40代独身女性が痛いかどうかは本人次第【男性が見た痛いかどうかの分かれ目】

40歳代独身女性は痛い?こんな疑問を持っているのでは?

なぜか女性は、40歳代で独身だと『痛い・痛くない』とか言われる傾向がありますが、これってはっきり言って余計なお世話ですよね。

何歳で独身でもそういうことは関係がないはずですし、他人から『痛い』なんていちいち言われたくないでしょう。

 

しかし一方で、『実際のところ、40歳代独身女性は痛いの?』と気になってしまうところもあるのでは?

特に『男性からどう思われているのか?』という部分も考えてしまうはずです。

 

もちろんまだまだ結婚を諦めた訳ではないですから、そういう意味で『異性が感じている印象』というのは大切なはずです。

そこでこの記事では、男性が感じる40歳代独身女性の印象について『痛い人・痛くない人』をそれぞれ紹介します。

 

また最終的には、40歳代独身で痛いかどうかは完全に本人次第です。

合わせてそれも書いていきますので参考になれば幸いです。

男性が感じる40歳代独身女性の印象 痛い人編

まずは、男性が痛いと感じる40歳代独身女性についてです。

他人に対する当たりがきつい

『他人に対する当たりがきつい』こんな人は痛いと思われます。

40歳代独身女性って、人に対する対応が大きく分かれてくるはずです。

女性自身『40歳代』『独身』ということに焦りや不安を抱いていますから、それが原因で人を信用できなくなったりもして当たりがきつくなるのです。

 

例えば職場でも、部下や後輩に対し言い方がきつかったり、取引先にもニコリとも笑わない、上司にも反抗的などこんな感じだと、『痛いな』『40歳代で独身だからだよ』と思われてしまうこともあります。

 

こういうのは上述したように『自分にゆとりがないこと』が原因であることが多いですが、現実は厳しく『そういう独身女性ほど世間は痛いと思う』という傾向があります。

 

なので例えば、現状焦りや不安で一杯になっているとしたら、気づかぬところで『きつい人』になっているかもしれません。

そうすると『40歳代独身の痛い女性』という見られ方をしている可能性が高いので、対応を考えた方がいいかもしれません。

自分の拘りや主張を曲げることができない

『自分の拘りや主張を曲げられない』これも40歳代独身だと、『痛い女性』と思われがちな行動です。

というのもこれ、若ければ『まあ若いから』とか周りが寛容になってくれることです。

例えば20歳代ならば周りが大人ですから、『まあ悪気はないから』とか広い心で受け止めてくれます。

 

しかしながら、これが40歳代でしかも独身だと、『あの女性は、独身で一杯だから何もかも譲れないんだよ』と痛い人判定されてしまいます。

しかもそれだけでなく、40歳代の場合、『だったら敢えて関わる必要ないよね』ということになり、人が離れていくことが多いです。

 

つまり、拘り等が強すぎて他人と上手く関われない40歳代独身だと、『それを受け止めてまで関わりたい』とは思ってもらえない訳です。

厳しい言い方をすれば『いい歳してあの女性は何なんだ?』と冷めた目で見られますし、そもそも興味も持たれません。

 

こうなると痛いですね。

40歳代女性の場合、性格面に魅力がないと恋愛としても需要がないので、『自分を曲げられる』ということは、とても大切なことです。

天邪鬼な性格で面倒くさい

『天邪鬼な性格』たまにいますが、これは本当に痛い40歳代独身女性です。

天邪鬼って『わざと人に逆らう』ということですが、要するに面倒くさい人ですよね。

 

例えばデートでも、彼氏が『パスタでいい?』と聞いたら『パスタは違うな』と言い、『じゃあ寿司は?』と聞いても『寿司もちょっと…』ととにかく否定するとかこんな女性。

こういうのも『若ければ許されるわがまま』ですが、40歳代の場合単なるウザくて痛い女性なので、この傾向があるとしたらすぐに改善した方がいいですよ。

 

今の時代、恋愛経験が少ない40歳代独身も多いですよね。

そういうこともあり、『年齢的には十分大人なのにすることは子供』みたいな人が多いのかもしれません。

もちろん、『彼氏ができたらしてみたかったこと』これらがあるのは分かりますが、自分の年齢を考えずにやってしまうと単なる痛い女性になってしまうので、その辺は十分に考えた方がいいかもです。

