男性が聞かれたくない5つの質問!やめておくべき無神経ワードとは

男性性格

男性には『異性から聞かれたくない質問』があります。

女性にとっては普通のことでも、聞かれた男性によっては『あり得ない、無神経だ』と感じることもあるため注意したいところです。

このような聞かれたくない質問って、性別によって『なぜそれを聞いたらダメなんだ?』と分からない場合があります。

例えば女性に年齢を聞くのは失礼だと言いますが、男性によっては『失礼』の意味が分からない訳です。

一方で女性の中には、『年齢なんて聞かれたくない』と考える人も当然いるでしょうから、場合によっては無神経で失礼な質問になりますよね。

こんな風に、何によって相手を不快にさせるかってなかなか分かり辛いので普段から気を配っておきましょう。

 

以下ではそんな、男が聞かれたくない質問のうち5つを紹介します。

それらはどれも、男性ならば『なんだか無神経だな』と感じるものばかりです。

何気なく聞いただけでも険悪になることもありますから、知り合って間もない相手と話す時には注意しましょう。

仕事については聞かれたくない男もそれなりにいる

仕事については聞かれたくない男性も一定数います。

男性の場合仕事って、そのまま自分への評価になる場合もあります。

一流企業に勤めていたり高収入だったら自慢になりますが、そうではない場合できれば話したくない情報にもなり得るので、露骨に嫌な顔をする男性も多いです。

 

さらに女性にとって、男の仕事って判断材料の一つですよね。

どんな仕事をしているか?どこに勤めているか?安定性はあるか?など、こういうのって交際を判断する一つの基準だと思います。

もちろんそれは全然いいのですが、一方の男性は、あまりに仕事について聞かれると『それで自分を判断されている』という感じがして良い気持ちはしません。

『どんな仕事をしているかで判断するのは当たり前』と思うかもしれませんしそれは正しいです。

しかし男性によっては『そういうことよりも内面を見てほしい』と考えるため、このタイプの男性は特に、仕事について聞かれることを嫌がる傾向があります。

 

さらにこの心理は、高収入の男性にもあるので注意ですよ。

例えば高収入でも、『俺に言い寄ってくる女なんて皆金目当てだ』と嫌気が差していたら、職業の話をされるだけで不機嫌になります。

 

こんな風に、男は収入に関係なく仕事について聞かれることをあまり良く思いません。

これはもしかしたら、女性が外見だけを褒められるのと同じ心理かもしれませんね。

日々『綺麗』と言われ続けると、『そんな言葉は聞き飽きた』という気持ちになると聞いたことがあります。

ですから男性の職業に関しても、露骨に興味を持ち過ぎるのは辞めた方がいいかもです。

友達についてはNGな場合もある

男性の友達について、これも聞かれたくない質問です。

軽く『あの人と親しいの?』程度ならば問題ありませんが、『彼はどこに住んでいるの?』『どんな人が好みなの?』『今彼女いるの?』といったように根掘り葉掘り聞いてしまうと、さすがに聞かれた側も、『目当てはアイツか』と気づきますからね。

誘われた結果こんな話ばかりだったら『時間の無駄をした』と思う人が多いので、誰かについて知りたいのならば予めそれを伝えた上で飲みに行くなりした方がいいですよ。

 

というのも男は、基本的に女性と飲みに行く時には期待をしています。

単なる友人のはずでも『もしかしたら今日こそは何かあるかもしれない』と考えている訳です。

そのため、『他に気になっている男がいる』と分かったらその瞬間色々面倒になることもある訳です。

 

もちろん女性も、こんな男性心理を分かっているからこそ会ってから本題に入るのかもしれませんけどね。

ですが、『期待させておいてどん底に落とす』というのはあまり良いやり方とは言えないですし、それだと性格が悪い女だと思われてしまうため結局気になる男性にも悪く伝わるリスクがあります。

ならば初めから『実は○○さんのことが気になっているから相談に乗ってほしい』とか言った方が諦めがつきますし応じようと思います。

こんな男の心理も理解しておくと、色々便利かもしれません。

過去に関する質問は内容次第で聞かれたくない

過去については聞かれたくない、こんな男性もいます。

というのも、全ての人が良い過去を持っているとも限らないため、進んで過去を聞くのはハイリスクなことです。

学生時代は孤独だったかもしれませんし、人に言えない苦労があったかもしれません。

こういう人は簡単に口にしたいとは思いませんし、そんな話をすれば雰囲気が重くなってしまうため、適当な嘘をつくしかない訳です。

ですから過去に関しては、『聞かれたくない場合もある』と考えて、相手が話し出すとか流れで話し合う状況になるまでは聞かないようにしましょう。

 

また過去といえば恋愛経験も当て嵌まりますよね。

これに関しては聞かれたくない女性も多いのでは?

