『好き』と言わない男の心理!なぜ付き合ってるのに言わない?

『付き合っているのに彼氏が好きと言わない』こんな状況に悩んでいませんか?

『言ってほしい』『何で言わないの?』と問い質しても流されてしまい結局聞けず仕舞い。

こんな毎日ではないでしょうか?

 

女性は言葉が欲しいでしょうから『好き』と言ってほしいですよね。

それに、そもそも好きだから付き合っているはずなのに『なぜその言葉が言えないの?』と疑問もあるでしょう。

 

一方で、言わない男にもそれなりの主張や理由があるので、以下ではそれを書いていきます。

好きと言わない理由も様々なので、彼氏の態度から感じ取ってみましょう。

照れくさいから

好きと言わない理由で最も多いのが『照れくさい』という奴です。

その言葉を発している自分が気持ち悪く、だから言いたくないのです。

男は常に強くありたいですし格好つけていたいですからね。

そのため『好きだよ!』と伝えたり、気持ちをアピールする行為を嫌います。

 

それでも20歳前後とか中性的な男性ならば言うかもしれません。

しかし、いい大人ならば本当に言いたくない言葉なので、『勘弁してあげて欲しい』が本音です。

 

この『好き』という発言、女が男っぽく話すようなものです。

『おう』とか『だよな』みたいな話し方をするとしたら、ちょっと恥ずかしくないですか?

それを男に強要するのは酷というものなので、言いたくない彼氏ならば『何で言わないの!』とヒステリックになったりはせず、『そういう人なんだな』くらいに捉えた方がいいかもしれません。

言わなくても分かるから

男の主張としては『好きかどうかくらい言わなくても分かるだろ』というものです。

これも、そういう発言はしたくないからのこじつけでもありますが、それでも『感じ取れば気持ちくらい分かるはず』というのが男性の考え方です。

 

女は言葉を求める一方で男はいちいち言いたくないため、『彼氏が好きと言わない』のような問題は度々起こりますが、『一緒にいるのは好きだからだ』と男性は言いたいわけです。

ですから、今もしあなたが『彼氏が好きと言わずに不安』というのなら、その他の行動で判断してみるのは一つの方法ですよ。

 

例えば、

 

頻繁にデートに誘ってくる
出かけるデートが多い
体だけといった感じではない

 

など、楽しいとか安心だと思える要素が多いのならば言葉がなくても不安に感じる必要はないでしょう。

 

何より、彼氏が『好きなんて言いたくない』というタイプだったら言わせようとするのは時間の無駄です。

むしろ、強引に言わせようとするとウザいと思われて振られます。

 

それに、言葉に拘っているとあなたが疲れてしまいませんか?

好きと言ってほしいのはもちろん分かりますが、彼氏が言わないタイプの人だったらある意味仕方がありません。

ですから、感じ取ることが大切です。

好きじゃないから

ここまで『彼氏が好きと言わないのは照れ臭いから、気にする必要なし』と書いてきましたが、実は『好きじゃないから言わない』とこんな場合もあります。

むしろこの不安があるからこそ気になって仕方がないのかと思いますが、確かに『好きじゃないから嘘はつけない』とこんな状況もあります。

 

例えば付き合ってはいるけれど既に気持ちがないとか、交際そのものが遊びだとか、『ここで好きと嘘をついたら後々面倒』と感じたら男は言いません。

何より、好きじゃないのに『好き』と言うこと自体不快ですから、そういう女に『私のこと好き?』とか聞かれても誤魔化すことしかしません。

 

あなたも、好きでもない相手に『好き』と嘘をつくのは不快ですよね。

例えば彼氏と別れたい時に、『俺のこと好きか?』と聞かれたら、『好き』とは言えないでしょう。

 

なので、気持ちが揺れていたりそもそもなかったら言わない人が多いはずです。

一方でその場合、何かしら態度に現れるはずです。

デートしていてもつまらなそうだったり、あまり誘ってこないとか我慢しているとか、よく見れば分かることがあるはずです。

 

ですから、『私のこと好きじゃなさそう』と感じたら、冷静に彼氏の言動を観察してみましょう。

 

