スボラ女子への男の本音!セーフとアウトの境界線はここ

『スボラな生活からは抜け出せない、でも彼氏は欲しい』こんなジレンマに苦しんでいませんか?

『彼氏は欲しいけど、今の生活スタイルははっきり言って楽だ』『スボラな私を受け入れてくれる男がいい』こんな風に思いますよね。

街のカップルはキラキラした男女ばかりですから、そういうのを見ると現実に気づき落ち込んでしまったり、スボラが日常化すると『期待と撃沈の繰り返し』なのではないでしょうか?

 

確かに、街のカップルはキラキラさんばかりです。

しかしそれは『街仕様』のスタイルに過ぎないかもしれません。

つまり、キラキラカップルも普段はスボラだったり、自宅デートはスボラそのものの可能性もあります。

要するに『私はスボラ女子だから可能性はない』と諦めるのは早い訳です。

 

以下では、ズボラ女子に対する男性の本音と、セーフとアウトの境界線などを書いていきます。

スボラな性格でもポイントさえ守れていれば問題ないです。

『彼氏が欲しい』という希望を叶えましょう。

スボラ女子に対する男の本音

まず、スボラ女子に対する男性の本音ですが、はっきり言うと『ズボラ女子』という単語に対し男は良いイメージを持っていません。

『やっぱりダメなんじゃん』とガッカリしないで欲しいのですが、男のイメージとしては『スボラ女子』というのは、

 

こたつやソファから動かない
常にジャージ
お菓子やゴミが部屋中に散乱
片付けや家事ができない

 

といった感じなのです。

 

なので、この状態の人を『好印象です』『気にしません』とはどうしてもならないわけです。

 

特に男は『女は美しい存在』と勝手に思っていますし、ズボラ女子さんも職場や人間関係の中ではしっかりしている場合がほとんどですよね?

そのため、『スイッチオフになると激変する』という想像がつかないのです。

つまり、『ギャップが激し過ぎてマイナスイメージになってしまう』という訳です。

 

さらにズボラ女子って、普段はしっかり者とか比較的綺麗な人の場合もありますから、こうなると男は降参状態です。

『まさかこの女性が…!』という衝撃に撃沈してしまうのです。

 

なので、ズボラ女子に対する男の本音としては『どう考えても良くはない』が答えです。

一方で、『じゃあ恋愛の対象外か?』というとそうでもないです。

セーフとアウトの境界線

ズボラ女子にもセーフとアウトがあります。

つまり『こういう感じだと多くの男は無理だと感じてしまう』というアウトの面と、『ズボラでもこれなら全然いいんじゃない』というセーフの部分です。

なので、あなたがズボラな性格だとしても、ポイントを押さえておけば今を崩さず彼氏も作れるという訳です。

こんな人は全然セーフ

まずは、ズボラ女子でもセーフの人からです。

結論から言うと『メリハリがある』こんな人はセーフです。

つまり、普段はどんなにズボラでも、『やる時はやる』ができる性格ならば全く問題ないです。

 

例えば、『部屋の掃除なんてしたくない』と1年間やらなくても、『さすがにやらないとヤバい』と感じた時にはしっかり行動できる、こんな性格ならばズボラでもOKです。

同様に、普段はこたつから動かなくてもデートの時には動けたり、『ヤバい、ちょっと太り過ぎた』と感じたらダイエットができたり、このように、『最終的にはしっかり行動できる』これならば全く問題ないですよ。

 

実際私は、過去にややズボラな女性と交際をした経験があります。

その女性とはほとんどが自宅デートで、やはりこたつやソファから動かず、ずっと定位置に座ってテレビを見たりゲームをしたりするわけですが、それでも必要な時にはちゃんと動きますし、何より体型はしっかりキープしていました。

今思えば『あんなに動いてないのによくあのプロポーションを維持していたな』と感心するほどです。

関連記事:食べながらダイエットする方法!減量したくない時の3原則

 