それを言うことで、『こんな女だ』と男に勝手に妄想されたり評価されることが嫌なのではないでしょうか?

同様に男性も、聞かれたくない過去の一つや二つは持っていますから、話している中で表情が曇ったら察してあげると印象が良いです。

お金関係に関しては聞かれたくない男が多い

資産や貯蓄・収入などのお金関係に関しては、一般的にすべての男性が聞かれたくないと思った方がいいです。

もちろんお金を武器に女性を口説く男性もいますので、そういう人は例外です。

しかし普通の男性は、これを聞かれると『金目当てだ』と思ってしまうのです。

 

この心理って、初デートの日に自宅に誘ってくる男と同じです。

これをされたらあなたは『この人は体目当て』と警戒しますよね。

実際は、体目当てよりも真剣な可能性の方が高く、理由としては『体目当てならばむしろ慎重に進めるから』です。

でも女性は、『初日に誘ってきたら誠実ではない!』と判断しますよね。

 

同じなんです。

女性も真剣で彼との将来を考えているからこそ資産や年収が気になるし知っておきたい、でも男は、それらを聞かれた瞬間に『この女は怪しい』と疑ってしまう。

こんな心理なので、お金関係について聞くってとても難しいです。

ですから原則は聞かない方が無難です。

 

ただしそれでも聞き出す方法がない訳ではなく、それは『彼氏の収入や貯蓄を聞き出す方法!堂々と聞くための駆け引きテク』に書いています。

いずれにせよ男性は、お金に関する話には慎重になりますからできれば避けましょう。

一度疑念を抱いてしまうと簡単には拭い去れないので、交際する時点でお金の心配がない男性を選べると理想かもしれません。

断ったのに理由を聞くのはNG

さらに『断られたことに対して理由を聞く』こんな行為は嫌われるため注意した方がいいですよ。

例えば年収を聞いた結果『そういうのを話すつもりはない』と言われたら、『なんで?』とか聞いてしまう人。

これだと完全に無神経な人になりますから、『言えない』と言われたらその時点で察して聞くのを辞めた方がいいです。

 

こんな風に食い下がる人って男女どちらにもいますよね。

『なんで?』とか『話せない理由を知りたいだけ』といったようにとにかくしつこいタイプ。

基本的に嫌われる訳ですが、最もいけないのは『自分のことしか考えていない』という部分でしょう。

はっきり言って、その時点で『この人物とこの先関わる理由はない』と思うはずです。

 

例えばあなたも、初対面の男性に『どこに住んでいるの?』と聞かれ、『それは関係ないから』と答えたら、『なんで関係ないの?』とか言われたら不快ですよね。

ですから『相手が答えられないと言ったらそれで終わり』という認識は持った方がいいです。

そうしないと、恋愛だけでなく人間関係も崩れますので、これは注意した方がいいです。

男は探られることをとにかく嫌う

男性は探られることをとにかく嫌います。

『好きだから知りたい』と『利用したいから情報を得たい』は紙一重な部分があるので、『利用』と捉えられる要素があったら男性は強烈に嫌悪します。

 

好きだから知りたい場合、その人の性格や考え方について興味を持ちますよね。

例えば結婚したらどんな家庭にしたいか?今までどんな交際をしてきたか?など、こういった、本人そのものについて知れることを主に聞きたくなるはずです。

そうすることで『誰よりもその人物について詳しい女』になれますし、たいていはそれが望みなのでは?

 

一方の利用したい女性の場合、とにかく自己都合で質問をすることが多いです。

収入もそうですし、『男はこういうものだ』という考えの押しつけも一つです。

こういった一面があると嫌われる傾向がありますし、それは好きではなく自己愛というものなので注意したいところです。

 

ですから基本は、『この人自身について知りたい』と思える人と関わるようにしましょう。

どんな考えを持っていて自分とはどんな共通点があるかなど、これに関心を持てたら好きですから、そういう相手を選ぶとお互いに幸せになれます。

相手が聞かれたくない質問をしてしまう時点で好きではない可能性もありますので、そんな時には自分の気持ちと向き合ってみることも大切です。

最後に

『なぜ相手が聞かれたくない質問をしてしまうか?』これは、相手のことを考えていないからです^^

自分の欲を叶えることだけで、相手の気持ちなんてどうでもいいと思っているからこそ無神経なことが聞けてしまうのです。

ですからそういう人とは離れた方がいいですよ。

関わる理由もないですしトラブルに発展する可能性もありますからね。

 

