男性が好きな女性の仕草5つ!高確率で男が落ちるモテテクニックとは

男性には、ついつい見惚れてしまう『好きな女性の仕草』というのがあります。

その仕草をされると、仕事の電話をしていても、ランニング中でも、運転中でもつい見惚れてしまうことがあります。

『運転中に女に見惚れる』これでは事故が起こりそうですよね。

以前テレビで見ましたが、南米では実際に『美女を見ていて事故を起こした』という男性がたくさんいるようです。

 

もちろんわき見運転はダメですが、それでもそのくらい、男にとって美女とか女性の仕草というのは視界を奪われるものと言えます。

ですから、男性が好きな女性の仕草について徹底研究すれば、気になる男性を翻弄し、あなたに夢中にさせることも可能ですよ。

この記事では、そんな『男性が好きな女性の仕草』について、とっておきの5つを紹介します。

どれも『そんな仕草をされたら見ずにはいられない』『目で追いかけてしまう』『彼女を好きだと勘違いしてしまう』『こんな可愛らしい部分があったのかと好きになる』というものです。

是非習得して、どんな男でも落とせる女性になってください。

脚を組む

脚を組むことは、男性が好きな女性の仕草としては有名かもしれませんね。

男は脚を組んでいる女性がいるとつい見惚れてしまいますし、さらにミニスカートとか太ももが見えるタイプだったら本当に釘付けになります。

つまり男は『女性の太ももに弱い』のです。

そして、その太ももが最高に綺麗でセクシーに見えるのが『脚を組む』という仕草です。

ですから気になる男性の前ではもちろん、普段から『スカート+脚を組む』これを心がけているとそれだけで、男性が好きな仕草としては完璧ですよ。

 

ちなみに、一般的にはスカートの方がいいですが、パンツスタイルでも『いいな』『魅力的だな』と思ってしまうものです。

こう感じるのは『太ももが綺麗かどうか』以前に、『脚を組む性格の女性だ』というところに惹かれているからです。

女性には『組む人と組まない人』がいますよね。

男性の多くは『恋愛経験が多い女性ほど組む』と考えています。

要するに『どんな場所でも座ったらまず脚を組む』これができるのは自分に自信がある女性、とこんな風に感じるのです。

そして、『自分に自信がある人=魅力的』という図式があるので、それもありパンツスタイルでも好きな仕草として選ばれるのです。

 

従って総合的には、『自信が現れているからいい女に見える』『男は太ももが好き』とこんな理由から、好きな仕草として君臨していると考えられます。

ですからただ組むのではなく、『私はいい女』と自己暗示をかけながらするとさらに良くなります。

ある程度、『いい女を気取ること』も自分を魅せるためには大切ですから、そんなつもりで日々生活してみましょう。

 

また、『組んだ脚の上に肘をのせて頬杖をつく』とか『つま先を遊ぶようにブラブラさせる』『脚をゆっくり組み変える』というのもたまらなく好きな仕草です。

氷の微笑という映画で、『ゆっくり脚を組み変える』という有名なシーンがありますけどね^^

男はそういうのに弱かったりするので、色々やってみると釘付けにできますよ。

短めのスカートでしゃがむ

『短めのスカートでしゃがむ』これも好きな女性の仕草です。

これもやはり、『太ももに惹かれる』という部分が強いです。

男はどうしても、女性の太ももが露になるとそこに神経を集中してしまいますし、想像以上に『綺麗だな』と感じたら気になったりもします。

『それは単なる体目当てなのでは?』と思うかもしれませんが、体目当てになるのか好きに発展するか?この辺は会話次第です。

いずれにせよ、太ももが綺麗に見えた時、男の心理は変化します。

ですから、短めのスカートでしゃがむという仕草もやってみるといいですよ。

 

これってどんな状況かというと、例えば職場で、スーツの女性が書類を落とししゃがみながら拾い集めるとか、作業や片付け、イベントでしゃがむなどがあるかと思います。

他にも、低い位置にあるロッカーで書類を探す時にしゃがむとか、こういう状況もありますよね。

この際にスカートが短いと、男は気になってしまう訳です。

 

それに女性がしゃがむという仕草は、脚だけが魅力ではありません。

その仕草そのものが、小動物のようで可愛らしいのです。

しゃがんでいる時って体が丸まりますよね。

それが動物のようでいて、何となく可愛らしく見えるため、それも男性にはグッときます。

カップルだったらそのまま後ろから抱き締めたりとかもあるのでは?

