愚痴を言ってくる女の心理!交際有無による言われた時の対処

愚痴を言ってくる女っていますよね。

食事に誘われたから『何かな?』と思い応じてみると、一方的に職場や友人、彼氏などの愚痴を聞かせてくる、こんな女です。

男としては、『愚痴なら他でやれよ』と思いますよね。

 

何より愚痴なんて、誰に言われても楽しい話題ではないですから対処を考えたいものです。

一方で、相手が『許容範囲内』の女ならばそれ相応の対処があります。

さらに、彼女が愚痴ばかり言ってくる時にもやはり方法があると思われます。

 

何より重要なのは『愚痴を言ってくる女の心理を理解すること』です。

これが分かると次の行動ができます。

以下では『愚痴を言う女の心理』『彼女以外の女が愚痴を言ってきた時の対処』『彼女が愚痴を言ってきた時の対処』など、それぞれ解説します。

付き合ってないのに愚痴を言ってくる女の心理

愚痴を言う女の心理は以下のようなもの。

 

都合の良い聞き役が欲しい
体の関係は持ちたくない
食事は奢らせたい
自分が発散できればいい
彼氏に愚痴って嫌われたくない

 

要するに、彼女ではない女が愚痴を言ってきた時点で『どうでもいいと思われている』訳です。

 

女によっては『○○君にはかなり頼っている』とか都合のいいことを言ってきますけどね。

この表現に騙されないようにしましょう。

重要なのは『結局体の関係があったかどうか』です。

それがないのならば『頼られている』のではなく『利用されている』訳ですし、女は『頼っている』とか男を気分良くさせる発言をしておいて散々利用するわけです。

 

そもそも我々男だって、どうでもいい女にほど都合の良い嘘をつくでしょう。

例えば体だけが目的の女にほど、その女が喜ぶようなことを言いませんか?

理由は『さっさと手に入れて完結させたいから』のはず。

 

愚痴を言う女も同じです。

タダ(体なし)で、さらには期待させながら食事を奢らせておいて、一方的な愚痴の聞き役が欲しいからこそ『頼っている』とかこんな表現を使うのです。

なので、『手に入れたい』という期待や欲に支配され、『この子は自分を頼っている』なんて思わない方がいいですよ。

 

愚痴を言ってくる女はとにかく聞き役を探していますし、『誰かが聞いてくれるもの』と思っています。

そのため、『話せた代わりに体の関係に応じる』とかこのようなこともありません。

つまり、我慢して聞き続けると『いつ会っても一方的に愚痴を聞いてあげる関係』になってしまい何一つメリットがないですし、奢りでもしたら損失でしかないので注意しましょう。

愚痴女の対処法

このような愚痴女の対処法は至ってシンプルです。

結論から言うと、『最初に手を出してしまう』これが良いです。

 

例えばその女性と初めて食事に行き、『愚痴しか言わないな』と感じたら、その心理状態を利用するのです。

愚痴ばかりが出てくるということは共感してほしいので、取りあえずは話に乗ってあげて、さらに『自分だったらそんなことしないのに』とか、『職場に頼れる人とかいないの?』といったように親身になって話を聞きます。

 

そうやって理解者になりつつ、身体的な距離を詰めていくのです。

例えば、向かい合って座っているのならば隣の席に移動して慰めるような素振りを見せつつスキンシップを計るとか、手を握ったり頭を撫でたり、自然とボディータッチを多くしていくわけです。

 

隣に座れないのならば、『○○さんって手綺麗だよね。見せて』と言って握ったり触ったりしてしまうのもいいですね。

 

もちろん、この時点で女が拒んだら終了でいいですが、そうじゃない限りは慰めたり共感しつつタッチする頻度や体の密着度を高めていきます。

 

