男を立てる女は結婚の対象!選ばれるためにやりたいこと

男を立てる女は結婚の対象になりやすいため、以下ではそれについて書いていきます。

男性は結婚に慎重なのですが、なぜ慎重かというと『責任というリスクを取るだけの価値があるか』を十分に判断したいからです。

 

この表現だととても上からに思うかもしれませんけどね。

それでも実際に、結婚となるとこんな風に考える男性が多いものです。

 

そのため、『何年も付き合っているのに結婚に至らない』という場合、彼氏としては『何かが足りない』とか『他にもっと良い相手がいそうだ』と感じている場合があります。

一方で、それらをクリアして『今すぐにでも結婚したい』と思わせられるのが、男を立てる女です。

 

はっきり言って、そういう女性は貴重なものです。

男を立てる女ってなかなかいないですから、だから、見つけたらすぐに結婚したくなるのです。

以下ではそんな、男を立てる女になる方法を書いていきます。

結婚を就職と捉える

男を立てる女と普通の女性の圧倒的な違いは、結婚に対する考え方です。

普通の女性は『結婚は自分が幸せになるためにするもの』と思っていますが、男を立てる女は『彼氏という会社に就職する』と捉えています。

この意識の高さがあるからこそ『この女は違う』『逃したらもったいない』と瞬時に思われるわけですね。

 

では結婚を就職と捉えるとは何なのかですが、これはつまり『彼のために働く』ということです。

自分の幸せを最優先にするのではなく、『彼を幸せにさせたい』という気持ちを最優先にした考え方です。

 

これって『会社に貢献する』という思考に似ていませんか?

就職する際には『自分の都合よりも会社への思い』ですよね。

これが強い人ほど採用されるはずです。

 

結婚も全く同じで、『とにかく彼氏を幸せにしてあげたい!』という気持ちが強いほど選ばれる可能性が高くなります。

だからこその、『結婚を就職と捉える』です。

 

女性によっては『自分が幸せになりたいから』と考えますし、交際中にもそれが露見しますが、その性格だと生涯のパートナーとしては選ばれ辛くなってしまいます。

 

ですから、『男を立てる女だ』と思われたいのならばとにかく彼氏のことを考えてみましょう。

どんな時でも『どうすれば相手が喜ぶか?』『何が相手のためか?』これに拘るのです。

そうすれば、自然と男を立てる女になれます。

 

結婚が絡むとどうしても、自分の欲に支配されがちです。

しかしそれだと、男を立てる女とはかけ離れた存在になってしまうので注意が必要です。

好条件女性ほどやっている

実はこの『結婚を就職と捉える』という考え方、好条件女性ほど忠実に取り入れている傾向があります。

というのも好条件の女性って、関わる男もまた好条件ですよね。

そんな相手と関わる時に『私の幸せ』ばかりを優先していたら確実に縁を切られてしまいます。

 

それだと男を立てる女にはなれませんから、どんな時でも彼の好みに合わせ、無駄口を叩かず、3歩後ろを歩くように振舞い、とにかく良い印象を与えているのです。

 

『相手が超好条件ならば私だってそうする』と思ったかもしれませんね。

ならば、『超好条件限定で探す』ように努力した方がいいはずです。

一方でそれができないのならば、普通の男性が相手でもしっかりやった方が結婚が近づきます。

 

というのも男は、『自分が好条件かどうか』には関係なく、『自分を男として立たせてくれる女性を求める』からです。

要するにどんなに低収入男でも、『俺は金がないからずっと君の言いなりだ』とは基本的になりません。

そんなことなら独身を選びます。

 

男は自分の収入に関係なくプライドが高いので、『それを認めてくれる女』じゃないと結婚対象としては選ばないのです。

 

男を立てるってこういうことですよ。プライドを認めるということです。

なので、どんな彼氏でも『すごい人』として尊敬の眼差しを向けた方がいいです。

それができれば『この女は特別だ』と思われ、すぐにでも結婚が決まります。

彼の幸せが自分の幸せ

これはよく、好条件女性が言うセリフです。

『彼の幸せが私の幸せなんで~』と。

女の本心がどうかは分かりませんが、男はこの発言をして『その通りに実行してくれる女性』を好みます。

 

例えば『今は芽が出ていなくてもそれを支えてくれる』とか、『何を言っても黙ってついてくる』など、こういう女性こそ男を立てる存在です。

 

というのも男としては『そんな彼女を持っている男は羨ましい』のです。

『何でも自分の言う通りで黙ってついてくる』滅多にいないタイプですからね。

だからこのタイプは特別視されますし結婚の対象にもなります。

 

たいていの女性は何かにつけて自分の意見を言ったり反論しますよね。

もちろんそれは普通なんですが、『男を立てる女か』という点ではNGになりますし、何より結婚の対象ではなくなってしまいます。

 

ですから、本気で結婚を考えたいのならば『彼の幸せが私の幸せ』と割り切った方がいいです。

もちろん結婚後もそのスタイルを貫き、『自分の楽しみ』は一生お預けする覚悟を持つべきです。

 

『じゃあいつ楽しむの?』と思うかもしれませんが、あなたが彼を最優先にすれば、彼もあなたを最優先にしてくれることでしょう。

もちろん、上昇志向の男性は仕事が最優先ですが、それでもできる限りのことはやってくれるはずです。

ですから、『相手の幸せを考えて生きる』というのも悪くないです。

 

よほど自分のことしか考えない男だったら利用されて終わりでしょうけどね。

そういうタイプには魅力がないでしょうから好きにもならないでしょう。

なので、基本的には支えて問題ないはずです。

 

男を立てる女は結局自分も幸せになれますので、自分最優先にならず、相手のことを考えてみましょう。

最後に

結婚が絡むと、女性は特に自分で一杯になる傾向があります。

『〇歳までに結婚したい』『このまま一人だったらどうしよう』などの希望や焦りがあるため、相手を思いやるゆとりがなくなってしまうのかもしれません。

 

しかし結婚は、単なる契約ではないはずです。

つまり『私さえ良ければよい』という契約書に騙してサインさせるものではないはずですよね。

 

残念なことに、これを分かっていない女性が非常に多いです。

また、だから上手くいかないのです。

 

婚姻届けを出す時点では『これを提出すれば彼は幸せになれるはず』と思っていられないと何れダメになりますよ。

もちろんこの考え方はお互いにです。

 

男を立てる女とはこんなタイプの人です。

『自分が与えるから相手も与えてくれる』という、先手を当たり前とする女性なので、是非それを目指してみて下さい。

【関連記事】
3割増しでいい女に見える3つの方法!男はこれにクラっとくる
結婚しない男が急増する中結婚する方法!今どきの婚活とは