財布代わりの男にならないための注意点!デートをする時の心構えとは

せっかくデートできたのに財布代わりにされたら嫌ですよね。

食事が済んだ時に『奢ってくれるよね?』オーラを出してきたり、奢るのは良いとしても指一本触れさせない女だったら、はっきり言ってデートした意味なんてないと思います。

 

私は以前、『出して』と言えず体の関係もないのに奢り続けたことがありますし、『奢ってくれるよね?』オーラの女とも食事した過去があります。

こういう悔しい経験もあって対策を練り、現在では毅然とした態度で臨めるようになっていますので、以下ではそれを紹介します。

女は何かと『体の関係はナシで男に奢らせたい』という、まさに財布代わりを求めています。

だからこそ、事前に対策やルールを作っておかないと毒牙にやられてしまいますし、男には『やりたい』という欲求があるため一般的には不利です。

 

一方で、その欲求にゆとりを持てれば財布代わりの男にはなりませんので、自己の精神を磨いて恋愛を楽しみましょう!

その女一人にならない

財布代わりの男にならないためには、『常にデートできる女をたくさん持っておく』これが良いですよ。

『この女を逃したら終わりだ』という精神状態だと奢り続けたり、貢いだり、高価すぎる贈り物をしたりもするようですから、そうならないためにも『この女とやれなくても次がいる』『探す方法はいくらでもある』とこんな心理にしてよくのが良いです。

 

実際に、男性が被害者になっている結婚詐欺事件の多くは孤独とか中年以上の男性がターゲットです。

つまり犯人の女は、『この男は後がないから、突然訪れたチャンスを何としてでも逃したくないはずだ』と考えるわけです。

 

実際にそういう事件の犯人って美人ではなく、デブとかブスがほとんどです。

にも関わらず騙されてしまうのは、自分が精神的に追い込まれているから。

この心理は一般的なデートにももちろん当て嵌まるので、財布代わりにされたくないのならば『何としてでもゆとりを作ること』が必須です。

 

実際に現在の私は、常に次の約束や期待できる相手がいる状態を作るようにしています。

大変なことのように思うかもしれませんがそんなことはないですよ。

以下では、私が実際にやっている方法を紹介します。

婚活サイトを利用する

合コンや出会い系も一時利用していましたが、私は真面目な性格なため婚活サイトが良かったです。

それに、良い人と巡り合ったら真剣に付き合って結婚しようとも考えているので、その点でも、素性がはっきりする婚活サイトをメインに利用しています。

 

婚活サイトは何が良いかというと、常にたくさんの女性と接点を持てる点です。

連絡先を交換して個人的なやり取りができるかは別として、サイト内ならば自分次第で同時に多数の女性とやり取りできるため、それが『保険』になり財布代わりを阻止できます。

 

つまりデートする時にも、『この女性とダメでも、あの中の誰かと発展させてまたデートすればいい』という発想になれるので、そこが精神的に楽です。

それに経験上、サイト内でやり取りができると個人的な連絡先交換に至ることの方が多いですし、女性も真剣に出会いを求めている点もあってすぐにデートの話もできるので、婚活サイトはその点でもいいのかなと感じています。

 

ただし、遊び目的のように不誠実な人は利用禁止なので、あくまで真剣なパートナー探しが絶対条件です、この姿勢は重要です。

しかしそれさえ守れていれば、一人の女性に縛られることもなく、財布代わりにされるリスクも回避できるので、良いかもしれませんよ。

 

ちなみに私が利用しているのはブライダルネットというサイトです。

美女に動揺しない

続いて、食事できる相手が美人だった場合です。

例えば、芸能人クラスの美女と食事できるとしたら『こんな子とデートできて俺は幸せだ』と思ってしまいますよね?私なら思います。

 

でも、その動揺や感動が財布代わりの始まりなんです。

というのも、どんな美女が相手でも『対等である』ことが基本です。

つまり、『相手は特別な人だ』と思ったらその時点で心理的に負けていますから当然奢ってしまいますし、やれなかったとしても『仕方がない』と考えてしまうでしょう。

 

さらに、指一本触れられなかったとしてもきっとまた誘うはずです。

なぜなら『次会えばできるかもしれない』という期待があるから。

この繰り返しが『財布代わり』という仕組みです。

 

いい女が相手だと『こんな美人と』という感動にやられてしまいがちですが、はっきり言って、美女もブスも同じですよ。

重要なのはそこではなく『結果を得られるかどうか』のはずです。

 

実際に遊び人の人に聞いたのですが、外見って全く関係がないそうです。

それよりも『やれるかどうか』しか考えていないらしいです^^

プロですよね。

 

もちろん我々はそちらの世界の人間ではないのでちょっと違いますが、それでも財布代わりを避けるためには見習いたい部分がたくさんあります。

なので、どんな美女と食事できるとしても、

 

この女と未来はあるのか?
どんな意図で誘いに応じたのか?