あの彼女に関しても、例えば『ファミレス行こうよ』と提案し、『面倒くさい』とか『何か買ってきて』と言われるようだったら続かなかったと思います。

さらに、自宅デートはいつも彼女の家でしたが、部屋は常に綺麗でした。

これに関しても、ごみ屋敷だったら交際そのものをしていなかったと思うので、この辺も大切です。

 

こんな風に、『人と関わる上での最低限のことができているか』という部分は重要なのかなと思います。

普段はズボラでも全然いいですが、『必要な時には頑張ることもできる』こんな性格ならば、ある程度ズボラでも受け入れてもらえるはずです。

 

なので彼氏が欲しい場合には、『メリハリがあるズボラ』を目指しましょう。

この状態だとアウト

続いては、どうしてもアウトになってしまうズボラ女子です。

これは一言で表すと、融通が利かないタイプです。

やはり、メリハリがあって『やる時はやる』になれる人ならばズボラでもOKなので、その反対の『融通が利かず、何もかも今のままがいい』というタイプだと受け入れてくれる男性は少ない可能性があります。

 

例えばゴミ部屋状態になっていたら、自分はそこで生活できても他人にとっては厳しいわけです。

あなたも、『自分ならいいけど他人のは無理』というのがありませんか?

食べ残しなんかが良い例かもしれません。

自分の食べ残しならば『後で食べよう』と思いますが、他人の食べ残しを『後で食べよう』とはなかなか思えず、『いらない』『無理』と感じるのでは?

 

こんな風に、ズボラでも『自分の環境を一切変える気がない』という女性だと、さすがに男も厳しいです。

 

さらにズボラ女子の中にはぽっちゃりさんも多いかもしれませんが、ぽっちゃりしていることそのものは全然問題ないです。

むしろ、ぽっちゃりでもモテるタイプの人も多いので体型は気にする必要ないと思います。

ただし、『生活に対する考え方』ってとても重要です。

 

ぽっちゃりしている場合、『だらしない人』と思われてしまう場合もどうしても多いので、その印象を与えてしまうと体型もマイナス要素になってしまいます。

例えば好きな人が自宅に来た時に、あなたがまず横になったら『ああ、やっぱりこういう人なんだ』と思うわけです。

さらに、横になりながらお菓子をつまみ出したら『ちょっと嫌だな』と感じるかもしれません。

 

一方でぽっちゃりでも、ちゃんとした生活スタイルならばそんな印象を与えることはないですよ。

横になったりせず、また口寂しいからと何かを放り込んだりもしないのなら悪い印象は持たれません。

このように、普段はズボラでも人前では意識できることってあると思うんです。

アウトになるかセーフになるかの境界線は、『それを自覚して行動できるか』にあります。

 

なのでアウトになってしまわないためには、普段はどんなにズボラでもいいので、人と関わる時にはしっかり者を演じられると良さそうです。

最後に

スボラな人って男女どちらでも多いと思います。

なのでそこまで気にする必要はないはずです。

問題になるのは『人と深く関わる時にどこまで変われるか?』ですよね。

現在あなたがズボラ女子ならば、『このままを受け入れてくれる彼氏希望』と思うはずです。

 

一方で、恋心って全てを変えるものだと思いませんか?

そのため今はズボラでも、好きな人ができたその瞬間から『今の自分恥ずかしい』と思うかもしれません。

もしかしたら、そうやってズボラな女を少しずつ卒業していくのが理想とも言えます。

 

なので今は、『ズボラだから恋愛なんてできない』『相手にされない』『今の私を受け入れて』と考えるよりも、好きな人を作る方が優先かもしれません。

いつの日か、現在の自由な生活を懐かしめるように、今思いっきり頑張ってみるのも楽しいかもしれませんね。

【関連記事】
3割増しでいい女に見える3つの方法!男はこれにクラっとくる
できるだけ楽して痩せる方法!ボディビル目指してた私が解説!