誕生日を忘れる彼氏の心理とは?気持ちが冷めた?こんな時に確かめたいこと

『彼氏が私の誕生日を忘れていた…』こういうことがあると、信じられないとか悲しい気持ちになりますよね。

怒りよりもショックが大きいのではないでしょうか?

さすがに『誕生日を忘れる』って考えられないですからね。

こういうことがあると、『今後この彼氏と続けるべきかどうか…』と悩んでしまいますよね。

『私を好きじゃないから誕生日を忘れるんだ』とも思うでしょうから事態は深刻なはずです。

 

この記事では、誕生日を忘れる彼氏の心理について書いていきます。

なぜ男は忘れるのか?また忘れられたらどうすればいいのか?

その辺について解説しますので、参考になれば幸いです。

残念ながら気持ちが冷めた可能性大

始めに、とても残念ではありますが、彼氏が誕生日を忘れた場合、それは気持ちが冷めた可能性が高いです。

というのも男にとって、女性の誕生日は記憶しやすいものですし、さらには必要な情報であるため通常は忘れません。

従って、にも関わらず忘れたようならば冷めてしまった可能性があります。

どうでもいいと忘れてしまう

男は、どうでもいいことはことごとく忘れていってしまうのです。

あなたにとってはきついことを書きますが、例えば彼氏が『もうこの女はいいや』と思っている場合、誕生日さえも記憶から消えてしまうことも珍しくありません。

例えば以下のようなことがありませんか?

『気になる男性にある話をしたのに、後日また話したらまったく覚えていなかった』ということ。

『今度旅行に行くの』と言ったはずなのに、『旅行行ったんだ、知らなかった』とかこんな感じで、伝えたはずなのに全く記憶されていないこと、ありますよね。

 

誕生日を忘れる心理もこれと似ていて、彼氏にとってどうでもいい情報になってしまっているため完全に忘れてしまうのです。

こうなったら、愛情は100%ありませんから別れた方がいいかもしれませんし、その状態で続けても惨めなだけですよね。

ですから彼氏に、『誕生日だったのに、何で何もしてくれなかったの?』と聞いてみて、『ごめん、完全に忘れてた』とか言ってきたら、『終わりだな』と思った方がいいかもです。

さらにその言い方に、悪びれる様子がないようならば完全アウトなので、そんな時にはきっぱり終了にしたいところです。

本当は覚えているけど忘れたことにした

一方で、『本当は覚えているけど忘れたことにした』こんな場合もあります。

これをする際の男性心理は、『自分から別れ話を出すと面倒だから、彼女に振らせよう』というものです。

女性によっては、『別れよう』と彼氏に言われたら泣きじゃくったり異常行動を起こしたり、ありとあらゆる手段を用いて阻止するとか、こんな人もいますよね。

こういう事をされると、『分かった、別れるのは辞めよう』と一旦身を引く男性が多いですが、本音としては完全にドン引きしています。

つまり『その時点で気持ちはない』訳です。

 

そのため『どうすれば楽に別れられるか?』と考えます。

もちろん、何をされても強引に別れる男性もいますけどね。

一方でそれができない男の場合、『そうだ、彼女に嫌いにならせよう』と考えるのです。

そのための方法が『誕生日を忘れる』というものです。

 

さすがに、誕生日を忘れられたら続けられないだろうと考えますから、そんな目的のためにする男性もいますね。

従って彼氏が誕生日を忘れているようならば、『もしかしたら私に問題あり?』と考えてみるのも一つかもしれません。

例えば、過去に別れ話が出た時に泣きじゃくったとか、そういうことがあったのならば、その時から既に気持ちはない可能性もありますので、じっくり考えてみてはどうでしょうか?

超多忙ならば忘れることもある

一方で、『彼女を嫌いな訳ではなく、単純に超多忙だから忘れた』これもあり得ます。

人は本当に忙しいと、現在取り掛かっているもの以外の記憶が薄れていくようです。

例えば、あなたも仕事が多忙だと、普段は絶対に忘れないことを度忘れしたりしませんか?

『友人と約束していたのに忘れた』『家の鍵を閉め忘れた』『毎週見ていたドラマを忘れた』など、多忙だと『なんで?』と思うミスが目立つようになるでしょう。

 

交際相手の誕生日も例外ではなく、要するに『それだけ自分で一杯』ということです。

ですから、普段から彼が超多忙だと分かっているのなら、その辺は理解してあげるのも一つかもしれませんね。

さらに彼に聞いてみて『忙し過ぎて忘れてた。今度埋め合わせをする』と言うのならばそれで解決でもいいのでは?

 

誕生日を忘れられるなんて悲しいかもしれませんが、多忙な男に『酷い』『最低』なんて言ったら嫌われる可能性もあります。

ですからこんな時には、相手の状況を理解してあげた方が良いかもですね。

何より、今我慢をしておけば、彼に時間ができた時にはしっかり付き合ってくれるはずです。

男は『自分の状況を理解して待ってくれる女』をいつでも求めているので、こういう彼氏と付き合っているのならば色々受け入れることも、愛情の一つかもしれません。

著しく記憶力が悪いなら普通にあり得る

ちなみに、単純な問題として『彼氏の記憶力が著しく悪い』というのなら、単純に忘れているだけですよ。

誰にでも苦手分野がありますから、それが覚えることだった場合、誕生日一つ記憶するのが困難な場合もあります。

 

こういうの、自分の常識で捉えない方がいいです。

『好きな相手の誕生日なんて普通誰でも覚えられるし絶対に忘れない』というのは一般論に過ぎません。

その分野が苦手な人にとってはとても困難な場合もあります。

ですから、誕生日以外でもよく忘れるようならば、『この人は仕方がないな』と割り切るとか、『もうやってられない』と感じたら終わりにするとか自分で判断した方がいいかもです。

 

この場合、彼に追及しても変わる可能性は低いので、あくまで答えを出すのはあなたです。

ただし、色々な面であまりにも差があり過ぎるパートナーだと疲れることだけは確かです。

ですからその辺も考えながら、先のことを判断してみるといいかもしれませんね。

誕生日を忘れられたらどうするべき?

誕生日を忘れられた場合、曖昧なまま終わりにしない方がいいように思います。

女性としては、『追及した結果もう好きじゃないと言われるのは怖い』と思うかもしれませんが、その不安を抱えながら交際を続けるのも体に悪いですよ。

ならば勇気を持って聞き出し、もう好きじゃなかったら一時的にでも孤独で寂しくなった方が人生レベルで見れば確実にプラスに働きます。

 

厳しいことを言えば、『ここを乗り越えても振られるのは時間の問題』です。

例外は別ですが、一般的に彼氏が彼女の誕生日を忘れるってそのくらい深刻です。

ですからそんな時には、次に進むためにも自分から終わりにしましょう。

そうすれば新しい恋に進めます。

一方で、一縷の望みにかけ振られるまでずるずると続けた場合には大きな衝撃を受けるため、最悪そのまま孤独になります。

決断が必要な時って必ずありますので、そんな時には勇気を持った方がいいですよ。

最後に

交際は決断の連続です。

一方で、『決断すべきだ』と知りながらも避けることができてしまうのも交際の特徴です。

しかしながら、逃げる選択を繰り返すと自分が苦しむだけなので、どこかで大きな一歩を踏み出した方がいいです。

その時には、決別や苦痛が必ずありますが、それを乗り越えると幸福が訪れます。

 

せっかく恋愛するなら自分の弱い部分を改善したいと思いませんか?

それを積み重ねていくときっといい女になれますので、是非前に進んでみて下さい。