年下にモテる女性の性格5つ!こんな特徴があると年下は気になる

年下にモテる女性の性格について紹介します。

もしかしたら、『年下のイケメンからモテるのは、どうせ綺麗な女性』『”その年齢には見えない”という見た目が若い女性』と思っていませんか?

つまり年下からモテるのは『全てにおいて外見であり、性格なんて関係ない』と感じているのでは?

 

確かに綺麗な女性は目立つため、年下からもモテる傾向にあります。

しかし、年下からモテる条件はそれだけではありません。

むしろどんなに外見が良くても、性格に問題があったらモテることなんてないので、結局は『性格こそ重要』です。

 

この記事ではそんな、年下にモテる女性の性格について書いていきます。

恋愛と年齢は関係がなく、全ては相性です。

なので、あなたが年下好きならば、『相性が良い』と思われるように工夫して、楽しい交際ができるようにしましょう。

年下にモテる女性の性格

積極的で自分から声をかけられる

『積極的で自分から声をかけられる』これは年下からモテる女性の特徴です。

やはり、『異性に対して積極的』というのは性別を問わずモテる人の特徴なので、これができると年下からモテるようになりますよ。

 

例えば5歳・10歳年下の人が気になるとして、

『話しかけてくれるのを待っている』
『自分から進んで話しかける』

だと、やはり後者の方がモテます。

 

前者の待っている女性の場合、残念ながらよほど外見が綺麗じゃないと声がかからないため、結局は積極性が大切になる訳です。

 

それに男性は、一般的に女性に話しかけられるとドキドキするものです。

たいていの場合は自分から話しかけて口説きに行きますから、女性から興味を持たれ質問攻めにされたりすると照れますし、その人のことが気になったりもしてしまう訳です。

なので年下に限らず、モテるための基本として『自分から話しかける』というのは大切です。

 

話しかけた数だけ相手は意識しますので、積極的に声をかけてみましょう。

フレンドリーで距離の取り方が上手い

それから、上記の『積極的に話しかける』の進化版になりますが、『フレンドリーで距離の取り方が上手い女性』も年下からモテます。

特にその年下男子が恋愛経験が少ない場合、そういう仕草に勘違いしたり意識をしてすぐに好きになってしまうこともありますので、フレンドリーさって重要です。

 

具体的に言うと、

『頻繁にボディタッチをする』
『相手にボディタッチをさせる』
『常に笑顔で敬語なんて使わない』
『秘密っぽい話をする』
『軽く食事に誘ったり相手に誘わせたりする』

などです。

 

まず男は、基本的にボディタッチに弱いです。

これは全世代共通なので、気になる年下が何歳でも『自分からする』『相手に触れさせる』というのをやってみるといいかもですよ。

相手に触らせるとは、例えば『私結構筋肉すごくない?』と二の腕に触らせるとか、こんなのでOKです。

男はこういうのでも『女の体に触れた』と記憶するので意識させる効果があります。

 

それから、ほぼ初対面でも敬語なんか使わない方がモテやすいですし、ある程度話すようになったら極秘っぽい話をしてみましょう。

こういうのも距離を近づけるためには抜群の方法です。

 

さらに食事に誘うのも『軽く誘える』といいかもです。

真剣になり過ぎると相手も身構えますが、軽い感じならOKしやすいですよね。

また年下男子にとっても誘いやすい対象でいることも大切なので、行きたい店の話をするなどそんな雰囲気を出しておくこともモテるための工夫です。

 

いずれにせよ、フレンドリーであることは年下からモテるためには大切です。

相手の方が若い場合、とっつきやすさこそがモテるためのカギになりますので、そこも意識してみましょう。

恋愛ネタや下ネタにも対応できる

『恋愛ネタや下ネタにも対応できる』これも年下にモテたいのならば大切です。

例えば、『自分の恋愛観を話す』『過去の恋愛について語る』『恋愛トークを頻繁にする』などはモテ効果があります。

というのも、そういう話ってたいていの人が好きな一方で、女性はそれ系の話を避ける人も多いですよね。

そのため、『する人』になった方がモテるためには良い訳です。

つまり、男性が興味を持てたり喜ぶ会話に積極的になるということです。

 

下ネタも同様です。

女性は一般的に、異性と下ネタを語り合うなんて嫌だと思います。

しかしながら、男はそういう話ができる女性の方が一緒にいて楽しいので、年下にモテることを考えた場合にはできた方が賢いです。

 

もちろん、自分から進んで品のない下ネタを話す必要はありません。

そういうのをしてしまうとむしろ『下品な女性』という印象になり引かれてしまうリスクがありますからね。

 

しかし一方で、下ネタに合わせたり、その話に入っていくなどができると少なくとも男性は楽しいです。

また、『○○君が下心出している姿がイメージできない(笑)』『○○君って筋肉すごそうだよね。見てみたいな』とかは積極的に言ってみるといいかもです。

こういうのを言われると男はたいていの場合ドキドキしますし、その女性のことが気になります。

 

特に年下相手の場合には自分がリードした方がいいことも多いので、例えば一緒に飲んでいる時に、上記のような下ネタを言うとモテるかもしれません。

暗い話は一切せず聞き役にもなれる

『暗い話は一切せず聞き役にもなれる』これは、年下にモテるためには極めて重要です。

というのも、年下からモテる女性かどうかで最も重要なポイントは『精神面が大人かどうか』です。

そもそも年下は、大人な部分に魅力を感じて好きになったり交際をしますので、見かけだけだったり『実は子供』だったら引く訳です。

なので子供的な要素は一切ない方がいいです。

 

