一目惚れした男性へのアプローチ方法!高確率で成功するきっかけ作り!

『この人格好良い!』『タイプ』と一目惚れする時があっても、どうやってアプローチすればいいのか分からず結局そのまま終わってしまうことってありませんか?

100%好みの男性を見つけたのに何もできずにもう一生会えないとか、日々顔を合わす関係だけどきっかけを作れないなんてなんとももどかしいですよね。

 

一目惚れした男性へのアプローチ方法は存在します。

しかも、男性から話しかけてもらう方法です。

 

さらに、『バスや電車』『職場や学校』『いつも通う店』などどんな状況でも使える方法です。

一目惚れした場合に肝心なのは、男の『異性と出会いたい』という本能を煽ることです。

以下ではその方法を紹介します。

是非日常に取り入れて、幸せな毎日を送ってください。

一目惚れアプローチ方法の基本

一目惚れした時のアプローチ方法には基本があり、それは以下の通りです。

 

1.意識・認識させる
2.きっかけを与える
3.会話をする
4.男性の善意は気にしなくてOK

 

このように、一連の流れを作ることによって『単なる一目惚れ』だったはずのものが、気が付けば親しい間柄に発展しています。

しかも、男は基本的に女性と接点を持ちたいと思っています。

なので、上記のアプローチ方法は『男性にとってもチャンス』なのです。

ですから、一目惚れした時には計画的にアプローチしてみましょう。

意識・認識させる

アプローチ方法の一つ目は、意識・認識させることです。

例えば、『毎日乗る電車やバスに一目惚れした男性がいる』という状況や、『他部署の○○さんに一目惚れした』という場合、あなたは彼を知っていても、彼はあなたを知らない可能性がありますよね。

なので、『彼にもあなた知ってもらう』これをするのが最初のアプローチ方法です。

 

最も簡単なのは『彼の近くに行く』これです。

乗り物ならば、『常に彼の近く』をキープしていれば、相手も『この人いつも同じバスだな』とか気づくはずです。

あなたも、特別一目惚れ男性とかじゃなくても、同じ時間帯の人って何となく覚えたりしませんか?

こんな風に、親近感を使って意識してもらう方法です。

 

特に、男は女性の存在に敏感であり過剰ですから、『この人いつも自分の側にいるな』くらいは大体考えます。

自意識過剰だったり勘が鋭い人ならば『もしかしたら俺のこと好きなのかも』と期待する場合もあります。

ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、一目惚れによるアプローチ方法はこのくらい『存在をはっきり認識してもらう必要』がありますので、ある程度露骨にやりましょう。

 

他にも、視線を送るのも有効です。

たまに目が合うような関係にしておくと相手も意識しますから、これも次のステップに進みやすくなります。

会釈をするのもアリ

ちなみに、職場やスポーツジムといった組織の場合、会釈をすると意識させやすいです。

『会釈→声に出しての挨拶』とレベルを上げていってもいいですし、これをするとほぼ知り合い程度の心理にはなりますので、一目惚れした場合には積極的に会釈をしてみましょう。

きっかけを与える

一目惚れ男性を十分に意識させ、『相手もこちらを認識している』と感じたら、続いてはきっかけ作りです。

一目惚れによるアプローチの中で、最も重要なのはこの部分です。

どんなに意識し合った関係でもきっかけがないとまず会話には至りませんので、必ずきっかけを作りましょう。

 

それから、男は話しかけるきっかけを待っている場合が多いです。

なので自信を持ってください。

 

ちなみに方法は『彼の前でハンカチを落とす』といった古い方法で全然いいです。

要するに、男に話しかけるきっかけを与えてやればいいのです。

『あざとい』と思うかもしれませんが、男は、前を歩く女性が物を落としても『自分に拾わせるためだな』なんて微塵も思いません。

 

これを思うのは相当の自信家か、あるいは交際関係にある男女だけです。

普通は、『落としたから拾ってあげよう』という心理が働きますし、さらに前を歩くのは『いつも同じ電車の人』『何となく知っている人』『同僚』だったりする訳ですから、拾わない方が気まずいですよね。

 

あなただって、職場の同僚や何となく知っている人が目の前で落とし物をしたら、素通りできますか?

さらに男は、『女に話しかけるきっかけが欲しい』と常に思っていますから、これはあなたにとっても、さらに彼にとっても、『またとないチャンス』なのです。

なので、あざといなんて思わずに落としてみましょう。

 

もちろん、拾ってもらえない場合もありますから高価な物は避けた方がいいですが、いずれにせよ一目惚れした時には、こんなきっかけ作りで全てが決まります。

会話をする

予定通り一目惚れ男性に拾ってもらえたら、簡単な会話をしましょう。

ただし、通勤ラッシュのように忙しい時間帯ならばお礼程度で済ませた方が無難です。

 

一目惚れアプローチの基本は『迷惑な存在にならないこと』です。

なので、『忙しいのに話しかけてくる女』と思われたら作戦失敗になってしまうので、この辺はしっかり見極めましょう。

 

従って朝拾ってもらったのならば、後日会った時に『先日はありがとうございました』と会話を始めればOKです。

こうすれば男性も、『いえいえ、いつも同じ電車ですね』とか『お仕事ですか?』といったように話してくれるでしょう。

 

一方で、帰り道に拾ってもらった場合には『お礼+簡単な会話』をした方がいいです。

特に、方角が一緒ならばそのままある程度話せた方がいいので、『ありがとうございます。いつも同じバスですよね』とか気さくな感じで話し出すと、相手も乗ってくれるかもしれません。

