男友達は必ず下心を持っているもの?男女の友情に対する男の本音

『男友達が下心を持っているかどうか?』これって、信頼できる男友達がいる人にとって永遠のテーマだったりしますよね。

たいていの場合、『友達だから下心なんてないはず』と思いたいでしょうし、実際にそう信じて関わっている人も多いはずです。

しかしながら、ふとした瞬間の態度や表情、仕草などから『もしかしたから、下心があるの?』と感じることもあるのでは?

 

以下ではそんな、男友達は下心を持っているのか?に対して、男性の本音を書いていきます。

 

男女の友情ってとても難しいもので、その理由は『お互いに異性に理想を期待するから』です。

つまり、『男友達だから下心はない』というのも、ある意味理想に過ぎないということです。

残念ながら現実は全く違ったりもしますので、それも一応受け入れておきましょう。

男友達は必ず下心を持っているもの?

8割の男友達は下心アリと思って良い

男友達は下心を持っているか?これに対する回答として『8割は持っている』と思って良いです^^

不快に感じたかもしれませんが、これが男の本音です。

もちろん、『下心がある=何かする』ではないですよ。

ただし、『この子は友達だから女には見えない』『二人きりでも何も感じない』とかこういう訳ではありません。

 

つまり、条件が揃ったら単なる下心だけでなく『何かしたい』と思うこともありますし、もしかしたら、常日頃からそう思っている場合もあるということです。

 

というのも、男性にとっては『友達とはいえ異性』というのが一般的な捉え方なんです。

女性は『男友達は性を意識しない対象』かもしれませんが、男の場合そこは意識するし、むしろ『ある程度興味があるから友達になった』という可能性が高いです。

 

例えば、

『外見が好み』
『雰囲気的に手に入りそう』
『話しやすいから友達になればチャンスがありそう』

など、男性の場合、全ての行動に目的があるため、『一切の下心なく友達になる』ということの方が珍しいです。

 

なので、8割くらいの男性は、異性の友達に対しても下心がありますし、『隙あらば』と思っている人も多いです。

事実『友達から恋人に発展した』『友達と一線を越えた』ということは多々ありますよね。

これは『少なくともどちらかが異性として意識している』という証拠です。

 

なので不快かもしれませんが、原則は『男友達は下心を持っている』と思った方がいいかもです。

下心なしの2割とは

では下心がない残りの2割とは?となりますよね。

それは、『片思い中の女性がいてその子のことで頭が一杯』『あなたが異性としてナシ』こんな人です。

この場合、一先ず現時点で下心はないと言えます。

 

まずは誰かに片思いしている場合、こういう時の男性心理は2つに分かれ、

『その人で一杯になり他が見えない』
『その人と他は別と割り切れる』

のどちらかです。

 

割り切れる場合、異性の友達に対し下心を持つこともありますし、むしろ片思いが実らない分誰かで満たしたいと思うこともあります。

一方で他が見えない男性の場合、身近に女性がいてもその人とどうにかなりたいと思えないことが一般的です。

もちろん、かなり積極的に誘惑されたら状況は変わりますが、そうではない場合、片思いの相手で一杯なので友達に下心なんて持ちません。

 

このように、『誰かに夢中だと下心を持たない』これが1割です。

 

もう一つは、『あなたが異性としてナシ』の場合です。

こういう男性って稀ですが、友達になる理由に異性的な魅力を求めない人もいます。

例えば『純粋に話が合う』『趣味が合う』など、完全に同性の友人を作る時と同じ条件で選ぶタイプです。

この場合には、友達にはなっても興味がない場合もありますので、もちろん下心もありません。

従ってこのタイプが残りの1割です。

 

このように、状況や男性の性格によっては下心はありません。

とはいえこれは、かなりの条件が揃わないと巡り合わないことですから、一般的には『男友達=下心アリ』と思っていましょう。

ポイント

8割の男友達は下心アリと思って良い
下心なしの2割と巡り合うことは難しい

純粋な男女の友情はとても難しい

上述したように、殆どの男性は、異性の友達に対して下心を持っています。

もちろん友達なので、普段はそういう目で見ないようにマナーとしてしています。

 

