付き合う前に結婚の話をする男性心理!怪しい?誠実?見極め方

付き合う前に結婚の話をする男性っていますよね。

『あなたとは結婚も考えている』
『結婚を見据えた交際がしたい』

など、女性にとっては嬉しいというか安心できるような話をする人。

 

こういう話をされると嬉しい一方で、『付き合う前に結婚の話って、なんだか怪しい…』とも思うのでは?

 

結婚の話って女性が最も望むことでしょうから、特に付き合う前だと警戒もしますよね。

 

従ってこの記事では、付き合う前に結婚の話をする男性心理と、怪しいか誠実かの見極め方を紹介します。

 

ちなみに、結婚の話を付き合う前にするのは、一般的には怪しいです^^

 

以下ではその辺についても書いていきます。

付き合う前に結婚の話をする男性心理

まずは付き合う前に結婚の話をする男性心理です。

 

口説き文句の可能性アリ

『口説き文句として結婚の話を出している』こんな可能性もあります。

 

真剣でも遊びでも、『口説きたい』と思ったら手段を選ばないのが男性の本能です。

 

つまり本気で好きでも、何としてでも付き合いたいから結婚の話をして女性をその気にさせようとか、こういう心理です。

 

この場合、『真剣ならば、交際が成立したらその先に結婚があるはず』と思うかもしれません。

 

確かに、男性自身が本気で好きな場合にはその可能性もあります。

 

しかしながら、

『具体的な計画があるか』
『どこまで考えているか』
『いつするつもりなのか』

この辺が明確かは曖昧です。

 

つまり真剣に、『結婚したいと思っている』としても、『いずれは結婚したい女性だ』と感じただけの可能性もあるということです。

 

付き合う前に結婚の話をした場合、こんな心理もありますので慎重になりましょう。

 

一方で遊びの場合は、単純に都合の良い言葉の一つです。

 

遊びや体目当ての場合、一定期間、又はその一度だけ関係を持つことが目的ですよね。

 

つまり、嘘なんていくらでも付けます。

 

例えば、

『軽井沢に別荘を持っている』
『一流企業に勤務している。』
『君とは結婚を考えている。』

など、手に入れるためなら何でも言えてしまう訳です。

 

遊び人は女性の心理を読み取るのが上手いですから、その人が言われたい言葉を選んだりもします。

 

なので、『あまりにも出来過ぎているな』と感じたら、怪しいと思った方がいいかもですよ。

 

単純に調子の良い性格

続いては、『単純に調子の良い性格だから、付き合う前でも結婚の話をした』という心理。

 

つまり、

『この人は結婚願望があるようだ』
『だったら結婚の話をして承諾してもらおう』

とかこんな感じで、はっきり言うと先のことなんて考えていないタイプです。

 

そして交際が成立して彼女から『ところで、結婚について真剣に考えてくれてる?』とか言われると、『俺、結婚するなんて言ったっけ?』とか言う訳です。

 

正直かなりイラつく男ですよね。

 

しかしながら、面倒なのはこういう男の全てが遊びとは限らないところです。

 

つまり、『交際を承諾してもらう材料として結婚の話を出しただけとはいえ、交際そのものは真剣』とかこんな人もいます。

 

はっきり言うと、女性を混乱させるタイプですね。

 

ちなみにこういう男性は、いい加減なんです。

 

あまり深く考えずに、その場の思い付きで発言をしたりしています。

 

なので、出会った男性があまりにも軽々しく『結婚』と言うようならば、『適当だな』と思った方がいいですよ。

 

そういう人と付き合うと振り回されると思うので、注意しましょう。

圧倒的に女性経験が少ない

それから、圧倒的に女性経験が少ない男性も、付き合う前でも結婚の話をしたりします。

 

ちなみにこの場合の心理としては、『話の組み立て方を知らない』といった感じ。

 

男性の場合、『交際=結婚が前提』と思っている人は少ないです。

 

ただし好きな場合、『結婚できたらいいな』くらいには思います。

 

そのため、経験不足もあり『その気持ちをついつい口にしてしまう』とかこういうことはあります。

 

それなりに経験がある男性ならば、『付き合う前に結婚の話なんて、重いから避けよう』と判断できますが、経験が少ないとそういうことが分からない訳です。

 

それに男性自身も、まだそこまで女性を知らないと、

『どこまで本気で結婚したいのか』
『結婚とは具体的にどんなものか』
『結婚する場合何が必要になるか』

なども分かっていないことが多いです。

 

ある意味、『知らないからこそ簡単に口にできる』とかこんな心理状態だったりもします。

 

それなりに経験がある男性ならば、『結婚すること』が何を受け入れることなのかとかいろいろ考えますからね。

 

つまり、そういうことを理解せずに発言できてしまうのは、精神的に若いということです。

 

こんな男性もいますし、この場合も当然、付き合っても現実的には進まないことが多いです。

 

なので、交際経験が少ない男性に結婚の話をされても、『若いんだな』くらいに捉えた方がいいかもです。

 

一方で、真剣であることに変わりはないと思うので、付き合うことに関しては前向きに検討して良さそうですね。

 

事情があり結婚前提の交際がしたい

『事情があり結婚前提の交際がしたい、だから付き合う前に確認をする』こういうこともあります。

 

