外見が綺麗なら何歳年上でもOK?男が年上と付き合う基準

年下の男と付き合いたい女性にとって、『男が年上女と付き合う基準は何だろうか?』というのは永遠のテーマではないでしょうか?

男は自分の年齢が上がるに連れて若い女が好きになりますし、自分が若い時でさえも『より若い女が良い』と考えることが一般的です。

なので本能的には、男が年上女性と付き合うというのはあまりないことなんですが、最近の傾向を見ると実際にはそうでもないですよね。

 

つまりそこから分かるのは、『女性が何歳年上でも、男の交際基準に満たせばOK』という事実です。

そしてその交際基準で大切なのは、まず外見です。

 

例えば10歳年上の女性ならば、『どう見てもおばさんでしかない』という人ならば対象外ですし、そもそもそのおばさんが『自分に好意を持っている』とかそういう思考さえ思い浮かびません。

一方でそれが綺麗なお姉さんだったら、男の方から『お近づきになりたい』と思います。

 

私自身、20歳の頃にバイト先に30歳の女性が二人いましたが、一人は完全なおばさん、もう一人はかなりの美女でした。

その美女とは何なら付き合いたいと思っていたので、最終的に年齢なんて関係がないものです。

 

なので、まずは外見です。

『大人のいい女』『その年齢には見えない』という美貌があると年下男とも付き合える可能性が高まります。

一方で、外見は一次審査のようなもので、その後長く付き合えるかはやはり性格です。

どんな美女でも性格に問題があったら、体の関係を持った後に『この年でこの性格はキツイ』と思われ終わります。

 

反対に、外見も良く性格も年下男にピッタリだったら年の差なんて関係なく結婚もあり得ます。

以下では、そんな求められる性格を書いていきます。

関連記事:食べながらダイエットする方法!減量したくない時の3原則

 

裏方に回れる

男は本能的に若い女が好きと書きましたね。

これは、どんな男でも持っている基本要素だと思って下さい。

そんな中で、『若い女よりもいいな』と思われるためには、『若い女にはない魅力』を提供しなければならないわけです。

 

『若い女にはなくて年上が持つことができる』、色々あるかと思いますが、それでも男が求めるのは『自分が主役になれること』なのです。

 

若い女と付き合った時には基本的にその女性が主役です。

何でも話しを聞き、わがままを許容し、相手の興味に合わせるなど、ある意味『子供』と関わるかのような対応をし、その対価として『若い女を連れて歩ける』とか『体の関係が持てる』といったものを受け取ります。

 

また、『若い女と付き合うなら女が主役』これはほとんどの男が分かっていますし、『それでも付き合える(関係が持てる)のならOKだ』と割り切る男も多いです。

要するに、『それだけ女の若さには価値がある』ということなので、これをも乗り越えて選んでもらうべき状況だということは、十分に理解した方がいいでしょう。

 

その上で、年下男に対しての振舞いは、『全てにおいて男を主役にする』これが大事です。

子ども扱いはNG

『男を主役にする』これが大事と書きましたが、だからといって子ども扱いは禁物です。

実際に私も年上女性と付き合ったことがあるので分かりますが、子ども扱いされると不愉快ですし、何より赤ちゃん言葉とかで話しかけられると単純に気持ち悪いので、それはしない方がいいですよ。

 

これをされると見下されている感じになっちゃうんですよね。

だから交際も終わるんです。

そもそも子ども扱いって、相手を主役にしているのではなく『自分が主役になりたい裏返し』の場合もあるので、根本的に対応を間違っている気がします。

自分が子供にならない

年下男と付き合う際に重要な『裏方に回る』『相手を主役にする』というのは、自分が子供にならないという意味です。

女性はどうしても、『男に頼りたい』『依存したい』『構ってほしい』といった欲がありますよね。

精神年齢が幼いほど彼氏に対しこの欲が露骨になるかと思います。

 

しかし男としては、年上女性にこれらを出されると正直キツいんですよ。

 

男が年上女性を選ぶのは、

 

大人っぽい魅力的な女性だ
その年齢には見えないほど若い
きっと精神も大人なんだろう

 

などの理想の塊からです。

 

要するに、『自分よりも断然大人な人間だろう』と思うからこそ、『若い女を選べ』という本能的な欲求に逆らい年上女性の魅力に嵌るのです。

なので、その魅力的なはずの女性が『私を構って!』『寂しくて眠れない』みたいなタイプだったらドン引きするわけです。

 

