男の下心を見抜く方法と男性心理!これがあったら危険

男に下心だけを持たれるのは嫌ですよね。

エロい目で見られたり、性の対象としてしか思われていなかったら不快極まりないでしょう。

 

一方で、男の中には女性をそのように見る人が一定数存在します。

例えば、露骨に品のない下ネタを言ってくる人はこれに該当する可能性が高いです。

 

ただし、本当に危険なのは『露骨ではないタイプ』の男です。

結局、露骨に『どんな下着穿いてるの?』とかこのレベルのことを言ってくる男ならば女性自身が簡単に見抜けますよね。

そういう男は問題ないわけですが、『気づかないところで下心を持たれていた』ということもあり、さらには一線を越えてしまう場合もありますので、そんな男こそ見抜けた方がいいわけです。

 

その特徴を紹介します。

優しい言葉をかける

あらゆる状況において、優しい言葉をかける男には下心があると考えて良いです。

なぜなら、『手に入れたい』という目的があるからこそ優しくするのが男性心理だからです。

 

『紳士的な男性ならば下心なしに優しくする』と思ったかもしれませんね。

確かに紳士は優しいですよ。

しかし『下心がない』は間違いです。

実際に紳士的な男性でも、極端に言えば『興味を持てないほど好みではない女』に対しては、それがどんなに困っていようが落ち込んでいても優しくすることはありません。

 

つまり優しくするのは、何かの目的があり、さらには『この女だから』という理由もあります。

それに紳士だって、男に対しては無駄に優しくしたりしないでしょう。

自分の時間を潰してまで、グダグダと解決しないような悩みを延々と愚痴る男の話を聞いてあげるようなお人好しはいないはずです。

 

これは厳密に言うと、『男の話だから聞かない』のではありません。

『聞いてもメリットがない相手だから聞かない』のです。

従って性別は関係がなく、たとえ相手が男でも、『愚痴を聞いてやることでメリットあり』と捉えたら聞く男は多いです。

 

男の心理ってこんな風になっています。

従って、『優しくする・しない』の基準も、『メリットの有無』で考えるのが一般的です。

そしてそのメリットというのが『優しくすれば手に入るかもしれない』という下心です。

ですから、どんな紳士でも下心は持っていますよ。

 

一方でその下心が、真剣交際希望なのか、一晩だけや遊びの関係を求めているのかはまた別問題になってきて、ここが下心を見抜く際には重要な部分です。

あなたのためを思っているか

優しい言葉をかけたり話を聞いてくれたり、こんな男はたくさんいると思います。

そんな中でも、ただの下心と本気の好きを見抜くには『あなたのためを思っているかどうか』これを探ることです。

 

女性は悩みや不安があったり何かに満たされずに話したい時、『アドバイス等は余計でただ共感してくれればいい』と希望しますよね。

要するに、極端に言えば『一方的な聞き役になれ』ということでしょう。

 

女性のこの心理を分かっている男は多いです。

そのため、『どうすれば女は満足するか』についても、下心しかない男ほど熟知していたりします。

下心だけの男ほど共感する

実は、下心しかなく遊びや一晩だけの関係を求める男ほど、『うんうん』『そうだね』と共感します。

理由は、その方が好印象だと知っているからです。

 

女性としても、自分の話を真剣に聞いてくれて、一切否定や意見をせず『うんうん』と聞いてくれたら気持ちいいでしょう。

その結果『この人は紳士的でいい人』と思ったりしませんか?

これは、体目当ての常套手段なので注意してくださいね。

そこからボディータッチが増えてきたら危険信号です。

関連記事:注意!女を体目当てにする男の特徴。紳士ほど警戒しよう

 

一方で、『なんでも聞いてくれて気持ち良く話をさせてくれる』といったら言うことなしの完璧男のように感じるかもしれませんね。

しかしこれ、結論から言うと『向き合っていない』のです。

つまり、本質的にはどうでも良く、『自分の目的は体だ』と思っている証拠です。

要するに、『話とかどうでもいいからさっさと深い仲になりたい』と思っていて、だからこそ否定や余計なアドバイスなんてしないわけです。

 

下心しかない男ほど向き合うことを面倒に考え、とにかく表面上は気に入られようとします。

これは当然、その方がチャンスがあるからです。

なので優しくしてくれるとしても、あまりにも『優し過ぎたら』注意した方がいいかもしれません。

本気の男は根気が良い

一方で下心があっても、それが一時的なものではなく本気ならば、根気良く向き合ってくるはずです。

例えば女性が仕事の愚痴を言った場合でも、下心だけだったら共感して終わりですが、本気の場合、その愚痴の内容からアドバイスや指摘をするはずです。

女性側に問題があるようならば、『でも○○な部分は改善した方がいいんじゃない?』とか『結果は出さないといけないよね』といったように、割と厳しいことを言う場合もあります。

 

こういうのって女性は嫌いますよね。

しかしこれ、男もこの手の話がしたいわけではないんですよ。

あくまで恋愛感情や下心がある場合ですが、これらは相手に気づいてほしいから言っていることが多いです。

 

