30歳代女性の婚活はこれだから厳しい…【手遅れにならないための改善策】

30歳代の女性って、意外にも婚活が厳しかったりもしますよね。

感覚的にはまだまだ全然モテるし自分でも大丈夫だと思えているのに、『なぜか手遅れになる』こんな人も少なくないはずです。

つまり『理由は分からないけど婚活で苦労する女性が多い』という訳です。

 

30歳代って全然綺麗ですし、男性にとってもいい女なことが多いですが、それでも厳しくなるのは『女性自身の意識』が関係しています。

この記事ではその辺を中心に『婚活で苦戦する理由』『手遅れにならないための改善策』を書いていきます。

 

30歳代という年齢そのものは、人生の中で一番良い時期かもしれません。

しかしながら、『婚活』という見方をした場合にはまた変わってきますので、そこをしっかり考えてみましょう。

30歳代女性が婚活で苦戦する理由

婚活市場の現実に気づけていない

『婚活市場の現実に気づけていない』婚活が厳しい理由としてこれは大きいです。

上述したように30歳代はモテたり、自分自身の意識としても『まだまだイケる』と思っていますよね。

実際に、確かにその通りなのですが、『婚活』というステージに立った場合には状況が変わってきます。

 

具体的には、

 

同世代男性は20歳代を狙いがち
好条件男性は20歳代を狙いがち
婚活の特性上ライバルが多い

 

といったように、要するに激戦区で勝負することになるため想像以上に厳しいですし手遅れになる人も続出するのです。

 

婚活市場では、女性は基本的には20歳代に需要が集中します。

というのも、パーティーや婚活サイトのような『複数の中から選べる場所』の場合、男もどうしても『より好条件を』と考えてしまうのです。

あなたも婚活サイトなどを利用した場合には、『より好条件を』と考えますよね?

 

そのため、日常ならばそれなりにモテる30歳代女性でも、『婚活市場では厳しい』とかこんな現象になる訳です。

 

これが婚活市場の現実です。

要するに『仕組み上厳しくなる』ということです。

 

これを理解していない30歳代女性は手遅れになる可能性が高いです。

婚活市場と日常生活での出会いって全く違くて、転職に例えるなら『転職サイトで活動』と『ヘッドハントで転職』くらいの違いがあります。

 

このように、十分にモテる30歳代女性でも、活動する場所によっては厳しくなるのが婚活ですから、手遅れになる前に『日常でも出会いを探す』などの対策をしましょう。

ポイント
・婚活市場は仕組み上30歳代女性が厳しくなりがち

プライドが邪魔をしてしまう

それから30歳代女性の場合、『プライドが邪魔をして婚活が厳しい』ということもあります。

これも、手遅れになる女性の特徴ですね。

 

簡単に言うと、『私はモテる』という自負から条件を下げられないのです。

さらに言うと、『条件を下げるくらいならば結婚しない方がマシ』というプライドも、手遅れになる要素であり、こういう人は5年以上経ってから後悔することが多いです。

 

こういった気持ちは男性にも当然ありますから、このプライドで苦戦する女性の気持ちはものすごく分かります。

 

私自身、婚活ではないものの『プライドが許さない!』と目をつぶってきたものが過去にあるので、『こんなことできるか!』という感情はとても分かります。

でも、私はその過去を、今となっては後悔しています^^

何よりも、時間や年齢って偉大であり、『その時ならできたけど今はできない』ということがたくさんあります。

 

なので、現在は条件に縛られていて変える選択なんかないと思えても、それは思い込みだと考えてみるのもアリかもですよ。

ポイントは『譲れない理由』と向き合ってみることです。

これがはっきりすると『このくらいいいかも』と思えることもあります。

 

実際に私も、プライドを捨てて行動したこともたくさんありますし、それらも行動してしまえば大したことではなく、得られた結果の方がはるかに大きかったです。

 

このようにプライドって、婚活だけでなく人生そのものを妨害する可能性があります。

もちろんそれがない人になる必要なんてないですが、しっかり向き合ってみると不要な感情も含まれていますので、それを取り除き婚活のハードルを下げてみましょう。

ポイント
・条件を下げられない時には理由と向き合ってみよう

婚活に対する本気度が弱い

『婚活に対する本気度が低い』これも苦戦する理由です。

30歳代の場合、『今からの婚活は意外と厳しい』『手遅れになるかもしれない』という現実に対しての実感がない人も多いです。

上述したように、日常ではそれなりにモテたりもしますから、『婚活を始めればスムーズにいくだろう』と考える人も多い訳です。

そのため準備や調査・情報収集が足りず、結果的に厳しくなってしまう訳です。

 

例えば先ほど書いた『20歳代女性に需要が集中する』ということも、早くに調べていれば数年早く行動できましたよね。

他にも、『大丈夫だろう』と思っているからこそ研究しないため、『どうすれば異性に気に入られるか』などの勉強をしない人も一定数います。

 

さらに、そうやって調査不足であることが上手くいかない原因だと気づけずに、対策が分からないことも手遅れになる理由の一つです。

厳しいことを言えば、『間違ったやり方をしているのにそれを繰り返している』という状態なので、だから厳しい婚活になってしまうのです。

 

このように、本気度が弱い人は反省や調査をしないですからどうしても厳しくなりますし、最悪手遅れになります。

婚活はどうしても年齢と時間との闘いなので、1回1回反省を繰り返し次に生かす努力が必要です。

例えば婚活サイトによっては、結婚カウンセラーに無料相談できるので、そういうのを利用するのもありです。

 