相手が反発してきたら自分の言動を振り返ってみましょう。

その中に答えがある場合もありますから、どうするべきかが見えてきます。

究極にモテる体型になる方法

体型にコンプレックスありませんか?その悩み、ボディメイクで解決ですよ。

ボディメイクしている女子は究極にモテます。理由は、男は奇麗に鍛えられた体が好きだからです。

男は奇麗に鍛えられた体が好き

男は奇麗に鍛えられた体が好きです。

具体的には女優やモデルのような体型。女性が見ても憧れるような人は、男性も奇麗だと感じます。

そして女優やモデルの殆どは、ジムでボディメイクしています。

つまり、『女優のような体型を目指せば、究極にモテる体型になれる』ということです。

ボディメイクすると人生が変わる

大袈裟でなく本当に人生変わります。

例えばタイトワンピ、今着れますか?男はタイトワンピが大好きなので、彼女が着たらデレデレです。

それに女性からも羨望される毎日になるので自信が持てます。

女優・モデル体型を目指すなら

女優やモデル体型を目指すなら、パーソナルジムが良いですね。

理由は、『女優などもそうしているから^^』原則女優さんたちは、パーソナルジムで1対1でトレーニングしてます。

というのもパーソナルジムは個人の目的に合わせてメニューを組んでくれます。

『こうなりたい』という希望に応えることが仕事なので、『確実に結果が出る』のが特徴です。

カウンセリングや体験を受けてみよう

パーソナルジムって興味があっても敷居が高いですよね。なので、カウンセリングや体験を受けてみるといいですよ。

アドバイスを貰えたり実際にやってみることで、意外とハマる可能性があります。

お勧めパーソナルジム

お勧めはビヨンドジムですね。

公式サイト:BEYOND GYM 無料カウンセリング受付中!

芸能人御用達で私も行ったことがあり、環境もトレーナーも一流なのでとても良いジムです。

ちなみにビヨンドなら、5,500円で体験可能です。

私が知る限り、強引な勧誘はないので安心ですよ。

本気で体を変えるならコースへの入会が必須ですが、取り合えず体験だけでもきっかけになるはず。

是非、究極にモテる体型を目指してみましょう。

公式サイト:BEYOND GYM 無料カウンセリング受付中!

ワンランク上のいい女になる方法

ちなみに、ワンランク上のいい女になりたいと思いませんか?

そんな女性になれれば自信が持てますし、悩んだり苦しんだり、奥手な性格で損をしたりとかが無くなります。

そして今より毎日が楽しくなるだけでなく、人生そのものが幸せになっていきます。

ワンランク上のいい女になるためには

ワンランク上のいい女になるためには『良い香りを身に付けること』です。

というのも、男女関係は至近距離での印象が全てです。

『近くで話している時』『抱き合った時』など、こういう時に善し悪しが決まります。

例えば男性と会話している時に、悪臭がしたらイケメンでもアウトですよね?

男も同じで『どんな香りがする女か』で、『いい女』『残念な女』と判断しています。

実際に『彼女を抱きしめたら嫌な臭いがしてダメになった』とか、こんな話はよく聞きます。

反対に『職場の女性は近づくだけで良い香りがしてたまらない』とか、こういうのもよく耳にします。

そのくらい香りが大事なので、意識して対策してみると、ワンランク上のいい女になれますよ。

ポイントはシャンプーと香水

香りUPのポイントは、シャンプーと香水です。

まずシャンプーですが、これに関してはドラッグストア等で売られている商品で問題なし。

ただし、頭の匂いは『ウッ!』と来る強烈なものだったりするので、毎日、又はデート前は必ず洗いましょう。

例えば、あなたの頭が彼氏の鼻の下あたりに来る身長差なら要注意です。


それから香水、こちらはポイントがあります。

香水の香りは男性にとって不快な場合があります。

特に、女性には良い香りでも男性にはキツイ匂いとかも全然あるので、いい女を目指すのならこのチョイスを間違ってはいけません。

お勧めは、マリッジセンスという香水。

公式サイト:マリッジセンス

こちらは、一般的な香水とは異なり『男性にモテることに的を絞り開発された香水』なので、魅力UPすること間違いなしです。

何より、モテアイテムとして開発されているため香りも完璧です。

マリッジセンスを使えば、なぜか男が気になってしまう、魅力的で魅惑的な女性になれますよ。

香水程度の努力でもその差は歴然なので、いい女を目指すなら真剣に考えてみましょう。

公式サイト:マリッジセンス


>>マリッジセンスの体験談まとめページはこちら>>

タイトルとURLをコピーしました