恋のライバルが年下女だった時の闘い方!選ばれるための条件とは!

恋のライバルが年下だと、自信が持てなかったりどう闘えばいいのか分からない部分がありますよね。

男は一般的に若い女が好きと言われますから、その点でも『自分で大丈夫だろうか?』と思ってしまうでしょう。

さらにそのライバルが、5歳・10歳若いとかあるいはそれ以上だったら、『無理でしょ…』と戦意喪失するかもしれません。

でも、ライバルが年下でも闘う方法はあるので心配いりませんし、男は確かに若い女性が好きですが、それは一般論に過ぎません。

 

何より、最終的にパートナーを選ぶ基準は気持ちです。

従ってそこに訴えることができれば年齢なんて関係ありません。

以下では、恋のライバルが年下だった時の闘い方について書いていきます。

こういう時は、『無理だ…』と諦めるよりも『どうすれば勝てるか?』と考えた方が絶対に得なので、ポジティブになりましょう。

ライバルを尊重する

まずこういう時は、ライバルの年下女性を尊重した方がいいです。

ライバルのことって無意識に悪く言ってしまいがちですし、意図的に悪い情報を好きな相手に流す人もいますが、ライバルが年下ならばそれはしない方がいいです。

理由はそれをすると、自分の評価が下がるからです。

一般論として『人を批判する大人』というのは見苦しいですから、特にそこに恋愛感情が含まれるとドロドロしたものになってしまい、痛いどころの話ではなくなります。

ですから、たとえライバルの女があなたの悪評やありもなし噂を流しているとしても、あなたまでそんなことをしてしまわないように心がけましょう。

むしろ、例えばライバルの年下女が変な噂を流し、好きな人も『それが悪意のあることだ』と勘づいているようならば、『きっと口が滑っただけで悪気はなかったんだと思う』とかフォローを入れましょう。

この方が全然印象が良いです。

 

さらに、恋のライバルと対面した時にも、バチバチに火花を飛ばすのではなく仲良くするくらいの感じの方がいいですよ。

仲良くするなんて難しいかもしれませんし、相手の出方にもよるため簡単ではないことも分かります。

しかし、あなたの方針はそうしておくことで自分がゆとりを持てますし、その分冷静でいられるため魅力的になれます。

 

ライバルが年下の時に大切なことは、『いかに相手を意識しないでいられるか』ですから、『彼のことは好きだけど、彼女もいい子だから親しくしたい』といったように尊重できるくらいが理想です。

こんな精神状態になれれば男性にとっても魅力的なので、『ライバル視すること』を辞めてみましょう。

ライバルと同じ土俵に立たない

恋のライバルがいる時って、どうしても同じ土俵に立ってしまいがちですよね。

『彼女がデートに誘ったようだ。負けていられない!私も彼をデートに誘う』といったようにやり合うでしょう。

もちろん、負けじとデートに誘うのは必要なことですが、一方でライバルが年下の場合、全てにおいて対抗心を燃やしていると自分が疲れてしまいます。

 

例えば、『若さがあるからできること』ってありますよね。

遊園地デートをしてはしゃいだり、お化け屋敷に入って頼るなど、こういうのってそれなりに若い女性だからこそ、通用するやり方とも言えます。

そのためこういう部分までも、『なら私も』と張り合ってもどうしても勝てませんし自分が惨めになるだけです。

ですから、ライバルが若さを武器に彼にアピールしたとしても、自分まで同じようなやり方をしようとは考えないようにしましょう。

 

若い女と闘う時にダメになってしまう女性ってたいていはここで失敗している気がします。

つまり『女性的な魅力』で勝とうとするのです。

もちろんその部分で勝ちたい気持ちも分かりますが、男が好きになったり交際を判断するのはそこではなく気持ちです。

ですから、『私には若さがない…』と嘆く必要なんて全くありません。

また何より、大人の女性が若い女を相手に嫉妬している姿は残念ながら見苦しいです。

その時点で『この人はないな』と感じてしまうのが男ですし、『付き合ったら大変だろうな』とも思います。

 

ですから同じ土俵に立たないことが大切です。

ライバルの女がどうとか考えず、『自分が彼と何をしたいか』に集中してみましょう。

年下にはない大人の魅力を見せつける

ライバルが年下の時には、『年下にはない大人の魅力を見せつける』これも大切ですよ。

そうすることで差を広げることができますし、『やはり、精神面が大人の女性はいいな』と思ってもらえます。

では、どうすることで大人の魅力を見せられるのかですが、それは『考え方や落ち着いた印象』『冷静さや対応力』などを伝えることです。

こういう部分は、年齢や経験によって身に付くものですから若い女にはない要素です。

 

