【アラフォー】お姉さんと呼ばれたい!おばさんとの違いを徹底解説

モテ知識

アラフォーになると、自分の中では『まだおばさんじゃない』と思いたい一方、若い世代から悪気なく『おばさん』と言われて傷つくこともあるのでは?

特に毎日美容を頑張っている場合、『おばさん』はショックですし自信を無くしますよね。

一方で、同じアラフォーでも誰からもお姉さんと呼ばれる女性もいます。

またそんな女性は、20歳前後の男子からも『お姉さん』と呼ばれたりもする訳です。しかもそれだけでなく、20歳前後の男子からナンパされることさえあります。

同じアラフォーでも『おばさん』と呼ばれてしまう人がいる一方で、お姉さんと呼ばれ若い男子からナンパされる女性もいるのです。

この違いは何なのか?この記事ではそんな、おばさんとお姉さんの違いを徹底解説します。

アラフォーはお姉さん・おばさんどちらにもなる

アラフォーは、お姉さんにもおばさんにもなる年代です。

『40歳前後』というと若くはないと思いがちですが決してそんなことはなく、むしろ『まだ40歳前後』と前向きに捉えられる人はお姉さんと呼ばれます。

反対に、どれだけ美容を頑張っていても『もうアラフォーだ』と色々諦めているとおばさんになりがちです。

つまりアラフォーでお姉さんと呼ばれるかおばさんになるかは、『内面が大きく関係する』ので、そこをベースに考えてみると良いですよ。

お姉さんと呼ばれたいならこれをすべき

では、アラフォーでお姉さんと呼ばれたいなら何をするべきか?以下では具体的な方法を紹介します。

とにかく体型管理を徹底する

まずは体型管理です。これができていないと100%おばさんなので、体型管理は完璧にしましょう。

具体的には、

・20歳代女子にも負けないレベル
・一切無駄がない体
・タイトワンピースを着こなせる

など、つまりはいつでも脱げる体に仕上げておくことです。

20歳代女子なら多少ぽっちゃりしていても可愛げがある場合もありますが、アラフォーだとただのおばさんになります。

なので体型に関しては、ランウェイを歩くモデル並みに管理しておいて、『いつでも自信を持って脱げる体』にしておきましょう。

そのくらいの体ならお姉さんと呼ばれますよ。

お洒落と美容を完璧にする

お洒落と美容を完璧にすることも大事です。

どれだけ体型管理ができていても、ファッションが地味で美容が杜撰だと『スタイルだけは良いおばさん』と思われるので、これも手を抜けません。

ただしお洒落も美容も、年相応にすることがポイントです。

アラフォーで若作りしているとやはりおばさんになってしまいますし、お姉さんと呼ばれる人は決して若作りしません。

『年相応で上品な見た目』これが最も好印象なので、それを心がけてみましょう。

良好な人間関係を構築する

お姉さんと呼ばれるためには、人間関係も重要です。

体型・美容・ファッションが完璧でも、人間関係がトラブルばかりだと、『見た目は良いけど質が悪いおばさん』と思われます。

なので、良好な人間関係を築いていつでも精神状態を良い状態にしておきましょう。

何より人間関係に満たされていると、表情が豊かになります。表情が豊かな人ほど魅力的に見えるので、お姉さんと呼ばれやすい訳です。

このように、お姉さんになるかおばさんになるかは外見だけではないので、しっかり内面の状態も良くしましょう。

恋愛に積極的になる

恋愛に積極的になることも大切です。

というのも、お姉さんと呼ばれるアラフォー女性は恋愛も充実している印象じゃないですか?彼氏がいるかどうかは別として、モテる人が多いでしょう。

この『モテる』というのが重要で、男性から需要があるからこそアラフォーでもお姉さんでいられる訳です。

なので、恋愛に積極的になったり男友達をたくさん作ったり、こういった努力もするべきですよ。

さすがにどんなに奇麗でスタイル抜群でも、『男関係一切なし』だとお姉さんとは呼ばれません。

女性は異性から求められてこそ輝けたりもしますので、そのための努力も惜しまないようにしましょう。

関連記事:アラフォーで年下男から恋愛対象になる女性の条件!最低限求められる要素とは

自分が輝ける場所を見つける

モテることと同じような理屈ですが、自分が輝ける場所を見つけることも大切です。

お姉さんと呼ばれる女性は、仕事や趣味などで注目されていることが多いです。職場で大きな仕事を任されているとか、美ボディコンテストに出ているとか、何らかの形で注目されていたりします。

