一人が好きな男性心理!付き合ったら大変?楽?落とし方も解説

一人が好きな男性っていますよね。

誰とも関わろうとせず、いつも一人でいて何を考えているのか分からないようなタイプ。

 

こういう人に独特な雰囲気を感じて気になってしまうこともあるのでは?

 

一方で、『一人が好きな男って、付き合ったらどうなの?』というのは正直ありますよね。

もしかしたら個性が強すぎて大変とか、そんな懸念もあるのでは?

 

従ってこの記事では、一人が好きな男性心理について書いていきます。

 

ちなみに、普通の人とはちょっと違うため、付き合ったら大変な部分はあるかもしれません。

その辺も紹介します。

一人が好きな男性心理

人付き合いが苦手

『人付き合いが苦手だからいつも一人』やはりこれはあります。

 

一人が好きな男性の中には『本当は人付き合いがしたいけど、苦手なためできない』という人も少なくないです。

 

それに、会話そのものが苦手だったりもするので、現実的に輪の中に入る方法が分からない人もたくさんいます。

 

一方で男性の場合、実は苦手なだけでもそれを見せませんから、そういう姿が女性には『雰囲気があって格好良い』と思える場合もあります。

 

しかしこういう人は、コンプレックスとして人間関係を常に抱えています。

なので、恋人として深く関わるとやや世話が焼ける場合もあります。

 

その一方で、数少ない友人や恋人は大切にしたりもしますので、交際すると『面倒な部分はあるけど親身になってくれる』とか、こんな存在になるかもしれません。

見分け方

ちなみに、人付き合いが苦手かどうかを見分けるには、『誘いを断らないかどうか』ですね。

 

本当に一人が好きな男性は誘われても断る傾向にありますが、苦手なだけの場合概してOKします。

 

何より、『誘ってくれたこと』に感謝したりもしますので、こういう部分は見分けるポイントと言えます。

 

なので、『この人、いつも一人だし一人が好きそうだな』と感じる人が意外と付き合いが良かったら、『苦手なだけなんだな』と捉えていいかもです。

 

その場合、気になるようならば積極的に話しかけてみると、男性も積極的になってくれる可能性があります。

やりたいことが決まっている

続いては『やりたいことが決まっているからいつも一人』という心理。

これは、本当に一人が好きなタイプですね。

 

こういう人は、1日の中でやるべきことが決まっていたりします。

例えば、

 

6時起床:1時間読書をする
9時~17時:仕事
退社後:ジムでトレーニング
帰宅後:副業や投資計画

 

といったように、1日のスケジュールが完璧に決まっているような人です。

 

こういう男性にとって、『人と関わる時間』というのは無駄でしかないので、はっきり言えば誘われることなんて迷惑でしかないのです。

 

一人が好きな男性心理にはこういうものもあります。

 

良く言えば『意識が高い』ですが、悪く言うと『付き合いが悪い』なのかもですね^^

 

ちなみにこういう男性は、意識が高いこともあって近い将来成功する可能性を秘めていますよ。

関連記事:将来大物になる男の見分け方!付き合わなくても分かる5つの特徴

 

縁あって私には、知人でビジネス等で成功している方々がいますが、皆さんそれなりに『普通ではない人』ばかりです^^

 

なので、気になった男性がこういうタイプの一人好きならば、アプローチしてみるのもアリかもですね。

 

このような一人好きでも惚れた女のためなら時間を作るはずなので、頑張ってみる価値はあるはずです^^

 

自分にしか興味が無い

『自分にしか興味が無いから一人が好き』こういう心理もあります。

 

意識が高いタイプとはまた違って、『他人に興味が無いだけ』という、はっきり言えば完全にコミュニケーションが苦手な人です。

 

しかし本人は、それを『苦手』とは捉えておらず、

『自分は他人には興味が無い』
『自分にしか興味が無いんだ』

と前向きに捉えていたりもします。

 

例えばこういう人は、人と関わるよりも、

『家でゲームをしていたい』
『鍛えて筋肉をつけたい。』
『趣味だけをやっていたい』

とか、とにかく自分にしか興味が無い訳です。

 

そのためこのタイプの一人好きの場合、交際することも難しいかもしれませんね。

 

というのもこういう男性の心理は、『女性と関わるよりも趣味優先』とか、『彼女なんて作ったら時間が無くなる』と考えることもあります。

 

なので、例えば女性にアプローチされてもキョトンとしたり、冷たく『無理です』とか言ったりする場合もある訳です。

 

この辺は、目標のために一人を好んでいる男性との違いですね。

 

ちなみに、目標がある男かの見分け方は『行動に熱意があるかどうか』ですね。

 

例えばゲームにしても『プロゲーマーになって大金を稼いでやる!』という気持ちがあるのならば、今はそのために敢えて一人を好んでいるのかもです。

 

一方で、『特に理由なくゲームをしているだけ』ならば、当然将来なんて考えていません。

なので、そういう部分から判断するといいかもです。

 