この場合、その事情を話してくれれば解決ですが、そういうのは後回しにして『パートナー候補の結婚意思』だけを確認する人も多いので、その辺が厄介ですよね。

 

例えば、『あなたとは結婚を見据えた交際がしたいと思っていますが、どうですか?』とだけ聞いておきながら、実は親の介護をしてほしかったとか。

 

他にも、

『自営業で働き手が欲しい』
『専業主婦の妻と子供が欲しい』

など、自分の理想のためだけにパートナーを探す人もいます。

 

こういう人にとって最も重要なことは、

『出会った女性に結婚願望があるか』
『今すぐにでも結婚したいと思っているか』

です。

 

つまり、『結婚願望があり、今すぐにでも結婚したい』という、ある意味焦りがある女性は『騙されやすい』ということです。

 

そこそこ好条件の男性が『結婚を見据えた交際がしたい』とか言ってきたら嬉しいですよね。

 

でも実際には、親の介護要員だったり従業員にされられる可能性もあります。

 

なので基本的には、付き合う前に結婚の話をしてくる男性は疑ってかかった方がいいですよ。

一般的には怪しい

これまで書いてきたように、付き合う前に結婚の話をするのは男性心理的に言うと怪しいことが多いですね。

 

『初めから騙すつもりでしている』
『遊びや体目当てが目的である。』
『真剣だけど具体性が全くない。』
『ただ調子の良い性格なだけある』
『その結婚話には壮絶な裏がある』

など、女性にはメリットがないとか、信じると不幸になることが圧倒的に多い印象です。

 

先ほども書きましたが、男性も『付き合う前に結婚の話なんて重いだろう』と考えます。

 

なので、普通はしないんです。

 

むしろ付き合う前ならば、女性を楽しませようとか、意気投合したり共通することを見つけます。

 

それに、誠実で真剣な姿を見せるのならば、むしろ『結婚』というワードは出しません。

 

真剣ならば、『こんなことを言ったら怪しまれる』と普通は思いますからね^^

 

なので、付き合う前にも関わらず結婚の話を出してきたら、基本的には怪しいと思った方がいいですよ。

女性を騙す常套手段なので注意

ちなみに結婚って、女性を騙す常套手段です。

 

男性心理的に言うと、男が女を手に入れたい時に使う、『最後の言葉』という感じです^^

 

例えば、何度飲んでも落ちてくれないとかこういう時に、『お前とは遊びで会っている訳じゃない』とかこんな風に使う訳です。

 

他にも、実際のところ結婚詐欺なんかは、その言葉をちらつかせてお金を奪ったりもしますよね。

 

人間の心理として注意したいのは、『欲しい言葉を言われた時こそ警戒せよ』ということですね^^

 

『女性なら結婚』
『男性なら誘惑』

こういうのは惹かれますが、たいていの場合、裏には何かあるので、相手の心理に敏感になった方がいいですよ。

 

例えばあなたも、仮にも誰かを誘惑するとしたら必ず狙いがありますよね。

 

むしろ、本気で好きな男性を付き合う前に誘惑するなんて、恥ずかしくてできないのでは?

 

この心理と同じです。

 

ですから結婚の話が出た時には、『この男は怪しい』と警戒しましょう。

誠実かどうかはその他言動から判断

ちなみに、誠実かどうかはその他の言動から判断するしかないですね。

 

もちろん、付き合う前に結婚の話をしたとしても中には誠実な人もいます。

 

それに、友人期間が長かったり、既に両想いの場合には、流れ的に結婚の話をすることもあります。

 

なので、関係性や態度など、総合的に見てみることも大切です。

 

そして最も重要なことは、『あなたがその男性そのものを信用できるかどうか』ですね。

 

つまり、『結婚の話』ではなく『その男性そのもの』を信用できるか。

 

これがかなり重要です。

 

結婚という言葉を出されるとそれに惑わされがちですが、重要なのは『その人を信用できるか』のはずです。

 

極端な話、『お前なんてこの世にいない方がいい!』と言われたとしても、それが信用できる人ならば『何か理由があって言ったに違いない』と思いますよね。

 

こういう視点を持った方がいいですよ。

 

一つの発言に流されず、人で判断しましょう。

 

そのためにも、今までの関係性や言動から正解を導き出すことが大切です。

最後に

付き合う前に結婚の話をする男性心理について書いてきました。

 

男性も、付き合ってもいない女性に誘惑され、それにころころついて行く人が何らかの被害に遭ったりしています^^

 

男女って少なからず、『異性を騙して得したい』という心理があると思うので、警戒心って必要ですよ。

 

なので、あなたが結婚に焦っているとかならば、結婚相談所や婚活サイトを利用した方が安全です。

 

一方で日常での出会いを考えるのならば、焦る気持ちは利用の対象になるので見せないようにしましょう。

 

恋愛は基本、自分がリードすることです。

 

自分の性格を理解して、ストレスなくできる仕組みを作るべきです。

 

そうじゃないと誰と付き合っても苦しむので、『どんなスタイルならば楽しいか』を考えてみましょう。

【関連記事】
結婚を考える男性心理!長い交際の中結婚したいと言いたくなる時とは