『考えさせて』と伝える女の心理!OKがもらえる可能性は何%?

告白をしたら『考えさせて』と言われた、こうなると、『考えさせて?どっち?』と分からなくなりませんか?

女自身、『気持ちがはっきりしないから考えたいのだろう』とここまでは分かるでしょうが、それでも、『OK寄りなのか、NO寄りなのか』というのは分かり辛いですよね。

 

私は過去に『考えさせて』からスタートした交際で痛い目に遭ったことがあります^^

その時は、強引に押して交際にこぎつけたんですが、結局これを言う女は難しいなというのが正直な感想です。

 

そんな経験から、以下では、考えさせてと言う女の心理やOKがもらえる可能性などについて書いていきます。

どちらかと言えばNO寄り

この考えさせて、まず言えるのは『どちらかと言えばNO寄りである』ということです。

というのも、告白をする段階ではそれなりに親しいわけですから、そこで『考えさせて』と言われてしまったらそこまで印象は良くないかもしれないわけです。

 

女性も好きだったらその場でOKしますよね。

なので、基本的にはNO寄りだと思った方がいいでしょう。

 

一方で、『事情があって考える時間が欲しい』この場合もあります。

例えば、『いろいろ忙しい』とか『壊れかけている彼との関係をどうするか』などのように、告白は嬉しいけどすぐには気持ちの整理がつかないから考えたい、こんな場合もあります。

この場合、どちらかと言えばOK寄りと言えるでしょう。

 

ただし、事情があって考えさせてと伝える場合、女性も誤解されたくないはずです。

つまり『何で考えたいか?』という理由を説明するはずです。

考えさせてと言われた場合の見極めポイントはここで、単純に一言だけ『考えさせて』と言われたのか、それとも『こういうことがあるから考える時間が欲しい』だったのかで全く状況が違います。

 

状況を説明してくれたのならばこちらとしても、『分かった。答えが出たら連絡して』と言えますよね。

一方で、何も言わずに『考えさせて』だった場合、『何で?』『どっちなの?』といったように疑問が多いはずです。

 

ちなみに、私が過去に付き合った『考えさせて女』はこのタイプ、告白をしたら一言考えさせてとだけ言ってきました。

上述したように強引に押して交際しましたが、常に上からな感じの女だったので、告白後に考えさせてとだけ言われた場合、追いかけない方がいいかもしれません。

言われた時の対応

ちなみに、『考えさせて』とだけ言われた場合のベストな対応は、

 

期限を設ける
追いかけない

 

などです。

 

まず、『考えさせて』と言われたら、『いつ返事くれる?』とはっきり確認しましょう。

『分からない』とか『ゆっくり考えたい』と言われても、『こっちも待てないから3日以内に頼む』といったように、ある程度強気に出た方がいいように思います。

 

というのも、女によってはこの状況を楽しんでいる人もいるんです。

要するに、『告白された』『返事を待たせている』という自分が優越な状態に気分を良くし、さらに、そうやって焦らせたり不安を煽って追いかけさせたい女も多いです。

 

女はそもそも、恋愛をする時には男に追いかけられたいと思っていますから、告白の返事を待たせているというのは最高の関係性なのです。

ですから、『自分が告白した』という立場でもへりくだる必要はなく、むしろ対等だと思った方がいいです。

 

そもそも告白は『お願いではなく交渉』です。

なので、仮にも『3日以内』と指定した期間内に返事がなかったらちゃんと連絡をして、『3日以内に返事聞かせてって言ったんだけど』と強く出た方がいいですよ。

 

『そんなことをしたらお終いだろ』と思うかもしれませんが、そもそも、返事がない時点で100%交際に発展することはないです。

この時点で単純に『追いかけさせたい』という遊びに付き合わされているだけになりますので、考えさせてと言われた時には毅然とした対応を心がけた方が自分のためです。

断り文句でもある

ちなみにこの考えさせては、断り文句でもあります。

 

例えば男でも、一夜だけの関係を持った女から『付き合いたい』と連絡があったら、『考えさせて』と逃げる場合もありますよね。

これは、『このように伝えておいてその後は連絡をしない』『女に何となく気づかせる』という手法です。

女としても、『考えさせてと言っていたけど連絡がないから、無理ってことだろう』と諦めるわけです。

 

