お姫様抱っこをする男性心理!なぜ?どんな女性を男は抱えたい?

お姫様抱っこをしたがる男性っていますよね。

交際していなくても、『お姫様抱っこしてあげる!』と迫ってきたり、ふざけ合っている時や女性が体力的に弱っている時など、チャンスがあったら抱っこする男性っているはずです。

こういう人を見ていると『なぜそんなにお姫様抱っこがしたいの?』と気になりませんか?

一方で女性としても、その男性が嫌な人じゃなければ、お姫様抱っこって決して不快なものではないのでは?

 

この記事では、そんなお姫様抱っこをする男性心理について書いていきます。

彼氏が彼女にする場合には複雑な理由はありませんが、今回のように友人や知人という関係性だと心理的にも色々ありますので、その辺について解説します。

なぜ男は女性をお姫様抱っこしたがる?

男がお姫様抱っこをする心理は状況によって変わってきますが、たいていの場合自分のためであることが多いです。

つまり男は、『女性のため』ではなく『自分の何らかの目的のため』にお姫様抱っこをしていることが殆どです。

これって女性からしたら衝撃の事実かもしれませんね。

抱っこ願望がある女性も比較的多いようなので、その点で言えば『女を喜ばせるためにしてくれている』と一般的には思うでしょう。

しかし残念なことに、殆どの男にその意思はありません。

 

ただし、大勢の中から自分が選ばれお姫様抱っこされたという事実は、場合によっては優越感に浸れますよね。

例えばイケメンが、敢えてあなたを選んで抱っこしてくれたら嬉しいですよね。

その点では、仮に目的が何だとしても女性も満足なのかもしれませんね。

腕力を誇示したい

まず、お姫様抱っこをする男性の多くは『腕力を誇示したい』という願望を持っています。

そもそもこれ、腕に自信がなかったら絶対にやりませんからね。

私は体を鍛えているので色々な女性を抱えてきましたし、飲み会で潰れてしまった女性がいたら抱きかかえて搬送するのも私の役目です。

そして私自身、そういう機会があると『腕の見せ所』と思ってしまう訳です^^

ですから、腕力に自信がない男性の場合、普段はどんなに饒舌でもこういう時は大人しくなったりしています。

 

このように、基本的にお姫様抱っこは腕自慢の専売特許です。

そういう意味では、『抱っこするのは力を見せたいだけで、その女性に対しては何の意識もしていない』ということもあります。

特別な気持ちなしで女性にお姫様抱っこするなんてもしかしたら失礼かもしれませんが、体力系の男は特別の意図なしに『抱っこして』と言われることもあるため意識もしていられない部分があります。

従って抱っこする男性がマッチョ系の人ならば、『私を抱えてくれたのは好きだから?』と思うよりも、『力を見せたいんだな』と考えた方が無難かもしれません。

何より体を鍛えていると、女性から『お姫様抱っこできる?』と挑発的に言われたりもするので、マッチョにとっては日常の一コマと言えそうです。

抱き抱えた感触が実は気持ち良い

男がお姫様抱っこしたがるのは、『女性を抱き抱えた感触が気持ちいいから』でもあります。

こんなことを書くと変態的になりますが、結局男は女性に触れたいですし、お姫様抱っこってかなり密着しますよね。

さらに、言っていいのか分かりませんが、抱えた時に『自分の手がちょうど女性の胸に触れる』のです…。

女性からしたら『そんなので満足なの?』と呆れるかもしれませんね、でも、満足なんです^^

男にとって、『女性の体に触れる』というのは、肉体関係とはまた違った喜びがあります。

もちろん犯罪をする人はアウトですけどね。

しかしながら、お姫様抱っこのように女性もOKという形で触れたり密着できるのは、男性にとって最高の状況という訳です。

 

こんな風に、『触れられるから』『密着するから』という理由でお姫様抱っこしたがる男性は多いですよ。

この時点で『抱っこなんてされたくない』とドン引きしたかもしれませんが、これが男性の包み隠さない心理です。

ですから『この人に抱っこされるのはちょっと…』と感じたら断固拒否した方がいいです。

男ももちろん、拒否されてまで強引に抱えたりはしないでしょうから、きっぱり、そして淡々と拒みましょう。

 

一方で、『この人にならば抱っこされたい!』と思うようならば目をときめかせてOKすると男も嬉しいですよ。

男女どちらもが幸福と快楽に包まれるお姫様抱っこが成立すると、皆が幸せかもしれませんね。

抱っこすることで惚れられるのではという期待

『お姫様抱っこをすれば自分を好きになるかも』こんな期待から抱える男性もいます。

事実女性の中には、抱っこされたことを機に好きになってしまったとかこういうこともあるのでは?

