デートで下心を出すタイミング!発展させるための重要なポイント

デートの時、いつ下心を出せばいいのか?

男性ならばこんな悩みを持っていますよね。

 

下心を出さないといつ会っても食事だけの関係になってしまうし、一方でタイミングが早すぎると嫌われたり、やり方次第では訴えられることもあります。

このように、デートでさえも下心のタイミングってとても難しいわけですが、かといって出さないわけにはいかないので、この記事ではそれについて書いていきます。

 

近年は、何においても過剰に反応する女性が一部に存在しますので、男は何かと生きづらい世の中になってきましたね。

男は下心のためにデートしているわけですから、それをすべて拒否されてしまうようでは関わる価値や理由がなくなってしまうはずです。

 

一方で、タイミングさえ合わせればまだまだ希望はありますので、前向きに捉えてデートを楽しみましょう!

最初は慎重に

デートの時、初めのうちはお互いについて話したり、他愛のない話題を交換し合ったりしますよね。

要するに、真面目な話をしながら探り合うはずです。

最初はもちろんこれが重要で、いきなり『いい体してるね』とか言ってしまったら即アウトになりますからこれは注意です。

 

特に男と女では、デートに対して構え方が違います。

男の場合、『デートがOKされた=すべてOK』と捉える人もいますよね。

さらに『自分が食事代を負担するんだから当たり前だろう』くらいに考えすぐに下心を出す人もいるようですが、それでは嫌われて当然です。

 

というのも女は、『デートがOK=すべてOK』ではないからです。

女の場合、『取りあえず、デートだけならいいかな』『話をするだけなら』という、あくまで『まだまだ不安はあるけど、ちょっと気になるから知ってみたい』という感じでデートしています。

 

それに女というのは、何よりも男の下心を嫌います。

つまり『体目当てで近寄られること』を相当に嫌うのです。

これに関しては、我々男が『金目当てで近寄られること』と全く同じなので分かりますよね。

ですから、デートが成立したからといって下心もOKだと考えるのは間違いなので、そこは注意しましょう。

 

なので、最初のうちはとにかく慎重で紳士的に接すること、これがとても大切です。

話が盛り上がってきた

慎重に進めていくとお互いにリラックスしていきます。

そうすると話が盛り上がってきます。

例えば酒が入ったことで声が大きくなったり、会話が途切れなくなったり見つめ合う頻度が増えたりなど、こんな状態になってきたら下心のタイミングといえます。

 

とはいえ、この段階ではまだまだ本気の下心はNGですよ。

 

というのも、盛り上がってきていてもまだまだ女は冷静だったり、何よりこちらの本性を探られている可能性が高いからです。

なのでこういう時には、ジャブとして『軽くて上品な下ネタ』を入れてみましょう。

 

お勧めなのは恋愛話です。

恋愛話って下心や下ネタとは無関係のように思うかもしれませんが、『相手に意見を求められる』点が、十分な効果と言えるのです。

 

例えば、

 

付き合ったら何がしたいタイプ?
結婚とか考える人?

 

などのように、ありきたりな質問でも十分です。

 

女としても、ある程度盛り上がっている男がこの質問をしたらそれなりには答えますよね。

実はこの時点で『やや下心を出している』ことになるので第一段階としてはOKです。

 

というのも下心って、全てがエロい質問ではないはずです。

最終ゴールである『体の関係』や『交際』に結びつく話題ならば何でもそれに当て嵌まるはずなので、相手の恋愛観を聞いたり恋愛トークができたのならば一歩前進と考えるべきです。

 

むしろ、このステップを踏めずにいきなりヤバい下ネタや下心を出す男はかなり嫌われますので注意しましょう。

それだと、ただやりたいだけの男と思われてしまいますし、ロマンチックさの欠片もないためせっかくのデートも台無しになってしまいます。

 

なので、まずは盛り上がったところで『話の方向性を恋愛系にしてみる』これをやってみると良いです。

こうすると、『その考えは自分も同じ』『それ分かる!』といったように共通点も生まれますので発展しやすくなります。

 

焦らずに、展開を作ってタイミングを見計らいましょう。

ボディータッチが増えてきた

その後しばらく談笑を続け、女性からのボディータッチが増えてきたら下心のタイミングです。

 

女から触れてきたのなら、

 

気を許している
受け入れている
惹かれている

 

などプラスの意味で捉えられますので、そういう時にはある程度積極的になりましょう。

 

例えば、『そういえば爪綺麗だよね』と手を取って触れてしまうのもアリですし、同じ様なボディータッチで返すのも距離を縮めるには良い方法です。

 

ボディータッチされた場合、『女としてもサインを送っている』とこの可能性もあります。

もちろん純粋に触れただけもありますが、女性もいい気分だったりその男性とどうにかなりたい場合自分からもアピールします。

 