しかし一方で、本質的には下心があるため、男女の友情を成立させるのって本当に難しいことです。

というのも、

女性『下心なんて持たれたくない』
男性『いつかは下心を出したい』

となるため、結局どこかで衝突するのです。

 

なので個人的には、そこまで頼りにしない方がいいのかなと思います。

例えば『男友達として信頼していたのに下心を出された』だとショックが大きいですよね。

そうなるくらいだったら、『男友達とはいえ下心くらいあるはず。だから一定の距離を保とう』と考えた方が、そういう機会が来た時に割り切れます。

 

結局恋人ではないことが、男女の友情の難しいところです。

なので、楽しく遊んだり相談したりはしつつも、『相手は男性だ』という気持ちは忘れない方がいいかもです。

ポイント

男女では異性の友達に求めることが違う
信頼し過ぎるのは危険
ある程度の距離感が大切かも

男友達が下心を出すのはどんな時?

ちなみに、男友達が下心を出すのはどんな時に多いのかですが、それは主に、『酔っている』『二人きり』『何となく良い雰囲気』『エロい話をした時』などです。

こういう時は、身近な女性が良く見えやすいため、男友達も下心を出しやすくなります。

 

例えば、男友達の家に泊まりに行ったとかこんな状況。

こういうのって何歳でもありますよね。

社会人ならば、『職場の同僚の家に行く』とかも全然あるはずです。

 

この時、女性は全く意識していなくても、男友達側としてはかなり意識している訳です。

『二人きりならば何かあるかもしれない』『泊りならばOKということだろう』といったように、色々考えます。

さらに、こうやって考えているからこそ、実際にその状況になった時には下心を出さずにはいられない訳です。

なので、基本的に室内で二人きりという状況には注意した方がいいですよ。

 

それから酔っている時も下心を出しやすく、これは『気が大きくなっている』ということと、酒が入ると『女性もエロく見えるから』というのもあります。

酔っている女性は可愛いというのが一般論ですからね。

そんな姿を見ていると、口説きたくなってしまうのが男性の本音です。

 

そのため、二人ともいい感じに酔っていたら、店を出て歩いている時に手を繋ぐとか腰に手を回すなど、ボディタッチをすることもある訳です。

その後は『流れでそうなる』ということも十分考えられますよね。

このように、酒が入ると相手が友達でも魅力的に感じ、さらには、普段ならば『友達だから』と封印していた下心が丸出しになったりもします。

 

こんな風に、男友達とはいえ状況次第では下心を出しますので、そういうものだと思っておきましょう。

下心を出すのは遊び?本気?

ちなみに下心を出された場合、『遊びなのか』『本気なのか』というのが気になりますよね。

これに関しては、

『誠実ならば本気』
『不誠実ならば遊び』

と考えるのが良いですね。

 

誠実な場合、二人きりでも酒に酔っていても扱いが紳士的なはずです。

それに、その日のうちに一線を越えようとか考えないことが普通です。

もちろん、以前からお互いに惹かれているのならば『流れで』というのもありますが、そうではない場合、ちゃんと段階を踏むことが一般的です。

 

一方で不誠実な場合は、基本的に『すること』しか考えていません。

なので、どんな状況でもその日のうちに手に入れようとしてくるはずです。

 

本気か遊びかに関してはこういった部分で見抜くのがいいかもですね。

男は遊びの場合、下心が芽生えたら『とにかく手に入れたい』という欲で一杯になります。

そうなったら、その人は既に単なる男友達ではなくあなたを狙う一人の男なので、流されずにちゃんと対応した方がいいですよ。

最後に

男友達は下心を持っているか?について書いてきました。

割と残念な結果になったかもしれませんが、女性も『男友達が奢ってくれたら嬉しい』でしょうし、多少は『奢ってくれないかな?』と期待していませんか?

これと似たような感覚です。

 

異性に求めるものについては、友達かどうかというのはあまり関係がありません。

何より人は、基本的に自分の利益のために生きているので、たとえ友達でも、そこには必ず利害関係が生まれると考えることが、正解なのかもです。

【関連記事】
友達なのにボディタッチしてくる男性の心理とは?下心の有無も分析
友達なのに突然ハグする男性心理とは?抱きしめられた後の対応も解説
突然キスしてくる男友達の心理を状況別に解説!なぜ友達なのにキスする?