いずれにせよ、意識を高めていかないと正しいやり方を見つけられないので、仕事の企画を通すようなつもりで、本気で臨むようにした方がいいですよ。

ポイント

婚活市場の現実に気づけていない
プライドが邪魔をしてしまう
婚活に対する本気度が弱い

手遅れにならないための改善策

続いては、手遅れにならないための改善策です。

視界を広げて婚活してみる

まずは視野を広げてみることです。

先ほども書いた通り、パーティーや婚活サイトのような婚活市場で勝負をすると、30歳代女性はどうしても好条件ではありません。

なのでそれだけでは厳しいので、『同僚や友人に紹介してもらう』『合コンに参加してみる』『趣味を始める』『級友に連絡を取る』『イベントに参加する』など、婚活というシステム化された市場以外でも活動してみましょう。

 

男性の心理としても、婚活市場で綺麗な30歳代女性を見つけるのと、日常生活で綺麗な30歳代女性と出会うのとでは衝撃が違います。

前者の場合『この人は綺麗だけど、20歳代でさらに可愛い人がいるかも』と探し続けます。

一方で後者なら『この人は運命の人だ。こんなきれいな人を逃したら俺は馬鹿だ。すぐにでも結婚したい』と考えます。

 

このように、どこで出会うかってそれなりに重要です。

つまり、あなたにとって有利な環境で活動することが重要なので、それがどこなのかを考えてみましょう。

ポイント
・どこならば高嶺の花になれる?

条件で婚活するのをやめる

先ほども書きましたが、条件で婚活をするのをやめる、これも手遅れにならないためには大切です。

もちろん、『年収・年齢・外見』に対し条件があるのは当たり前ですから、それを完全に無くす必要なんて全くないです。

 

ただし30歳代女性の場合、それよりも気持ちに拘った方が婚活市場でも上手くいきやすいですよ。

理由は、殆どの男は『30歳代の女性は条件重視で婚活している』と思っているからです。

なので、『そうではなく気持ちを重視する女』になれれば婚活のようなシステム化された市場でも印象が良い訳です。

 

男は基本的に、お金目当てだったり条件重視の女性を嫌う傾向にあります。

というのもこれ、分かりやすく言えば、女性が『顔・体型・年齢』で判断されているのと同じですからね^^

なので、表向きでは『条件なんて一切気にしない』とした方が、婚活って上手くいく訳です。

その方が好条件男性にとっても印象が良いためアプローチしてくれますので、『気持ち重視をアピール』というのはテクニックとしても大切なことです。

 

条件を前に出す女性は割と厳しい婚活をする傾向がありますので、この辺は、本音と建前ということで上手くやりましょう。

ポイント
・異性に好かれる工夫も必要

手遅れになる可能性を自覚する

『手遅れになる可能性を自覚する』これも大切ですよ。

というのも、『まあ大丈夫だろう』『何とかなる』くらいに思っていると気持ちが入りません。

それだと『悪い意味で焦りがない状態』になってしまうのです。

 

仕事に例えるのなら『このままの状態だと生活できないのに、それを自覚せずにダラダラしている』とかこんな感じです。

なので、『今のままでは結婚できないかもしれない』と、手遅れになる可能性を自覚しましょう。

 

この意識を持てるかどうかでやり方が変わってきます。

例えばこれまでは待つだけの婚活だったとしても、意識が変わったことで積極的になったとか、こういう変化って大切です。

 

30歳代って、どんなに綺麗でも積極性がないと難しい部分もありますので、『このままでは厳しい』と日々自分に言い聞かせ、奮い立たせるようにしましょう。

ポイント

視界を広げて婚活してみる
条件で婚活するのをやめる
手遅れになる可能性を自覚する

手遅れにならないために心がけたいこと

手遅れにならないためには、とにかく恋愛を楽しむことです。

30歳代の場合、『今すぐにでも結婚したい』『婚活で知り合ったのならばさっさと結婚の話を進めたい』と思うかもしれません。

もちろん、男性もそれを望んでいるのならば全然OKです。

 

一方で、そうではない人もたくさんいて、その場合『こんなに必死だとこの人は厳しいな』と思われてしまいます。

なので、基本的には楽しんで『居心地が良い人だな』と思われるように心がけた方がいいですよ。

 

男性としても、例えば5人候補がいて、4人の女性がすぐに結婚の話を出してくる中、1人はいつも楽しいという状況だったらその人を選びます。

このように、楽しい存在になれればライバルなんて関係がなくなります。

 

ですから、厳しい婚活を避けるためにも、また手遅れにならないためにも、基本は楽しむことが必須です。

30歳代女性は決して需要ナシじゃない

30歳代女性は決して需要ナシなんかじゃありません。

綺麗な人もたくさんいますし、10歳年下の男と交際する人だって全然いる訳ですから、はっきり言ってモテる世代です。

なので自信を持つべきですが、婚活の場合、市場の特性上厳しくなる場合があるので、それを自覚しましょう。

 

ですから、自分が有利になれる環境で活動することや、どんな性格ならば男性から印象が良いかなども考えてみましょう。

そうすれば苦戦しない30歳代になれます。

最後に

余談ですが、私も婚活サイトを利用したことがあります。

メインで利用したのはブライダルネットですが、その時に工夫したのは『日記』という機能です。

フェイスブックの投稿のような機能で、更新が新しい順に異性の管理画面に表示される仕組みになっています。

そこに男性心理のようなものを書いたら大ヒットして注目してもらえました^^

 

そこから連絡先を交換してデートした女性が複数います。

 

こんな風に、婚活も工夫次第ですよ。

真面目一筋でやっていてもなかなか難しい場合もありますので、時には発想を変えてみることも大切かもです。

【関連記事】
彼女と結婚したいと思う瞬間はたったこれだけ【手離したくない女とは】
30歳代で結婚できない女はこれが原因【男が避ける未婚女性とは】
年上女性が好きな男性の心理と恋愛に求めるものとは?お姉さんに拘る理由