経営者と結婚できる女の特徴!見染められるのはどんな人?選ばれる女の共通点

将来有望だったり既に成功している経営者と結婚したいと思いませんか?

時代的には『安定性のある会社員』が選ばれるかもしれませんが、それでも、安定性がある経営者ならばそちらの方が良いと思う女性も多いですよね。

 

経営者はどんな女性を奥さんに選ぶのか?

私は縁あって、知人に大企業の社長がいたり、知り合いにも経営者がいます。

そのため、会社を経営したりビジネスで成功を目指す人がどんな女性を選ぶのかが分かります。

従って以下では、経営者と結婚できる女性の特徴について書いていきます。

自分磨きが好き

性格的には、自分磨きが好きな女性が圧倒的に選ばれているようです。

自分磨きというと、『エステやジムに行く』『知識や教養を深める』といったように意識が高く努力する印象が強いですよね。

もちろんこれも大切です。

経営者が結婚相手として選ぶのは、教養が深く外見が綺麗な女性なので、この辺は必須と言えるでしょう。

 

しかし最も重要なのは『時間を無駄にしない』という考え方です。

自分磨きが好きな人とそうではない人の圧倒的な違いって、『綺麗かどうか』ではないはずです。

何もしなくても綺麗な人はたくさんいるためそこではないんですよね。

 

一方で、時間の使い方は明らかに違います。

向上心が強い人は時間を大切にし行動を選択しますが、そうではない人は、そこまで時間が大切なものだと認識していない傾向にあるはずです。

例えば、意識が高い女性ならばダラダラとした飲み会には参加しないでしょうが、そうではない人の場合、特別目的がない飲み会にも疑問なく参加するでしょう。

 

もちろんそれが悪いわけではありません。

ただし、経営者と考え方が合うのは時間を大切にする人なんです。

というのも、彼らはビジネスを自分磨きの一環と捉えているので、結婚相手にも同じ時間の使い方をする人を求めます。

その点から、自分磨きが好きな女性は結婚対象になりやすいのです。

自己主張をしない

経営者は反論されることを嫌います。

特に、ビジネスについて意見されるなんてもっての外と考える人も多いようです。

この点で、自己主張が強い女性は対象外になりやすいのです。

 

経営者が求めるのは『自分がこれをする』と言ったら黙ってついてくる女性です。

要するに、自分の決定について家庭内でいちいち話し合ったりせず、『当たり前に応じる人』を望んでいます。

 

この点で、一般的な家庭とはかなり違う雰囲気になるかと思いますが、経営者の場合抱えているものがそれなりに大きいので、このくらいじゃないと務まらないのかもしれません。

何より、家族の意見を聞きながらではビジネスがダメになってしまう可能性もあり、それを十分に理解しているからこそ選ぶ女性についも慎重になるのでしょう。

 

ちなみに、知り合いの不動産関連の社長宅は、決定権の全ては旦那さんにあります。

『何を買う』『どこの店に行く』『お金をいくら使う』など、基本的にすべて旦那さんの許可がないと出来ないそうです。

また奥さんは、とても綺麗で静かな方です。

旦那さんの前では余計なことを口にしない、賢い印象の女性です。

旦那さんがいないと結構喋るんですけどね^^

 

いずれにせよ、経営者と結婚した場合には自己主張ができない窮屈な生活になるのかもしれません。

控え目な性格の人が多い

恋愛をすると、駆け引きをしたり相手を挑発したりと色々ありますよね。

そうすることで振り向かせようとか動かそうとするわけです。

しかし、経営者と結婚できる女性はそれらを一切しない傾向があります。

つまり、控え目な性格をしているのです。

 

というのも彼女らは、『そもそも自分と相手が対等だ』と思っていないのです。

ある分野で成功を収めたその男性を尊敬し、『会話ができるだけでも幸せ』という気持ちで臨んでいることが多いです。

もちろん、本心は分かりませんけどね。

 

しかし、男はそうやって純粋に好きになられるととても弱いんです。

『一緒にいられるだけで満足です』『彼女になるなんて恐れ多いです』くらいの感じで来られると優越感を持つ一方で、その健気な姿勢に何となく答えたくなってしまうのです。

 

これが、『断られたら挑発をする』とか『駆け引きしてみる』だと性格が悪い女だと男は認識しますし、特に経営者はモテるためそういう女性は相手にしません。

なので、経営者と結婚できるのはとにかく控え目で謙虚な女性です。

 

たとえそれが仮の姿だとしても、男は完璧に演じられると気づかないですし、控え目な女を演じているとしても『結婚後もそのまま』だったら特別問題はないので、結局はこういう女性が見染められてしまうわけです。

事実、経営者とか芸能人と結婚する女性の中には、控え目で『旦那さんの幸せが私の幸せです』と言い切る女性がいますよね。

経営者が求めるのってまさにこんな女性なので、参考にしてみるといいかもしれません。

普通の結婚ではないと理解している

経営者との結婚は、一般的に言われる『普通の結婚生活』ではない場合が多いです。

それも、高収入になればなるほど特殊だったり忙しかったりするので、それを理解していないと厳しいように感じます。

 

例えば、日本を代表する電気関連会社の社長を縁あって知っていますが、彼は毎朝4時に起きるだけでなく、『そこでしか時間が取れないから』と接客も早朝にすると言っていました。

普通ならば、朝の4時・5時に接客するなんて考えられませんよね?