いずれにせよ、単純に自分にしか興味が無く、だから一人が好きな男なんて魅力がないと思うので、きっと好きにならないでしょう。

 

なので、あまり考える必要のない存在かもですね。

一人が好きな男性のメリットデメリット

ちなみに一人が好きな男性でも、将来成功しそうとかかなりのイケメンならば『付き合いたい』と思うこともありますよね。

 

一方で、一人好き男性と付き合うとそれなりに大変なことも多いので、以下では交際した時のメリットデメリットを紹介します。

 

会話がかみ合わないこともある

一人が好きな男性って、目標意識が高かったり独自の世界観を持っていたりするので、会話がかみ合わないことは多いですね。

 

例えばあなたの考え方や将来の夢などを、頭ごなしに否定されたり全く聞いてくれないとか、こういうこともあるかもしれません。

 

あるいは、『言っていることが分からない』と感じることもあるはずです。

 

例えば『これからの時代、仕事をするのは間違っている』とか言われても、さっぱりですよね。

しかしながら、ビジネス等で成功している人の思考ってまさにこんな感じなので、本当に噛み合わない部分はあると思いますよ。

 

なのでこれは、一人が好きな男性と付き合うデメリットかもです。

 

デートよりも自分優先の場合も

『デートよりも男性のやりたいことを優先にされる』おそらく、これはほぼ確実にあります^^

 

そもそも一人が好きって『個性が強い』ということですから、そういう人に一般論や常識は通じません。

 

そのためデートの約束をしていても『今日は仕事をしたくなったから』とかこんな理由でキャンセルされる可能性もあります。

 

はっきり言うと、とにかくマイペースなのでそれに振り回されることはデメリットですね。

 

そして何より、そういうことに不満を言っても、一人が好きな男性はほぼ聞く耳を持ちません^^

なので、『抗議した女性が一方的に疲れて終わる』という、最悪の形になります。

 

こんなデメリットもあるので、交際をするなら覚悟した方がいいかもです。

 

たっぷり愛してくれることもある

一方で、たっぷり愛してくれることもあるのがこういう男性の心理です。

 

というのも、個性が強く一人が好きな分、そこまで女性に興味がないことが多いのです。

そのため、自分のパートナーは大切にするとか、こういう可能性もあります。

 

そもそも、普段は人付き合いがほぼない訳ですから、彼女が唯一の人間関係になったりもしますよね。

 

その場合、彼としても『大切にしよう』と思う訳です。

 

何より人は、人間関係が希薄なほど『自分に興味や好意を持ってくれる人』を大切にしようとします。

それを失ったら誰もいなくなってしまう訳ですからね。

 

なので、デートの時には普通の人よりも愛情を注いでくれるとか、こういうことはあります。

 

苦楽を共にすると報われるかも

『苦楽を共にすると報われる可能性あり』これもメリットです。

 

現在成功している人の中には孤独を経験している人も多いです。

そして、その孤独な時期に寄り添ってくれた女性と結婚している人も多いです。

 

つまり、『大変な時期を献身的に支えたら、大きなリターンが得られるかもしれない』ということです。

 

例えば、芸能人ではよくある話ですよね。

全く売れずにお金もない時に結婚して妻に支えてもらった。

今は売れて豪華な暮らしをしている。

とか、こういうのって割と多いですよね。

 

一人が好きな男性は、大きな目標を持っていることも珍しくないですから、その点では、将来にかけてみるのもありかもしれません。

一人が好きな男性を落とす方法

ちなみに、一人が好きな男性を落とす方法としては、

『根気良く時間をかける』
『自己主張をしないこと』

などですね。

 

まずは、何度断られても根気良くアプローチすること、これが大切です。

 

こういう男性は自分に厳しかったりしますので、『彼女は作らない』と決めている場合には、そのルールを崩してもらうまでにそれなりの時間がかかります。

 

なので根気良く、何度でもアプローチしてみましょう。

 

それから、自己主張しないことも大切です。

 

というのもこのタイプの男性は、日々忙しく過ごしていたりもしますから、グイグイ来る女性が苦手だったりもします。

それだと、『付き合ってからも大変だろうな』という印象になってしまいます。

 

なのでそうではなく、『つかず離れず』のような感じで、いつも近くにいるけど決して強引なことは言わない、お淑やかな女性をアピールできると好印象です。

 

イメージとしては、ハイクラス男性向けの婚活パーティー。

 

ここに参加する女性ってまさにお淑やかで、男の『いい感じの人だな。誘ってみたいな』という欲を駆り立てます。

 

なので一人が好きな男性を落とす時には、

『ちゃんと好意は示しつつも控え目にする』

これを心がけてみましょう。

 

そうすると男は、本能的に気になって誘ってくる可能性があります。

最後に

一人が好きな男性心理について書いてきました。

メリットデメリットどちらもありますが、一度くらい付き合ってみるのもありかもしれませんね^^

 

何より交際してみないと、その人に可能性があるかどうかも判断できません。

なので気になるようならば、あまりいろいろ考え過ぎに積極的になってみるといいかもです。