そのためにも、『暗い話はしない』というのは鉄則です。

というのも、ネガティブな話をするのって、どうしても幼い女性のイメージになってしまいます。

つまり交際に例えるのなら、『20歳前後の女性が、30歳前後の社会人彼氏に漠然とした不安をぶちまける』とかこんな印象です。

こういうのって、『若さゆえのこと』ですよね。

 

若いからこそそれでも許されますが、これが『35歳の女性が、25歳の彼氏に漠然とした不安をぶちまける』だとはっきり言ってあらゆることが厳しいです。

 

なので、年下からモテる女性になりたいのならば『ネガティブにならない』『聞き役にもなれる』という心がけが大切ですよ。

愚痴や不満、不安なんて何歳になってもあるのかもしれません。

しかしながら、そういうものをコントロールしたり受け入れていくのが大人ですし、それができているからこそ『大人の魅力』がある訳です。

 

何より年下は、どんなに格好つけていても結局年上に頼るものです。

これは男女でも、またカップルでも変わりません。

ですから、『頼られる存在=モテること』だと理解して、そんな女性になりましょう。

恋愛経験が豊富なため、あらゆる場面でリードできる

『恋愛経験が豊富』これも年下にモテる条件です。

経験豊富だと異性の性格も分かりますし、あらゆる場面でもリードできますよね。

つまり『この人はあまり経験がないから、こんな時にはこうするべき』『この人は年齢の割に大人だから相手に任せよう』とか、自分も異性を知っていれば考えられるはずです。

 

やはり、性別問わず経験豊富な人はモテますので、これも大きな条件になります。

 

一方で『なら、経験がそこまでない女はモテないの?』と思ったかもしれませんが、そんなことはありません。

というのも、人生経験が豊富なことも年下からモテる条件になるからです。

 

先ほども少し書きましたが、やはり『年齢差』というのはどうしても越えられないもので、結局恋愛をしようが『人生の先輩』であることに変わらない訳です。

この『相手よりも長く生きて多くを経験している』という部分はモテる要素になりますので、その部分を生かせるといいですよ。

 

『私には何もない』と思ったとしても、あなたがその年下さんの年齢だった時はどんな気持ちで生活していたか?

この反省や体験を相手のために語れるだけでもモテる要素になるものです。

ポイントは『自分の経験を相手のために語る』ということです。

ですので、お節介にはならないようにしつつも、『どうすればその彼が、これから先良い人生になるだろうか』と日々考えてみると、あなたも幸せになるかもです。

ポイント

積極的で自分から声をかけられる
フレンドリーで距離の取り方が上手い
恋愛ネタや下ネタにも対応できる
暗い話は一切せず聞き役にもなれる
恋愛経験が豊富なため、あらゆる場面でリードできる

年下にモテるためには上記いずれかを身につけよう

年下にモテるためには、上記5つの性格のうち1つ~2つを身に付ければOKです。

というのも、『私はフレンドリーな性格ではない』とか、こんなこともありますよね。

その場合は、彼のために何ができるか?ということを真剣に考えるようにすればいい訳です。

 

最も重要なことは『年下にモテるためには、自分が主役にならない』ということです。

例えばモテる男も、女性を主役にしますよね。

だからモテる訳ですよね?

そんなイメージです。

 

相手を主役にできる大人の女性だからこそ年下からモテるので、そんな性格を身につけてみましょう。

年齢でシャットアウトする人は少ない

恋愛って年齢が大切であるかのように捉えられがちですが、大切なのは相性です。

相性さえ良ければ年齢は全く関係がないので、気になる人が何歳年下でもチャンスはありますよね。

 

事実、『20歳年下と結婚した女性』とか、こういうのが話題になることもありますよね。

これも別に、その女性が超幸運だった訳ではなく、相性の良い相手を見つけられたことと、女性自身が大人だったからのはずです。

 

なので、年齢なんて気にするのは止めましょう。

確かに一般論としては、『男は自分が年を取るほど年下を好む』が正解です。

しかしこれは一般論に過ぎず、最重要は『相性』なので、それを高められるように、年下にモテる性格を身につけましょう。

最後に

年の差恋愛が難しいのは『出会いの数』なんでしょうね。

つまり、『年下と出会える機会がそもそも少ないからチャンスもない』だけで、例えばあなたの職場が、

『男性社員は全員年下』
『とてもフレンドリーな会社』
『男女比 9:1』

とかだったら、何もしなくてもモテまくりだと思いますよ。

 

なので、出会いの数を増やすことは絶対的に大切です。

モテるための基本は『美容や体型管理・恋愛ノウハウの習得』よりも『まず出会いを作る』ですからね。

自分磨きばかりしていても発展はないので、年下からモテたいのならば、出会い系でも街コンでも、なんでもいいので進んで活用してみた方がいいかもです。

【関連記事】
年上女性が好きな男性の心理と恋愛に求めるものとは?お姉さんに拘る理由
一回り以上年下の男性を好きになった時に、覚悟したいことと彼氏にするコツ
年下男子を確実に落とす3つの基本テク!年下はこの方法に弱い