ナンパする男性心理とされる女性の特徴!されるのは良い悪い?

ナンパされることに関しては、女性の中でも見解が分かれるのでは?

『可愛い子がされる』
『隙がある女がされる』

など、『されること=いい女』なのか、『されること=軽く見られている』なのか、いまいち分からない部分がありませんか?

 

そのためナンパされても、素直に喜んでいいものなのかどうかちょっと分からない部分がありますよね。

もちろんこの辺は、年齢によって感じ方が変わると思いますけどね。

とはいえ、『結局男はどういうつもりでナンパするの?』ということが分かるとスッキリすると思います。

 

従って以下では、ナンパする男性心理とされる女性の特徴について紹介していきます。

ナンパする男性心理が分かれば男性の真剣度が見えてきますよね。

また、される女性の特徴が分かれば喜んでいいものかどうかも解決するはずです。

 

ナンパって、多くの女性が経験しているかと思います。

一方で未経験の方は、そういう場所に行っていないだけのことが殆どです。

つまり、『ほとんどの女性にとって日常的なこと』なので、男性心理などについて知っておくと、色々得かもしれません。

ナンパする男性心理

まずはナンパする男性心理からです。

あわよくばそのまま一夜を共にしたい

『あわよくばそのまま一夜を共にしたい』これが一般的なナンパをする男性心理ですね。

つまり、『真剣』『誠実』ということは、例外を除いては欠片もありません。

つまり男は、『軽く声をかけて短時間楽しめる』そんな相手を求めているからこそナンパするのです。

 

そのため基本的には、ナンパされてOKしたら『その日のうちに狙われている』と思った方がいいですよ。

とはいえ、もちろん男性側も『強引なことをしてしまおう』とか考えたりはしないですし、そういうのはほんの一部です。

たいていの場合は一緒に遊んだりして、運が良ければ最後までという、まさに『あわよくば』という展開を望んでいます。

 

なので、女性もその時間を楽しめることが殆どですけどね。

 

要するにナンパには、『普通の恋愛で行う面倒な手続きをすべて省き、初日から楽しみたい』とかこんな心理が含まれています。

出会った初日から『いい感じのカップル状態』こうしたいからこそたいていの男性はナンパするので、まずはそれを理解しておくといいかもです。

単純に異性と遊んだりしたい

『単純に異性と遊びたいからナンパする』こんな男性心理も多いです。

これは、暇な時ですね。

 

例えば男数人で飲んでいる時に、『なんか暇だよな』となり、『ナンパでもする?』とかこんな風になることは普通にあります。

この場合、特別下心はなく『グループで楽しみたい』とかこんな心理が強いです。

もちろん、そこから発展して仲良くなれればいいとは思っていますが、『その日のうちに最後まで行きたい』とか、そこまでは考えていないことが殆どです。

 

なので、居酒屋とかカラオケでグループにナンパされた場合には、こんな心理だと思ってみるといいかもです。

これは別に『可愛い』とか『軽く見られている』とかそういうことに関係なく、単純に異性のグループと合流したいだけなので、深読みする必要はないですよ。

一目惚れしたため声をかけないと後悔すると思った

『一目惚れしたから声をかけた』これは例外的なナンパ心理です。

一般的な軽い心理とは異なり、『ここで声をかけないと自分は一生後悔する』と直感したからこそ行動に出たというパターンです。

 

本当に好みの異性を見つけた時にはこういう行動に出る人もいますし、これは至って誠実です。

とはいえ状況的には『電車やバス』『街中でいきなり』などなので、ナンパと全く変わりません。

しかし違うのは、態度ですね。

 

ナンパする男性は軽く軽快ですが、こちらの場合、『告白か』と思うくらいの緊張感があったり『誘う』ではなく『懇願』というケースが多いです。

 

例えばナンパならば『どうせ暇なんでしょ(笑)これから一緒に遊ぼうよ』とか言うかもですが、一目惚れの場合『良かったら連絡先を教えて頂けませんか?』と丁寧です。

 

このように、『一目惚れしたから』という理由で声をかけることもありますし、そういう人とは向き合ってみると良い関係になれる場合もあります。

なので、ナンパとはいえ相手の態度や心理を読み取るようにすると、良い人生になるかもしれませんね^^

男性自体が孤独

これも例外的なパターンですが、『男性自体が孤独だからナンパする』こんな心理もあります。

要するに『孤独で寂しいから女性に声をかける』ということです。

 

この場合目的は様々で、

『友達作り』
『男女の関係になりたい』
『単純にその瞬間を楽しみたい』

など色々です。

 

いずれにせよ、男性も孤独感が強いと『誰かと関わりたい』と思ったりもしますので、そういう時にはナンパしたりもする訳です。

なので、一般的なナンパがポジティブならば、こちらは『ネガティブなナンパ』という感じですね^^

 

一方でこのような闇があるタイプは、同じように闇がある人と出会った時には意気投合したりもします。

なので、女性のタイプによっては良い場合もありそうです。

ナンパする男性心理ポイント

あわよくばそのまま一夜を共にしたい
単純に異性と遊んだりしたい
一目惚れしたため声をかけないと後悔すると思った
男性自体が孤独

ナンパされる女性の特徴

続いては、ナンパされる女性の特徴です。

見た目の印象が軽い・露出が多い

まずは、『見た目の印象が軽い・露出が多い』などの人です。

こういう人がナンパされやすいのは、

『目立つから』
『手に入れたいという男性心理が働くから』

です。

 