 

などを観察してみて下さい。

 

その結果、『ただ奢られたいだけ』と判断できるようならば惑わされず、初回のデートで縁を切った方がいいかもしれません。

ちなみに私は、女性の態度に関わらずデートでは奢ってしまう派ですが、その辺は性格次第ですね。

 

近年は特に、絶対に男が奢る時代でもなくなってきていますので、あまり考えすぎる必要はなさそうです。

 

いずれにせよ、『美人』という特別性に動揺しないようにしましょう。

重要なのは『結果』なので、それが無さそうならば早々に見切りをつけて、次の女への行動に時間と金を割いた方が効率的です。

女が若い時も同じ

ちなみに今の美女の理屈、女が若い時も同じですよ。

男はある程度の年齢になると、興味の対象が『若い女』になると思います。

男性によっては、『どれだけ若くて美人な女を連れて歩けるかで男の価値が決まる』と考えるのでは?

それは全然いいと思いますしその通りの部分もあります。

 

しかしそのために、『女に大量に貢いでしまう男』も実際にいますよね。

財布代わりというレベルではなくマンションを契約したり車を買い与えたり、はっきり言って『無駄遣い』としか思えない使い方をしてしまう男性もいますが、こうなってしまうのはどうなのかと私は思います。

 

しかもたいていの場合、そうやって貢いでいる相手に限ってこちらのことなんて財布としてしか思っていません。

つまり、こちらが心理的に追いかけているから金を出してしまうだけなので、『若い女と付き合いたい』という欲が強い人は注意した方がいいです。

 

この場合も先ほど同様で、『他にも女はいくらでもいる』と思える状態を作っておくべきです。

はっきり言って『この女は特別』という女なんて存在せず、全ては『大勢の中の一人』に過ぎません。

なので、それがどんなに若い美女でも、『同じ程度の女なんてまた簡単に見つけられる』くらいの精神的なゆとりを持つことが、財布代わりにされないための心構えです。

初デート後連絡しないのもあり

財布代わりを避けるためには、初デートが終わったらもう連絡しないという方法もアリですよ。

『それでは手に入らない』と思いますよね?確かにその可能性も十分あります。

一方でこうすると『本物の女を見極められる』というメリットがあります。

 

女としても、デートしてみて良いと思ったら気になりますよね。

にも関わらず男からは連絡が来ない、そうなったら、本気の女性はたいてい自分から連絡します。

つまり、『また会いたい』と言ってくる女は財布代わりではないですし、その時点で女が誘っているのである意味奢らなくてもOKです。

 

暗黙のルールとして『誘った方が奢る』という決まりがありますし、女は『男が奢るもの』と考えている部分があります。

そのためたいていの女は自分からは誘いたがらず、『誘わせようとアピールをする』に止まるわけです。

 

なので、それでも誘ってくる女は本気の可能性が高いので、そんな時には割り勘や自己負担でデートするのもいいかもしれません。

 

それに、2回目デートを誘ってくる女はかなり気持ちが強いので、うまく運べばその日のうちに自宅に誘うこともできます。

例えば、誘うつもりなら食事は奢るとして、その後に『うちに来ない?』と誘ったら、この女性は果たして断れるでしょうか?

初デート後に連絡が来なかったこともあり、『ここで断ったら終わってしまう』と思うかもしれませんね。

 

このように、初デート後敢えて自分から連絡しないのも手法としてはアリです。

 

『数を打って当てろ』とはよく言いますが、重要なのは『どの数を打つか』ですよね。

つまり、一人の女を誘いまくるという『数』なのか、それとも、たくさんの女と初デートだけするという『数』なのか。

 

どちらが良いかはあなた次第ですが、私は後者が楽しいです。

たくさんの女とデートをした結果、自分に本気で興味を持った女とだけセカンドステージに進む、これも財布代わりを避ける方法になるはずです。

 

なので、

 

デート前の女性を見つける段階
初デート

 

ここで数を打つという仕込みをして、その後は待っているだけという戦略もアリかもしれません。

最後に

財布代わりにならないためには、

 

どんな女でも特別だと思わない
常に候補を持っておく
計画的にデートする

 

などが大切です。

 

性格が良い真面な女性と食事をするのならばこんなこと考える必要ないんですけどね。

男を財布代わりにする女ってどこにでもいますし、しかもそういうのって、ギラギラした超いい女とも限りません。

実際にいたのは、どちらかと言えば地味目な普通の女で、しかも職場の同僚達でした^^

 

私がいた職場は、女がチヤホヤされる傾向にあったので、それで勘違いしていたのだと思います。

 

いずれにせよ女は、本能的にも男に集りながら生きようとしますから、どうしても財布代わりにされたという被害者が出てしまいます。

なので、『そうされないためにはどうするべきか?』と常に警戒していることが肝心なので、勝者になれるよう計画を立てましょう。

【関連記事】
女に嫌われない第一印象の法則!受け入れられるかの3条件
男性必見!デートの会計は『奢り』にするべき理由
金目当て女の特徴!男を財布としか思わないクズ女を見極める方法
【おじさん向け】職場で女に無視された時の正しい対応!これで解決