付き合っていないのに二人で誕生日を祝いたい男の心理とは?やっぱり好き?

付き合っていない男性から『二人で誕生日祝いをしたい』と言われたら、ちょっとドキッとしませんか?

その彼とはいつも二人で会う関係で、さらに共通の友人もいないのならば誕生日を二人で祝うのも一般的ですが、そうではない場合『なぜ二人で?』と気になるのでは?

 

皆でお祝いすればいいところをわざわざ二人だったり、皆でもお祝いしてくれたのに二人でも誕生日をしたいと言ってくるとドキッとしちゃいますよね。

付き合っていない男女って微妙な関係になりやすいですし、何となく意識したりもしますよね。

 

以下では、そんな男性の心理や、二人で誕生日祝いをする理由などを書いていきます。

好きとは限らない

付き合っていなくても、二人で誕生日祝いをしたがる男は比較的多いです。

なので、『二人でお祝い=好き』とも限らないんですね。

 

従って、例えばあなたがその男性を気になっているとしても、取りあえずは冷静に臨んだ方がいいですよ。

もちろん、その誕生日会をきっかけに発展する可能性も全然ありますが、一先ずは『好きとは限らない』という気持ちで臨んだ方が無難です。

友達ならばあり得る

まず、友達ならば付き合っていなくても二人で誕生日祝いをすることはあります。

特に、『グループの中でもあなたとその男性は特に親しい』というのなら、皆でお祝いをしたとしても、個人的に二人でも誕生日祝いをしたいと考える場合は比較的多いです。

男によっては、『集団でのお祝いは自分が祝ったことにはならない』と捉えますので、この考えならば後で二人で誕生日をやりたがるわけです。

 

従って、純粋に親しい関係ならば『二人で誕生日祝いをしよう』と言ってきても、それは本当に仲が良いからで、それ以上の意味はないと言えそうです。

 

ただしこういうのは、どちらかが意識していると全く状況が変わるものです。

例えば、あなたがその彼を気になっているとかだと、『二人で誕生日祝い?』『何でしてくれるの?』と思ってしまう場合もあります。

それに、その誕生日をきっかけにさらに好きなってしまうこともありますしね。

 

なので普段から親しいのならば、『友達としてだろう』と思っていた方が楽かもしれません。

もちろん、彼の方も気になっていて誕生日を祝いたい可能性も大いにありますが、こういうのはその日にならないと分からないので、取りあえずは冷静になった方が良いでしょう。

お礼としてお祝いするケースもある

続いては、そこまで親しくないのに二人で誕生日祝いをしてくれる場合です。

こうなると『好きなの?』と思いますよね。

もちろんそれも有り得ますが、一方で、『以前何かをしてもらったお礼』『たまたま誕生日を知っていたから』という場合もあります。

 

例えば、かなり前に仕事で助けたとか、合同ではあるが誕生日祝いをしたなど、こういうことがあった場合には、律儀な男性ならばあなたの誕生日の時に『お祝いしたい』と言い出す可能性はあります。

さらに、共通の友人がいなかったら二人でやることになるため、こんな展開もある訳です。

 

それに、『たまたま誕生日を知っていたから何となく誘ってみた』これもあり得ます。

というのも、男は女性を誘うことにそこまで緊張をしません。

そのため、『今度誕生日でしょ?二人でお祝いしようよ』くらいの軽い感じで、さらに下心なく提案する男性もいますので、提案してきた男性次第では深く考えない方がいいかもしれません。

 

一方で、お礼や誕生日を知っていたからという理由で提案する場合、好きとか下心はないにしても、何らかの形で意識している場合はあります。

そもそもこの関係性だと、まだそこまで親しくないはずです。

それでも二人で誕生日祝いをしようと言ってくるわけですから、『あなたと親しくなりたい』と思っている場合はあります。

 

なので、『嫌いではないけど特別親しくない男性』に誕生日を祝いたいと言われたら、それをきっかけに仲良くなりたいのかなと思って良さそうです。

お人好しやお祝い好き、人恋しい性格

単純なお人好しだったりお祝いするのが好きなタイプ、また、『人恋しい性格』の男性も、二人で誕生日祝いをしたりします。

こういう男性の共通点は、『理由を作って人と関わりたい』『人の懐に入るのが上手い』部分なのかなと思います。

もちろん悪い意味ではありません。

 