最も大切なのは『期待しないことと自分の感情を抑えること』です。

『彼氏は好きかもしれない』と期待すると苦しみが深くなりますし、『私は好き』という感情を優先すると空回りします。

見るのはただ一つ、『相手に気持ちがあるか』これにより『ない』と判断したらあなたから切るべきです。

 

自分を好きじゃない相手と一緒にい続けるなんて惨めなだけですよね。

それにすがっても未来はないですし余計に嫌われ続けるだけです。

 

なので、『好きじゃないんだな』と決断できた時には無感情に行動しましょうね。

それが自分を救う選択です。

とにかく冷静になろう

『彼氏が好きと言わない』これに拘っている時には冷静さを失っている場合があります。

しかも、『何で言わないんだ?』『私のことを好きじゃないのでは?』と不安が広がり、他の女と話しているところなんて見かけたら強烈な嫉妬心まで芽生えたりで最悪の状態になります。

 

さらに、デート時にはその不安や不満を彼氏にぶつけ嫌われるという負の連鎖も生み兼ねないので『とにかく冷静に!』を心がけましょう。

 

彼氏が感情表現をあまりしない人で、あなたが感情表現豊かな場合、確かに『好き』という言葉がないのは不安だと思います。

しかも、今までがラブラブな恋愛をしてきたのならば、クールな男性との交際は謎が多く疲れてしまう部分もあるでしょう。

 

こういう時のポイントは『こういう人なんだ』と思ってしまうことです。

 

結局のところ、自分の世界にいないタイプの人間だからこそ『なんで?』と分からなくなるので、『こういう人もいる』と本気で受け入れられれば楽になります。

例えば海外に行ったら日本の習慣なんて通じませんが、『こういうものなんだ』と受け入れるしかないでしょう。

 

同様に、同じ日本人でも色々な人がいますから、自分の常識に捉われずに広く許容してみることも大切です。

 

一方で、『彼氏は私を好きじゃない』と不安ならば、行動から分析したり、友人に相談してアドバイスをもらうなどしてみるべきです。

特に遊び目的の男は都合のいいことしか言いませんが、あなたが彼に惚れている場合にはそういうのを見抜けないので、だからこそ相談することが大切です。

 

例えば友達の中には、同じ様な経験をした人がいるかもしれませんしね。

ただし、女子会のように女が集まった場所では『基本男批判になる』という特性があります。

なので、できれば公平な視点で判断してくれる人にも頼った方がいいです。

 

理想は男友達ですが、男の場合『あなたを狙っているかどうか』でアドバイスが変わるので、その点は注意しましょう。

 

『彼氏が好きと言ってくれない』この状況って不安だと思いますし、追い込まれたりもしますよね。

しかしたいていの場合、『自分で自分を追い込んでいる』ことがほとんどです。

冷静になれば『好きとは言わないが、この人は真剣』とか、『なんだか怪しい』と判断できます。

 

ですから、あなたが言葉に拘り過ぎてパニックにならないよう心がけましょう。

最後に

好きと言わない男の心理について書いてきました。

 

好きだけど言いたくない
好きじゃないから言わない

 

どちらもあります。

 

ついでに書きますと、『敢えて好きと嘘をつく男』こんなのもいます。

要するに、『その時に最も都合がいいのはどれか』で判断するのが男です。

だからこそ、言葉に騙されず冷静に見極める必要があります。

 

はっきり言うと、嘘なんて簡単につけてしまいますから、その裏にある心理を読み取ることが恋愛では大切です。

特に遊び人は嘘で固めているので、そういうのに騙されないように注意しましょう。

 

一方で、あなたの彼氏はただ言いたくない人かもしれないので、そこまで不安になる必要は、ないのかもしれません。

【関連記事】
好きだけど付き合えないと言う男性心理『まだチャンスある?男の本心とは』
やりたい女と付き合いたい女の違いとは?分かれ目を紹介
体目当て男の心理!女は食べ物程度にしか思わない最低男とは
3割増しでいい女に見える3つの方法!男はこれにクラっとくる