結婚しない男が急増する中結婚する方法!今どきの婚活とは

近年は様々な理由から結婚しない男が急増していますよね。

『結婚に興味がない』『経済的に厳しい』『一人の方が楽』『結婚にメリットを感じない』などたくさんありますが、こんな中で結婚する方法って何なんだ?と思いませんか?

 

結婚に関しては時代と共にスタイルが変わっているようです。

従って現在のように、結婚しない男が急増しているという現状での婚活について、今どき、そしてこれからの婚活スタイルを書いていきます。

 

結婚は『正しい方法で活動できたか』もある程度結果に影響するので、もしあなたが一つの方法に拘っているとしたら、視点を変えてみることで発展するかもしれないですね。

条件よりも気持ちに拘る

今の時代、条件で相手を探すよりも気持ちに拘った方が結婚に至るケースが多いように思います。

 

女性有名人にしても、以前ならば超好条件男を選ぶのが当たり前でしたが、近年では自分よりも所得が低い相手を選ぶケースも珍しくありません。

これはつまり、時代が『条件から気持ちに切り替わりつつある』ということではないでしょうか?

 

特に男女が平等な立場になったことにより、男性女性どちらの意識も変わっています。

その点で『どちらかが養う』とか『好条件の異性に面倒を見てもらう』という感覚は徐々に薄れている可能性もあります。

 

また結婚しない男が急増している背景には、この男女平等も関係しています。

『平等なのになぜ男の方が責任が重い?』『平等ならば、結婚して男が養うのはおかしい』と考える人もいて、これも結婚しない男性が増えている一因です。

 

なので、このように時代が変化している中で、『とにかく好条件』とか『最低でもこのくらいのレベルが良い』とそこにばかり拘っていると結婚できないで終わってしまう可能性があります。

 

以前ならば、『早く好条件男を見つけないと結婚できずに終わる』と言われていたのが、現在の場合『気持ちに拘らないと結婚できない』に切り替わっているのです。

 

なので、結婚しない男が急増する中で結婚するためには、とにかく気持ちに拘った交際をしてみましょう。

結婚が前提の交際ではなく『好きが前提の交際』です。

その結果として結婚がある、この形の方が近年は結婚できると考えられます。

 

もちろん、婚活サイトのように結婚したい人が集まる場所を利用すればその限りではないですし、特に婚活サイトならば、男性も女性も条件で相手を選ぶことが基本なので、どうしても譲れないのならばそんな選択もアリです。

 

なので、これからの時代に結婚するためには、

 

自分は何を最も求めているか
そのために最適な選択は何か

 

を考えることが必要です。

 

職場や友人関係などの普通の出会いで見つける場合、条件重視にすると失敗する可能性もあります。

結婚しない男性が増えている以上、相性こそ最も重要になるので、年収等ではなく性格で判断することが大切と言えそうです。

好きなら結婚も考える

相性で交際をした場合、当初は結婚する気がない男でも『本気で好きになれば結婚する可能性もある』と言えます。

 

結局結婚って、

 

ずっと一緒にいたい
相手を幸せにしたい
彼女を守りたい

 

という気持ちからするものですから、完全なる気持ち恋愛ならば『結婚しない!』と断言していた男でも揺れる可能性は十分にある訳です。

 

一方で、お互いまたはどちらかに打算があると、どうしてもそれが読み取られますから結局難しくなってしまいます。

例えばよくあるのが『自分が幸せになりたい』この気持ちが強いタイプの女性、こういう人はなかなか結婚できない場合が多いのですが、理由は『相手は誰でもいいから』です。

 

このタイプの女性って、『自分が幸せになれさえすれば満足』なので、相手は要件を満たしていればOKですし、そういう姿勢は男にも当然届きます。

私自身、過去に付き合った女性にこういう人がいましたが、『自分が大切にされたい』これにばかり拘っているため結婚なんて考えることさえなかったです。

 

なので、結婚しない男をその気にさせたいのならば、まずはあなたが『相手を幸せにしたい』と本気で思えた方がいいですよ。

そうすることで相手も変わってきます。

 