例えば、『誕生日なの?じゃあ食事奢るよ』とかあっさり言えてしまう性格で、しかも言われた女性にも警戒心を持たせないようなタイプです。

全体的に、飲んだり遊んだりが好きな男性が多いように感じます。

そのため人を誘い慣れていたり、相手が異性でも自分が意識しないため相手も抵抗を感じないわけです。

 

こんな男性は、好きとかそういうのは関係なく二人で誕生日を祝ったりもしますし、少なくともその時点では下心は持っていないので、そこそこ安心して良い男性かもしれません。

好きではないが下心がある

『下心があるから誕生日を祝う』やっぱりこういう男もいます。

『下心目的で誕生日祝いをする』これって最低ですけどね^^

それでも、男としてはきっかけが欲しいため、『あの子は今度誕生日らしい』と情報を入手したらそれを生かしたくなるわけです。

 

下心がある男は、飲ませてくると思います。

やはり、その日のうちに一線を越えるにはある程度飲んでしまうのが最も手っ取り早いですから。

なので、あまりにも進めてくるようだったら『この男は危険』と思った方がいいですよ。

 

それから、普段から女性との接点が多い人も避けた方がいいかもしれません。

これに関してはそうとも言い切れない部分もありますが、それでも、『女性との接点が多い=女好き』という構図も成り立ちますので、そういう男に二人で誕生日祝いを提案されたらきっぱり断った方がいいかもです。

 

モテる雰囲気の男性の中には、『その容姿を利用して女を食い物にするタイプ』もいるのでこの辺は気を付けたいところです。

もちろん、イケメンで性格も良い人もいるので見極めは難しいですが、一つの判断基準としては『女好きかどうか』なので、女性との接点の多さから判断するのはアリのように思います。

男性が好きな場合の心理

これまで書いてきたように、二人で誕生日を祝いたいと言われても好きとは限らない場合も多いです。

一方で、好きだから誘っている可能性ももちろんあります。

以下では、『こういうのがあったら好きの可能性が高い』というポイントを紹介します。

男は好きな子相手には気合いを入れますから、『こんなにしてくれるの?』と感じたら好きかもしれません。

付き合っていないのにお祝いが豪華

一般的に、付き合っていない女性に二人で誕生日祝いをする場合、内容は至って普通です。

例えばそれが友達ならば『ファミレスで奢る』とか、年齢が高めならば『ファミレスよりかは良い店で奢る』程度です。

要するに、『誕生日祝い』と言っても特別格好つけたりはしないわけです。

 

一方で、その女性が好きな場合、男も落としに来ていますから気合いの入り方が違います。

若いのに背伸びした店を選んだり、高級レストランに連れて行くなど豪華に振舞うはずです。

 

そもそも、付き合ってもいない男性に高級レストランに連れて行ってもらったら、『なんだか悪いな…』と思いますよね。

要するに、普通は恐縮してしまうはずです。

その『相手が恐縮してしまうほどの誕生日祝いをしかも二人きりでする』というのは限りなく好きに近いと言っていいです。

 

もちろん、その男性が大富豪ならば話は別ですが、普通の男性ならば一人数万円の高級レストランを二人分なんて、一般的には付き合っていない女性の誕生日祝いにするものではないです。

なので、常識的に考えて豪華だと感じたら、脈ありと言えそうです。

誕生日当日に祝いたがる

付き合っていない場合、一般的に誕生日当日は避けるものです。

普通なら『その日は彼氏とデートだろう』とか『家族と誕生日を祝うかもしれない』と考えるからです。

なので、にも関わらず誕生日当日を指定してくるようならば『好き』または『無神経』のどちらかです。

 

恋愛経験が少ない男性ならば『自分は彼氏じゃないから出しゃばるのはNG』と分からないかもしれません。

そのため、無神経な提案をする場合もあります。

 

しかし、どう見ても経験豊富だったり大人な男性が誕生日当日に祝いたいというのなら、これは敢えてです。

この心理は『彼氏はいるのかどうか』『家族と祝うのなら自分を選んでほしい』『自分に脈ありかどうかを知りたい』などです。

誕生日当日をOKしてくれたらそれなりに脈があると判断するわけですね。

 

あなたとしても、まだ付き合っていない男性と自分の誕生日当日に二人でお祝いをするとしたら、それは『相手が気になる』、あるいは『当日予定がなくて暇だから』のどちらかでは?

