金がなくても奢った方がいい?初デートでの女性心理

デートをする場合、『女性に奢るべきかどうか』で迷ったりしませんか?

特に金がない場合、それが初デートでも『奢るのは正直キツイ』と感じる時もありますよね。

 

現在は、『奢りなんて一切しない』という男性も多いですが、その一方で『俺は奢る』という男もいますから、印象としては奢った方がいいわけで悩んだりもしますよね。

とはいえ金がないと何かと厳しいはずですし、『奢りたくない』が本音のはずです。

以下では、そんな時に知っておきたい女性心理やデートの心構えを書いていきます。

初デートこそ奢ってほしい

一般的に女性は、初デートこそ奢ってほしいと思っています。

理由は『奢りじゃないと気持ちが伝わらないから』です。

もちろん、近年は奢らないことが一般化してきていますからこの常識も崩れ始めてきていますが、それでも女としては『初デートで奢らないなんて何を考えているのか分からない』『何で誘ったの?』という感覚になるようです。

 

なので例えば、『金がないから奢れない』『割り勘で宜しく』とかこんな風に理由を伝えても、『金がないなら何で私をデートに誘ったの?』と言われてしまう可能性もあります。

こうして考えていくと『金がない状態で女を誘う』ということそのものが馬鹿げた行為のように思えてしまいますが、これは立場を変えてみると分からなくもないはずです。

 

というのも、我々男も『やれないと分かっていたらデートしない』ですよね。

そんな女には時間も金も割く必要がないため、『この女にはその気がない』と初めから分かっていたらデートなんてしないですし奢りもないはずです。

 

女もこれは同じで、『奢りじゃない=金がない=未来がない』と捉えるわけです。

つまり、『未来がない男と関わっても時間の無駄』と考えるからこそ奢りじゃないと露骨に態度を変えるわけです。

なので、女性を落としたい時にはどんなに金がなくても基本的には奢った方が良さそうです。

特に初デートは、男の懐事情を見られている時でもありますから、そこで格好良く『ポン』と出せると印象が良いかもしれません。

割り勘OKの女もいる

一方で世の中には、『お金なんて気にしないよ』という性格が良い女性もたくさんいます。

そのため、初デートが奢りじゃなくても全然OKになる場合もあるのです。

女性は『愛よりも金』『金がない愛なんて存在しない』という絶対金派と、『気持ちが大切』『愛情があれば何でも乗り越えられる』という感情型に分かれるので、後者ならばOKになる可能性は高いです。

 

このタイプの女の特徴は、『自分が高収入』『愛情に飢えている』『育ちが良い』などです。

 

自分が高収入の場合、『私が稼ぐから彼氏には癒しを求める』とか『家事をしてほしい』というタイプもいるため、そういう人は男に金で格好つけることなんて求めません。

それよりも性格を重視しますし、何より家事をやってほしい場合、『男は奢ってこそナンボ』みたいなプライドの高いタイプでは合わないため、それは避ける傾向があります。

 

続いて愛情に飢えている女とは、寂しがりとか構ってほしいタイプです。

このような女も、実は奢りに拘らず、それよりも『話を聞いてくれる人かどうか』という感情的な部分を重視する傾向にあります。

構ってタイプの女はよく喋る傾向がありますから、それを根気よく聞いてあげればそのデートは割り勘でもOKになるはずです。

 

また、育ちが良い女性はそもそも性格が良いので、『男に奢らせる』という考えを持っていないことも多く、『自分の分は自分で出すのが当たり前』と考える場合も多いです。

 

こんな風に、女性のタイプや性格によっては初デートでも割り勘OKになりますので、金がない時には関わる相手を選んでみると楽かもしれませんね。

金がない時の恋愛は相手選びに力を入れよう

男の場合、金がない時って『恋愛はしたい』『でも奢る金はない』というジレンマに苦しむと思います。

なのでこんな時には『好きになる女を見極める』これが大切のように思います。

どんな状況でも、金がかかる女と関わってしまうと大変ですからそれは避けたいですし、一方で、性格が良い女性を見つけられれば天国かもしれません。

 

見つけ方のポイントは『しっかり分析すること』です。

例えば、『イケそう』という感触を掴んだからと積極的になると色々見落としてしまいますが、『イケそうだ』と感じても、『この女は金がかかりそう』とか『付き合ったら大変そう』という部分まで冷静に分析すれば自分にブレーキを掛けられますよね。

こんな風に、女を見極めることができると性格が良い女性に辿り着くかもしれません。

 

私は以前『イケそう』と感じたら性格なんて見ないで積極的になっていましたし、自分に好意を示した女がいたら来る者拒まずで応じていました。

これはこれでアリなんですが、デメリットは『性格が悪い女性にも当たる』ということです。

実際に、金がかかるとか性格がきついとかこういうタイプもいたので今はしっかり見極めるようにしています。

 

なので、特に金がない時には、相手をしっかり選んで楽しい恋愛をしましょう。

金がないなら交際パターンを変えるのもアリ

交際費というのは負担が大きいものですよね。

特に恋愛となると、男性の負担額はどうしても大きくなるように思います。

私も金がない時期があったので色々考えたり工夫したのですが、結局最もかかるのは『真剣交際』です。

真剣に彼女を作ろうとするとどうしても金がかかるので、金がない時には割り切った形に切り替えるのもアリかもしれませんよ。

 

もちろん、『彼女を作りたい!』というのならば全く別ですが、女性と関わることが主な目的ならば真剣交際に拘る必要はないはずなので、そんな時には負担が少ない方法を選んだ方が良いかもしれません。

交際ではなく友達として関わる

金がない時には、すぐに恋愛を意識せずに『取りあえず友達として関わっておく』というスタイルが良いように思います。

友達ならば奢らなくていいですし、その一方で『成り行きで男女の関係になる』『女性から誘われる』といったような楽しい状況もありますからね。

 

それに、『敢えて恋愛しない男』というのも実は魅力的だったりしますよ。

女は何かと、誘われたり下心を出されたりしていますので、そういう中で『一切それを見せない男』を演じられたら『硬派』とか『ミステリアス』な雰囲気となり女性の方から好きになってくれる場合もあります。

なので、金がない時には無理に恋愛をせず、交流を深める程度にしておくのも一つの方法といえそうです。

最後に

『金がない』って男にとっては厳しい状況ですが、そういう中でも女性とは関わりたいですよね。

一方で女によっては『金がないなら誘うな』と本気で考える人もいますし、強引にデートが成立しても、結局そのタイプの女だったら奢らない限り何も起こらないので厳しいかもしれません。

 

ただし、男女関係は最終的には相性です。

なので、どうしても好きな女性がいるのならば突き進んだ方がいいかもしれませんし、奢るかどうかに関しても正直になった方が良さそうです。

何よりも、初めに無理をすると続きませんから、それが真剣ならば、自分を誤魔化さないことが大切と言えそうです。

【関連記事】
財布代わりの男にならないための注意点!デートをする時の心構えとは
女に嫌われない第一印象の法則!受け入れられるかの3条件