そうやって輝ける場所があるからこそ、自分に自信が付きより魅力的になりアラフォーでもお姉さんと呼ばれるのです。

『打ち込める何かがあるか?』これはとても大切です。

こういうものがある人はいつまでも若いので、何でも良いので熱中できるものを見つけてみましょう。

お姉さんと呼ばれる方法 まとめ

アラフォーでお姉さんと呼ばれる方法をまとめると、『とにかく人生を楽しむこと』という感じですね。

自分磨きや人間関係、目標を持つなど、全てにおいて楽しんでいる人は魅力的なので、アラフォーでも全然若く見えます。

なので、どんなことにも前向きになりとにかく楽しんでみましょう。

それこそが、お姉さんと呼ばれるための方法です。

こんな人はおばさんと呼ばれる

続いてはおばさんと呼ばれてしまうアラフォー女性についてです。以下で紹介するのは『体型管理ができていてもおばさんと呼ばれる人の特徴』です。

姿勢が悪く表情が暗い

まずは、姿勢が悪く表情が暗い女性、こんな人はおばさんに見えます。

姿勢が悪いとせっかくのスタイルが台無しになるので、胸を張って歩くことは大前提です。

また表情が暗いことも姿勢同様とてももったいないことです。人は表情によって若くも老けても見えてしまうので、どれだけ暗い気分の時でも『人前では』明るく振る舞った方が得をします。

おばさんに見えるアラフォー女性は、自分の感情や状態をそのまま態度に出してしまうのかもしれないですね。

『落ち込んでいる・疲れている』とかこういう時にはそんな顔をするとか、これだとおばさんに見えるので、自分の状態に関係なくいつでも完璧な女を演じましょう。

性格が歪んでいる

性格が歪んでいる人もおばさんです。

常にイライラしていたり言動が攻撃的だったり、目つきや態度が悪かったり卑屈であるとか、こういう人は外見を磨いて友達を作って彼氏を作っても、おばさんに見えますね。

根本的な育ちの部分が関係しているかもしれませんが、悪い年の取り方をしている人は頑張ってもお姉さんにはなれません。

アラフォーでも未だにヤンキー気質とかそういう感じなら、一層のことお姉さんになることは諦めた方がいいでしょう。

荒々しい性格のアラフォー女性がお姉さんと呼ばれることなんてあり得ないので、もしあなたがこのタイプなら、生まれ変わるくらいの覚悟が必要です。

謙虚さがない

謙虚さがない人もおばさんに見えてしまいます。

例えば『自分は20歳代にも負けないいい女だと思っている』『いい女扱いされないと露骨に態度に出す』などのように、『特別扱いされて当然』と思っているアラフォー女性。

そもそもお姉さんと呼ばれたい訳ですから、ターゲットは30歳代・20歳代ですよね。

そういう人達にとって特別扱い願望があるアラフォー女性ってとてもイタイ存在です。

はっきり言いますが、どれだけ頑張っても20歳代女子に勝つことはできません。

アラフォー美女と20歳代美女なら、殆どの男は20歳代美女を選びます。こういった現実を受け入れて謙虚になることがお姉さんと呼ばれるための第一歩でもあります。

なので、いい女扱いなども望まないようにしましょう。

せっかく努力しても欲しがり過ぎるイタイ人になったら全て無駄になりますから注意しましょうね。

おばさんと呼ばれる人 まとめ

おばさんと呼ばれるアラフォー女性の特徴をまとめると、『表情や言動で損をしていることが多い』と言えます。

結局、どれだけ綺麗でも内面が醸し出す魅力が全てなので、それがダメだとお姉さんにはなれません。

なのであなたの内面に問題があるのなら、生活が荒れているようならば改善したり、ストレスフリーを目指す、悪い人間関係とは縁を切るなど、根本的な部分を変えてみることをお勧めします。

生き方はそのまま人となりとして反映されますので、言動や関わる人には十分に気を付けましょう。

お姉さんとおばさんの決定的な違い

お姉さんとおばさんの決定的な違いは、『自分のことが好きで日常に満足しているか』ですね。

お姉さんと呼ばれるアラフォー女性は自分のことが好きですし、充実した日々を送っています。

反対におばさんと呼ばれてしまうアラフォー女性は自分が嫌いだったり荒んだ日々を送っています。

これが内面に与える影響は極めて大きいので、同じようにスタイル抜群でお洒落で美容も完璧でも、魅力に差が出てしまうのです。

やはり、日々満足しているかはとても重要です。

なので、妥協や堕落をせず、どんなことにも前向きになってみましょう。そうすれば毎日楽しくなりますので、誰からもお姉さんと呼ばれる素敵な女性になれますよ。

ワンランク上のいい女になる方法

ちなみに、ワンランク上のいい女になりたいと思いませんか?

そんな女性になれれば自信が持てますし、悩んだり苦しんだり、奥手な性格で損をしたりとかが無くなります。

そして今より毎日が楽しくなるだけでなく、人生そのものが幸せになっていきます。

ワンランク上のいい女になるためには

ワンランク上のいい女になるためには『良い香りを身に付けること』です。

というのも、男女関係は至近距離での印象が全てです。

『近くで話している時』『抱き合った時』など、こういう時に善し悪しが決まります。

例えば男性と会話している時に、悪臭がしたらイケメンでもアウトですよね?

