恋愛を休んだ方がいい4つ状況。こんな時は恋から離れよう

恋愛を休んだ方がいい4つの状況、この記事ではそれについて紹介します。

 

女性は恋愛が好きだったり、『彼氏が欲しい』『結婚したい』と考える人も多いですよね。

 

そのため、『休んでなんていられない』と思うかもしれません。

 

しかしながら、状況次第では『むしろ一時的に休んだ方が幸せになれる』とも考えられます。

 

というのも『ダメな精神状態のまま恋愛しても嫌われるだけ』だからです。

 

この記事ではそんな、休んだ方がいい状況について書いていきます。

恋愛を休んだ方がいい4つの状況

男性に依存し過ぎてしまう

まずは『男性に依存し過ぎてしまう』という状態、こんな時は、一度恋愛を休んだ方がいいと言えます。

 

例えば、

『一人でいるのは寂しいから』
『誰かに構ってもらいたい。』

などの理由で恋愛する場合、基本思考が依存になりますよね。

 

つまり彼氏という対象を『自分を満たすための存在』と捉えてしまうため、どうしたって満たされず結果的に依存してしまいます。

 

とても重要な事実として、『満たされたい』という願望を、『100%叶え続けてくれる異性はいない』というのがあります。

 

つまり、ある程度は幸せに感じられても、あなた自身が彼氏に精神的な部分で頼り切っている限り、『満たされないと感じる時が必ず来る』ということです。

 

依存恋愛のサイクルってこういう感じで、結論から言うと『一緒にいる時は安定するけど、一人になった途端に不安になる』を繰り返します。

 

なので、もしあなたが現状依存恋愛をしていたり、交際をすると必ず依存してしまうというのなら、一旦勇気を持って恋愛を休んだ方がいいと言えます。

 

つまり『異性に頼らない時間を敢えて作る』ということです。

 

基本的に男性は、依存してくる女性と結婚したいとは思いません。

 

そういう女性とは楽しい未来が想像できないため、交際で終わります。

 

なので、今のまま恋愛を続けてもゴールがないかもしれないので、自分を変えるという意味でも、休む時間を設けてみましょう。

 

いつも浮気される

『いつも浮気される』これも恋愛を休んだ方がいい状況ですね。

 

浮気に関しては『する男が悪い』というのがもちろんです。

 

ただし、

『浮気しやすい女』
『他を見たくなる女』

など、こういうタイプもいます。

 

浮気しやすい女とは、

『寂しがり』
『自己主張が弱い』

などの、要するに『人が離れることを怖がるタイプ』ですね。

 

こういう人って、いなくなるのが怖いから本音が言えないとかこんな傾向なのでは?

 

その結果彼氏に何でも合わせてしまったりもしますよね。

 

こういう女性は男性からすると『浮気しても大丈夫だろう』という心理になるためされやすいです。

 

反対に他を見たくなる女とは、重いタイプですね。

 

『ネチネチと言い返す』
『完璧すぎて疲れる。』

どちらのタイプも重く、こういう人と一緒だと息が詰まるため『他の女性が見えてくる』とかこんな感じになります。

 

なので、あなたが毎回浮気されるようならば、『自分にも原因があるかも』と考えた方がいいですよ。

 

またそれを探るためにも、一旦恋愛を休んだ方がいいとも言えます。

 

休むことで自分と向き合う時間ができますからね。

 

これまでの恋愛で、何がいけなかったのかを休みながら考えてみましょう。

必ず同じ別れ方をする

『必ず同じ別れ方をする』これも休んだ方がいい状況と言えます。

 

『いつも喧嘩別れ』
『いつも音信不通』
『いつも振られる』

など毎回同じならば、厳しいかもしれませんがあなたにも原因があります。

 

従って、その原因を突き止めないまま恋愛を続けても同じことの繰り返しになる可能性が高いですし、それでは幸せになれません。

 

何より恋愛をする時って、『自分の全てを理解して受け入れてくれる相手』を探そうとすると地獄に堕ちるリスクが高まります。

 

それって要するに『変わる気はない』ということですよね。

 

例えば仮にあなたの考え方が、

『とにかく一方的に愛されたい』
『どんな我儘も理解されたい。』
『何をしても味方でいてほしい』

とかこういう感じだった場合、これを理解して結婚してくれる男性はほぼいないと言えます。

 

