女性からボディタッチするタイミング!気になる彼を落とすテクニック

意識的に女性からボディタッチするのって緊張すると思います。

どうでもいい男友達に対する無意識なボディタッチとは異なり、好きとか気になる男性に対し『気を引かせるために敢えてするボディタッチ』というのは状況が全然違いますよね。

 

その場合、『それをしたことによって嫌われたら』とか『相手の反応が悪かったら』といった不安や懸念がありますよね。

この記事では、それらの不安等を無くしながら、気になる彼にボディタッチするタイミングとテクニックを紹介します。

 

なんだかんだ言って、男はボディタッチに弱いですからね。

『ここぞ』という時には意識的にできるといいかもしれません。

 

何より男女は触れ合うことで発展するので、上手に使えるといい女度に磨きがかかりますよ。

女性からボディタッチするタイミングとテクニック

頼みごとをしながら手を握る

まずは、頼みごとをしながら手を握るという方法です。

例えば一緒に飲んでいる時に頼みごとをして、それと同時に手を握るとかこんなやり方です。

 

ややあざとく感じるかもしれませんし、男も『そう来たか』『きたないぞ!』と思うのも事実です。

それでも、『お願い、いいでしょ』とか言いながら手を握られたらやっぱり断れないので、こういうのはテクニックとして持っておくといいですよ。

 

これって心理としては、まずは『女性からボディタッチされた』ということへのワクワクがあります。

それから、『もしかしたら、この頼みを聞き入れれば楽しいことがあるかもしれない』という期待も持ちます。

そういうこともあり、断れない状態になってしまう訳です。

 

なので手を握る際には、そんな男性の状態を十分に理解した上ですると、なおボディタッチの効果が期待できます。

というのも触れた瞬間に『この人はそんな期待や下心を持っている』と分かったら、自分が優位になれますよね。

つまり『自分に興味を持っている』ということですから、その気持ちを利用できる訳です。

 

従って女性は、何かをお願いしたい時には『敢えてボディタッチする』というのはいいですよ。

そうすると通りやすくなることは確実です。

一緒に歩いている時に腕を組む

その彼のことが好きならば、思い切って『一緒に歩いている時に腕を組む』とかこんなのもありです。

こういうのって勇気がいるかもしれませんし、女性は『そんなことをしたら体だけの対象にされそう』と警戒するかもしれません。

しかしながら男性は、女性のこういった仕草を可愛らしく感じるものです。

 

そのため意外と、腕を組んでこられても『これはチャンスだ、体目当てにしてやろう』とは思いません。

むしろ、『この女性はいい子そうだから大切にしよう』と紳士的な気持ちになったりします。

 

そもそも男は頼られるのが好きですし、『腕を組む』という仕草はそれを感じさせられるものです。

その点でも意外と軽くならないので、お勧めできるボディタッチと言えますよ。

 

女性からボディタッチをするって軽い仕草のように思うかもしれませんし、自分を落とす行為だと感じるかもしれません。

しかしながら、やり方を考えれば問題ないですし、何より重要なのは性格です。

 

普段が男好きっぽかったら、その感じでボディタッチなんかしたら『この子はやっぱりそういうタイプか』と思われてしまいます^^

でも普段が大人しいとか異性に対して真面目ならば、好きな人といる時に触れるくらいならば全く印象は悪くなりません。

なので、そういう時くらい積極的になってみるのは全然アリと言えます。

酔った時、頼るように抱き着く

『酔った時、頼るように抱き着く』これもボディタッチのタイミングとしてはアリです。

ただしこの方法は『そのまま一線を越えたい時』限定にした方がいいですね^^

 

というのも、この状況で抱き着かれるとやはりそういう気分になりがちですし、女性が酔っていると休める場所に連れていくための口実がいくらでもある訳です。

なので、発展率は極めて高いです。

 

その一方で、『関係を持ったら必ず交際に至るか?』というとそうとも限らないので、この辺の覚悟を持てた時にのみするべきです。

運が良ければ、それを機に交際になりますが、悪い場合『その1回で冷めてしまった』とかこんな感じになります。

 

この辺に関しては、普段気になる人がどんな態度か?から感じ取るしかないでしょう。

会っている時は紳士的で誠実そうに見えても、

『会わない時はほとんど連絡がない』
『自分の話をほとんどしない』

とかだったら怪しいですね。

 

好きならば、会っていない時にも気になるため連絡したくなるのが普通ですし、好きな相手には自分のことも分かってもらいたいので色々話すはずです。

 

なので、意外と『気持ち良く話せるな~』と感じる男は体目当てだったりもするので、その辺は気を付けましょうね^^

いずれにせよ、真剣交際に発展できそうならば、『酔った時に抱き着く』というのはボディタッチとしてアリです。

相手を十分に見極めた上で使ってみるといいかもです。

ポイント

頼みごとをしながら手を握る
一緒に歩いている時に腕を組む
酔った時、頼るように抱き着く

女性からボディタッチするポイント

女性からボディタッチするポイントとしては、『相手に敢えて意識させること』ですね。

つまり『さり気なく触れる』のではなく、『分かりやすく触れる』ということです。

そうすると相手も、『これはそういう意味だな』とか『頑張ればイケるかも』といったように行動的になるため、結果的に落とすことができます。

 

ボディタッチのような大胆な作戦に出る場合、曖昧だと効果がありません。

それだとされた側も『これは…どういう意味かな?』と分からないだけで終わってしまいます。

なのでやるならば、『分かりやすく』が鉄則です。

 

以前友人女性が、電車の中で私の手首を軽く掴んできましたが、あまりにも曖昧だったため、その時は彼女の意図が分かりませんでした。

でも後で考えると、あれは好意を伝えていたんだと思います。

 

こんな風に、せっかく勇気を出しても伝わらないと意味がないですから、やるなら分かりやすさを心がけましょうね。

女性からボディタッチするって大きな勝負に出るに等しいですから、告白と同じつもりで臨みましょう。

ポイント

曖昧だと伝わらない
大胆に攻めることが大切

ボディタッチは女の武器

色々書いてきましたが、ボディタッチそのものは女性だからこそ使える武器でもあります。

なので、『こういう時にはボディタッチする』とか考えておくと、何かの時に役立つかもしれませんよ。

 

冒頭でも書きましたが、男は絶対的にボディタッチに弱いです。

それまでは頑なにNOを貫いていた人でも、手を握られ見つめられ『お願い』なんて言われたら、NOなんて言えなくなります。

 

このような色仕掛け戦略を嫌う女性も多いでしょうし、あなたもそうかもしれません。

しかし、するしないは別として、できるようにしておくと様々な部分で役立つと思いますし、世の中が男女で構成されている以上、女性の生きる術でもあると思います。

 

なので『ボディタッチは武器である』ということは、受け入れてしまった方がいいですよ。

 

それにそんな思考を持てた方がいい女になれます。

『ボディタッチ=武器』と考える女性は女の魅力について分かっているということですからね。

その点でも、『するしないは別として』武器だと認識しましょう。

最後に

ボディタッチって、女性特有の誘惑手段のように思います。

男性に置き換えるのならば『財力』なのかもしれませんが、おそらく財力で見せつけるよりも、ボディタッチの方が即効性があります。

 

何よりボディタッチは、本能に直接刺激しますからね^^

女性は分からないかもしれませんが、あれをされた時の男性というのは、それまで抱えていた全てのものが『どうでも良くなるような感覚』に陥ります。

 

そのくらい強烈なので、『ここぞ』という時には使ってみるといいかもです。

【関連記事】
ボディータッチされた時の男性心理!触れられるとどうしてもダメな男の本能とは