なぜ男は癒される女性が好き?男性心理と一途になる理由を徹底解説!

『男性は癒される女性が好き』こんな印象があるのでは?

男性たちの会話でも『癒される女性が良い』というのは必ず挙がることですし、あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか?

このように、男は癒される女性が好きな訳ですが、一方で『どこにそんなに魅力を感じるのか』という男性心理は気になるところですよね。

 

癒し癒しと言うけれど、具体的に何が好きでそんなことを言っているのか?

この記事ではそんな男性心理について書いていきます。

 

さらに、癒される女性には一途になる男性が多いことから、その理由も紹介します。

『癒される』これって男にとってはオアシスのようなものなので、そんな女性になれたらモテること間違いなしですよ。

癒される女性が好きな男性心理

癒される女性が好きな理由、結論から言うと『そのような女性は普通よりも数倍可愛く見えるから』です。

『癒し系』『しっかり系』『サバサバ系』『ギャル系』『ツンデレ系』など、女性の性格もいくつかに分類できるかと思います。

男性心理的に言うと、この中で最も『可愛いな』と感じるのは癒し系なんです。

 

またこれは外見ではなく性格に関してです。

つまり、癒される女性は『雰囲気だけで数倍可愛く見えるから好かれることが多い』という訳です。

 

人の印象って外見も重要ですが、それと同じくらい性格も見られます。

例えば綺麗な人でもメンヘラ傾向があったらそれだけで無理だと思う男性は多いものです。

男は本能的にそのような女性を『大変だ』と感じますから、真剣交際は難しくなります。

 

一方で外見が好みではなくても穏やかな雰囲気だったら、『癒される』と感じ嵌ってしまうのもよくあることです。

何より恋愛感情は性格に惹かれ合うものですから、この心理的な部分を刺激できる癒し系女性は強いと言えます。

 

女性の中にも、20歳以上年上の男性に嵌ってしまうとかこういう人もいますよね。

これも一般的には理解されないでしょうが、本人としては心理的に何か強烈に惹かれるものがあるからのはず。

癒される女性って、この『心理的に惹かれるもの』を持った人です。

そのため見た目や年齢はそこまで関係がなく、『癒される』という強みだけでモテたりするわけです。

 

いずれにせよ癒される女性は、『第一印象の雰囲気が可愛らしい』『男性は心理的にそんな人を求める』ということから人気になりやすいです。

 

もちろん『癒される女性だけがモテる』ということではなく、男性心理には『自分が癒したい』というものもあります。

その点では、『私は癒し系じゃないしそんな風にはなれない』と感じたら無理をする必要なんて全然ありません。

 

一方で、『穏やか』『癒し系な雰囲気』『お前といると楽』などのように言われた経験があるのならば癒される女性かもしれません。

そんな時にはそれを長所として磨いた方が得なので、研究してみるのもアリかもです。

関連記事:男性が癒される女性には決まりがある!男が安らぐ女の特徴

ポイント

男性は心理的に雰囲気に惹かれる
雰囲気が可愛い女性は強い
感情は性格に惹かれるため人気になる

癒される女性に求めること

男性が癒される女性に求めることは大きく2つあります。

話を聞いてほしい

まずは、『話を聞いてほしい』ということです。

男はたいていの場合『聞き役』になることが多いのです。

会社でも友人関係でも自分が聞き役になることで、『存在を確認できる』とかこんな心理があります。

つまりそうすることで『必要とされている』と実感するのが男性の心理という訳です。

 

一方で男性も、当然話したい気持ちを持っています。

普段は格好つけて聞いていますが、それは存在意義という心理的なプライドのためでしかなく、本当は自分が話したいのです。

さらにただ話すのではなく『気持ちよく話したい』というのが男性の心理です。

だからこそ癒される女性が求められます。

 

穏やかで包み込んでくれるような性格だからこそ男性も気持ちよく話せますし、気が付けば誰にも言わないようなことまで口にしてしまったりもする訳です。

普段のピリピリした人間関係ではそんなことは絶対にあり得ず、『情報は隠す』『弱みは見せない』という生き方をするのが男性ですが、それを言える相手も必要なのです。

 

男性にとって癒される女性とはそんな存在で、『信頼できて何でも話せる人』です。

なのでとにかく聞くようにしてみると、男性を心理的に引き寄せられるかもしれません。

いつも笑顔でいてほしい

もう一つは『いつも笑顔でいてほしい』ということ。

男は心理的に、女性の笑顔を見ると安心します。

またその笑顔に癒されるので、これは絶対に心がけたい部分です。

 