なので、毎回同じような恋愛の繰り返しならば変わる努力や覚悟も必要で、そのためには恋愛を休んでみる勇気も重要です。

 

ですから、『誰と付き合っても同じ感じだな』と思うようならば、半年でも1年でも『恋愛を休む』と決める期間を設けてみましょう。

 

その期間中に気付けることがきっとあります。

 

自分のことで一杯な状態

『自分のことで一杯な状態』こういう時も休んだ方がいいですね。

 

『仕事が多忙過ぎる』
『体を壊している。』
『何かに挑んでいる』

など、とにかく忙しい時って心にゆとりがありません。

 

人によっては『そういう時だからこそ彼氏に支えてもらいたい』と考えると思いますしそれもありです。

 

ただし、こういう時って人間関係を壊しやすい時期でもあります。

 

というのも自分が大変だと『分かってほしい』という気持ちが強くなりますよね。

 

そして時には、『なぜ分かってくれない?』という思考を持ってしまったりもするはずです。

 

自分が一杯がゆえに理解を強要すると人は離れます。

 

そしてその出来事は、自分にとってもトラウマになったり苦い記憶として残ったりもします。

 

例えば『大変な時に親に当たってしまった』、こういうのって何年経っても忘れられず後悔しますよね。

 

これと同じで、自分の未熟さだったり多忙が原因で人間関係を壊してしまうと自信を無くす原因にもなります。

 

なので、自分のことで一杯な時にも恋愛を休んだ方が無難ですよ。

 

そういう状態の時には知人や友達という程良い距離感にしておいて、ゆとりができた時点で発展させた方がいいかもしれません。

 

恋愛はタイミングが大切ですが、それ以上に重要なのは自分の状態です。

 

あなたが最も魅力的な時に交際をスタートさせましょう。

休息をとって変化しよう

恋愛が上手くいかない時には『休んでみること』がとても大切です。

 

仕事でも趣味でも何でもそうでもですが、ずっと続けていると見落としていることが必ずありますよね。

 

例えば仕事ならば、毎日同じような作業を繰り返す訳ですから、その環境だと新しい発想なんて浮かびづらいのではないでしょうか?

 

一方で、思い切って1週間くらい休みを取った場合、

『この部分はこうしてみよう』
『これはこうした方が良い。』
『これがダメな原因だった。』

といったように、新しい発想や問題点が浮かんでくるはずです。

 

恋愛も同じです。

 

ずっと続けていると、相手を否定するばかりになって自分の問題点に気付けません。

 

なので特に『別れる時には次の候補がいる、又は既に交際している』という人は注意ですよ。

 

このように途切れない恋愛をしていると、過去の男たちについて、

『あの人はここがダメだった』
『あの人はこれが問題だった』

と否定するだけで、肝心の自分を見つめる作業をしなくなります。

 

なので上述した『休んだ方がいい状況』に当て嵌まるようならば、一旦休んで自分について考えてみましょう。

 

『恋愛経験は豊富だけどずっと独身』こういう女性って割と多いです。

 

そしてその原因は上記の通り、他者の否定ばかりで自分は変わろうとしないから。

 

これだと、『恋愛はできるけど結婚はない』という、男にとっては都合の良い女になってしまいます。

 

なので上手くいかないようならば、一度休んで自分と向き合いましょう。

結婚はお互いに努力することが前提

ちなみに結婚って、お互いに努力することが前提です。

 

つまりどちらかだけが幸せになるためにするとかそういうものではないです。

 

なので男性としては、『この人は男に努力してほしいだけだな』と感じたら結婚しません。

 

結婚できないとか遊ばれて終わる女性の中には、上記のように『自分が大切にされたいだけ』の人もいます。

 

その気持ちも分からなくはないです。

 

しかしそれだと幸せになれないだけでなく、年を取ってから孤独になったりいつまでも満たされない気持ちを抱えて生きたりもします。

 

なので、変わることを受け入れる努力や勇気も必要なので、現状が求めてばかりだとしたら、しっかり休んで進化しましょう。

最後に

恋愛を休んだ方がいい状況について書いてきました。

 

誰でも自分のことは可愛いですし、自分は正しいと思いがちですよね。

 

でもそれだと、孤独になるリスクがあります。

 

何より、非を認めて成長できる人は必ず幸せになれるので、今がどんなに辛いとしても自分と向き合ってみましょう。

【関連記事】
愛される女になる方法。誰かに愛されたい時に心がけたいこと