一方で、精神年齢ってある時点でほぼ成長が止まりますから、何歳になっても構ってほしいとか寂しさを感じる人もいるかと思います。

それは別に仕方がありません。

ただし、年下男と真剣に付き合い結婚まで考えたいのならば、『そういった負の要素』は見せない方がいいです。

 

『この人は子供だな』と感じたら、その時点で年上女性と一緒にいる理由がなくなります。

同じ『精神が幼い』なら若い女の方が良いと考えるのが男ですから、それが露見してしまったら振られるのは時間の問題です。

 

なので、年下の男と付き合いたいのならばとにかく我慢しましょう。

構ってほしいとか寂しいとか、不安や愚痴など、一般的に男が面倒くさがる要素は一切見せず、『デキた女』になることが絶対条件ですし、そうすれば『若い女にはない魅力』を提供できるため男も居心地が良いです。

 

男が女を選ぶ基準は、

 

1.年齢
2.外見
3.性格

 

とこんな順番になっていますが、最も重要なのは性格です。

性格が『その人の需要』に合っていれば年齢や外見はあまり関係なくなります。

また男が年上女性と付き合う基準は、『精神が大人であること』なので、取りあえずはそこを心がけてみると、永遠のライバルともいえる若い女と差別化が図れるかもしれません。

交際に拘らないのも重要

ちなみに、20歳前後の女性の中には、『付き合う』『結婚』に強烈に拘る人がいますよね。

例えば一線を越えたら、『付き合うのが当然』と考えるようなタイプの人。

こんな女性もいるはずです。

 

女性の立場で言えば『私を好きだから関係を持ったはず』『だから一線を越えたら交際が当たり前』と考えるかもしれません。

しかし男は、必ずしも『する=好き』ではないです。

そのため関係を持ってから、『違ったな』と感じる場合もありますし、それまでは燃え上がっていても急激に冷めてしまうことだってあります。

 

こういう時に『あれだけ好きそうにしてたじゃん!』とか『じゃあなんでしたの!』と迫るのは良くないように思います。

もちろん女性の言い分は分かりますし、『してみた結果違った』という男が悪いんですけどね。

 

しかし、年下男と付き合うことを真剣に考えるのならば、これはみっともない行動になってしまうので、『違った』と言われても、その後連絡がなくても、『まあ仕方ないな』くらいに捉えた方がいいです。

 

これも『精神が大人かどうか』が分かれる重要なポイントで、やはり、『違った』とか関係後に態度が変わったことに対しネチネチしたり攻撃的になる女って、幼く見えますしその時点で魅力がないんですよ。

男としても、感情面が好きになれなかったことは仕方がない訳で、それに対し攻撃されると『こういう女だったのか』と余計にドン引きして嫌いになります。

 

なので体の関係を持っても、自分からは行動しない方が賢いかもしれません。

つまり、

 

相手が告白してきたら応じる
何もなければそれで終了

 

くらいのスタンスでいた方が大人の女としては格好良いです。

 

何より感情的になる人って、自分の中で整理できないからこそ相手にぶつけるわけで、その『整理できない幼さ』がみっともないんですよね。

この状況、経験豊富なモテる女性ならば『彼は好きじゃなかったんだから仕方ないな。一つの想い出として割り切ろう』と考えられるはずです。

 

こんな風に、年下男と付き合いたいのならば一切の妥協なく大人を演じるべきですから、『遊ばれた』とか『許せない』とか、こういう感情を持ってしまったとしても切り捨てた方が得かもしれませんよ。

最後に

男が年上と付き合う基準は、

 

外見が若くて綺麗
精神が大人

 

といった感じです。

 

外見が綺麗な女性はどの世代にも一定数います。

しかし、精神が大人な女性ってなかなか少ないです。

皆『大人っぽく演じている』だけで、深く付き合うと子供そのものの人も多く、そういう女性は年下男にとってはNGになりやすいです。

 

ポイントは『見た目は若いけど精神は大人』というお得感です。

これって若い女にはなくて、『一部の大人女性にだけ』あるものではないですか?

こういう要素に年下男は惹かれるのです。

 

男は年上女性を『大人の女』という見方をすることが多いです。

なので、そのイメージ通りの女になれると、年齢差など関係なく、また結婚に繋がる交際ができるかもしれません。

【関連記事】
年上女性が好きな男性の特徴!これがあったら確実
3割増しでいい女に見える3つの方法!男はこれにクラっとくる