例えば、若い女性でもそれなりの結婚観を持っている人はたくさんいますが、それでも年上にとっては『理想論だな』と感じることもある訳です。

もちろんその場では『若いのにしっかりしているね』と言う訳ですが、理想ばかりで現実を見れていない机上の空論でしかないことも多いです。

一方で大人ならば、理想もあるものの、そこに経験を加えて話すことができますよね。

こうすると男は『やっぱり大人がいいな』と思ったりします。

例えば結婚観に関しても、『それなりに理想はあるけれど、結婚って簡単なものじゃないからその都度話し合っていけたらいいのかなと思う』とか、こんな風に言われると負担がありません。

 

このような考え方に関しては確実に年下よりも勝りますからそこで勝負するといいですよ。

従って好きな男性とは『遊びに行くよりも飲みに行った方がいい』と思います。

レジャーに行ったら楽しい一日になりますが、それだとじっくり話し合いませんよね。

それよりも、仕事帰りの数時間に語り合った方がお互いを知れますし、そういう時に深い話をすることもあるでしょう。

また休日デートに関しても、遊びメインよりも会話中心の方がいいでしょう。

ドライブに連れて行ってもらうとか、温泉に行ってゆっくりするなど、派手に騒ぐ遊びを選ぶよりも語り合うことで気持ちが接近するので、ライバルが年下の時にはそんな闘い方いいかもしれません。

譲れるゆとりを持つ

譲れるゆとり、これもあった方がいいです。

例えば、あなたとライバル女性、そして好きな人と3人でいるとしますよね。

こういう時に、何かの事情によって一人抜けないといけないとか、こんな状況もあると思います。

こんな時には思い切って譲れるくらいのゆとりがあった方が、年下相手の時には良いかもです。

 

というのも、ここで『私は絶対に譲らない!』と年下女とやり合うと、結局『いい年して大人げない』と思われてしまいます。

譲りたくない気持ちは分かるのですが、自分が年上ならば引くことも大切で、悔しいでしょうがこういう時には譲った方が賢いです。

 

若い女との闘いに勝つためには、とにかく『幼い』と思われたら負けなんで、こういう部分って大切です。

ですからこんな状況が訪れた時には『二人で行ってきたら?』とか、笑顔で譲れるなどの対応をしましょう。

自分よりも彼の幸せを考える

恋のライバルが年下の時に最もやりたいことは、『自分よりも彼の幸せを考えて行動する』ということです。

最終的に気持ちを動かせるかはこれにかかっていますので、『どうすれば相手が幸せか?』をいつも考えてみましょう。

というのも、まだ年齢が若いとこの部分が見えておらず、自分の感情を最優先する人が多いのです。

そのためたとえば、男性がどんなに忙しくても、『どうしてもその日に会いたいから来てほしい』と言ってしまったり、相手が望んでもいないのに『○○に行きたい』と強引にデートを提案するなどこうなりがちです。

これだと、その場では承諾してもらえてもいずれは男性が疲れて去っていきます。

これってよくある、『若さゆえにダメになる恋愛の典型』ですよね。

 

ですからあなたは、大人であることを最大限に生かした戦略を取りましょう。

デートに誘う時にも相手への配慮を忘れないとか、普段から彼と関わる中で『何を望んでいるか』に敏感になってみるのです。

そうすることで、ライバルが若いとか関係なく彼の気持ちがあなたに振り向くようになってきます。

恋愛で重要なのは『一緒にいたいと思わせること』です。

そのために最も重要なことは、自分の感情よりも相手の幸せを考えることなので、それができる人になってみましょう。

恋のライバルが年下の時には

恋のライバルが年下の時には、『交際の楽しさよりも居心地の良さを提供する』これを心がけてみましょう。

はっきり言って、楽しい感情に訴える場合相当厳しいです。

『男は若い女が好き』と言われるのは、まさにこの『楽しい』という感情なので、そこで勝負をしたら勝つことは難しくなります。

 

一方で、若い女性はわがままだったりまだまだ世間知らずなところもあり、何より考え方も未熟です。

そういうところを、あなたの居心地の良さで気づかせてあげれば十分勝機はあります。

従って考え方としては『今だけが楽しい恋愛ではなく長期で一緒にいたいパートナー』これを連想させるのです。

短期的な遊びならば若い方がいいが、長期的に一緒にいるのならば大人な女性がいいなと思わせられれば選ばれるので、そのための行動を心がけてみましょう。

最後に

予備知識として念のため書きますが、この彼が年下女性と交際をし、しばらくしてから『やっぱり君の方がいい』と言い寄ってきたら、その場合遊びの可能性があるので注意した方がいいですよ。

この仕組み、分かりますか?

男性心理としては、『せっかく二人の女に言い寄られているからどちらも頂こう』と考えている訳です。

そして初めに若い方に行くのは、『年上ならば後からでもOKしてくれる』と考えるからです。

年上女性としては、『最初に選ばれなかった悔しさ』よりも、『最終的に選んでくれた喜び』の方が大きいでしょう?

そんな心理を利用して、結局どちらとも遊んでしまおうという手口です。

 

もちろん、現在あなたが恋をしている彼はこんな人ではないでしょうけどね^^

念のためです。

いずれにせよ、ご健闘をお祈り致しております。