年下彼氏に疲れた時の対処法!彼氏の気持ちが分からない時にやりたいこと

年下の彼氏と付き合っていると、自分の望みや気持ちに対し彼氏のそれは温度差があり過ぎて疲れてしまうこともありますよね。

『私は本気で結婚したいのに、彼氏は全く考えていないようだ』『この先について、真剣に考えているとは思えない』『どんな言葉も上辺だけのように感じる』といったように、年下彼氏ならではの悩みに疲れ果ててしまっていませんか?

特に年の差があると、男はまだまだ遊びたい年齢である一方、女性は結婚に焦っている時期でもあります。

こうなると、毎日が不安で疲れも限界になり『もうダメだ!』と一杯になってしまうこともあるでしょう。

 

年下彼氏との交際に疲れた時にはどうすればいいのか?

この記事では、そんな時の対処法を書いていきます。

年の差恋愛ってしんどいものですが、やり方次第では良い方に進むので、思い切った行動を心がけましょう。

結婚か別れかの二択を迫る

まず、疲れるほど限界になっているのなら、『結婚か別れか』の二択に迫った方がいいです。

『それができるのならばとっくにやっている』と思うかもしれませんね。

でも、理由を作って『できない』と思い込んでしまうと辛くなるのはあなたですよ。

ですから、『この方法しかない』と思って勇気を持ちましょう。

以下では、この二択を成功させるための詳細を書いていきます。

結婚ならばすぐに準備を進める

二択を迫った結果彼氏が『結婚する』と言った場合、その時はすぐに準備に取り掛かりましょう。

というのもこれ、男性心理としては、その彼女が好きならば結婚を選ぶものです。

しかしながら『今すぐ結婚ではない』可能性が極めて高いのです。

要するに『取りあえず結婚すると言っておいてその場を落ち着かせたい』という訳です。

 

男は、たとえ彼女を愛していてもすぐに結婚を決断できないのです。

結婚って重いものですし、『この選択でいいのか?』ととても迷います。

本音を言えば『結婚したら他の女とは法的に遊べなくなる』訳ですから、そういう意味でも慎重なんです。

だからこそ、最後の最後まで『する』とは言いたくないのですが、女性はしたいですよね。

だからこその逃げとして『結婚する方向で』とか『いずれは』といったように曖昧にするのです。

でもこれだと、今までと関係性が変わりませんから意味がありませんしあなたの疲れも抜けません。

ですから、年下彼氏がすると言ったのならばその日から準備を進めましょう。

 

一方で彼氏が『そんなに急ぐことはない』『いつかはするけど今ではない』と言い出したら、『なら別れる』と引かない方がいいです。

つまり、『今すぐ準備に取り掛かる気持ちがないのならば私はいなくなる』と本気で伝えることが今は大切です。

ですから、彼氏がすると言ったのならば『じゃあ今から婚姻届けを出しに行こう』と言ってみましょう。

このくらい強引にしないと、年下という『まだまだ遊びたい男性』とゴールすることは難しいかもしれませんよ。

別れならば追いかけない

一方で、彼氏の決断が残念ながら『別れ』の場合もありますよね。

あなたが勝負に出た結果『じゃあ終わりにしよう』と言われたらとても悲しいでしょうしショックだと思います。

むしろ、これが怖いからこそ言い出せないのだとも思います。

しかしながら、これを恐れていると現状はいつまで経っても変わらないため、ここは勇気を持ちましょう。

またさらに大切なのが『ならば終わりにしよう』と言われても追いかけないことです。

 

というのも、ここで追いかけてしまうと完全に都合のいい女になります。

むしろ、年下彼氏にとってあなたは『既に都合のいい女だった』という可能性もあります。

もちろん都合のいい女の全てが遊びではなく、『甘えさせてくれる』『何でも許してくれる』というタイプもあります。

しかし、どんな形になっているにせよ、どこかで自分にけじめをつけないと一生疲れる恋愛を続けることになります。

きっと追いかければ交際は継続するでしょうけど、ここは我慢です。

むしろあなたが追いかけないことで、彼氏が目を覚ます可能性もあります。

その時は、本気で先のある交際に発展しますから、現状疲れてしまっているのならば、いずれにせよ変化をつけるべき時なので、敢えて修羅場を受け入れましょう。

その他の答えは受け付けない

基本的に、この二択をする際にはその他の答えは受け入れないことです。

例えば『将来的には一緒になりたいけど今はまだその時期じゃない』と真剣に言われても、『だったら私は別れる』ときっぱりした方がいいです。

結婚なんて、極端に言えば時期ではなくタイミングです。

芸能人ではないのですから、極度に周囲に気を遣う必要はないですし、式は先延ばしするとしても入籍はいつでもできるはずです。

でも男は、なかなか決断したくないからこそ上手いことを言って逃げるものです。

 

ですから、そういう口車に騙されないようにあなたがしっかりした方がいいですよ。

『自分の方針は絶対に変えない』この気持ちをもって年下彼氏と交渉に臨みましょう。

そうすれば、どちらの結果でも気持ちは晴れるはずです。

自分との闘いに勝つ

年下彼氏に疲れた時に大切なことは、『自分との闘いに勝つ』ということです。

きっとあなたも、『結婚か別れかの二択しかない』これは分かっているのでは?