そうするのは、女性らしさを感じているからです。

 

こんな風に、『可愛らしく見える仕草』という点でも男性が好きな仕草に入ります。

ですから例えば、気になる男性といる時には積極的にやってみると良いかもしれません。

男は女性を見下ろせる位置にいると、その女性が可愛らしく感じます。

その点で、しゃがむのは有効な仕草です。

それにこれならば、高身長な女性でもできますよね。

『抱き締めてしまいたい!』という欲求を駆り立てて、一気に距離を縮めましょう。

カウンター越しに前屈みになる

カウンターってありますよね。

受付や飲食店、その他どんな場所でもあると思います。

そのカウンターに『両肘をついて前屈みになる』これも好きな女性の仕草として人気が高いです。

これは、かなりセクシーな仕草でもありますね。

実際に、自宅内のカウンター代わりになる場所で試してみると『相当セクシーな仕草だ』と分かるかと思いますよ。

もちろんそれだけ、されると男はドキッとします。

 

これは以前、私が接客をしていた時にされたことがあります。

その職場はお客さんとも親しく話すところでしたが、高さ100㎝くらいのカウンターに両肘をついて前屈みになり話しかけてきたお客さんがいました。

当然ドキッとしましたし『口説かれてる?』と期待しましたが、さすがにお客さんなのでその時は何もしませんでした。

でも後々考えると、その人は私に好意を持っていたようなので、今考えるととてももったいなかったです。

まあこんな風に、カウンター越しの男性に話しかける時に両肘をついて前屈みになるというのは挑発的ですし、男も落ちやすい仕草なのでやってみるのもアリかもしれません。

 

またこれは、『運転席の男性に外から話しかける』こんな状況でも使えます。

やり方は同じで、車の窓が完全に開いたらそこに両肘をのせて前屈みになり、その状態で会話をするのです。

普通なら、軽くのぞき込めばいいところをこんな派手な仕草をする訳ですから男もメロメロになります。

またこれは、セダンような車高が低い車には特に使える方法です。

その分屈む角度がきつくなりますからね。

 

何より男は『前屈みになっている女性』には典型的に弱いものです。

理由は『胸が見えそうだから』というどうしようもないものですけどね^^

一方でこの『カウンター越し』の場合、敢えてその男性に対ししていますよね。

だからこそ落としやすい仕草なのです。

つまり『その男性を好きだから敢えて誘惑している』という印象を与えられるため男も積極的になる訳です。

ですから、好きな男性に対しては積極的にやってみたい仕草と言えます。

胸の前で祈るように手を握る

『胸の前で祈るように手を握る・合わせる』これも男性が好きな女性の仕草です。

拝む時のように合わせたり、軽く握っているとか、こういうのを無意識にしている女性を見ると『可愛いな』と思うものです。

つまり、本当に祈っているのではなく、『電車やバスを待っている時』『仕事の空き時間』などに何となく、そして自分でも無意識にそんな仕草をしていると、男にとっては可愛らしく見えるのです。

 

『そんなのでいいの?』と思うかもしれませんね。

しかしあなたも『男の腕まくり』『腕を組む』などを格好良いと思ったことはありませんか?

