結婚は必要?結婚しなくても孤独にならない方法と考え方

今の時代、結婚したいかどうか以前に『必要か?』という疑問が出てきますよね。

男女どちらも、結婚しなくても特別問題ない時代になりましたし、これから先、増々技術が進歩し生活が便利になりますから、その点でも『一人暮らしの高齢者』になったとしても、孤独や不安さえ感じない時代になるのかもしれません。

 

一方で、そうならない場合もあるため現代人は『結婚して家族を作っておくべきなんじゃないか?』と迷うのではないでしょうか?

つまり現在は、結婚すべきかしなくてもいいのか、よく分からない中途半端な時期という訳です。

 

そんな中でも確実に言えるのは、年を取った時点で後悔したくないということでしょう。

そこで以下では、結婚しなくても孤独にならないための方法と考え方を紹介します。

これからは独身が当たり前の時代かもしれませんが、一方で独身でも『勝者と敗者』に分かれる可能性があります。

勝者になれるよう、楽しい老後設計がしたいですね。

健康第一の生活をする

意外かもしれませんが、孤独にならないためには健康第一の生活が必須です。

というのも体を壊すと『人と関わる意欲』が低下するからです。

特に精神面が崩れると『人なんて誰も信用できない』と塞ぎ込んでしまうとか、自ら関わりを避けることもあります。

また、そうやって避ける生活こそ正解だとこんな思考になる場合もあり、これで結婚もしていないと完全に孤独になってしまうわけです。

 

なので、健康第一の生活って大切です。

具体的には対人関係のストレスを受けないように工夫する、これが重要です。

今受けているのならば、『その人物を避ける』『立ち向かう』などどちらでもいいので対処すべきです。

ストレスを感じながらも我慢し続けると高確率で体を壊すので、それは避けたいところです。

 

ちなみに私は以前会社員でしたが、数年間ストレスに耐え続け完全に体調を崩しました。

なのでそうなる前に『対処を考えること』がとても大切だと言えそうです。

無茶な生活をしない

精神面以外にも、もちろん身体の健康も大切です。

病気になってしまったら大変ですし、やはりこれも内気になる原因です。

一方で病気は、気を付けていても突然なる場合がありますよね。

なのでできる対処としては、『無茶をしない』これが良さそうです。

 

夜更かしをしたり飲み過ぎたり、体に悪い食生活を続けたり、また遊びに関しても『危険に敢えて挑む』とか他人の挑発に乗ってバカをやるとかこういうのは徹底的に排除するべきです。

ここでも、関わる相手ってとても大切です。

 

人によって考え方が違いますから、健康意識の低い人と一緒にいると自分まで巻き込まれ兼ねません。

『健康にばかり気を配り、食べたい物を我慢してどうするんだよ』という考え方の人もいますしそれも間違いではないため、重要なのは『自分の意識が高いのならばそういう人からは離れる』これを心がけるべきです。

 

また遊ぶ相手も重要で、例えばですが、桟橋の上に来たら飛び込もうと言い出すタイプなのか、それともそんなことは言わない人間なのかで自分の人生が決まる場合があります。

このように、『どんな人と関わるか』というのは人生や健康に直結しますし、これは結婚を考える上でも関係してきます。

なので、『苦手だな』と感じたら、強引にでも距離を置くことが、将来的な安泰や孤独を避ける手段といえそうです。

友達の作り方を理解しておく

結婚しなくても孤独にならないために最も重要なことは、やはり『友達や恋人が常にいるか』ですよね。

これさえいれば、結婚しなくても孤独ではないはずです。

 

友達を作るために必要なのは、

 

どんな環境ならば作りやすいか
どんな人とならば友達になりやすいか

 

これを理解しておくことです。

 

大人になった時点で孤独な人の多くは、人間関係に不安を抱えている場合が多いと思います。

それは過去に『誰とどう関わっても上手くいかない』というトラウマがあるからのはず。

しかしこれ、実は思い込みなんです。

というのも、人間関係が苦手な人は共通して、『圧倒的に経験が足りない』のです。

 