ポイント

他人に対する当たりがきつい
自分の拘りや主張を曲げることができない
天邪鬼な性格で面倒くさい

男性が感じる40歳代独身女性の印象 痛くない人編

続いては、痛くない40歳代独身女性についてです。

にこやかかつ穏やかで人当たりが良い

『いつもニコニコしていて穏やか』こんな人は全く痛くないです。

むしろ『にこやか』『穏やか』『人当たりが良い』という40歳代の独身女性に関しては、なぜ独身なのかが不思議なくらいです。

 

職場でも、『部下や後輩の面倒見も良く慕われて、取引先や上司からは信頼されている』こんな40歳代女性も多いですよね。

このような人って魅力的に見えるものです。

そのため独身なのは『完璧すぎて近寄りがたい部分』かもしれないですね。

 

ニコニコしていながらもデキる女だったらデートには誘いづらいですし、それが上司や先輩だったら尚更です。

しかしながらこんな女性は、痛い人ではないのでそこの心配は不要です。

臨機応変に対応ができ他人にも合わせられる

『臨機応変に対応ができて他人にも合わせられる』こんな女性も痛くないです。

デートでも友達との遊びでも、突然の出来事やトラブルに対し対応力があると、『女性としてしっかりしている』と思われます。

例えばデートが突然中止になっても文句を言わず、『仕事頑張ってね』とか相手に気遣えるようだと独身でも痛いなんてことはないですね。

 

要するに重要なのは、『年相応かどうか』ということです。

40歳代で幼い部分があると『痛い』と思われてしまいますが、それがなければ独身・既婚は関係ありません。

なので、自己主張もしつつ他人にも合わせるようにすると、性格的に魅力的な女性だと思われるかもしれません。

性格に裏表がない

『性格に裏表がない』これも痛くない条件ですね。

40歳代独身の場合、性別に関係なく裏表がある人も多いですが、それがあると痛くなってしまいます。

というのもこの裏表って、『大人になりきれていない部分』とも取れます。

またその一面は、構ってほしい要素でもあるため、これがあると痛い人になってしまう訳です。

 

なので、『もう大人なんだ』と自覚することが大切です。

痛い40歳代独身女性は、たいていの場合幼い要素があります。

それがあるとイメージが崩れますし急激に痛い人になります。

 

大人としての言動を常に心がけている人は独身とか関係なく痛いなんてことはありませんので、そこに拘ってみましょう。

ポイント

にこやかかつ穏やかで人当たりが良い
臨機応変に対応ができ他人にも合わせられる
性格に裏表がない

痛いかどうかの分かれ目は幸福度

痛いかどうかの分かれ目は幸福度が関係しています。

つまり『現在幸福ならば痛くない』『不幸ならば痛い』とこんな感じです。

 

40歳代って内面が自分の印象を左右しやすいですから、幸福度によって痛いかどうかも決まると言っていいです。

なのではっきり言って本人次第なので、できるだけ日々楽しく生きられるように工夫した方がいいですよ。

 

例えば『40歳代独身、もう人生終わりだ』と思ったらその通りになるかもしれませんし、その雰囲気が痛い人を作り出します。

なのでそうは思わず、『まだまだこれから』と前向きに頑張っていた方がいいです。

このように、全ては自分次第なので、日々の心がけを大切にしましょう。

40歳代独身に焦りや不安を抱くよりも楽しもう

ポイントは、『焦りや不安を抱くよりも楽しむ』ということです。

そもそも、不安を抱えながら生きていても仕方がないと思いませんか?

『このまま独身かもしれない』と漠然とした不安を抱えていても何も解決しませんし疲れるだけです。

ならば、今思いっきり楽しめることを考えた方が健全なのでは?

 

それにこうやって前向きになっていた方が出会いもあります。

前向きだと自分を磨こうとしますからね、それが出会いに繋がります。

このように、楽しもうとすることで色々変わってきますので、焦りや不安なんて捨ててしまいましょう。

最後に

現在は、独身・既婚は関係がない時代だと思いますし、これからは増々そうなるんでしょうね。

あらゆる技術も進歩するでしょうから、もしかしたら近い将来『孤独』という概念そのものがなくなっているかもしれません。

こんな風に、楽観的に捉えてみるのもありですよ。

 

もちろん将来に対する準備は必要ですが、それだけになって苦しくなってしまったら、せっかくの40歳代を無駄にします。

独身って寂しいかもしれませんが、それだけ自由であるということです。

なので痛いかどうかなんて考えず、与えられた時間を有意義に活用しましょう。

【関連記事】
モテるアラフォー女性はここが違う!おばさんと言われない人の共通点
40歳代で恋愛するのが面倒な女性にはこんな方法がお勧め!負担にならない恋愛術
アラフォーで綺麗な人の特徴!その年齢には見えない女性の共通点とは