特に、『男性が紳士的過ぎてなかなか下心を出さない』とこんな状況だと、比較的女の方から攻めてくる印象です。

 

実際に経験がありますが、職場で知り合った年下の女性と個人的に親しくなり定期的に飲みに行くようになりました。

私は『この女性を下心とかそういう目でみるのはNGだ』と決めていたので一切そんな素振りは出さなかったのですが、今考えると色々アピールされていた気がします。

ちょっともったいなかったですね^^

 

なので、女からのサインには敏感になった方がいいですよ。

それに女は、男のように露骨な下心は出しませんからね。

特にそれが気になる男だと、恥じらいもあってとても分かり辛いサインを送ってきます。

 

一方で、そういうのを見抜けると発展していくので、『これはゴーサインかな?』と感じたら、褒めるなり触れるなり、ちょっとくらいしてしまった方がいいのかもしれません。

女から下ネタが出始めた

女から下ネタが出た時にはしっかり乗っかった方がいいようです。

せっかく女性が下ネタを言っているのに『ふーん』程度の反応だと、『なんだこの男』と思われてしまいます。

 

男だって、下ネタを言った結果反応が薄かったら『なんだこの女』と思いますよね。

なので、こういう時には格好つけないでエロくなりましょう。

 

例えば女性が『○○さん(あなた)とするとか想像できないんだど』とか言ってきたら、『まだやってないからだよ』とか、『取りあえずしてみる?』といったように前向きな回答をした方がいいですよ。

 

ポイントは、『何を言われたか?』ではなく、『どんな返答をするか』です。

 

女がどんな意図で下ネタを言ってきたはあまり関係がなく、自分が下心を出せるかが重要で、その結果女性が笑ったり話に乗ってくれたらこっちのものでしょう。

なので例えば、『○○さんとするとかあり得ないから』と言われても、『本当はやりたいんでしょ?』とか取りあえず冗談っぽく持っていき、『ないから』と言われても、『照れなくていいから』と下心トークを続けられた方がいいです。

 

またこの際、『こちらも冗談だ』という雰囲気を作れると印象が良いですよ。

 

『○○さんとするとかあり得ない』なんて言われたら普通は気分が悪いですが、そこで不機嫌になると100%可能性がなくなってしまいます。

一方でそれに対し、冗談でありつつも下ネタや下心で返せるとある程度距離が縮まります。

 

女は特に『この人はない』と最初は思っていても、知り合っていく中で『いいかな』と気持ちが変わることが多いです。

男のように外見第一主義ではないので、会話でリラックスさせ、許容範囲が広い、包容力があると感じさせられれば、最終的にはOKがもらえたりもします。

 

なので女から出た下ネタが、たとえ自分を下していたり拒絶するようなものでも怒らないようにしましょう。

単純に素直になれていないだけかもしれませんしね。

そういう全てを包み込める男が結局は得するようになっていますので、この考えは大切です。

 

それにたいていの女は、否定的な下ネタを言います。

というのも『あなたに抱かれたい!』とはっきり言う女は少ないですし、それはもはや下ネタではないですよね。

 

ですからほとんどは『○○さんってどうなの?』『大したことなさそう』『絶対ないから』といったように取りあえずは否定してきます。

しかしそれが本心とは限らないので、こういう話題が出た時にはしっかりと乗っかり、『見くびってると後悔するよ~』くらいのゆとりの対応をした方が得できます。

最後に

デートをするなら下心を出さないと意味がないですよね。

ずっと奢り続けるだけで一切下心NGなんて、何のために、そして何をやっているのか全く理解不能でしょう。

 

一方で女の中にはそれを望むタイプもいますし、基本的には男の下心を嫌うため反抗してきます。

しかし、だからこそある程度のタイミングを見計らい『割り切って出していった方がいい』ですよ。

 

それをしないと奢り続けるだけの関係になってしまいます。

女が不快そうな顔をしたとしても、最終的には関係ないです。

『女は下心なしで奢られたい』『男はできるだけ早く下心を出したい』デートなんてこんなものです。

 

なので我々男は『この女がダメなら次に行けばいい』というゆとりの気持ちと、実際に次の候補を作っておくことが重要です。

そうすれば、初デートで下心を出し嫌われたとしても、こちらから縁を切ってやれますから問題ないでしょう。

 

このくらいじゃないと、デートなんてやっていけません。

くれぐれも、一人を追いかけないように注意しましょう。

【関連記事】
女に嫌われない第一印象の法則!受け入れられるかの3条件
男性必見!デートの会計は『奢り』にするべき理由
やらせてくれない女への対処法!どうしても諦められない時には