浮気を許せる人の心理。彼氏に浮気された時に許す方法

世の中には『彼氏に浮気されても許せる』という女性もいますが、そういう人の心理って気になりますよね。

 

特に自分が『許したい気持ちはあるけど感情的に許せない』という場合、参考にしたいのではないでしょうか?

 

そこでこの記事では、

『浮気を許せる人の心理』
『彼氏に浮気された時に許す方法』

について書いていきます。

 

好きな彼氏が浮気した場合、許すべきかどうか本当に悩みますよね。

 

そして何より、自分の感情との向き合い方が難しいのではないでしょうか?

 

許せる人の心理を参考にするとその辺が解決するかもしれません。

 

是非あなたの今後のために、役立ててみて下さい。

浮気を許せる人の心理

まずは、浮気を許せる人の心理です。

 

好きな人が幸せなら自分も幸せ

『好きな人が幸せなら自分も幸せ』という心理。

 

浮気を許せる人にはこんな心理もあり、これは『浮気した彼氏は、その時間幸せだったはず』という捉え方です。

 

つまり、『彼氏が幸せな時間を過ごしたのなら、私も幸せだから許せる』とか、こんな心理です。

 

一般的には理解不能かもしれませんが、実際にこういう考えの女性もいるようです。

 

そして、浮気してもなお自分のところに戻ってきたということは、『結局私といることが幸せなんだな』と解決する訳です。

 

良く捉えれば『見返りを求めない究極の愛』ですね。

 

悪く捉えると『完全に都合のいい女』ですが…。

 

とはいえ、浮気を許せる人の心理にはこんなものもあります。

 

つまり全てにおいて『彼氏の感情や気持ち』で判断する訳です。

 

なので、彼氏が辛くなかったのならばOKとかこういう考え方です。

 

娘を想う父親のようですが、こんな形で許せる人もいます。

 

帰ってきてくれたらそれで幸せ

『帰ってきてくれたらそれで幸せ』こういう心理もあります。

 

これは『浮気されたことは本当に悲しいけど、でも帰ってきてくれたから幸せ』とかこんな感じ。

 

つまり、浮気されたことよりも『帰ってきてくれたことの感動や安堵』の方が大きいということです。

 

このタイプの人は、かなり彼氏を精神的に必要としている感じです。

 

そのため、

『自分が悔しい』
『自分が惨め。』
『許せない感情』

などは殆どなく、『いなくならないでほしい』というただそれだけしかない訳です。

 

なので、彼氏が浮気しても帰ってきたらそれで許せる訳です。

 

このように、彼氏への精神的依存度が高い場合には、自然と許せるのかもしれません。

 

またこのような女性は、自己評価が低いことも特徴です。

 

つまり『私なんかが付き合ってもらっている』とかこんな心理だからこそ、『浮気されても戻ってきてくれたなら許せる』とか、こんな気持ちになる訳です。

 

このように、依存心や性格に問題を抱えていると、浮気に怒れないのかもですね。

私は浮気を許せるいい女

『私は浮気を許せるいい女』こういう考えの人もいます。

 

これも、自己評価が低いタイプに入ります。

 

例えば浮気されてもそれを許し、許したという事実を女友達に報告するとかこんなタイプです。

 

そして報告する時には『一度の浮気くらい、許してやれないとダメでしょ』とか、いい女アピールをする訳です。

 

こうやって、『私はいい女』と思い込んだり周囲に言わせることで自分を納得させている訳です。

 

しかし実際には、感情的に許せなかったり彼氏に依存しているとか、割と闇を抱えていることも多いタイプです。

 

浮気を許せる人にはこんなタイプもいます。

 

つまりこういう人は『本心では許せていない』のですが、自分が追いかけているためこうして許したことにしているのです。

 

こんな風に『溜め込んで解決』というパターンも実際にあります。

 

浮気されても選ばれるいい女

続いては『浮気されても選ばれるいい女』という心理。

 

こういう人もいますね。

 

こちらは、『彼氏は誰と浮気をしても、結局私を選ぶんだな』とむしろ自信を持つタイプです。

 

つまり、『私以上の女はいない』ということに満足し、浮気されても許せる訳です。

 

こういう女性は、根っからの自信家ですね。

 

自分の全てに自信があり、モテる人生を送ってきたからこそこんな考えに至れるのかもしれません。

 

それに『今でもモテるため、気持ちにゆとりがある』ということも、この心理になれる理由です。

 

つまり、『彼氏はいるものの男には困っていない』ので、『気にいらなかったらいくらでも候補はいる』訳です。

 

こういう状態だからこそ、『浮気されても選ばれるいい女』という心理になれるのかもしれません。

 

なので、彼氏の浮気が心配な時にはモテる努力をすることもありかもです。

 

自分がモテていると浮気の捉え方もかなり変わるので、『常にモテる努力』これをすることは今後の対策かもです。

 

彼は私がいないとダメだから

『彼は私がいないとダメだから』こういう人もいますね。

 

例えば浮気した彼氏が『もうしない!許してくれ!』と土下座してきたら、『彼は私がいないとダメだから』とかこんな気持ちになる女性もいますよね。

 

このように、『私じゃないとダメ』という気持ちになって許せる人もいるようです。

 

はっきり言うと、

『押しに弱い』
『男に甘い。』
『騙されやすい』

という、あまり良いとは言えないタイプです。

 

何より土下座するような男って、高確率でまた浮気をします。

 