実際に、以前飲み会で潰れたためお姫様抱っこした女性がそんな感じで、そこから交際に発展しましたよ。

念のため書いておきますが、私に下心があったわけではなく、その時は純粋な介抱でした。

 

一方で『女はお姫様抱っこされると意識する可能性がある』これは男性の中では一般論になっています。

だからこそ男は、できるチャンスがあったら積極的にやろうと考える訳です。

もちろん腕力に自信がある男性限定の発想ですけどね。

つまりそういう男性にとっては『惚れさせるテクニック』の一つでもあるという訳です。

 

体型や性格、年齢によって異性を意識させるテクニックってそれぞれあると思います。

胸が大きい女性ならば『腕を組んで押し付ける』、脚が綺麗ならば美脚を見せつけて翻弄する、元気な性格ならば積極的におす、年齢的に大人ならば落ち着きを魅力にするなど、色々ありますよね。

お姫様抱っこも、マッチョ男性にとってはそんなテクニックの一つです。

ですから気になる男性がガッチリしている場合には、積極的に抱っこの話を持ち出すと発展するかもしれません。

男はどんな女性を抱っこしたい?

では、男がお姫様抱っこしたいのはどんな女性なのかということですが、それは、

 

気になる子や外見が綺麗な女性
酔っていたり怪我をしている女性

 

などです。

 

まず気になる女性などの場合、男性が積極的に『○○さんのことお姫様抱っこしたいな』と言う場合もあります。

もちろん飲み会のように賑やかな場所でですけどね。

例えばそれまでに、その男性が『力がありそう』『どのくらいすごいの?』といったように筋肉ネタで盛り上がっていた場合には、上記のように『お姫様抱っこさせて』と言ったりもしやすいので、そんな展開になったりもします。

つまり、こういう状況で『させて』と言われたら脈アリの可能性が高いという訳です。

それなりに気になっていたり魅力を感じているからこそ、『抱っこしたい』と言ってくるわけですし、そこにいる大勢の中から選んだわけです。

何より、『他にも女性がいる中で一人を指名する』訳ですから、その他の女性にはあまり良い印象を与えない可能性もありますよね。

そんなリスクを取りながらも言い出すようならば、脈アリかもしれません。

 

一方で、酔い潰れたり怪我をした女性も抱っこしたい対象です。

ただしこちらは、好意があるのではなく、『力の見せ所』『体に触りたい』に当て嵌まることが多いです。

要するに、悪く言えば『弱っているところに付け込んで』というやつです^^

女性によっては助けてもらえるため『なんていい人なの!』と感動するかもしれませんが、こういうのは自分の欲や目的のためにやっている男が多いものですよ。

女性は助けてもらうと好きになってしまうことが多いかもしれませんが、この状況に関しては冷静になった方がいいかもです。

一方で、一応助けてはもらっているので『○○さん、やっぱり腕力すごいね、尊敬しちゃった』とか言っておけば男は満足です。

 

このように、お姫様抱っこも状況によって抱えたい心理が変わります。

ですから、『抱っこ=好意アリ・下心・腕力の披露』のどれとも限りませんので、状況をしっかり見極めてみましょう。

お姫様抱っこから発展させるためには

ちなみに、気になる男性にお姫様抱っこしてもらったら発展させたいですよね。

そんな時には、

 

見つめる
思いっきり密着する
頭を肩に寄りかかる
最後にまた見つめる

 

などが良いです。

 

まず、お姫様抱っこをされた時にじっと男性を見つける女性って滅多にいない訳です。

やはり恥ずかしいでしょうからなかなかできませんよね。

でも男性心理的に考えると、そこで見つめられたら相当意識します。

『もしかして、キスしてというサイン?』とか考えたりしますので、こういうのは積極的にやれるといいですね。

 

