太っている女性がモテる方法!体型を短所に感じさせない社交術

『太っている女はどうせモテない』『モテるのはスタイルが良い女』と思っていませんか?

確かに、男にチヤホヤされるのはスタイル抜群の女性が多いですから、そういう現実を見ると『頑張っても無駄!』『恋愛とは縁がない!』と思ってしまうかもしれませんね。

 

しかし、太っていてもモテる女性はたくさんいます。

事実、太っている恋愛アドバイザーとか太っているのに恋多き女というのもいるでしょう。

なので、根本的には体型ってあまり関係がないのです。

 

それよりも大切なのは、『体型を武器にすること』です。

太っているからモテないと思い込んでいる女性は、『デブは短所だ』と信じて疑わないはずです。

しかし、『太っている方が可愛らしい』と思う男も多いんですよ。

 

以下では、体型を武器にしてモテるための方法を書いていきます。

モテるためには『こんな子なら太っていてもOKだ』と思われるような女性になることが大切です。

太っていてもモテる方法

太っていてもモテるためには、『癒される』『一緒にいると楽しい』といった印象を与えるべきです。

こういうのは、スタイル抜群の女性にはなかったりしますので、これが体型を生かした長所になってきます。

上品な雰囲気を醸し出す

まず大切なのは、上品な雰囲気を醸し出すことです。

これは主に『外見と言葉、そして行動』です。

 

例えば服装が適当だと、その時点で上品さはありませんし、まして太っている場合には印象が悪くなってしまいます。

なので、服装や髪型、メイクといった外見にはとにかく気を配りましょう。

『ならばダイエットも必要なのでは?』と思うかもしれませんが、それはまた別です。

重要なのは、『太っていることで悪いイメージを与えないこと』ですから、ダイエットをする必要はありません。

 

また服装等に関しては、年相応が基本です。

お洒落に目覚めるとどうしても若作りしてしまいがちですが、それをすると上品さの欠片もなくなってしまい、結果的にモテなくなるので注意した方がいいです。

 

従って、まずは外見を上品にしてみましょう。

それに意外なもので、外見を変えると言葉や行動も変わってきます。

例えば、ジャージの時とスーツの時とでは意識が違うと思いませんか?

スーツの方が気持ちが引き締まりますよね。

『その状態を常にする』と好印象です。

 

また、『自分は上品でお洒落な女性だ』と意識することも大切です。

これもまた、言葉や行動を変えるきっかけになります。

男女関係は外見も大切ですが、それでも、雰囲気や言動の方が見られます。

なので、一先ずはそこで得する女性になって、太っていてもモテる女を目指しましょう。

可愛らしい印象にする

続いてやりたいのは、可愛らしい印象にすることです。

上品を心がけると綺麗系を目指しそうなものですが、太っている場合、綺麗系よりも可愛らしい感じの方が好印象です。

 

綺麗系というのは、どうしても細身の女性の方が似合うんですね。

例えば太っている女性が、綺麗系っぽく凛としていると何となくとっつき辛いので、それだとモテなくなってしまいます。

 

一方で可愛い系は、はっきり言えばキャラですからどんな女性でもやり方次第です。

だからお勧めなんですが、あくまで『可愛らしい感じ』が重要です。

太っている女性の中には、笑いを取るために女を捨てていたり自虐をする人も多いですが、これだと盛り上がりはするものの女扱いされません。

なので、無理して変なことを言ったりするのは避けましょう。

 

じゃあ可愛い系とはどうしたらいいかなんですが、基本的には笑顔を増やせばOKです。

よく笑う女性はモテますし印象も良いため、周りの話にすぐ反応して笑顔を作れるといいかもしれません。

 

太っていてツンとした感じになるとさすがに男性は近寄らないので、これはとても大切です。

なので、気取らずにたくさん笑顔を作り、誰とでも打ち解けられるようにしてみましょう。

太っていることを認める

またモテるためには、太っていることを認める姿勢も大切です。

例えば失礼な人ならば、冗談のつもりで『太っているね』とか言ってくる人もいますよね。

なぜか一部の人は、『言っても笑い話になるものだ』くらいに思っているでしょう。

そういうことを言われたらイラっとするでしょうが、それでも、そこで機嫌を損ねたらモテることは難しくなります。

 

というのも、太っていてもモテる女性は自分の体型を受け入れているのです。

そのため、言われてもそこまで気にしていなかったりします。

 

例えば男性の場合、背が小さいことをコンプレックスに感じている人も多いですが、これも男によって対応が分かれるのです。

身長のことを言われると露骨にキレる男性がいる一方で、低身長をギャグにする人もいます。

そして、どちらがモテるかというと結局ギャグにする方なんですね。

 

要するに、『自分がそこを受け入れているかどうか』というのはかなり重要で、受け入れるというのは『自分がそれを乗り越えた』ことになるわけです。

 

なので太っていることに関しても、笑いながら茶化されても『そうだね、見ての通りぽっちゃりだよ』くらいに言えてしまった方がモテます。

このくらいのゆとりがあった方が人は成長できますので、この意識も持ってみるといいかもです。

 

ただし、茶化してくる人とは今後真面に関わる必要はないはずです。

人に無神経なことを言う時点でレベルが低いですから、むしろ見下していいように感じます。

 

こんな風に、体型については受け入れつつもプライドを持てればモテますので、是非自分にゆとりを持ってみて下さい。

男にガツガツしない

はっきり言うと、肉食系の女というのはスタイルが良くても引く場合が多いんです。

男は基本的に自分から行きたいので、女が積極的になり過ぎると冷めてしまったりするわけです。

なので、ガツガツはしない方がいいですよ。

 

