友達がいない男は恋愛対象になる?女性がアリナシを判断する基準

自分に友達がいないと、『友達がいない男って恋愛対象になるんだろうか?』『女はどう思うのか?』と気になってしまうのでは?

交際をしたら『友達がどう』という話になったり、『友達に紹介してほしい』と言われる場合もありますから、そういうことを考えた時に『自分には友達がいない…』というのはマイナス要素のように感じてしまいますよね。

 

私も友達は決して多い方ではないので、昔はこれで悩んだことがあります。

しかし、はっきり言って『友達の有無』と恋愛はほとんど関係がありません。

重要なのは『自分が気にしているか?』ということなので、この記事ではその辺をメインに『恋愛対象になるかどうか』『女性がアリナシを判断する基準』などを書いていきます。

 

ちなみに、彼女から『あなたの友達に紹介してほしい』と言われたら、『俺は友達は作らない主義だ』くらいに堂々と言ってしまうのがいいですよ。

いるいないではなく主義なんです。

友達がいないという事実を気にしている時点で負けなんで、そこは考え方を変えましょう。

女性が気にするポイント

女性は友達がいない男の何を気にするのか?それを以下で書いていきます。

恋愛対象にならない場合、それは『友達がいないから』ではなく、『そこから考えられる事象』が原因になっています。

なので、それを覆せるだけの人間的魅力があれば全く問題ないわけです。

友達がいないのには理由がある

まず、よく言われるのが『友達がいないのには絶対理由がある』というマイナス的な捉え方。

『だから私は恋愛対象外』という女性も一定数いるようです。

要するに、人を寄せ付けないとか誰も友達になりたがらない要素を持っているからこそ友達がいない、そういう人と恋愛をするなんて絶対ナシだという考え方ですね。

 

確かに、クラスで友達がいない人ってちょっと浮いているかもしれませんね。

私も学生時代が人生で最も友達がいませんでしたが、確実に浮いていたと思います。

実際のところ、そういう人と友達になりたい人はいないですし、交際したい人も少ないのでしょう。

 

なので、女性が恋愛対象外にするのも分かるのですが、それでも最終的には人間性で決まります。

つまり、結局男女関係なんて、『話してみないと分からない』という訳です。

 

例えば、『この人はいつも一人でいて友達もいないみたいだし無理』と思われていても、きっかけがあって会話したら『イメージと違って良い人』と好きになられるかもしれません。

従って、女性が感じているマイナスな印象を払拭させることができれば友達がいないなんて全く弱みではないです。

 

むしろ女性によっては『友達が多い男は友達を大切にするから会ってくれない』と考えます。

なので、交際してからに関しては、いない方が女性自身満たされたりもするのです。

ですから、『友達はいないみたいだけど魅力的な人』と思われるよう、しっかり者になりましょう。

冷たい人間なのでは?

友達がいないと『人に対して冷たい人間なのでは?』という見方をする女性もいます。

要するに『俺に構うなよ!』とか、話しかけても『何、なんか用?』といったように自ら人間関係を遮断するタイプですね。

 

この場合、『女に対しても冷たい』と考える女性が多いため、恋愛対象としてナシになる可能性が高まります。

女は、『自分には優しくしてくれる男』を求めますから、それが感じられないとナシになってしまうわけです。

 

一方で、冷たそうな印象でも『私には優しい』と思わせられたらアリになるかもしれません。

というのも、女が最も嫌うのは『誰にでも優しい男』です。

これだと、自分以外の女にも優しくしますからそれが気に入らないわけですね。

 

なので友達がいない男でも、『気になる女性には優しくする』これができれば恋愛対象としてアリになる可能性が高まります。

普段は各方面にぶっきらぼうだったり冷たい感じでもいいですが、気になる子には、不器用ながらも優しく振舞うようにすると好印象かもしれません。

卑屈な性格はNG

『友達がいないことを気にしている』これも良くないですね。

『自分には友達がいない』『何でできないのか分からない』『楽しくやっている人が羨ましい』といったように、彼女に愚痴ってしまうタイプは確実にナシになりますので注意した方がいいですよ。

というのも、こういう性格の人と一緒にいても楽しくないですからね。

 

