クリスマスイブにデートするのは好きということ?イブに誘う男性心理

クリスマスイブにデートに誘われたら、『これは好きということ?』と思いますよね。

普通のデートよりも特別な感じがして、『ほぼ好きが確定しているからクリスマスイブに誘っているのだろう』と想像しちゃいますよね。

 

一方で、イブデートだからといってあまり事前に舞い上がりたくもないのでは?

自分だけが盛り上がっていて、彼は冷静だったらちょっと恥ずかしいですもんね。

 

この記事では、そんなクリスマスイブデートに誘う男性心理を書いていきます。

男は、この日どんな気持ちで、またどんな目的があって誘っているのか?さらに、『誘われた際に心がけたいこと』なども、詳しく解説します。

基本的には好き

クリスマスイブにデートに誘われた場合、その男性はあなたを好きだと思ってまず間違いありません。

普通の日にデートする場合、『デートを通して相手を知りたい』というのも全然ありますが、クリスマスイブの場合、『好きだから誘う』が基本です。

なので、イブに誘われたらそういうつもりで臨んでいいと思いますよ。

クリスマスイブは1年で最もデートが盛り上がる日

クリスマスイブって、1年の中で最もデートが盛り上がる日と言ってもいいですよね。

それに、女性はイベントが好きだったりしませんか?

そういうこともあり男も、『イブは絶対に好きな女性とデートしたい』と思う訳です。

 

それに、『イブに誰といるか?』ってかなり重要なので、だからこそ、『クリスマスイブに誘われたら本気』と捉えて間違いないわけです。

何よりクリスマスイブって、毎年想い出に残りますよね。

『去年のイブはこんな風に過ごしていたな』とか、季節になると思い出しませんか?

それもあり、はっきり言えば適当な女と過ごしたいとは思わない時期です。

 

なので、『彼女がいれば彼女と』『いなければ好きな女性とデートしたい』これが一般的です。

従ってあなたも、誘ってくれた男性にどのくらい本気かが重要になりますので、OKするのならば色々受け入れた方がいいかもです。

告白したいと思っている

また、たいていの場合告白したいと思っています。

せっかくクリスマスイブに誘い出したわけですから、『普通にデートして終わり』なんてつまらないですもんね。

それに女性だって、『イブに誘われて食事して終わり』だったら何だか拍子抜けしますよね。

『今日は結局何だったの?』と思うでしょう。

 

なので、もちろん例外もありますが、それでも『告白があるもの』と思っていた方がいいですよ。

一日、あるいは夕方からのデートを楽しんだ最後に、雰囲気の良い場所で思いを伝えてくるかもしれません。

 

ちなみにクリスマスイブって、告白のシチュエーションとしては最高なんですよね。

街中イルミネーションだらけですし、イブまでに仕込んできた装飾がクライマックスになっていて、さらにカップルだらけのため気分も高まります。

 

そして『イブに告白されて付き合った』というのはロマンチックで良くないですか?

こんな風に、上手くいくことを想定した場合には最高の状況なので、だから男はそこに気合を入れてくるのです。

告白がOKなら24日・25日で泊まり

また男性によっては、『告白がOKなら24日・25で泊まり』と計画している人もいます。

イブはどこも混雑していますが、自宅ならば関係がないですし、家が遠い場合、予めホテルを予約しておくとか準備している男性もいるわけです。

 

まあ、これはもちろん二人の関係性次第ですけどね。

例えば、以前から仲が良く、クリスマスデート以外にも二人でたくさん会っているというのなら、『告白が成立したらそのまま誘ってもいいだろう』と男は考えます。

もちろん露骨な誘い方はせず、『自宅でゆっくりお祝いしない?』とか『今日はホテルを取っているから、良かったら来ない?』といった感じで、無理にとは言わないはずです。

 

なので、『好きだけどそういうのはまだ早い』と感じたら断っても良いでしょうし、別にそれがNGだからといって関係性が壊れることはないはずです。

いずれにせよ男性の中には『イブデートは泊まりまでがセット』と考える人もいます。

 

ですから、クリスマスイブにデートをするのなら、

 

彼は本気で好き
告白がある
泊まりを提案される

 