こういう人って自分の欲にだらしがないので我慢ができないのです。

 

そして、そういう男を許してしまう女性は『ダメ男を選んでしまうタイプ』ですね。

 

何より『私がいないとダメだから』という思考になることが、ダメ男に嵌る典型です。

 

まあ、浮気を許せる女性にはこんなタイプもいる訳ですが、これは悪い例です。

 

なので、あなたがこういう感じになりそうならば注意した方がいいですよ。

 

恋愛で『私がいないとダメだから』と思ったらお終いなので、ここは気を付けましょう。

 

浮気を許せる人の共通点とポイント

浮気を許せる人の心理を書いてきました。

 

ちなみに共通点とポイントは、

『理由を作り自分を納得させて解決させている』

ということです。

 

一般的に浮気された場合、感情的になりますよね。

許せない感情や悔しさで一杯になるのでは?

 

しかし許せる人は、そういった感情よりも『別れないためにはどうすればいいか?』を無意識に優先させています。

 

 

好きな人が幸せなら自分も幸せ
帰ってきてくれたらそれで幸せ
私は浮気を許せるいい女
浮気されても選ばれるいい女
彼は私がいないとダメだから

 

など、全ては『自分が納得できる理由』ですよね。

 

なので、『本音では許したいけど許せない感情に支配されている』、こんな時には視点を変えてみましょう。

 

そうすると解決できるかもしれません。

彼氏に浮気された時に許す方法

ここからは、彼氏に浮気された時に許す方法です。

 

自分を納得させる理由を作る

まずは、自分を納得させる理由を作ることです。

 

上でも書きましたが、浮気を許す時に大切なことは、『感情で処理せず、自分が納得できる理由を作ること』です。

 

なので、『浮気されても選ばれるいい女』とか、こういった考え方を持ってみる。

 

あるいは、『物や旅行などをプレゼントしてもらう』など、目に見える形で解決する。

 

何でもいいので『どんなことならば自分が納得できるか』を考えてみましょう。

 

自分の中で浮気を完結させる

続いては、自分の中で浮気を完結させることです。

 

例えば、『私は浮気されても選ばれるいい女なんだ』と考えるようにしたのなら、それで完結させる訳です。

 

浮気された過去って思い出してしまい感情的になることもあるかもしれません。

 

しかしそういう時にも『それでも結局戻ってきた』と冷静に考え、その出来事を完結させるのです。

 

プレゼント等を貰った場合も同じです。

 

『これを買ってもらったから』
『高額なプレゼントをさせた』

など、自分の中で割り切ったり、ちゃんと罰を与えたという事実に納得します。

 

こうやってけじめや区切りをつけることで浮気を許すことができます。

 

大切なのは、

『自分が納得すること。』
『彼氏に反省させること』

です。

 

なので、高額なプレゼント等を要求するのはそれなりに効き目がありますし、浮気に対し自分自身がどんな考え方を持つかも重要です。

 

いずれにせよ、想い出した時に『これはもう済んだこと』と思えることが大切です。

 

なのでそのためにも、しっかり完結させましょう。

 

男の浮気は一時的欲求だと理解する

それからたいていの場合、男の浮気は一時的欲求です。

 

つまり、『単なるつまみ食い』が殆ど。

 

これを理解することも許す方法と言えるかもしれません。

 

要するに男の場合、浮気しても気持ちの揺れ動きはなく、『ただ体に惹かれただけ』です。

 

もちろん彼氏がそんな男というのは嫌でしょうけどね。

 

ただし、これに関しては男性の本能的欲求であり理性との戦いです。

 

なので、その部分を理解できると女性は楽だと思います。

 

女性がおじさんや上司、金持ち男性には無条件に奢ってもらいたいように、男性も許容範囲の女性と出会ったら無条件にしたくなります。

 

つまり全ては一時的です。

 

ですから『男はある程度仕方がない』と思ってみることも、許すためには必要な考え方もかもですよ。

無理に許さなくてもいい

それから、『許したいけど許せない』という状態ならば、無理に許さなくていいと思いますよ。

 

『交際は継続するものの浮気は許さない』これでもいいのでは?

 

時間をかけて、時間に解決を委ねるのも一つの方法です。

 

それにそうすることで、彼氏の本音が見える可能性もありますしね。

 

交際を継続したいと言ったその言葉がどこまで本気なのか?

 

これを見極めるいい機会でもあります。

 

なので、『感情を切り離せない』と思うのなら、敢えて許すことは諦めて、交際だけ継続してみましょう。

最後に

冷めたことを書きますが、婚約をしていない限り、交際って友人関係に過ぎません。

 

つまり、『浮気』をしても法を犯した訳ではないのです。

 

なので捉え方を変えると、『あなたもある程度冷めた判断をした方がいい』場合もある、ということです。

 

そもそも彼氏は自分ではないですから、考え方や心理面などすべて違います。

 

そのため、『自分だけが真面目に向き合っていると疲弊する』こともあります。

 

なので、真面に相手にするべき存在かどうかもこの際しっかり判断しましょう。

 

相手が考える常識は、あなたにとっては非常識なことも全然あり得るのが人間関係です。

 

根本的に合わない相手に振り回されないよう、冷静になりたいですよね。

【関連記事】
彼氏に浮気を後悔させる方法。別れる前にやりたいとっておきの仕返し
浮気する男の心理と浮気されない方法!男心を逆手にとるテクニック