遠距離恋愛はやはり難しい?ダメになってしまう原因と合わない人の性格

遠距離恋愛って難しいイメージがありますよね。

『交際が成立しても長続きしない』『喧嘩ばかりになる』『かなりの努力がないと上手くいかない』など、こんな印象もあるのでは?

確かに地元同士で交際するよりも圧倒的に難しい部分がありますし、それ以上に性格的に向き不向きがあります。

例えば、どんなに恋愛経験が豊富な人でも遠距離だけは向かないとかこれもありますし、反対に経験が少なくても遠距離で成功する人もいます。

このように遠距離恋愛って、経験よりも性格がものを言うスタイルです。

ですからする場合には、自分が得意かどうかを冷静に見極めた方が良いかもしれません。

 

この記事では、そんな遠距離恋愛が難しい理由と合わない人の特徴を書いていきます。

恋愛って交際スタイルよりも『好きだから付き合いたい』『好きならば乗り越えられる』という感情論から入ると思います。

しかしながら、それで失敗してしまう人も多いので、遠距離恋愛について様々な角度から見ておきましょう。

遠距離恋愛が難しい理由

まずは遠距離恋愛が難しい理由です。

先ほども書きましたが、遠距離恋愛が難しいのは性格が主に関係しています。

会うのに時間とお金・体力がいる

例えば遠距離恋愛の場合、会うのに時間とお金、そして体力がいりますよね。

こういうの、『愛情があればなんとかなる』と思うかもしれませんが、根本的な性格が面倒くさがりだったり節約家である場合、愛情だけでは乗り越えられなくなります。

例えば片道電車で2時間半かかる異性との遠距離恋愛、これってきっちりした性格で『必要な時にはお金を使う』という考え方ならばできると思います。

一方で、基本的には面倒くさがりで楽をしたい、さらには『お金がたまっていくのが楽しみ』というタイプだったらその2時間半は苦痛となり疲労にもなります。

そうなると体力的にも遠距離恋愛が難しくなりますから、結局は性格的な部分で向いていないと言えます。

 

もちろんこれらどちらの性格も悪い訳ではなく、単純に遠距離が難しいのはどんな人かというだけです。

しかし恋愛って、初期の頃はとにかく気持ちが盛り上がるため多くが見えなくなります。

そうなると『このくらいの距離感は大丈夫』と思いがちです。

ですがその決断が自分を苦しめることもありますので、遠距離恋愛になる場合には現実的な判断が必要でしょう。

お互いに都合を合わせられない

また遠距離は、お互いに都合を合わせられないことも難しい理由です。

例えばどちらも忙しい場合、遠いほど会うことが難しくなりますよね。

近ければ『30分だけ会う』『深夜に会ってそのまま泊まる』など選択肢が多数ありますが、遠距離恋愛の場合移動時間という壁があるためそれが難しいのです。

 

一方で、どちらも激務ならばまだいいですが、片方だけが忙しい場合には会えない方は不満がたまることもあります。

『会いに行く』と言っても『忙しいから来ないでくれ』と言われてしまったり、そうなると『他に女がいるんでしょ』と言い出しそれがきっかけで喧嘩になるとかこんなこともあります。

このように、遠いが故に都合が合わない、これも遠距離恋愛の難しいところです。

『相手が忙しい』『自分が忙しい』『訳があってなかなか会えない』こういう状況でも耐えられる人じゃないと向かないかもしれないですよね。

喧嘩するとそのまま消滅しやすい

さらに遠距離恋愛は、喧嘩をするとそのまま消滅する可能性が高いです。

これも近所ならば色々解決の手段がありますが、遠距離の場合、一定期間連絡が途絶えたらそのままということも全然あり得ます。

ですから遠距離って、感情的な人同士だと難しいかもしれません。

少しのことで喧嘩してしまうようだと大変になりますし、せっかく会っている時にも険悪な雰囲気になるためデートが台無しになります。

いつでも会える訳ではないため楽しく過ごせるように努力できる二人じゃないとなかなか継続できないでしょうね。

 