さらに、密室ならばキスしてしまうのもいいかもしれません。

もちろんこの辺は雰囲気次第ですが、相手としても誰かに頼りたい状態になっています。

たとえ彼氏がいても、『彼氏は聞いてくれない』あるいは『彼氏には嫌われたくないから言えない』という状態なので結局は孤独なのです。

何より、だからこそ愚痴が出るので『そこに付け込む』というのがこの場合の定石と言えるでしょう。

 

その後は、いい感じになったら店を出て然るべき場所に向かってしまえばいいですし、NOと言うのならば無理にとは言わず止めればいいだけです。

女が愚痴を言ってくるようならば、こんな風に勝負に出るのが望ましいかと思います。

そうしないと、単純に時間や金の無駄になってしまいますし、何より都合の良い聞き役にされてしまいます。

早めに見抜き対処しましょう。

こちらにとってもどうでもいい

重要なのは、愚痴女というのはこちらにとってもどうでもいい存在ということです。

愚痴なんて誰も聞きたくないに決まっているのに、それを『コイツならいいだろう』と聞き手の気持ちも考えずに自分が発散したいからと一方的になる女です。

こんなの、どうでもいいと思いませんか?

むしろ、『どうでもいい』と思えた方がいいですよ。

 

なので、こういう女がいたら『別にどう思われてもいいや』と割り切って、さっさと手を出しましょう。

それに『何するの!』と言われたら、『え?そういうことなんじゃないの?』くらいに開き直るのもアリだと思います。

 

それで女が『そういうことって?』と反論したら、『愚痴ばかり言ってるから』でいいでしょうし、『違うならつまらない話するなよ』と吐き捨ててやるのも良いかと思います。

つまり『女が愚痴を言う=OKサイン』という解釈です。

はっきり言って、タダでつまらない話を聞きたい人間なんていないのですからこのくらいでいいはずです。

 

男はどうしても、『格好つければできるかも』と期待を持ちますが、時としてそれは逆効果です。

そこに付け込まれ永遠に何もない関係が続くこともありますので、『ダメ女だな』と感じたら、態度を完全に変えてさっさと手を出してしまいましょう。

女の愚痴はするために聞く

女が愚痴の聞き役として選ぶのは『優しそうで安全な男』です。

要するに、『根気よく聞くだけ聞いてくれて下心は出さないだろう』こういう男がターゲットにされるのです。

女としてもその辺は考えていますからね。

明らかに下心を出してきそうな男に愚痴なんて言わないわけです。

 

それに露骨な変態男は、女が愚痴を言った瞬間に『俺が慰めてあげるよ』とすぐに誘います。

女としてはこういうのがウザいから安全そうな男をターゲットにする訳ですが、我々男は『コイツは大丈夫そう』と思われたらダメなので、『女の愚痴はするために聞くものだ』と心がけましょう。

 

ちなみに、格好良いとか成功する男の定義って分かりますか?

それは『自分が得をする男』です。

この理屈で考えても、『ただ何もせず、優しく聞いてあげるだけの都合のいい男』なんて格好良くないですよね。

なので、愚痴を言う女は利用するべきです。

『さっさと手に入れて終了』『手に入らないならそれで終了』この2択に拘り、無駄な時間を使わないようにしましょう。

彼女が愚痴を言う心理

続いて彼女が彼氏に愚痴を言う心理です。

これも決して良いものではありませんよ。

彼女が愚痴を言うのは『好きなら聞いてくれるはず』という、『彼氏はこうあるべき論』によるものです。

 

先ほども書きましたが、愚痴を聞きたい人間なんていません。

誰でもこのくらいのことは分かります。

にも関わらず『好きなら聞いてくれるはず』という発想を持つのは、自分のことしか考えていないという証拠です。

 

実際にこのタイプの女性と交際をしたことがありますが、とにかく『自分が構ってほしい』『自分が大事にされたい』というだけで、相手のことは一切考えていないタイプでした^^