女性は愚痴を言って発散させたいかもしれませんが、『それをしても根本的な解決にはならない』と知っている男も多いため、それが大切な存在であればあるほど根気よく向き合います。

そもそも、どうでもいい存在だったら愚痴なんて聞きませんから、聞いている時点で『体目当て』または『恋愛対象』あるいは、『仲間』です。

 

そして男は仲間であっても異性ならば下心を持ちますし、何より仲間同士ならば誰かが一方的に愚痴を言う形にはならず、一般的には議論になるでしょう。

つまり、『あれこれと言ってくれる男ほど真剣』という訳です。

 

ここまでを整理すると、

 

共感だけの男は下心だけの可能性が高い
本気ならば根気よく向き合う
仲間ならば議論する

 

となります。

なので男の下心って、女の理想とは相反すると捉えてみると良いですし、そうすることで見抜けるようになってきます。

 

バカな男は露骨に下心を出すため分かりやすいです。

しかしながら賢い男は、『女性のこうしてほしいという心理』を利用します。

なので、そこを見抜けるようにならないと負けてしまうので、『メリットもなく優しくするはずがない』という意識や心がけこそが大切です。

自分の精神状態にも気を配ろう

この『下心だけの男を見抜けるかどうか』に関しては、あなたの精神状態も深く関係しています。

はっきり言うと、弱っている時は相当危険なので、そういう時こそ気を強く持つとか、極力男とは関わらないなどの工夫が必要と言えるでしょう。

 

それに、体目当ての男は基本的に弱っている女を狙います。

孤独や不安、日常に不満を抱いているような女性をターゲットにして、『唯一の理解者』を装いながら信頼させ、手に入れた途端にいなくなるわけです。

こういうことをされるとさらに精神状態が悪化すると思いますので、弱っている時は本当に注意した方がいいですよ。

 

特に、『孤独で寂しいから誰かに依存したい』と考えるようなタイプの人は遊ばれやすいので、自分がその状態ならば『寂しい』と感じる状態から脱却する方法を模索した方がいいように思います。

 

例えば『趣味や仕事で忙しくしてしまう』一般的ではありますがこれは良い方法です。

ポイントとしては『やりたいことを見つける』これがいいです。

闇雲に何かを始めるのではなく、『自分が一番やりたいのは何か?』と時間をかけて考えてみるのです。

そうすると興味の対象が現れ、それについて調べているうちに始めてみたくなり、気が付いた時には孤独感がなくなっているかもしれません。

 

いずれにせよ精神面が元気ならば、ある意味で、下心だけの男と一晩過ごしてしまってもダメージは少ないはずです。

さらに『この男は下心だけだな』と気づいても、『まあ遊ぶのもいいか』と思える場合もあります。

自分が元気ならばゆとりがありますからその分選択肢が増えますし、何より冷静です。

 

反対に不安が強いとすべての対象を『救い』と捉えたりもしますし、そうなると下心を見抜けない場合も多いです。

なので、『自分は今どんな状態か?』これは常にチェックしておきましょう。

関連記事:恋愛の悩みを解決する方法!好きな男性と上手くいくためにはどうすればいい?

どんな男にも下心はある

基本的に、どんな男にも下心はあると思った方がいいです。

女性によっては、下心を持たれていたことにショックを受ける人もいますが、これは男の本能的な部分なので仕方がありません。

 

それに『この女は無理』と感じ拒絶する感情もある意味下心の一種です。

要するに『できるかできないか』で判断する以前に『無理』だったわけですが、この『無理』の判定をする段階でも『女』として一瞬は見ている訳で、これは下心と言えるでしょう。

なので、完全に下心がないってあり得ないわけです。

 

ただし、様々な理性や環境が絡み合い、『そういう気分になれない』ということは全然あります。

例えば、子供の頃からお互いに知り過ぎていて『外見はOKだけどそういう関係になりたいと思わない』とか、『外見は良いと思う。でも性格が引く』とかこんなのもあります。

 

なので下心判定をする際には、『アリかナシか』で考えるとほとんどの男が持っていることになってしまうので、見抜く際には『下心だけか』に重視した方がいいはずです。

結局下心を持たれていても、本気ならば良い場合もありますよね?

でも、『体だけが目当て』だったら不快極まりないでしょうから、そういう男を見抜けるように訓練していくと面倒を避けられるように思います。

最後に

下心だけの男を見抜くためには、

 

優しくて何でも聞いてくれる男
自分の精神状態

 

これらに注意することが必須と言えます。

 

一方で、『下心』というものに関してはそこまで警戒する必要はなく、男はたいてい持っていますので、『気持ち』を見抜けるようになりましょう。

『自分にどれだけ向き合ってくれるか』これが決め手です。

 

人に向き合うってとても面倒なことですが、その相手が大切であればあるほど放ってはおけないのが人間のはずです。

そんな男性は、どんなに下心を出してきてもきっとあなたを好きですから、逃さない方がいいのかもしれません。

【関連記事】
これがあったら脈ナシ確定!男が興味ない女に取る態度
3割増しでいい女に見える3つの方法!男はこれにクラっとくる
食べながらダイエットする方法!減量したくない時の3原則