女も『はっきり断るのは何だか苦手』と思っている場合には、『考えさせて』と濁したりします。

特に女性は『嫌いな男にも嫌われたくない』と思っている場合が多いので、告白に対しても、はっきり『無理』と言わない場合が多いのです。

 

例えばデートに誘っても『皆とならいいよ』とか言う女っていますよね。

これも要するに、『無理』ってことです。

でもはっきり無理と言って自分が嫌われたくないから『皆と』という逃げの言葉を使うんです。

それに断った場合、その後険悪になるのも嫌なんでしょう。

 

なので告白に対する考えさせても、『本当は無理』の可能性が高いです。

 

このように、女は心理的にも無理と言えないので、『考えさせて=NO』という図式が成り立ってしまう場合が多いです。

ですから、基本的には言われたら『無理のようだ』と思った方がいいかもしれません。

強引に押すならどうするべき?

『考えさせて=NO』だとしても、『そのまま諦めるなんて無理だ!』と思いますよね。

実際に私も、考えさせてと言われても1日たりとも待てませんでしたし、結局は強引に押して交際をしたので、ここではその時の体験談を紹介します。

ただし、冒頭でも書きましたが交際は自分が追いかけるばかりの酷いものでした。

なので、それを覚悟の上で取り入れてみて下さい。

100%拒絶ではない

最初に知ってほしいのが、『考えさせて』と言われる時点で100%拒絶ではないという事実です。

というのも、さすがに女も『生理的に無理』と思っている男に告白されたら『無理…』という言葉がこぼれるのです。

そういう男には嫌われていいですし、何より勘違いされたくないのが最大の自己防衛になりますから、その後険悪になるとか以前に『その後関わらない方法』を最優先にします。

 

なので、『考えさせて』という曖昧な表現を使った時点で、『交際は何とも言えないけど、今の関係は続けたい』と思っている可能性が高いです。

つまり、『NOに近いけど玉砕ではない』ので、取りあえず落ち込まないで下さい。

押しまくるとは

私がやった押しまくるとは、質問攻めですね。

考えさせてと言われた時点で、

 

考えさせてってなんで?
どこに問題があるの?
取りあえず付き合ってみようよ

 

といったように、とにかく質問をしたり押しまくりました。

 

ちょうど二人で飲んだ帰りで、その女性を家まで送る途中に告白したんですが、駅から家までは徒歩で10分ほど、着いた頃には強引に交際を承諾させていました^^

 

ちなみに、途中で『イケる』と感じたので手を繋いだりもしました。

その時は振りほどかれましたが、間隔をあけて繋いだら今度は受け入れられたように記憶しています。

要するに、女側も『考えさせて』の時点で特別嫌いではないわけで、さらにそこから質問攻めにされたり取りあえず付き合おうとか言われると、『別にいいかな』と思ったりもする訳です。

ダメな理由を言わせる

ポイントは、告白を保留にした理由をはっきり言わせることです。

『何でダメなの?』とか言うことによって、『ここがこうだから』と言われたら『そんなのどうにでもなるよ』とか言えますし、聞いてみたらダメな部分を言えない女もいるはずです。

実際にこの彼女は、考えさせてと言った割には『なぜ無理なのか?』についてははっきり言えませんでした。

 

要するに、自分の中で答えが出ていないだけだったので、そういう時には強引に押してしまった方が良かったりもします。

 

もちろん、押せば何でも上手くいく訳ではないですが、押すことによって手に入るものもあります。

なので、『気持ちがはっきりしないんだな』と感じた時には、強引に責め立てるのも良いかもしれません。

最後に

考えさせてと伝える女性心理について色々な角度から書いてきました。

ちなみにこれを言われた場合、OKをもらえる可能性は50%、放置したらNOに近づき、押したらOKに近づく感じでしょう。

 

女は特に、諦めずに追いかけてくる男に弱いので、それをやってみるのもアリです。

ただし何度も書いていますが、交際してから楽しいかどうかはまた別なので、その点でもしっかり『考えた』方がいいのかもしれませんね。

【関連記事】
女に嫌われない第一印象の法則!受け入れられるかの3条件