この辺まで、事前に考えておくと色々対策できそうです。

クリスマスイブデートに誘われたら

『クリスマスイブデートに誘われたらこんなことを心がけたい』というのを書いていきます。

もちろん、基本的にはデートを楽しめばOKなんですが、それでも、クリスマスだからこそ意識したい部分もあるので、その辺を以下で紹介します。

軽い気持ちでOKしない方がいい

まず、先ほども書きましたが『イブデートに誘われたら軽い気持ちではOKしない方がいい』ということです。

イブデートに関しては、『誘いがOKなら告白もOK』と捉える男性も多いです。

というのも、クリスマスイブって女性にとっても特別な日だと思うので、『その日を自分に譲ってくれる』というのなら、『これはOKという意味だ』と考える男性もいるわけですね。

 

なので、『そこまで好きじゃないけど嫌いでもない。だから取りあえず行ってみよう』という感覚ならば断わった方がいいかもしれません。

もちろん、普段のデートならば全然これでいいんですけどね。

 

しかし、あなたも好きな男性をクリスマスイブに誘ってOKしてくれたら嬉しくないですか?

『交際が成立するだろう』と思っちゃいませんか?

男性もこのくらい浮かれているので、イブに関しては『デートはOKだけど交際は考えさせて』というのは可哀想かもしれません。

デート内容は大目に見てあげよう

イブデートの場合、デート内容に多少問題があっても多めに見てあげた方がいいかもです。

というのも、クリスマスイブってどこも混雑していますよね。

人気の繁華街だと、当日に予約なしで入れる店なんて限られているでしょうし、事前に予約を取るにしても争奪戦になるため、雰囲気が良い店はすぐに埋まってしまうのです。

 

そのため、『あれ?イブなのにこんな店?思ったより雰囲気がない』とかもあり得ます。

もちろんガッカリするのは当たり前ですが、しかし、その辺は大目に見てあげてもいいのかなと個人的には思います。

 

それに、あくまで男の都合ですが、『店のランクや雰囲気で露骨に機嫌が悪くなる女』って、あまり印象が良くないんですよ。

要するに『どうして私を誘うのにこの程度の店なの?』と言いたい訳ですよね。

誘ったのが男だとしても、そういう感じで来られるとドン引きする男も多いので、雰囲気とか店には拘らず、デートそのものを楽しんだ方が良いかもです。

基本的に普通のデートとは違う

何度も書いていますが、イブデートは基本的に、普通のデートとは違います。

普通のデートは『誘った方の片思い』であり、『誘われた方はデート内容で色々判断する』のが一般的でしょう。

 

しかしクリスマスイブデートは、『お互いに好き』が一般的です。

なので、デートをOKした時点である意味全てを受け入れる覚悟があった方がいいように思います。

その点でも『店の雰囲気が悪い』とか『好きかどうか分からない』というのはNG行動ですし、極端に言えば、イブにデートすることは最終確認のようなものです。

なので、内容というのはほとんど関係がなく、この時点で『一緒にいられるだけで幸せ』と思えるのが理想です。

 

ですからOKをする際には、『付き合ってもいいか』が大きな条件と言えそうです。

クリスマスイブは発展しやすいため男も本気

結論として、クリスマスイブは発展しやすいため男も本気ですし、だからこそ本命の女性を誘う傾向があります。

それに、先ほども書いたように想い出に残るという点でも、『良い記憶にしたい』と考えるのが一般的ですから好きな女性を誘う訳です。

 

適当な女性とデートをしても記憶は曖昧になってしまいますからね。

それだと後になって、『当時は無駄なことばかりしていたな』と振り返ったりもする訳です。

なので、誘われたら本気と捉えましょう。

あなたにとっても良い想い出になるように、事前に色々準備しておくといいかもしれません。

最後に

クリスマスデートの記憶って、比較的長く残るような気がします。

年1回のイベントですからね、簡単には忘れないのでしょう。

今回は、男性が誘う側の話を書きましたが、女性から誘ってみるのもアリだと思いますよ。

これに関しても、OKしてくれたら本気度は高いと言えそうです。

 

恋愛を最も意識する季節ですから、良い縁には積極的になりたいですね。

【関連記事】
クリスマスとクリスマスイブの違い!男は心理的にどちらが本気?
クリスマスを一緒に過ごそうと誘う男友達の心理!好き?何もなし?目的は?
女からクリスマスデートに誘う方法と注意点!OK率が高い誘い方とは