まずは、露出が多かったりするとどうしても目立ちます。

全く肌を出していない人よりも、スカートだったり肩を出している人は男性の視界に入りやすいです。

 

さらにそういう女性を見ると、男は『手に入れたい』という心理が働きます。

だからナンパされる訳です。

要するに『魅力的に見えるからナンパされる』ということです。

 

印象が軽かったり露出が多いと『簡単そうな女だと思われナンパされる』と思うかもしれませんが、実はそうではないです。

男性を刺激するからこそ声がかかりやすいのです。

 

女性としては、『刺激しているつもりはない』と思うでしょうしそれはその通りです。

しかしながら、男性は女性の露出にどうしても弱いので、そういう姿を見ると何とかしたくなります。

なので、ナンパされる女性の特徴として、まずは『見た目の軽さ』が当て嵌まります。

美人よりも可愛い系

それから、美人よりも可愛い系の方がナンパされる傾向があります。

もちろんこれは絶対ではありません。

しかし、美人は一見話しかけ辛いことに対し、可愛い系はむしろ声をかけやすいので、それが、男性をナンパしやすい心理にしていると言えます。

 

例えばあなたも、

『冷たそうな男性』
『優しそうな男性』

だったら後者の方が話しかけやすいですよね。

 

これと全く同じ心理で、美人は冷たそうに見えることも多いので、『だからナンパされるのは可愛い系』とかこんな感じです。

 

とはいえナンパって、外見だけで選んでいる訳ではないので、される女性の特徴ももちろん『美人か可愛いか』に限りません。

可愛い系の人でも全くされないとかもあるので、これはほんの一例として捉えて下さい。

男性とよく目を合わせる

ナンパされる女性の特徴として『男性とよく目を合わせる』というのがあります。

というのもナンパって、女性自身も『してほしい場合』がありますよね。

そしてその場合、アピールとして視線を送るはずです。

 

例えば海で気になる男性がいたら、その人を見ますよね。

さらに『声をかけてほしい』と思ったら何度も見てしまうのではないでしょうか?

この状況、男性もナンパするつもりでいたら『これはサインだな』と分かるので、結局こういうタイプの女性が最もナンパされると言えますね。

 

つまり『自分もされたい人ほどナンパされる』ということです。

重要なのは外見ではなく、『されたいかどうか』であり、男性もその辺を観察しています。

なので、女性自身がナンパされたい場合には比較的声がかかりやすいですし、仮にあなたがされたいのならば積極的に視線を送ればOKということです。

一人で寂しそうにしている

『一人で寂しそうにしている』これもされる女性の特徴です。

こちらは『ナンパされたい』とまではいかないものの、心理的には『誰かに構ってほしい』と思っている状況のはずです。

こういう人も目立つため、結果的にナンパされるケースが多いです。

 

例えば、『一人で飲んでいる』『ずっと同じ場所に一人でいる』など、こんな人は寂しいからの場合もありますよね。

要するに、『寂しいから誰かと関わりたくてそうしている』こんな心理が働いての可能性もある訳です。

そういう部分が見受けられるとナンパされやすくなります。

 

特に寂しい時って、『誰でもいいから埋めてくれ』と思ったりしませんか?

そしてその状況の時に誰かが声をかけてくれたら、『そのまま一夜を共にする』とかこんなこともあるでしょう。

そういう心理を分かるからこそ男性もそんな女性を探したりする訳です。

 

こんな風に、ナンパされる女性には『寂しそう』というのもあります。

男性にとっては狙い目とも言えるタイプなので、自分がその展開を望まない場合には注意した方がいいかもです。

ナンパされる女性の特徴ポイント

見た目の印象が軽い・露出が多い
美人よりも可愛い系
男性とよく目を合わせる
一人で寂しそうにしている

ナンパされるのは良い?悪い?

結局、ナンパされるのは良いのか悪いのかですが、総合的には『あまり良くないかも…』といった感じです^^

というのも、ナンパ男もプロ級になると『されたそうな女性』を狙います。

つまり『綺麗だから声をかける』ということではない訳です。

 

そう考えると『ナンパ待ちの女』と思われた時点で何となく嫌じゃないですか?

 

それに経験上、本当の美女はナンパされない傾向で、理由は、

『そういう場所に行かない』
『しても断りそうな雰囲気』
『精神面が健全で隙が無い』

などからです。

 

なのであまりにも声がかかるようならば、活動エリアや態度などを見直してみるのもアリかもしれません。

ナンパされるよりも普段モテる女性になろう

結論としては、ナンパされるよりも普段モテる女性を目指す、これがいいのかなといった感じです。

そのためには、

『異性の友人を増やす』
『自分を磨く』

これが良いですね。

 

この二つを心がけている人はやはりモテます。

モテるかどうかって『最低限の心がけと人間関係の数』で決まりますから、現状モテないとしたら日常を変化させてみましょう。

最後に

ナンパに関しては、『20歳代まではされると迷惑』『アラサーからはされると嬉しい』こんな心理なのでは?

しかしながら、ナンパをする男性心理の基本には、

『イケそう』
『話しかけやすい』
『されたそう』

というものがあるので、その点では『ナンパされないいい女』を目指した方が良いのかもしれません。

 

とはいえ、単純に綺麗だから声をかけたとかこういうのもあるので、一概には言えませんけどね^^

いずれにせよ、女性はどうしてもナンパのターゲットにされやすいので、された時の方針を決めておくといいかもです。