それに、たとえ暇だとしても、嫌な男性だったら断りますよね。

 

誕生日当日に二人でお祝いしたがる男性はこんな心理を持っています。

なので、これも高確率で好きといえるでしょう。

食事だけで終わらない

誕生日祝いが食事だけで終わらず、その後『夜景が綺麗なところまで連れて行く』『雰囲気の良い場所を歩く』『車で送り届ける』など、単純な食事だけでなく他にもサプライズ的なものだったり紳士的な対応があると、これも好きかもしれません。

 

男は、好きな女性とはできるだけ長い時間一緒にいたいんです。

しかも、相手の誕生日ともなれば色々してあげたいと考えますから、『ディナー+夜景』などのようにプランを用意している場合もあります。

しかしこういうのって、好きじゃないとなかなかしません。

ただの友達同士だったら夜景を見るって何だか照れちゃいますしね。

 

なので、『今日は色々してくれるな』『私のためにこんなに考えてくれたんだ』と感じられたら好きと言えるでしょう。

 

ただし、『食事+○○』でも、これがバーのように酒関係だったら下心の可能性もあるため注意した方がいいです。

もちろん、あなたがお酒が好きな人ならば、『雰囲気の良いラウンジバーを予約しておく』とかこれも一つのサプライズです。

でも一般的には、『食事→お酒→○○』といったら、この『○○』に入るのは男女のあれ(下心)しかないので、この流れだったら残念な展開かもしれませんね。

 

まあ、残念かどうかはあなたが決めることですけどね^^

いずれにせよ、二人きりでの誕生日祝いが食事だけで終わらなかった場合、『どんなプランか?』によって好きかどうかが判断できそうです。

プレゼントがある

『食事+プレゼント』これも好き度は高いです。

やはり、単なる友達に誕生日祝いをする場合、特に二人でお祝いならば食事をご馳走してしまうのが最も簡単なので、一般的にはこのパターンです。

ですから、そこにプレゼントまで用意してくれているようならば好きかもしれないわけです。

 

ただしこれに関しては、プレゼントの内容次第です。

冗談狙いの物だったら好きではないですし、実用品も判断が難しくなります。

そんな中、高確率で脈ありなのは『以前から欲しがっていた物をくれる』という展開です。

これだとパパのような雰囲気がありますが、同年代でも『前からこれ欲しがってたよね?』とさり気なくプレゼントしてくれる場合もあるはずです。

 

プレゼントが脈ありになるかの分かれ目は、『その女性のために考えたかどうか』です。

そのため、適当だったり実用品だと好きとは言えませんが、以前から欲しがっていた物の場合、『それを覚えていた』『本当に欲しい物を渡したい』という気持ちがあるため、だから好きと言えるわけです。

 

なので、『以前言ったこと覚えていてくれたんだ』とか気持ちが感じられるプレゼントだったら、好きの可能性があります。

付き合っていないのに二人で誕生日祝い、これはあまり関係ない

『付き合っていないのに二人で誕生日祝いをしてくれる』これだけでは好きかどうかははっきりしません。

重要なのは内容です。

好きならば、『当日に気合いを入れる』のが男ですから、そこから判断してみると見えてくるかもしれません。

 

一方で、これまで書いてきた通り下心を持った男性もいますし、男女関係というのは何がきっかけでどの方向に進むかは分からないものです。

なので、興味がない男性に祝いたいと言われてもそれは断った方が無難かもしれませんね。

男も、OKされたら一歩前進しますし勘違いもします。

 

それに心理的には、何らかの目的があって誕生日祝いを提案する男性が多いので、その点でも見極めた方が良さそうです。

最後に

『誕生日祝いをしてくれる』この時の判断って難しいと思います。

友人でも職場でも、そこまで親しくなくてもお祝いってしますからね。

さらに、お祝いであるため断り辛い印象もあるでしょう。

 

しかし、こういう時にこそ冷静になれた方が良いように思います。

品の無いことを書きますが、男は常に女の体を狙っています。

なので祝ってもらうにせよ、『この男の目的は何か?』といつも考えていた方が、あなたのためかもしれません。

 

とはいえ、現在誕生日祝いに誘われているのなら良い一日になるといいですね^^

では、素敵な誕生日を!あなたにハッピーバースデー!