それから、せっかく抱っこしてもらったら、あなたから思いっきり密着した方がいいですよ。

女性から密着されることで、男は心理的にもドキッとしますから、せっかく抱えてもらうのならばちゃんと抱き着きましょう。

また、上記画像のように男性の首に腕を回すことが大切です。

女性によっては、腕をだらーんとした形でされる方もいますが、これだとバランスが悪く危険なだけでなく、心理的な密着度も薄いため発展しません。

画像の女性は腕を回し、更に外側の脚を組むことによってより密着度を増していますよね。

こうすると男は心理的に『この人、なんだかいいな』『自分の方に体を寄せてくるから好きなのかも』と思ったりするわけです。

ですからお姫様抱っこされる際には、しっかりと首に腕を回し、彼の方に体を向け、密着させることを意識してみましょう。

 

続いては、密着が安定したら彼の肩目掛けて頭を寄り掛からせます。

最初は見つめていますが、その後は寄り掛かり『さらに密着感を増す』訳です。

何より、女性が頭まで寄り掛かってきたら、男は『この女性は完全に自分を好きだ』『自分に全てを委ねている』という心理になります。

それに『見つめてからの寄り掛かり』って完全に好きな人にやる仕草だと思いませんか?

男はそんな風に思ってしまいます。

ですから、発展させたい時には絶対にやった方がいいでしょう。

 

最後の仕上げは、『また見つめること』です。

『もうすぐこのお姫様抱っこも終わりだな』『降ろされる』と感じたら、もう一度男性を見つめます。

これも心理的にグッとくる仕草です。

気持ち的には『まだ降ろさないで』と言われている感じになるため気になってしまう訳です。

そして可能ならば、男性の首に回した腕は、最後の最後までほどかない方がいいです。

つまり『直立状態になってもできるならそのままにしておく』という訳です。

それだと、お姫様抱っこではなく『ただ抱き着いている状態』になりますよね。

これができたら男は完全に意識しますから、高確率で発展しますよ。

 

こんな風に、気になる男性にお姫様抱っこされた時には色々考えてみるといいかもです。

周りに人がいるとやり辛いかもしれませんが、敵さえいなければそこそこできてしまうのでは?

抱っこされる機会って滅多にないと思うので、せっかくあった時には軽く攻めてみましょう。

許可なくされたら軽く見られている可能性もある

『許可もなくお姫様抱っこをしてくる』こんな男性もいますよね。

盛り上がっている中いきなり担いでくるとか、酔い潰れていたらいきなりされたなど、こういうこともあるのでは?

この場合、残念ながら軽く見られている可能性があります。

 

というのも一般的な男性ならば、お姫様抱っこをする際には許可を取ります。

やはり『自分がその女性を抱えていいものか?』というのは最大の焦点になりますから、どんなに盛り上がっている場面でも必ず確認をします。

つまり、その女性にとってNGだったら単なるハラスメントや猥褻に過ぎないので、良識がある男性ならば女性の許可を得る訳です。

従ってそういうのが一切なくするようならば、『この女は大丈夫』と思われているかもしれない訳です。

人間関係って、緊張する人としない人がいますよね?

する人には何かと気を遣いますが、しない人には言動が大胆になるためあり得ない行動に発展したりもします。

 

ですから、許可もなくいきなりお姫様抱っこなんてされたらちゃんと怒った方がいいですよ。

その場合、日常的に舐められていると思ってまず間違いないのでしっかり拒絶しましょう。

 

こんな風に、お姫様抱っこも色々な心理や状況があります。

しかし最も重要なのは、あなたが心地よく抱えられることなので、相手と環境はしっかり選べるよう、どんな時でも冷静になっていましょう。

最後に

お姫様抱っこって、『して』と頼まれると格好つけるのが男性の心理なので、発展させたい場合には、男性が進んで『したい』と言い出す状況を作れるのが理想ですね。

なので最も良いのは、『○○さんって腕力ありそう』『お姫様抱っことかできる?』とパスを出す程度にしておいて、『全然できるよ、○○さんなんか楽勝』と男に言わせるのが良いです。

この流れだと、抱っこした時に見つめられたり密着されたりすると男もドキッとするので発展するかもです。

男女関係って言葉の選び方一つで全く違う方向に進むので、『どうすれば相手が積極的になるか?』をいつも意識すると、色々スムーズになるかもしれません。