奥さんになったら、そういうことが当たり前になるかもしれないわけです。

 

さらに、上場企業にも関わらず自宅は至って普通です。

そして、贅沢は決してしないそうです。

つまり、『経営者と結婚できれば楽な生活ができる』という安易な気持ちでいると大変な目に遭うかもしれないわけです。

 

普通の会社員ならば、朝が早いなんて年に1回~2回あるかないか程度でしょうし、奥さんが家計を握れる場合もあるため楽しいかもしれません。

しかし経営者と結婚した場合、これまで書いてきたように、基本的には全ての決定権は旦那さんにあると思った方がいいので、この『普通の結婚ではない』という覚悟があるかどうかは極めて重要と言えます。

結婚のためなら今を捨てる覚悟がある

『結婚のためなら今を捨てる覚悟があるか』これも重要です。

例えば、旦那さんが突然『来月から海外に移住する』と言い出す可能性だって、経営者と結婚した場合にはある訳です。

こういう時に『今の生活を壊したくない』とはなかなか言えないはずなので、こういう部分は事前に受け入れておいた方が良さそうです。

 

事実知人の社長は海外移住しましたし、特別『家族で話し合った』という感じはなかったようですよ。

 

それに良いことばかりではなく、突然経営が傾くリスクもありますし、その点でも楽しい理想ばかりではないように思います。

さらにほとんどの女性が、結婚したら専業主婦になっている印象なので、これに関しても万が一の時には自立が難しいため大きなリスクになりますよね。

なのでこのように、全ての意味で捨てる覚悟が必要なので、この点も理解する必要がありそうです。

楽しいイメージとはかけ離れている

『経営者と結婚できたら勝ち組だし一生安泰で楽しい毎日』と考える女性もいるかもしれません。

しかし、それが現実になるのは一部の女性だけです。

例えば、『男性が夢中になる関係』だったらそれも有り得ます。

事実、美人女優と結婚した経営者の中には、奥さんに一切の負担をかけさせない人もいるようなので、心理的に追いかけられる形になれたら楽しい日々かもしれませんね。

 

しかし一般的には、これまで書いてきたような『決して楽しくはない我慢の日々』が現実です。

もちろん、優雅な暮らしは皆出来ています。

例えば、贅沢はしないとはいっても、『普通の人と比べたら十分贅沢』だったりしますからね。

先ほど紹介した電機会社社長宅も、高級外車が2台あり、一台は奥さん用と言っていました。

 

つまり、『庶民レベルとは全然違う暮らし』はしていますが、その中でも我慢や忍耐があるようです。

 

私が『大変だろうな』と感じたのは、旦那さんと事実上対等じゃないことです。

夫婦でも、実権を握っているのは旦那であるという家庭が圧倒的に多いので、奥さんは息苦しいのでは?と私は感じます。

ただし、その関係性は会社を反映させるためにも必要なことで、奥さんも十分わかっているからサポートに徹しているといった印象でした。

 

このように、『今以上の贅沢はできるが精神的には辛い可能性が高い』これが、経営者との結婚と言えそうです。

従って見初められる女性は、それを理解して行動できた女性です。

『あなたの幸せが私の幸せ』『あなたの生活を支えたい』嘘か本当かは別として、一貫してこんな姿勢を貫いた女こそが奥さんの椅子を勝ち取っている印象です。

最後に

私は前職で恋愛関係を担当していたこともあり色々な夫婦について調べていますが、『旦那さんが好条件になるほど奥さんの負担が増える』こんな感じがします。

旦那が忙しいとその分奥さんのやることも増えるため、結局は『結婚できても楽ではない』ようです。

 

近年、結婚に対しては様々な見解が飛び交っていますが、あるデータでは『結婚生活はストレスがたまるだけ』らしいですよ。

もちろん、幸せな夫婦ならばそんなことはないでしょうが、それでも確実に言えるのは、慎重に選ばないとただの地獄になるということです。

ですから、『経営者』というブランドだけで判断せず、人間性も十分見極め、あなたが選ぶ立場になった方がいいかもしれませんね。

【関連記事】
結婚しない高収入男性の本音は意外なもの!落とすのは不可能?