彼女との結婚を決断できない時には!迷う理由と判断基準

彼女のことは好きだけどいまいち結婚の決断ができない、こんな悩みを抱えていませんか?

確かに結婚となれば、『好きだから』とかそう単純なものでもないため迷うのは当然です。

 

しかし、『どうして決断できないのだろう?』と自分で疑問に思ったりもしますよね。

以下ではそんな、彼女との結婚を決断できない理由と判断基準について書いていきます。

 

男にとって結婚って、人生の一大決心になるかと思います。

女性のそれとはまた違った意味で大きな決断が必要でしょう。

特に、女は幼少期から結婚に憧れたりしますが、男にはそういうのがないでしょう。

 

その点も、結婚の決断が難しくなる男の性質と言えそうです。

自分の気持ちに嘘がない選択ができるよう、冷静に自分と向き合ってみましょう。

結婚の決断ができない理由

彼女との結婚を決断できない基本的な理由は、男には結婚するメリットがないからです。

始めに言っておきますが、変な風に捉えないで下さいね^^

『本能的・社会的にはメリットがない』というだけで、『結婚したら損』という意味ではないです。

 

要するに、『養ってもらえる』『安定』などのような分かりやすいメリットが男性にはないですし、特に男は結果主義なため結婚ってとても漠然としたものになります。

 

だからメリットがなく感じられてしまい、彼女のことが好きでも結婚となると迷ったりもするのです。

以下では、そんな決断できない理由について、具体的な要因を挙げていきます。

結婚はリスク

結婚はリスクでもあります。大きな決断ですし法的な契約です。

それに、社会的には男の方が責任が重い部分もありますよね。

その一方で『絶対に上手くいく保証なんてどこにもない』だから意外とハイリスクです。

 

それに、結婚にメリットを感じていなかったとしたら『ハイリスクローリターン』でもあり、それを無意識レベルでは分かっているからこそ決断できないのかもしれません。

それでも結婚について迷うのは『彼女のことが好きだから』でしょう。

 

ですから、まずはこのリスクを自覚してください。そして受け入れましょう。

『結婚はハイリスクローリターンなんだ』と受け入れることで楽になれるはずです。

 

基本人は損をしたくありません。

そのため、頭のどこかで『この決断は損失かもしれないぞ』と感じていたら前に進めません。

ですが、結婚はギャンブルではありませんから、その点においては考えてみる価値が十分にあります。

男は自由主義

男と言えば自由主義ですよね。これも決断できない理由の一つです。

結婚は法的な契約ですから、それをしたら『法的に自由を制限される』のと同じです。

とはいえ、それと引き換えに手に入れられるものもたくさんありますが、ほとんどは目に見えないものばかりでしょう。

 

しかも『結婚によって幸せになるとは限らない』という問題がここでも邪魔をするのです。

 

結局独身ならばやれることに制限がないですから自由も約束されています。

しかし結婚は、『感情的に満たされ続けるだろう』という期待しかなく、全ては未来であるため誰にも分からないのです。

 

しかも交際関係と形は大して変わりませんからそれも決断に踏み切れない理由です。

 

女性の場合、『結婚しているかどうか』で安心感が大きく違うようです。

彼氏がいてもプロポーズされないと不安のようですが、男の場合、彼女がいたらそれで済んでしまうことも多いですよね。

そもそも男は、女のように精神的な安定を他人に求めませんから、そういうことも結婚への拘りが薄い理由なのかもしれません。

 

こんな風に男は、結婚することに重きを置いていないですし、それよりも自由な生き方をと考えるからこそ、彼女がいても『結婚は別だ』となることが多いようです。

なので『自由と引き換えにどれだけのものが得られそうか』を真剣に考えてみましょう。

そうすると、迷いが消えて決断できるかもしれません。

結婚は人生の諦め

ちょっと変なこと書きますが誤解しないで下さいね、結婚批判ではないです。

しかし男には『結婚したら人生を諦めたことになる』という感覚が少なからずあるかもしれません。

 

例えば『独身でいればもっといい女と出会うかもしれない』とか、『大成功するチャンスが転がってくるかも』といったように、重責がないからこそ抱ける野望がありますよね。

好きな彼女がいてもイマイチ結婚の決断ができない場合、もしかしたら、『心のどこかでこの野望を持っている可能性』があるかもしれません。

 

事実女の中には、『私と結婚しなかったらあなたは一生独身よ』といったように、まるで男の野心を見抜いたような言葉を浴びせる人もいます。

そうやって諦めさせ結婚の決断をさせるわけです。

 

私はそのような挑発的な駆け引きをする女性が好きではないため、そんなことを言われたら結婚なんてしませんが、一方であなたが『だよな、この辺で決心しないとな』と感じられるようならば、今の彼女は適しているのかもしれません。

 

いずれにせよ、男は何らかの野望や野心を持っていることが多いです。

またそれを、諦めたくないわけです。

これが『結婚は人生の諦め』という概念です。

 