事実散々愚痴を言ってきて、私も初めのうちは親身に聞いていましたが、そのうち面倒くさくなって適当にしたら、『彼氏ならこういう時、優しく慰めたり笑わせたりしてくれるんじゃないの!』と怒っていました。

 

今なら『じゃない』と冷静に言うんですけどね。

いずれにせよ、交際相手が愚痴ばかりだと最終的には面倒になります。

何より、既に何度もしている女ですし、愚痴ばかり言われるとする気も失せてくるため別れる以外の選択肢が見つからなくなります。

 

従って、彼女が愚痴ばかり言ってくるようならば、私なら『さっさと別れること』を考えます。

所詮は交際相手ですから、面倒くさくなったら切ってしまった方が楽でしょう。

実際にあの当時、別れたら開放感がありましたよ。

自分が苦痛になってまで向き合う必要はないのかなと思います。

大切なパートナーならば

一方で、それが大切な彼女ならば『面倒なら切ってしまえばいい』という感覚にはなかなかなりませんよね。

今は一時的に大変で愚痴ばかりになっているとかこんな状態ならば、『元に戻ってほしい』とも思うでしょう。

そんな時には向き合ってあげたり楽しませてあげるのがいいのかなと思います。

 

何より一杯の人は、『自分が愚痴を言っている』と気づいていない場合が圧倒的に多いです。

頭の中がストレスで一杯になっているため、無意識にそればかりを発してしまうようになっているのです。

そもそも正常の人は愚痴なんて言いませんから。

 

なので、それが大切な彼女ならば『俺が支える』くらいの覚悟を持ってみるのもアリかもしれません。

重要なのは愚痴の原因を突き止めることです。

 

それが分かれば対処もできます。

職場の上司や同僚が酷いのか、お客様に問題を抱えているのか、収入や健康面か、愚痴の原因になるのはたいていこの辺です。

 

なので例えばですが、職場関係だったり収入に不安があるのならば結婚してしまうのも解決策の一つです。

もちろん個々の状況によるためこれは一般論ですが、要するにストレスから離れるのです。

健康面ならば『解決可能かどうか』によって対応が変わります。

 

可能ならば方法を探り、不可能ならば割り切る選択を提案し、その分共に生きるというやり方もあります。

 

何より『君は愚痴ばかり言っている』と本人に気づかせることで落ち着く場合があります。

気付かせる方法としては、

 

突き放す
向き合う

 

どちらもありますが、突き放した場合には亀裂が入る可能性もあります。

 

いずれにせよ、愚痴というのは連鎖するものです。

彼女が愚痴ばかり言うようになったのも『誰かのせい』なので、それが大切なパートナーならば、面倒くさがらずに対応するのもアリかもしれません。

最後に

愚痴を言ってくる女への対処として一般的なのは、『さっさと手を出してしまう』のが正解かと思われます。

はっきり言って、自分が聞いてストレスを溜める必要なんてないですし、ストレスにならなくても、『聞いてあげて何もしない』なんて時間の無駄です。

何より、女が愚痴を言ってくる時点で『この男はどうでもいい』と思っているので、ならばこちらも『この女はどうでもいい』という対応をしないと損失になります。

 

一方で交際相手の場合、大切かどうかで対応が分かれます。

どうでも良かったら続ける価値がないため切るのが正しいですが、将来を考えている相手ならば根気よく向き合ってみましょう。

なお、上述した『大切なパートナーへの対応法』は私の見解に過ぎません。

人それぞれ、何よりカップルによって対応は変わってくるかと思いますし、性格に適した対処が求められるため、彼氏にしか正解は分かりません。

 

いずれにせよ、愚痴を言いたい女に掴まったら面倒ですよね。

そんな時には逆に利用しましょう。

そうやって都合良くできる男こそが格好良いと思うので、『自分磨きの一環』と捉え、積極的になりましょう。

【関連記事】
女に嫌われない第一印象の法則!受け入れられるかの3条件
女が言う寂しいの意味とは?これを言われた時に取りたい行動