返信が遅い男性心理!メールやライン、返すのが遅いのはなぜ?

メールやラインの返信が遅い男性っていますよね。

 

こちらは気持ちが高ぶったから送っているのに、1日経っても返ってこないとかだと不安になったり色々考えてしまうのでは?

 

それにあまりにも返信がないと、『忘れられているのでは?』『私に興味ない?』とかも疑ってしまいますよね。

 

この記事ではそんな、メールの返信が遅い男性心理を紹介します。

 

一般的には『返信が遅い』というのは失礼にあたる行為ですよね。

 

例えば仕事関係者ならば、1日程度空いて何のフォローもなくメールを送ったら非常識な場合もあります。

 

一方で男女関係の場合はどうなのか?

 

その辺の心理を書いていきます。

返信が遅い男性心理

内容に興味がない

まず言えるのは『内容に興味がないから返信が遅い』という心理。

 

はっきり言ってこれはよくあります。

 

例えば、単なる報告メールを送る女性っていますよね。

『今日は○○をしてきた』
『○○に行ってきたよ。』
『今度○○に行くんだ。』

などのように、純粋な報告メールです。

 

こういうの、女性は気になる人や友達男性に送りたいのかもしれませんが、送られた側は『だから何?』という場合も多いです。

 

冷たい表現に聞こえるかもしれませんが、『○○に行ってきたよ』とか送られても、返信に困るだけです。

 

そこから、『そうなんだ、楽しかった?』とか話を広げて聞きたいのは、狙っている女性だけですね。

 

なので、報告メールを送ってみた結果返信が遅いとか返ってこないようならば、はっきり言って脈なしです。

 

ちなみに報告メールは、男性によっては彼女から送られてもウザいだけなので、こんな心理も理解しておくといいかもですよ。

 

あなたに興味がない

続いては、単純にあなたに興味がないから返信が遅い。

 

例えば、『今度○○に行きませんか?』とメールしても返事が遅いようならば、それは興味がないからの可能性が高いです。

 

というのも、興味があったらそういうのには飛びつくのが一般的な男性の心理だからです。

 

現状が超多忙だとしても、せっかく気になる人が誘ってくれているのなら時間くらい作ります。

 

何より、『興味ないんだな』と勘違いされないためにも、取りあえず返信します。

 

なので、誘うメールを送ったにも関わらず、

『返信が遅い』
『返信がない』

というのなら、残念ながら脈なしと言えますね。

 

こういう人の心理としては、『この子か…いいや返さないで』とかこんな感じ。

 

そして『この前誘った件なんだけど…』とか言われたら、『ごめん忘れてた』とか言うタイプです。

 

なので、返信が遅かったりなかったら、その時点で諦めた方がいいです。

 

そうしないと割と傷つくと思うので、頑張り過ぎないようにしましょう。

忙しくてメールどころではない

『忙しくてメールどころではない』こんな心理もあります。

 

これは『やりたいことが決まっている』とかこんな人ですね。

 

自分のやりたいことが決まっているため余計な用事を増やしたくない訳です。

 

なので女性から誘われても返信しなかったり、何より恋愛さえ邪魔だと考えたりもします。

 

返信が遅いのも、

『面倒くさいな』
『なんて返そうかな』

とか色々考えているから。

 

つまり、メールが来たことなんて迷惑だとしか思っていない一方で、『一応返信はしなければいけない』と考えているから遅くなるとかこんな心理です。

 

こういう人もいます。

 

なので、

『人間関係が希薄』
『何かを目指している』
『人と関わりたがらない』

とか、こういうタイプの人にメールを送る際には、酷い対応をされる可能性があることも受け入れておいた方がいいかもですよ。

 

じっくり考えてから返信したい

『じっくり考えてから返信したい』こういう心理もあります。

 

安請け合いしたら相手に失礼だし、自分自身、その誘いに対し本当にどうしたいかがはっきりしないとかこんな時には、じっくり考えたりします。

 

それに、先の予定とかその他人間関係の都合によってもこんな心理になります。

 

例えばあなたからデートに誘われたとします。

 

しかし、今現在デート中の女性が他にいた場合、簡単にOKするのも失礼ですよね。

 

一方で、まだ付き合っている訳ではないため、あなたに対し少しでも興味があったら断るのも違うなと思う訳です。

 

こんな風に、返事に時間が欲しい場合もありますし、こういう状況だと即返信とかは難しくなります。

 

なので、本音ではあなたの誘いに応じたいとしても、すぐには返ってこないこともありますので、その辺の心理も感じ取ってみましょう。

 

ちなみにこの場合は、何らかのフォローがあるはずです。

 

そういう部分から、脈を感じ取れるといいかもですね。

好きならば返信が早い

先ほども少し書きましたが、一般的に男性は、好きな場合返信が早くなります。

 

男にとって女性とは奪い合うものなので、『1秒でも早く返さないと他に奪われる』とかこんな心理が働くからです。

 

なので原則は、脈あり・なしは返信速度で判断するといいです。

 

ただし、好意がなくても返信が早い人もいます。

 

単純にそういう性格だったり、あるいは『何も考えずにメールを送るタイプ』です。

 

こういう人は概して早いので、その辺はしっかり見極めましょう。

 

なので、『メールの返信が早いから脈あり』とかよりも、『親しくなってから返信が早くなった』とかこういう部分を重視した方がいいですよ。

 

重要なのはあなたを意識しているかどうかなので、そこを感じ取るようにしましょう。

返信が遅いメールの脈あり判断基準

『メールの返信が遅い場合男はフォローを入れる』と上述しましたが、それは以下のような感じです。

 

『連絡が遅くなってすいません』
『少し考える時間をください。』

など、こういう連絡があれば返信が遅くても脈ありの可能性があります。

 

要するに判断基準としては『あなたのメールに対し丁寧に対応しているか』ということ。

 

興味がない場合、男は無意識に雑になってしまいます。

 

つまり、どうでもいい女には丁寧な対応ができないということ。

 

なので、結果的にはデートが成立しないとしても、対応が丁寧ならば『多少なりとも脈があった』と捉えてOKです。

 

このように、男は興味の有無で扱いや対応が完全に変わります。

 

ですから、期待で判断しないことが大切ですよ。

 

期待があると『まだ可能性があるかもしれない』とどうしても思ってしまいます。

 

しかし客観的に見れば、『この扱いはどう考えても脈なし』とか、『これだけ丁寧ならばある程度は好意があるかも』とか感じ取れますよね。

 

恋愛をする際には、第三者的な視点が大切です。

 

これを持てると絶望せずに済みますし、メールを送った段階で気づけたらまだマシなのでは?

 

なので期待や感情は捨てて、『自分があの態度を取るとしたら、それは気持ちの時だ』と冷静に考えてみましょう。

最後に

返信が遅い男性心理について書いてきました。

 

メールが返ってこなくても希望を持ちたくなるのが恋愛感情ですよね。

 

でも、それってもの凄く残酷な感情です^^

 

追いかけたり他人に振り回されたり、こういう恋愛は疲れるのではないでしょうか?

 

何でもそうですが、最初の時点で正しい判断をして身を引けるととても楽です。

 

なのでメールを送った結果、自分に対する扱いがあまりにも雑だと感じたら、その時点で撤退した方がいいと私は思います。

 

何より、『返信が遅い』『返信をしない』これって人間関係において失礼なことでもありますからね。

 

そういう人のために頑張って時間を割いたり思考を巡らせたりするのは自分のためにならない場合もありますよね。

 

なので原則は、『返信が遅い』『返信がない』=脈なしと判断して、気持ちを消した方がいいのかなと思います。