笑顔って心理的には『報酬』のような効果があり、特に男性は、女性の笑顔を得るために日々努力していますので、それが無条件に手に入ったら『この人には癒されるな』と感じる訳です。

 

例えば飲み会のような場所でも、『ツンとしている』『ずっとニコニコしている』など、人によって態度が分かれますよね。

もちろんどちらが良い悪いということではないですが、癒されるという点では断然ニコニコしている女性です。

そんな人の方が『話してみたい』『もっと多くを知りたい』『魅力的だ』と思うのは必然なので、癒される女性を目指すのならば笑顔は必須ですよ。

 

ですから例えば『彼氏を癒してあげたい』と思うのならば、あれこれ考えるよりも取りあえずニコニコと話を聞いてあげるようにするといいでしょう。

癒される女性に求めることポイント

話を聞いてほしい
いつも笑顔でいてほしい
ニコニコと聞ける女性はモテる

癒される女性が好きな男性心理ポイント

癒される女性が好きな男性心理のポイントとしては、

 

男は遊びの女とは楽しみたい
本気の女とは語り合いたい

 

といった感じです。

 

遊びならば『その瞬間が楽しければいい』と考えるのが男性の心理ですから、女性の性格はそこまで関係がありません。

むしろ重視するのは見た目です。

一方で真剣な場合、『一時的な時間よりも永遠』を考えるため、『一緒にいて楽』という癒される女性を求めるのです。

 

この辺の心理は多くの男性に共通していますから、真剣な相手として選ばれることを考えた場合には癒せた方が絶対に良いです。

恋愛って求めるよりも与えることを考えた方が実は得が多いので、それを目指してみるのもアリかもしれません。

癒される女性に一途になる理由

男性は癒される女性に一途になる傾向がありますが、これは『他の女性とは違う』と心理的に直感するからです。

殆どの男性は求められる交際ばかりを経験していますが、癒される女性は多くを与えてくれます。

それが新鮮で『他の女性とは違う』と感じ一途になるのです。

 

癒される女性って精神年齢が高い人ですし、彼氏よりも当然高いです。

男はそのように包み込んでくれる女性を求めますから、そんな人がいたら大切にします。

 

男性は割と、生涯のパートナーには『自分を支えてくれる人』を求める傾向にありますので、その点でも癒される女性はピッタリな部分があります。

なので一途になるのも自然な流れと言えます。

 

例えば癒し系女性と交際していたら、あらゆる誘惑があっても裏切らないかもしれません。

このくらい、心理的な癒しになっているかどうかは男性にとって大きいものです。

癒されると天然女性の違い

ちなみに、癒されると天然は違いますよ。

似ていますが、

 

癒される=穏やか言動に思いやりがある
天然=自分の世界があり言動に棘を含む

 

といった感じでしょう。

 

天然な人はマイペースですし、いつも自分が中心なため『穏やかそうに見えて言葉がきつい』傾向にあります。

一方の癒される女性は、相手を思いやる気持ちがありますし『自分のことは後回し』という性格だからこそモテるのです。

 

この違いはとても大きいですし、男性心理的にも天然女性はピンとこないことが多いです。

なので天然とよく言われるのなら、もしかしたら自分を見つめ直した方がいい場合もありますので考えてみましょう。

癒し系になりたい時のポイント3つ

まとめると、癒される女性になるためのポイントは、

 

笑顔
聞く力
思いやる気持ち

 

の3つです。

 

これらがあれば男性にとって癒される女性と言えます。

従って意識することでなることは可能かもしれません。

 

ただし先ほども書いた通り、癒し系女性だけがモテる訳ではないですし、最終的には相性です。

従って結論としては『あなたが求める恋愛の形』を貫くのが良いかもしれません。

 

『男は癒されたいらしい』とそれを必死に演じたらどこかで限界が来ますので、無理のない交際を心がけましょう。

最後に

癒し系女性は人気ですが、一方で『異性に何を求めるか』は男性の心理状態次第によっても変わります。

疲れがないなら癒しより刺激を求めるかもしれませんし、細かいことを言うと、その時の気分で外見の好みが変わる場合もあります。

このように男には『これが正解』というのがなかなかありませんので、あまり気にしないでいいかもです。

 

また男から見ても『自分を貫いている女性』は魅力的なので、そうなった方が結果的には良い交際ができそうな気がします。

ですから、あまり情報に振り回されず『こうなりたい』と思う意思に従って、綺麗や可愛い女性を目指しましょう。

【関連記事】
男性が癒される女性には決まりがある!男が安らぐ女の特徴