つまり『苦手だ』と決めつけるほど人と関わっていない、この場合がほとんどという訳です。

なのでむしろ考え方としては、『今までの環境がたまたま合わなかっただけ』これが正解です。

だからこそ、『友達の作り方への理解』が重要なんです。

自分に適した環境を見つける

友達でも恋人でもそうですが、どんな環境で探すことが自分に合っているか?これを見つけられると楽になります。

この環境探しって、大きくは以下のようになるかと思います。

 

集団が好き又は得意
賑やかが好き
1対1や少数が良い
ネット系が得意

 

などなど。

 

私の場合、1対1やネット系が得意なんですが、理由は会話がしやすいからです。

合コンのように大勢だと話を合わせないといけませんし、フリーパーティーは短時間で口説くようで何だか嫌なんです。

それに、会話が特別上手いわけではないので、二人だけの空間で話せた方が良いですし、さらに最初は文章の方が楽なので、主に出会いは婚活サイトにしています。

 

こんな風に、自分の適性や楽な環境ってあると思います。

それが分かると友達や恋人は作りやすいですし、特別結婚しなくても不安はないように思います。

 

この、自分に適した環境ってとても重要なので、『どんな場所ならばスムーズに進められるか』について自己分析してみると、今後に役立つかもしれません。

友達のタイプも重要

先ほども少し触れましたが、自分の性格に合う友達のタイプを理解しておくのも重要です。

自分は健康意識が高いのに相手は無頓着だったら合いませんからね。

これは恋愛のパートナーでも同じです。

 

それに、性格や目指すものが合う人と友達になれた場合、そのうちの誰かが結婚しても関係なく、一生友人関係でいられるのではと思うわけです。

例えば、『ビジネスで成功する』という共通の目標があり、ライバルのように咤激励しながら友人関係を続けてきたら、独身既婚に関係なくずっと友情は続くでしょう。

 

また恋愛のパートナー選びも重要です。

というのも、恋愛が原因で精神面を崩す場合もあるため、そのリスクがある相手は徹底的に避けるべきです。

なので相手を選ぶ際には、条件だけでなく居心地も見た方がいいのかもしれません。

結婚しないのならば生活は自分でしていくわけですし、相手に求めるものも一般的な条件だと失敗する可能性があります。

 

『恋愛で自分が何を求め何を埋めたいのか?』これを深く考えてみることで、答えが出るかもしれません。

目標を持つ

目標がある人って、意外と一人でも生きられるものです。

というのも『これを成し遂げたい』という目標があるからこそ、結婚という制限された生活を嫌うのです。

人間関係も大切ですが、最終的には『自分がどんな思考でいられるか』で全てが決まるので、その点で目標がある人生にできる人は強いかもしれませんね。

 

目標というととてもハードルが高いことのように思う人もいるかもしれませんが、実際にはそうでもないです。

『毎日歩く』これも目標ですし、『朝4時に起きる』こんなのもそうです。

『その程度じゃ結婚しないで良い理由にはならない』と思うかもしれませんが、実はそうでもないです。

 

例えば『朝は4時に起きてウォーキング。帰宅後は1時間読書。仕事から帰ったら体を鍛え、毎日料理をする』こんなプランを作った場合どうでしょうか?

一人の方がやりやすいと思いませんか?

このように、日常を正すのが目標とも言えます。

 

生活のペースができてしまうとそれを崩したくないのが人間です。

そうなれば、結婚しなくても孤独なんてないかもしれません。

最後に

結婚しなくても楽しめる方法を考えてみるとこの先役に立つかもしれません。

これからは、どんな時代になるか分かりませんし、自分自身がどう変わるかも読めませんからね。

確実に言えるのは、一人でも何不自由なく楽しめる時代がやってくることです。

問題は、その時代に適応でき勝者になれるか。

その準備を今からしておくと良いのかもしれません。

【関連記事】
3割増しでいい女に見える3つの方法!男はこれにクラっとくる
食べながらダイエットする方法!減量したくない時の3原則