黙っていても彼氏が変わることはなく、自分が行動しなければダメなんだと気づいているでしょう。

それでも難攻しているのは、自分に勝てないからです。

 

人間関係は、『自分の弱い部分をどれだけ克服できるか』によって全てが決まります。

従って、恋人との関係性で優劣があるのならば自分が変わるしかありません。

それを自覚することと、『どこが弱いから行動できないのか?』を考えてみましょう。

会って話すと負けてしまうのならばメールにする

例えば、『一人の時にはああしようこうしようと思いつくのに、会ってしまうとダメになる』とかこんなのもありますよね。

『今度会ったらこれを言う』と決めていたのに、実際に会ってしまうと『ギクシャクするのが嫌だから言えない』とかこんな状態になっていませんか?

これは『嫌われたくない』『仲良くしたい』という性格が原因です。

特に相手は彼氏ですから、嫌われたくないと思うのも普通かもしれませんが、それでも、自分が一方的に我慢したら当然疲れてしまいます。

ですからそんな時には『私は嫌われたくないから我慢している』と自覚しましょう。

 

またこの事から言えるのは、会って話すのがダメならばメールでもいいということです。

例えば先ほどの二択の交渉、これだって、直接会って話す必要はないです。

『今すぐ結婚を決めるか別れるか、どちらか選んで下さい』と送ってしまう、こんなのでもいいと思いますよ。

 

交渉をする際には『自分が優位に立てるやり方を選ぶ』これが大切です。

『会話が苦手』『会って話すと意志が弱くなる』と言うのならば文章で勝負です。

またその際に、彼氏が『会って話したい』と言ってきても却下することです。

『このメールで決めて』ときっぱり言い切るとか、『会って話すとどうしてもダメだから』と理由を伝えるのもいいでしょう。

とにかく、大切な交渉をする時には有利に進めましょう。

一人になることを怖がらない

一人になることを怖がらない、これも大切です。

女性は『今の彼氏と別れたら私は一人だ』『これから新しく恋愛できるとも限らない』と考え我慢してしまうのでは?

その気持ちも分かりますが、それだと疲れますし、後悔する可能性もありますよ。

例えば、今の年下彼氏と別れた方が良い出会いがあるかもしれませんし、このまま交際を続けたら、疲労から体調を崩す可能性だってあります。

ですから、『もう疲れた』と感じているのならば、一人になることを怖がらない方がいいです。

 

何より今の時代、『彼氏がいる=幸せ』とも限らないですよね。

それよりも、『日々楽しんでいることこそ幸せ』のはずなのでは?

ですから、『究極の選択を迫って敗北したら私は孤独だ』とは考えず、フリーの人生も楽しめる女性になった方がいいかもです。

年下彼氏との交際が疲れる理由

冒頭でも書きましたが、年下彼氏との交際って、

 

男はまだまだ遊びたい
女は真剣に結婚したい

 

とこんな状態だからこそ疲れます。

 

女性によっては『私はもう30歳なんだから、結婚したい気持ちくらい分かってくれるはず』と考えるかもしれません。

確かに、そうやって真剣に捉える男性もいますが、一方で自分最優先な人も多い訳です。

ですから、年下彼氏に対しては『甘やかさないこと』が大切です。

 

理想は交際をする段階で、『もう遊んでいられる年齢じゃないんだけど、それを承知で付き合ってくれるの?』と確認することですが、既に交際をして何年も経っているのなら、嫌われるのを覚悟で結婚の話を真剣に出していった方がいいです。

先ほども書きましたが『この年齢で振られたら終わりだ』と思ってしまうとむしろ厳しくなる可能性があります。

例えば、今から5年待たされて『結局破局することになった』という展開だったらどうですか?

もっと早く行動すれば良かったと思いませんか?

 

また交際をするにしても早い方がいいのが恋愛です。

その点でも、『疲れるな』と感じだしたら行動が必要な時なので勇気を持ちましょう。

最後に

年下彼氏に疲れた時の対処法について書いてきました。

たいていの場合、パートナーはこちらの疲労を理解していないものです。

関係性としてもあなたが追いかけているのでしょうから、それだと尚更、彼氏は甘えている可能性があります。

この状態で待っていても望みは薄いのが現実です。

自分で決断して、良い関係性に変化させましょう。

【関連記事】
年下彼氏の本気度を確認する方法!本当に真剣?見極めるポイント
彼氏がいないことに劣等感を持つ必要なし!恋愛と人生の満足度は関係ない理由