ある意味では『現実を受け入れて大人になる』ということなのかもしれません。

しかし、どの現実が正解かは分からないので、慎重に考えた方が良さそうです。

誰もが不安

結婚は大きな決断です。そのため誰もが多少は不安になるようです。

しかし男性の場合、そういうことを口に出す人は少ないかもしれません。

 

男同士の会話ならば『彼女と結婚するべきか迷っている』とか『結婚してやっていけるか正直不安だ』なんて言いづらいでしょう。

皆勝ち誇ったり格好つけたいため弱い部分を見せませんが、それでも本心では不安な人は多いです。

ですから、『決断できないことがおかしい』なんて思う必要はないですよ。

 

むしろ、ごく普通の状態と思ってもいいかもしれません。

それに結婚って、漠然とし過ぎていますから判断が難しいところもあります。

さらに『メリットデメリット』でもないためそれも迷わせるのです。

 

ですから、決断できないのならばゆっくり考えましょう。

彼女にせがまれていてもあまり気にせず、自分のペースで進んでいいはずです。

それに、とにかく結婚したがる女も多いですから、彼女がそのタイプだったら冷静になりましょう。

自分が『間違いない』と思えない限りするべきではないですから、流されないことが重要です。

結婚するかの判断基準

ここからは、結婚するかの判断基準についてです。

色々決断できない理由があるにしても、彼女に不満がなくしかも好きならば、あとはあなた次第と言えるでしょう。

 

そんな時に考えてみたい判断基準を以下で書いています。

この女しかいないと感じるか

男が結婚を決断する時によく言われるのが『この女しかいないと思えるかどうか』です。

真っ白な気持ちで、『他はあり得ない』と思えているのなら結婚を決意して良いでしょう。

 

なかなか踏み切れない場合、自分では分からなくても彼女に不満や不安を持っている場合もあります。

ですから、『どうしても突き進めない』と思うようならば、『引っかかる部分がないか』とじっくり考えてみましょう。

 

交際は問題がなくても『結婚の対象ではない女』っていますよね。

そういうのって、『ここが問題だ』とはなかなか分からず、感覚的に拒否するような部分があるので、何かが違うと感じるようならば『この女だけ』という対象ではない可能性があります。

 

一方で、彼女しかいないと思えている場合あまり迷わないようです。

流れるように結婚を決断したり、そう考えるのが当たり前と思ったりもするようなので、この辺も判断基準にしてみるといいかもしれません。

未来が想像できるか

一緒に暮らしている未来が想像できるか?これも重要です。

結婚は幻想ではなくごくごく現実です。

それも平凡でつまらない日常の繰り返しかもしれません。

それが想像でき、さらに『幸せだ』と感じられるようならばGOサインでしょう。

 

今は好きな彼女でも、未来をイメージした結果『ずっと一緒にいるなんて耐えられない』と感じる場合もあります。

ですから、じっくりと想像して『本当に結婚して幸せか』を考えましょう。

 

誰と結婚しても生活そのものは変わりません

変わるのは幸福度です。

そこが最も重要なので、今の彼女があなたに幸福をもたらす人かどうか、見極める必要がありそうです。

自信がないだけか

結婚することそのものに自信がないだけで、彼女や結婚に対して不満がないのならば思い切った決断をしてもいいかもしれません。

結婚は大きな決断ですから不安になるのは当然ですし、失敗のリスクもあるため迷います。

 

しかし、相手に問題がなかったり、自分自身も結婚したい気持ちがあるのならば『単純に自信がないだけ』の可能性が高く、そういう時には勢いも大切です。

 

『考えるよりも行動』これが必要な状況ってありますよね?

まさにそんな時で、特別問題が見つからないのならば『やったことがないから不安』という自信の問題だけの場合が多いです。

 

それに、こんな言い方もどうかと思いますが、今の時代離婚も当たり前になってきています。

もちろん離婚は大変ですが、それでも『結婚してみてダメだったら離婚すればいい』という考え方もアリです。

 

それよりも、

 

この彼女と結婚したい
自分も結婚の意思がある

 

と思っているのになぜか決断できないのはジレンマでしょうから、楽になってしまうのもアリかもしれませんよ。

 

『するなら早い方がいい』これが結婚です。

自信の無さは行動で解消しましょう。

最後に

彼女との結婚を決断できない時の理由や判断基準を書いてきました。

ステップとしては、

 

1.彼女とずっと一緒にいたいか?
2.自分が結婚したいか?

 

を考えること、これがまず大切です。

 

その上で何か引っかかるのならば、ただ自信がないだけかもしれません。

 

もちろん決断にはリスクが伴います。

しかし、『リスクを取らない者は成功しない』とも言いますから、この先について真剣に考えてみましょう。

 

結婚するべきかどうか、この悩みってなかなか解決しないと思います。

ですが、真剣に考えれば必ず答えは出ますので、是非挑んでみて下さい。

【関連記事】
女に嫌われない第一印象の法則!受け入れられるかの3条件