一方で、交際をすれば喧嘩はそれなりにありますし、遠距離恋愛でもそれは避けられません。

ですから感情的になった時には、言いたいことを言うとしても最終的には修復を試みる努力をした方がいいかもです。

また『もしかしたら自分が悪かったのでは?』と考えてみることも大切です。

『何としても相手に折れさせよう』という性格だと遠距離恋愛は難しいので、する際には心がけてみましょう。

遠距離恋愛が合わない人の性格

続いては遠距離恋愛が合わない人の特徴です。

感情的には好きになっても合わない場合もありますので、自分の性格と照らし合わせてみましょう。

自分の生活がない

まずは自分の生活がないタイプ、こんな人は遠距離恋愛が合わないかもしれません。

自分の生活がないとは恋愛が中心の女性です。

仲間や趣味が充実しているのならば遠距離恋愛も良いですが、そうではなく、『ずっと彼氏と一緒にいたい』『友達よりも彼氏』というタイプだと、さすがに遠距離は厳しいでしょうね。

 

この性格だと孤独に耐えられない可能性が高いです。

遠距離恋愛はどうしても、普通の交際よりも会う頻度が少ないですし、電話で話すといってもそこまで時間を割けないでしょう。

何より相手にも生活があるため、『時間の全てを彼女に割く』というのはしてくれないことが一般的です。

そのためそんな交際を続ける中で精神が限界になってしまうこともあるため、恋愛以外にも熱中できることがない場合には難しいかもしれません。

 

一方でこのような女性は、仲間を作ったり趣味を始めることに関心がないことも多いですよね?

その点でも、遠距離よりも身近な相手を選んだ方がいいと言えそうです。

何に対しても真面目

真面目な人も、意外と遠距離恋愛は向かない可能性があります。

真面目だと上手くいきそうに思えるかもしれませんが、その性格が故に無理をしてしまうことがあります。

例えば『体調が悪いのに会いに行く』『疲れているのに時間を割く』など融通が利かないのです。

これは相手のためというよりも、『自分のルールを壊せない』という性格が関係しています。

こういう人も一定数いますし、その場合、無理な交際を続けた結果大きく体調を崩す場合もあります。

 

別に真面目が悪い訳では全然ないです。

ただしこうやって、自分の全てをルール化してしまう人は『自分はそういう人間だ』と理解していないと本当に無理をするため気を付けた方がいいですよ。

その意味で、無理を重ねることが前提の遠距離恋愛は難しい可能性があります。

 

なのでそういう性格だとしたら『どんな交際ならば楽なのか?』を考えてみましょう。

そうすると、自分の理想が見えてくるはずです。

自立心がない

『精神面が幼くまだ自立できていない』この場合も遠距離は向かないでしょうね。

このような女性は彼氏に依存する傾向がありますが、遠距離は比較的大人同士の恋愛を心がけないと継続できません。

そのため構ってほしいとかそんな一面があるとあっさり終わってしまうこともありますから、自立心がない人には適さないと言えそうです。

 

男性としても、近場ならば構ってあげることもできると思います。

しかしながら遠距離でそれを求められると、『この女ウザい』『子供と付き合ってんじゃないんだよ』という感覚になるため嫌気が指し別れることになります。

何より遠距離ですからデートそのものが貴重になります。

そういう時間が『彼女の構ってほしい気持ちに応える日』になってしまうのでは真剣に付き合いたいとは思えないので、いずれにせよ長くは続かない交際になるでしょう。

遠距離恋愛をするなら遊び感覚で!

遠距離恋愛に対し全体的に言えることは、『ある程度遊び感覚でいることが求められる』ということです。

おかしな表現に思うかもしれませんが、やはり真剣に考え過ぎると体力的にも疲れてしまうので、恋愛だけの生活にはせず自分の人生も充実させ、その上で『彼氏とも楽しくデートする』とかこのくらい楽に捉えた方が上手くいきます。

またこの意識はお互いが持つことが大切です。

事実遠距離で上手くいっている人たちはこんな感じです。

『恋愛だけになっていない』『信頼し合っている』『自分の生活も満喫している』とこれらの要件を満たしています。

 

実際に女友達で、彼氏が留学してその後結婚した人がいましたが、彼女も上記のような感じでしたよ。

彼氏がいるとは思えないくらい付き合いが良い子ですが、その一方で口説かしてくれない雰囲気だけはしっかり出していました^^

 

このように相手への依存心がなく、また自分も日々楽しく過ごしていた方が遠距離恋愛は成功します。

これが『あなたが遠距離が向いているかどうか』の一つの判断基準と言えますから、良かったら参考にしてみて下さい。

最後に

『遠距離でもいいから付き合いたい』こう思う場合もありますよね。

しかしながら、実際に付き合うと色々問題があったりもするので慎重に判断した方がいいかもです。

恋愛って上手くいっていてもかなりのエネルギーを使うので、悩みまくってどん底に落ちてしまわないようにしっかり対策しましょう。