冒頭でも書きましたが、友達がいないとしても、『敢えて作らない』くらいの姿勢でいた方が格好良いです。

それに友達がいないことって別に恥ずかしいことではなく、問題は『自分が気にするかどうか』だけです。

 

なので、例えば友達関連の話になっても、『俺は一人が好きだから』とか堂々と答えましょう。

こうしていれば印象は悪くなりませんし、友達がいないことへのいい訳にも聞こえません。

 

良くないのは『友達いないから』と卑屈っぽく言ってしまうことです。

これだと『この人と付き合ってもつまらないな』と思われるため恋愛対象としてはナシになります。

自分の状況をどう捉えられるかはとても大切なので、何でもプラスに考えましょう。

恋愛対象になるかは本人次第

結局、友達がいない男が恋愛対象になるかは完全に本人次第です。

いなくても魅力的ならばアリですし、『これだからいないんだ』と思われたらナシになります。

 

私の経験を書きますと、友達がいないことを気にしていた頃はモテませんでしたが、『いない方が自分のためだけに時間が使える』と気づいてからは女性と関われるようになりましたし、人間関係も良好になりましたよ。

何でも気持ちの持ち方次第みたいです。

 

それに、『友達がいない』これが悩みになっている時は人を求めていますから魅力的ではないのかもしれません。

一方で『いない方が時間が作れる』と思えていると求めませんから、他人も関わりやすい可能性があります。

全ては自分次第なので、友達の有無なんて気にせず、恋愛に前向きになりましょう。

友達がいなくても堂々としよう

何度も書いていますが、友達がいなくても堂々としましょう。

基本は『ネガティブ発言しない』『今の自分に自信を持つ』『いない方が都合が良いと考える』これが大切です。

これらを心がけることができれば自然と堂々としますし、実際に友達がいないことなんて気にならなくなります。

 

何よりほとんどの女性は、友達の数で交際するかを決めている訳ではありません。

『本人の人間性』で判断しているので、だからこそ『発言や自信、考え方』などが大切になってきます。

 

最も重要なのは、『この人と付き合ったら楽しそう・幸せになれそう』と思わせることです。

この基準は女性によって違いますが、少なくともネガティブだったり自信がない男ではそうは思ってくれません。

なので、気になる女性を幸せにするためにも、現状に自信を持って行動することってとても大切なんです。

『友達がいない…』と悩むより、人生に大きな目標をもってそれを成し遂げてみてはいかがでしょうか?

友達がいないこと自体は問題ではない

確実に言えるのは、『友達がいないこと自体は問題ではない』という事実です。

たいていの人は『いない』という現状を気にし過ぎて、『自分みたいな男が恋愛対象になるか?』とか『友達がいないから相手にされない』と考えてしまいますが、問題はそこではありません。

 

友達がいても性格的にダメな人も多いので、あまり気にしないようにしましょう。

それに、一人でいるって別におかしいことじゃないんですよ。

むしろ、人とつるまなくても行動できるためしっかりしているはずです。

 

一方で、確かにいないと不便はあります。

例えば、彼女の女友達に『友達を紹介してくれませんか?』と頼まれても誰もいないですからね。

しかしこういう時でも、『友達いないんで』と堂々と言えれば問題ありません。

 

つまり、『どんな時でも堂々とできるか』全てはこれにかかっているので、根底から『友達がいない』ということをネガティブ要素と思わないようにしましょう。

これができれば何一つ問題ありませんから、自分に自信を持ちましょう。

最後に

私自身、中高生の頃は友達がほぼゼロだったので、当時はかなり気にしましたけどね。

しかし今思えば『あんなに時間があったんだから悩んでいたのはもったいなかったな』という感じです。

 

私のように、青春時代を友達ゼロで過ごした人間でも恋愛を楽しめていますし、むしろ大学生になってからは友達もでき、女性関係も比較的派手な方でした。

大学生からは性格が前向きになったため、それで全ての人間関係が変わった模様です。

 

こんな風に、ちょっとしたきっかけで人生変わりますし、恋愛のチャンスも作れるようになります。

なので、『恋愛対象になるかどうか?』なんて気にせず、積極的になった方が得だと思いますよ。
【関連記事】
女に嫌われない第一印象の法則!受け入れられるかの3条件