つの裏切りによって何も信じられなくなり、結果的に面倒になってしまうとか、こういうこともあるでしょう。

つまり、『自分だけが真面目』だと疲れてしまう訳です。

正義感だったり思い込みによる常識に捉われ過ぎると疲弊するばかりですし、はっきり言って自分だけが損をします。

なのでそういう性格ならば、もっと自分を解放した方がいいですよ。

そういう意味でも、相手を一人に絞らずに興味に素直になった方が得ですし、そうすることできっと面倒だとは感じなくなります。

 

真面目な人は、ルールによって自分を縛り付けています。

また『周りも当然そういうルールや常識で生きているものだ』と考えます。

でも実際には、人の生き方はそれぞれなためだから恋愛することさえ面倒になってしまう訳です。

40歳代まで真面目に生きてきたのですから、これからは変えてみるのもアリかもしれません。

我慢をやめて、思うように楽しんでみましょう。

結婚という焦りや不安を排除する

40歳代の場合、『結婚』を課題にすると恋愛は面倒でしかなくなります。

というのも、あくまで統計的なものですが、40歳代女性が結婚できる確率というのは決して高くないため、そういう現実ばかり知らされると『ああ面倒だ』と思えてくるのも当然です。

そして、そんなネガティブ状態になっている女性には魅力がありませんから、『男からモテない』という負の連鎖もある訳です。

こんな風に、結婚を念頭に置くと40歳代女性は急激に恋愛が面倒になる可能性が高いわけです。

 

なので、この際結婚は考えないというのも一つの選択ですよ。

女性は確かに結婚したいだろうと思いますし、一人だと不安があったり、これから先にさらに孤独を感じるだろうとかそういうのも分かります。

でもそれに捉われると焦るだけなので、それではどんな男性と出会ってもデートを楽しめないのではないでしょうか?

デート時に『この人と上手くいかなかったら終わりだ』とか『ダメだったらまた振り出し』といったように、まるで氷河期の就職活動をしているかのような心理状態で臨んだら、相手もつまらなくなってしまいます。

ですから考え方を、『結婚が目標』から『結婚は結果』に変えてみると楽かもしれませんし、それなら純粋に恋愛を楽しめる可能性があります。

 

男性側の本音としても、結婚が目標の女性よりも、結婚は結果という思考の女性の方が一緒にいて楽ですし、目標にされると正直重く感じる部分があります。

しかもそれが40歳代女性ならば、『重い』と感じるのは尚更なので、この結婚に対する考え方を変えてみることも、恋愛するのが面倒だと感じている時にはとても大切と言えそうです。

真剣に考え過ぎず楽しいことだけをする

恋愛が面倒になっている時には、『真剣に考えず、楽しいことだけをする』のが良いかもしれません。

例えば10歳代の頃の恋愛って、結婚とかこの先がどうだとか、そういうことについてそこまで真剣に考えず、純粋に楽しんだと思いませんか?

40歳代の恋愛もそうするべきで、『このままでは孤独だ』『色々考えると恋愛は面倒だ』『先がある恋愛がしたい』など、こういうことは一切なしにして純粋に楽しむといいです。

 

というのも、恋愛が面倒だと感じてしまうのは、『面倒な部分ばかりを見ているから』ですよね。

意見がすれ違ったり喧嘩をしたり、考え方が合わないなど、これら情報ばかりに意識を集中しているからこそ面倒に感じる訳で、『そうではない楽しい部分』に目をやることで、『またしたい』という気持ちの方が強くなるはずです。

なので、恋愛の楽しい部分だけを想像してみましょう。

 

彼氏と行きたい場所に出かける
特定の恋人は作らずにモテる人生を送る
男性からプレゼントを貰う

 

何でもいいと思います。

 

悪い部分にばかり気を捉れ、面倒になってしまうのが40歳代の特徴とも言えますので、その思考を改善することが大切です。

面倒だと感じることはすべて排除する

恋愛が面倒だと感じる時には、『面倒だと感じるもの』をすべて排除するべきです。

従って、まずは何が面倒かを書き出してみましょう。

そうすることで、『ならば、どんな形ならば楽しいのか?』が見えてきます。

 

その結果『フリーがなにより楽』と言うのならばそれで全然いいと思いますし、『こういう男性ならばOK』と思える人が見つかったのならばそれを通せばいいのです。

交際も交渉ですからね。

『こんな提案をしたらおかしい・失礼』と気を遣う必要はありません。

むしろそんなことをしたら自分が我慢をすることになりますから、こうしたいという欲求があるのならば事前に出すべきです。

 

それに自分が思っている条件って、自分は『こんなの無理でしょ』と思いがちですが、他人には案外受け入れられたりもするものです。

まして恋愛ですからね。

相手は『それでもいいから交際したい』『関わりたい』と思う場合もあります。

なので言ってみるべきですし、言わないと損です。

 

例えば体の関係を持った後に、『まだ好きな状態にはなっていない』と言う男いますよね。

これって客観的に見れば、『あの男、あの子を都合の良い女にする気だな』と分かる訳ですが、それでもその女性は、既に好きになっているため頑張ってしまう訳です。

これも一般的には滅茶苦茶な提案をしたわけですが、結果的には男の目的通りになっていますよね。

こんな風に、提案してみないと分からないことってたくさんありますから、『自分がこうしたい』と思っていることは全て言ってみましょう。

それでもOKしてくれる男はきっといるはずです。

40歳代で恋愛するのが面倒な時のポイント

40歳代で恋愛するのが面倒な時のポイントは、『恋愛を真剣に考え過ぎないこと』です。

真剣になり過ぎると、自分だけでなく相手もつまらなくなりますし、重い女にもなってしまいます。

ですから、もっと軽い気持ちで臨んだ方が良いですよ。

 

40歳代ならば普通は真剣に考えますが、それは交際がスタートして、ある程度時間が経ってからでOKです。

それなりの期間交際をしてみて、『この人とずっと一緒にいたい』と感じたら、その時初めて真剣になるくらいの方が男性も楽です。

そして何より、女性自身も出会いの時点から真剣勝負だと精神がダメになってしまいますからね。

そういうことを考え過ぎる40歳代女性が、『恋愛は面倒だ』と感じるように思います。

もっと肩の力を抜いて、『テキトーにいい男見つけて楽しもう』くらいに臨みましょう。

その方がきっと上手くいきます。

最後に

恋愛って未来をイメージしますよね。

『この人と付き合ったらどんな感じか?』『彼氏ができたらどんな生活か?』といったように。

そのためそのイメージが悪いものだと面倒に感じるはずです。

なのでイメージを変えましょう。

 

例えば『彼氏ができたら今の生活ペースが崩れる』と思うのならば、崩さないでいいスタイルを考えればいいのです。

こんな風に、交際という常識や年齢によるプレッシャーを排除することで楽しくなりますので、是非実践してみて下さい。

【関連記事】
モテるアラフォー女性はここが違う!おばさんと言われない人の共通点
アラフォーで将来孤独になる女性の特徴と改善点!こんな傾向があったらヤバい!
アラフォーでこの先どうすると感じている女性が今やりたいこと!これから楽しむための決断とは