例えば、せっかく上品で可愛らしい雰囲気にして、気持ち的にもゆとりがある女になれたのに、飲み会や合コン、職場等で『いい男がいたら攻めまくる女』だったらモテないように思います。

これだと要注意人物扱いされてしまいますからね。

 

事実、以前友人が言っていましたが、大学の時にちょっと関わると『家に来る?』と誘ってくる女がいたそうです^^

こうなると、その女の外見がどうとか関係なく、その圧力に男はドン引きするわけです。

なので、ガツガツは禁止ですね。

 

ただし、積極的程度ならば全然アリです。

つまり、自分から誘ったり『交際しなくても楽しめればいい』という考えを持つなど、こういうのはむしろモテる女性に多いので、『声のかけ方』だったり『強引になり過ぎないこと』には気を付けるとしても、気になる男性には積極的でいいように思います。

スタイル抜群女とは役割が違うと自覚する

太っていてモテるために最も重要なことは、『スタイル抜群女性とはそもそも役割が違う』と自覚することです。

この書き方、失礼かもしれませんけどね。

それでも、『スタイルが良い女』と『太っている女』では、男にとって役割が違うんです。

 

まずスタイルが良い女性には、『美女と一緒にいるドキドキ感』が求められています。

引くかもしれませんが、例えるのなら『大富豪とデートする感覚』だと思って下さい。

ドキドキしますよね。

 

一方で太っている女性には、『癒しや楽しさ』を男は求めています。

そのため、『美』というのは必要とされていません。

もちろん『美意識は不要』という訳ではないですよ。

『美人気取りでいると拍子抜けする』という意味です。

 

男は『この子は何だか癒されるな』と思ってデートや食事に誘っているので、そこで『私はいい女』みたいな態度を取られると、『何か違うな…』と感じだすわけです。

そうすると2回目のデートは成立せず、あなたとしても『何がダメだったんだろう?』という疑問が残って終わってしまうわけです。

 

残酷かもしれませんが、人には『他人から求められる役割』というのがあります。

例えば芸能界でも、『女優・アイドル・女芸人』でそれぞれ役割が違いますよね。

もちろん努力と学びと根性によってそれを変えることは可能です。

しかし現時点では、『自分の役割を認めてしまった方が賢い』とも言えますので、その点でも『美人気取りはせず癒し系を目指す』のは大切です。

 

癒しを提供するのならば、

 

常に笑顔
きついことを言わない
相手に尽くす
優しい

 

などが必須条件ですし、『相手から何かをされたい』という欲は捨てた方が賢明です。

 

太っていてもモテる女性は、この辺を十分に理解している印象です。

つまり『自分の役割を受け入れてそれ以上になりたいとは思わない』この意識があるからモテるんです。

 

癒し系の女性は一緒にいると楽しいですから本当にモテますよ。

反対に美人には疲れる人もいます。

なので、『自分の役割はこれだ』と受け入れて、そうなり切るのもアリかもしれません。

ポイントは上品さと人懐っこさ

色々書いてきましたが、太っていてもモテるために一先ず心がけたいことは、『上品さと人懐っこさ』です。

いるだけでその場が和む存在になれればモテますので、まずは『上品』『人懐っこい』を目指すといいかもしれません。

 

恋愛は『外見から入り性格で決める』ものです。

なので、見た目の上品さは必須です。

また、どんなに外見が良くても性格がきついと話していて疲れるため人は離れていきます。

そのため人懐っこさがカギになります。

 

太っている場合、それだけで人懐っこい雰囲気があるためこれは優位性として認めましょう。

つまり、性格面は細身の女性よりも一歩リードしている訳です。

細身の場合男は壁を感じることもありますが、太っている場合まず壁を感じません。

これは絶対的優位性なので、『イメージ通りの女性だ』と思われるように、人懐っこい性格になれるといいですね。

体型を武器にしよう

太っているとそれをネガティブ要素と捉える人も多いですが、『体型は長所だ』と思えた方がいいですよ。

例えば先ほど紹介した低身長の男の話でも、モテるタイプは敢えて背が低いことをネタにして女性と話すきっかけにしたりしています。

 

ただし、太っている女性がそれを話のきっかけにするのは得策ではないのでしない方がいいですが、それでも、人懐っこさや話しかけやすさなどは長所になるため生かすべきでしょう。

 

こんな風に、全ては捉え方次第なので現在ネガティブならば発想を転換させましょう。

その方が、毎日が楽しくなると思います。

最後に

以前太っている女優の方が『私はモテる』とバラエティーで打ち明けていたのですが、その方は、男性といい感じになったら迷わず一線を越えるそうです。

それに対し司会の男性が『相手が好きにならなかったらどうするの?』聞いたところ、『その時は私も楽しめばいい』と言っていました^^

 

この『交際するかどうかは別問題』という考え方が持てるとモテ度はグンと上がりますね。

男はそんな女性がいたら取りあえず関わりたいので人気になるのは必至です。

 

もちろんこれが良いかはあなた次第ですが、この事からも、『体型なんて関係がない』というのが分かりますよね。

重要なのは考え方や関わりやすさです。

『太っている=モテない女』とは思わず、自分に自信を持ちましょう。

【関連記事】
男は自分より体重が重い女と交際できる?男性の本音とは
太っている女は恋愛対象外になってしまう?男の境界線と意外な心理