 

会話のポイントは、『その1回で終わりにしないこと』です。

『次会った時にはもう知らない人』ではせっかくのアプローチが台無しになりますので、拾ってもらった以降も、『おはようございます』と話しかけるか、あるいは目を合わせて会釈をして近づいていくとか何か行動した方がいいです。

 

この場合、男も高確率で『この出会いを無駄にしたくない』と思っています。

もちろん既婚者ならば状況が違いますが、独身ならば彼にとっても良いきっかけです。

積極的な男性ならば自分から話しかけてくれるかもしれませんが、男から近寄ると『あれをきっかけにしたナンパ』っぽくなるため通常は渋ります。

 

なので、あなたの方から『話したい』『親しくなりたい』というアピールはした方がいいです。

2回目の会話が成立すれば、一目惚れ男性との距離はかなり近寄ります。

ですから、お礼だけで済まさないように心がけましょう。

男性の善意は気にしなくてOK

ちなみに、『拾ってくれたのは男性の善意で、私には好意がないようだ』と感じても、それは全く気にしなくていいです。

というのもこの時点ではまだまだ始まったばかりですから、『脈アリナシ』を判断するのは早すぎます。

 

あなたは一目惚れしているため気持ちが高ぶっているかもしれませんが、実際のところ、あなたも好きになるかは分からない相手です。

なので、取りあえずは友達としてでも親しくなることを目標に、関係性を確立させてみましょう。

一目惚れアプローチ方法まとめ

一目惚れアプローチ方法をまとめると、

『意識させる』『話しかけるきっかけを与える』『会話ができたらその1回で終わりにしない』とこんな感じです。

ちなみに目標は『取りあえず友達になる』にしておくと心理的に楽なはずです。

 

友達感覚ならば連絡先も聞きやすいのではないでしょうか?

一目惚れしていると、『絶対に付き合いたい』と思うかもしれませんが、それだと気持ちが焦り過ぎてダメになってしまうこともあります。

なので、友達になるくらいを目標にして、じっくり進めてみましょう。

一目惚れが上手くいかない心理

『一目惚れを成就させるのは難しい』とよく言われますよね。

実際に、どうやってアプローチすればいいのか方法が思い浮かばない人も多いはずです。

しかし、いかなる状況での一目惚れも、お互いに意識してさえいれば『あとはきっかけがあるかどうか』に過ぎません。

 

要するに、『普通の恋愛』と変わらないのです。

例えば合コンだって、『タイプだ』『いいな』と思っていても、『連絡先を聞かれた』というきっかけがなかったらそれで終わりますよね。

 

一目惚れが上手くいかないのはこの部分で『きっかけがない』と思い込んでいるのが原因です。

そして、『アプローチ方法が難しい』と勘違いしているのも問題です。

 

実際にはそこまで難問ではないですから、一目惚れした時にはとにかくしっかり意識させて、十分に認識したと確信が持てた時点でアプローチしてみましょう。

これさえ心がければ、それほどハードルが高い恋愛ではなくなります。

これは避けよう、NG行動

一目惚れした時には絶対にやってはならないNG行動があります。

これをすると、何をやっても成功しないので注意しましょう。

それが『不審人物になってしまうこと』です。

 

例えば、『話しかけてほしいからとジロジロ見る』『タイプだからジーっと見続ける』これは、はっきり言って怖いです。

男は、女性ほど異性に見られることへの恐怖心や不快感はないですが、それでも、知らない女にジッと見られたら怖さを感じたります。

 

それに男性の場合、『この子は自分に気があるから見てる』とか『一目惚れしたな』とかはあまり思いません。

きっと、女性ほど異性から見られる機会は少ないはずです。

つまり『見られる』ということに慣れていないのです。

 

そのため、『何?』と困惑したり危険人物扱いすることの方が多くなってしまうので、視線を送るにしても『たまに目が合う』程度にした方が無難です。

 

ヤバい女だと思われたらハンカチを落としても素通りされてしまうので、この辺は、十分に注意したいところです。

一目惚れのアプローチはきっかけ作りが全て

一目惚れした男性へのアプローチ方法について書いてきましたが、最も大切なのはやはりきっかけ作りです。

というのも、世の中意識し合っている男女で溢れていると思います。

しかし、『そこから何らかのきっかけがあって発展した男女』は本当に少ないはずです。

なので、せっかく一目惚れしたのならば意識するだけで終わりにしない方がいいでしょう。

 

何度も書いたように、『男もきっかけが欲しい』ので、あなたは話しかけるチャンスを与えてあげると良いと思います。

気になっている女性がハンカチなどを落としたら確実に拾いますし、そうじゃなくても、たいていの場合『女性が物を落としたら善意で拾う』のが男ですから、この習性を利用して、単なる一目惚れから恋愛に発展させましょう。

最後に

ちなみに私は、スポーツジムで会釈から親しくなった女性が何人もいますよ。

全てが一目惚れとかではなく単純なトレーニング仲間といった感じですが、それでも最初は『すれ違い様に軽く会釈する』から始めました。

 

ジムの場合、ほとんどが顔見知りですからね。

会釈なんてほぼするのが当たり前です。

 

こんな風に、ちょっとしたきっかけがあると『顔見知りから知人・友人・恋人』へと発展していくものです。

なので、一目惚れした時には是非、積極的なアプローチを心がけてみて下さい。

【関連記事】
男の一目惚れはやりたいだけ?一目惚れされたらどうする?男性心理とは