ここで注意したいのは『相手のためにこんなにやっている私』に満足するのではなく、本気で相手のことを考えるのです。

結局は自分でしかない女性はどうしても見抜かれてしまうので、純粋に『彼のために何かやりたい』と思える人と付き合うのが結婚への近道です。

 

そうすれば、当初は結婚する気なんて全くなかった男でも、『この女となら結婚したい』と思うように変わってきます。

男も出会った女によって変わりますが、それができるのはやはり気持ちです。

なので『本気で相手のことを考えた先に結婚がある』と思ってみると、どんな時代でも幸せな結婚ができるかもしれません。

女が家庭に入る時代ではなくなった

結婚しない男が急増とか、結婚できない女性が増えている背景には『女が家庭に入る時代ではなくなった』これも関係しているはずです。

昔なら、家事をやってくれる人が必要でしたから男も必死にパートナーを探したものですが、現在の場合自分で何でもできてしまいますし、何より便利グッズが揃っているので結婚の必要がないのでしょう。

 

しかしながら、どんなに時代が変わっても『私は支えてほしい』『専業主婦になりたい』という女性もいますよね。

さらに『それを希望する男』もいます。

 

またどちらかというと男性は、女性も働いているかどうかに関わらず『家事はやってもらいたいもの』です。

なぜなら殆どの場合、母親が家事をする環境で育っているからです。

 

もちろんこれに関しては納得がいかないことも多いでしょうし近年はよく議論になっていますよね。

しかし、『どうしても結婚したい!』と思うのならば、家事に積極的な女をアピールした方が成功率は高まります。

 

『女が専業主婦でも、男も休日は家事を手伝うべき』とか叫ばれる時代に、『家事は女の仕事だと思っているから結婚したらすべて私がやる』とこんな考え方だったらはっきり言って好印象です。

気を悪くするかもしれませんが、『専業主婦には休みがない』という考え方を理解できない男は多いですし、『なんでせっかくの休日に家事を手伝うんだ』『それでは休みがない』と考える男もたくさんいます。

 

なので、大衆の逆をついて好印象を勝ち取ることも、今どきの婚活スタイルとしては賢いです。

男は結婚したくない訳ではない

結婚しない男が急増しているため勘違いしやすいのですが、男は結婚したくないわけではありません。

したくないのではなく『メリットを感じていない』訳で、だから結婚しないのです。

なので『この女は他とは違う』と感じさせるような存在になれれば、極端な話誰と交際をしても結婚のチャンスがあります。

 

『それはつまり、女に問題があるということ?』と感じたかもしれませんが、そうではないですよ。

原因は、一人でも生きられる時代です。

 

男は合理的ですから、『奥さんが必要だ』と感じたら探したり結婚したくなりますが、『一人でもやっていける』と判断したら『結婚は必要ない』と決断するのです。

現在の場合、便利がゆえに『結婚しなくても問題ない』と感じる男性が多いですし、収入が不安定なことも一因です。

 

一方の女性は、本能的に結婚を求める傾向がありますよね。

たとえ一人で生きられるとしても、どちらかといったら異性と支え合いながら生きていきたいのが女性ではないでしょうか?

 

そのためこれからの婚活を勝ち抜くためには、男性が『結婚はいらない』と感じていることを受け入れて、その上で『この女とだったら結婚したい』と思わせる必要があります。

だからこそ、気持ちに拘った婚活が求められます。

 

条件重視の女性だとその目的を男性に見抜かれてしまいますので結婚が難しくなる可能性が高いですから、本気で一人の男性を好きになってみましょう。

最後に

これからますます一人でも生活できる時代になっていきますから、その中で婚活をするって簡単ではないですよね。

結婚や婚活の歴史を振り返ると必ず時代背景が絡んでいますので、今の時代ならば、『気持ちで結婚する』のが正解と言えるのではないでしょうか?

 

特に、高収入の男性ほど気持ちに拘りますからこれは心がけた方がいいかもしれません。

せっかく知り合えても『金目当て』と思われたらもったいないですからね。

本気で好きになることが、スタートラインなのかもしれません。