あれもほとんどの男は無意識にしていますよ。

むしろ腕まくりは『作業をするため』ですし、腕を組むのは癖の場合が多いです。

それでも女性はキュンとしたりしますよね。

 

男も同じで、女性が『女の子っぽい仕草』を自然にしているとキュンとするのです。

例えば、普段は仕事がデキて隙を見せない女の先輩が、昼休み、カップラーメンができるまでの時間に胸のまで手を握りボーっと佇んでいたら、『可愛らしいところあるんだな』と思ってしまいます。

他にも、普段から女の子っぽい女性が何気ない瞬間に手を合わせていたりしたら、『本当にそういう子なんだな』と余計に好きになります。

こんな風に、手を握ったり合わせたりという仕草は男の腕まくりや組むことと同じなので、無意識にできるようにすると良いでしょう。

女性にとっては何でもないことが男には好きな仕草だったりもするので、普段から心がけてみましょう。

 

ちなみにこれ、『胸の前で』というのがポイントです。

女性の仕草は『手が顔に近づくほど可愛らしくなる』といってほぼ間違いありません。

ですから、腹の前で握ったりはせずに必ず胸の前、あるいは顔付近まで近づけましょう。

また、合わせたり握った手を左右どちらかに折れさせるのもアリです。

つまり普通のお祈りのように真っすぐではなく角度をつける訳です。

多分これ、お姉系の男性?が喜んでいる時に『えー!』とか言いながらよくやっている仕草です。

いずれにせよ、そうすると余計に可愛いので是非やってみて下さい。

唇に手を当てながら考える

『考え事をする時に唇に手を当てる』これも、好きな女性の仕草として有名です。

これが魅力的なのは、『唇に触れているから』『手が顔付近にあるから』です。

先ほども書いたように、女性の仕草は『手が顔に近づくほど可愛らしくなる』ので、その点でまず効果的です。

また男は、女性の唇が好きなので、『それを触れることで男がそこを意識する』という点で、この仕草が好きな男性は多いものです。

 

それに女性によっては、このポーズで考え事をする時に『指と唇でキスをしている』人もそれなりにいます。

はっきり言いますが、これが最強ですね。

普通に唇に当てるよりもキスした方が男性には刺激が強いので、どうせなら積極的にそんな表情にしてみましょう。

それにこの仕草には厭らしさがありません。

従って、仮に指と唇でキスをしたところで品位を損なうことがないですし、それどころか『可愛いな』と思われるため印象UPです。

 

もちろんやり過ぎたらNGですから、あくまで自然な感じがいいですし、『考え事をする中で無意識にキスしている』とかこんな感じがいいです。

それでも、男はそんな女性の考えている表情や仕草を見るのが好きなので、どんな場面でもそれができたら好かれること間違いなしですよ。

この仕草は、簡単にできる割に破壊力抜群なので、本当にお勧めですね。

好きな仕草の特徴

男性が好きな女性の仕草をまとめると、

 

背中を丸める系は抱き着きつきたい
顔やその近くに手を持ってくる系は可愛い

 

とこんな感じです。

 

脚を組む・しゃがむ・前屈みなどは抱き着きたくなる印象で、胸の前で手を握る・唇に手を当てるは可愛い雰囲気です。

つまり、男性が好きな仕草って『抱き着いてしまいたい』と思うものか、『可愛いな~』とデレデレ見惚れてしまうもののどちらかということです。

どっちが良いとかそういうことではなく、全部できるといいと思います。

どれも決して難しいことではないですから、日常に取り入れてみてはいかがでしょうか?

最後に

男性が好きな女性の仕草について書いてきました。

最後にとても大切なことがあり、それが『相手を意識してやらない』ということです。

どんな仕草でも、無意識にしていて、それを男が発見して初めて『いいな』と思うものです。

そのため、気になる男性に振り向いてほしいからと『敢えてその男性を意識して脚を組む』とか『可愛く見せる』というのはむしろ逆効果です。

こういうの、残酷なくらい男は感じ取ってしまうため好きな仕草にならないのです。

ですから、誰も意識せずに自分の習慣としてやりましょう。

もちろん『カウンターで前屈みになる』これは挑発的なポーズなので意識していいですが、他はNGです。

普通の心理状態でいることが異性には最も魅力的なので、それを心がけることで、良い仕草ができると言えそうです。

【関連記事】
男が完全に我慢できなくなる女の仕草!確実に結ばれたい時の必勝テク!