同棲しようと言う彼氏の心理。それだけ愛されている?目的とは

彼氏から『同棲しよう』と言われたら、嬉しい反面戸惑いもあるのではないでしょうか?

 

同棲って良いイメージもありますが、その一方で良くない噂もありますから、そんなこともあり色々考えてしまいますよね。

 

従ってこの記事では、同棲しようと言う彼氏の心理を紹介します。

 

男性はどんな目的で同棲を提案するのか?

 

この辺が分かればある程度は楽になれるかと思うので、参考になれば幸いです。

同棲しようと言う彼氏の心理

純粋に一緒にいたい

まずは『純粋に一緒にいたい』という心理ですね。

 

特別な理由はなく、『ただ、もっと一緒にいたいから』という理由で同棲しようと言う、こういうのも全然あります。

 

要するに、一切の打算なく『純粋に好き』ということです。

 

男性は自分の時間を大切にしたり、彼女がいてもあまりにベッタリな生活は避ける印象かもしれませんが、そうではない人もいます。

 

むしろ、『彼女との時間こそ最も大切だ』と考えるタイプもいるため、彼氏がそういう性格だったら深い意味はなく『同棲しよう』と言っていることも考えられます。

 

なので、普段の彼氏の言動などから、

『純粋で誠実な人だ』

『私をかなり好きだ』

と思えるのならば、深く考える必要はないかもですよ。

 

従って相性が良い彼氏ならば、あなたが同棲したいかどうかで判断してみましょう。

 

結婚を前提に考えている

『同棲しようと言うのは結婚を前提に考えているから』これもあります。

 

結婚前に同棲を考えるかは男性によりますが、考える人の場合同棲を提案したりします。

 

そしてその提案方法も様々で、『先のことも考えて』とちゃんと言う人と、そういうのは敢えて言わず『同棲しない?』といきなり言ったりするタイプもいます。

 

とはいえ結婚が前提の場合、この同棲提案はプロポーズと同レベルの発言になります。

 

そのため仮に断る場合、断り方次第では『振った』ことになりますので、こういった提案に対しては相手の心理状態だったり意図を読み取ることが大切かもです。

 

ですから、『同棲は無理だけど別れる気はない』と思うのなら、その辺を配慮して言い方を考えましょう。

 

ちなみに結婚が前提で同棲しようと言う場合、割と緊張感があったり真剣な感じで提案してくる傾向にあります。

 

男性側の心理としては『将来のための同棲』というつもりで言っていますから、相手の答えや反応をそれなりに気にしています。

 

つまり、『断られたらショック』な訳です。

 

なのでそういうことから、緊張感があるようならば結婚を前提に考えていると捉えて、慎重に言葉を選んでみましょう。

家事をしてもらいたい

続いては『家事をしてもらいたい』という心理。

 

男性によっては、『家事が面倒だから同棲してそういうのをやってほしい』と考える人もいます。

 

例えば仕事が忙しい人の場合、掃除や洗濯、食事管理なんかもしっかりはやってられない訳です。

 

それに男は、そういう部分を気にしない場合本当に面倒でしかないので、その目的で同棲というのもありますね。

 

ちなみにこういう男性って、割と自分のことしか考えていません^^

 

というのも、女性にだって仕事があり普通に忙しいですよね。

 

基本的にそういう部分は見えておらず、『自分の方が多忙だ』と考えるタイプなので、あなたが支えたいと思わない限りは厳しい可能性があります。

 

なので例えば、同棲しようと言われ理由を聞いた時に、

『その方が楽だから』

『色々助かるから。』

『家事をしてほしい』

などの言葉があったら慎重になった方がいいですよ。

 

実は、『女は男を支えるもの』というタイプの人かもしれないですし、そういう人と同棲すると苦労する可能性もあります。

 

広い部屋に住みたい

『広い部屋に住みたい』こういう心理もあります。

 

女性もこれは分かるのではないでしょうか?

 

お互いに普通の収入があることが条件ですが、同棲ならば広い部屋に住めますよね。

 

単純にそういう理由から提案する人もいます。

 

ちなみにこういう男性は『同棲すれば広い部屋に住めるじゃん』とか真っ先に言ってくるはずです。

 

この場合、特別深い意味はないので、あなたもそうしたいと思うのならば前向きに考えてもいいかもしれません。

愛されている可能性は高い

ちなみに、彼氏が同棲しようと言ってきたら、基本的には愛されている可能性が高いですよ。

 

というのも、好きじゃない女に同棲って普通は言わないですからね。

 

何より男性は、一般的に同棲したがらないものです。

 

一緒に住んだら自由がなくなりますから、そういうのを嫌って住む場所は別々にしたい傾向にあります。

 

なので、それでも同棲しようということは、それなりには愛されている可能性があります。

 

ですからその点では、悪い提案ではないのかもしれません。

同棲は慎重に判断しよう

一方で同棲って、上手くいくかどうかはカップル次第です。

 

つまり、

『それがきっかけで結婚する』

『それがきっかけで別れる。』

こういうのって人によります。

 

それに一緒に住むということは、金銭トラブルを含め様々な問題が起こる可能性が高くなります。

 

ですからその点では、それが好きな彼氏でも慎重になった方が良いことも現実です。

 

例えば同棲をしてから、『彼氏が家賃を全く払ってくれない』とか、こういうこともないとは言えません。

 

他にも『彼氏が仕事をしなくなった』など、『同棲という環境が人を変える』こともあります。

 

甘えが許される環境だと堕落したり調子に乗る人もいます。

 

なのでこういった、リスクも十分にあることを考えて判断しましょう。

最後に

同棲しようと言う彼氏の心理を書いてきました。

 

こういうのって本当に、やってみないと分からないことなんですよね。

 

つまり『正解なのかどうかも分からない』ということです。

 

従って同棲はリスクです。

 

失敗したりトラブルに巻き込まれるかもしれないという大きなリスクですが、その一方で成功すれば結婚が早まるかもしれません。

 

なので『そのリスクを取る価値があるか?』と考えることが大切です。

 

世の中必要のないリスクもたくさんありますから、自分の人生を狂わせてしまわないためにも、しっかり考えましょう。