男も同じで『どんな香りがする女か』で、『いい女』『残念な女』と判断しています。

実際に『彼女を抱きしめたら嫌な臭いがしてダメになった』とか、こんな話はよく聞きます。

反対に『職場の女性は近づくだけで良い香りがしてたまらない』とか、こういうのもよく耳にします。

そのくらい香りが大事なので、意識して対策してみると、ワンランク上のいい女になれますよ。

ポイントはシャンプーと香水

香りUPのポイントは、シャンプーと香水です。

まずシャンプーですが、これに関してはドラッグストア等で売られている商品で問題なし。

ただし、頭の匂いは『ウッ!』と来る強烈なものだったりするので、毎日、又はデート前は必ず洗いましょう。

例えば、あなたの頭が彼氏の鼻の下あたりに来る身長差なら要注意です。


それから香水、こちらはポイントがあります。

香水の香りは男性にとって不快な場合があります。

特に、女性には良い香りでも男性にはキツイ匂いとかも全然あるので、いい女を目指すのならこのチョイスを間違ってはいけません。

お勧めは、マリッジセンスという香水。

公式サイト:マリッジセンス

こちらは、一般的な香水とは異なり『男性にモテることに的を絞り開発された香水』なので、魅力UPすること間違いなしです。

何より、モテアイテムとして開発されているため香りも完璧です。

マリッジセンスを使えば、なぜか男が気になってしまう、魅力的で魅惑的な女性になれますよ。

香水程度の努力でもその差は歴然なので、いい女を目指すなら真剣に考えてみましょう。

公式サイト:マリッジセンス


>>マリッジセンスの体験談まとめページはこちら>>

最後に

アラフォーでお姉さんと呼ばれる人とおばさんと呼ばれる人の違いを書いてきました。

自分は若いつもりでも他人からの見え方は違うので、だからこそ徹底した努力や意識、心がけが必要になります。

一方で、誰でもお姉さんと呼ばれることはできるので、是非目指してみて下さい。

男性心理的にも、奇麗で輝いているアラフォー美女をおばさんとは言えない部分があるので、そんな女性を目指しましょう。

努力して叶わないものはないですから、頑張ってみる価値は全然あります。

【関連記事】
モテるアラフォー女性はここが違う!おばさんと言われない人の共通点
アラフォーで綺麗な人の特徴!その年齢には見えない女性の共通点とは

クリスマスプレゼントで気になる人との距離を縮めよう

クリスマスシーズンですね、気になる人とは順調ですか?

まだきっかけが掴めていないなら、プレゼントで距離が縮まることもありますよ。

クリスマスシーズンのメリットは、女性からでも気軽にプレゼントを渡せること。そしてそれがきっかけで、急速発展もあり得る訳です。

男性も貰った以上はお返しを考えます。この時期を逃すと次はバレンタイン、先送りせず勇気を出してみましょう。

無難で気配りになるプレゼント

ちなみに、彼氏でもない男性へのプレゼントとして無難なのは、入浴剤ですね。

疲れが取れますし、この時期なら芯から温まるので気配りにもなります。

何より、男は入浴剤などの類を自分から買うことが殆どありません。一方で女性から貰えたら『迷惑でもないし純粋に嬉しい品物』です。

これが靴下・ネクタイ・ハンカチなどの小物は拘りがあったりするので、保管庫行きもあります。

女性は『小物を渡して使ってくれたら脈あり』と思いたいかもですが、意外とギャンブル的な考え方です。

その点入浴剤なら感想を聞くことができます。そしてそこから親しくなったりもするので、意外とアリですよ。

お勧めの入浴剤

ちなみにお勧めの入浴剤は『イルコルポ ミネラルバスパウダーアロマコレクション 』ですね。

物凄く温まる入浴剤なので、気になる人も満足してくれるはずです。そして満足したからこそ『この前くれたのすごいね』とか話も盛り上がります。

プレゼントできっかけを作るポイントは『話題を作ること』。貰い手の快感や満足を考えると、プレゼント作戦は大成功します。

その点この入浴剤はピッタリだと思うので、試してみてはいかがでしょうか。

公式サイト:イルコルポ ミネラルバスパウダーアロマコレクション

プレゼントの渡し方

ちなみにプレゼントの渡し方ですが、職場の人なら『いつも頑張ってるから・お世話になってるから』で良いと思います。一方で友人・知人なら、話の流れで渡しちゃうのが楽かもですね。

いずれにせよ、あまり重い感じにはならない方がいいですね^^

バレンタインの本命チョコみたいな勢いだとさすがに重いので、義理チョコくらいの感覚で渡してみるといいかもですね。

それでは、素敵なクリスマスを!
タイトルとURLをコピーしました