料理が下手な女は結婚できない?男は彼女の手料理をどのくらい期待する?

料理が苦手だったり自信がないと、『結婚できないのではないか?』と思ったりしませんか?

現在は昔ほど、『女が料理を作る』という時代ではありませんが、それでもまだ何となく、『女性が家事をする』という風習が残っていますよね。

 

それにパートナーとなる男性が好条件になるほど、『家事は女がしなければならない』という感覚もあるのでは?

好条件男性には忙しい人が多いため、結婚する目的そのものが家事を減らすことだったりもします。

そういうことも考えると『料理が下手な女は結婚できない…』と思いますよね。

 

確かに好条件男性の中には、家事が完璧な女性を望む人もいます。

しかしそれは一部だけです。

従って一般的には『料理下手=結婚できない』とも限らないです。

 

以下ではそんな、料理が下手な女性に対する男性の見解や結婚への影響、また、男は女性の手料理をどのくらい期待しているのか?などを書いていきます。

結婚できないことはない

まず、料理が下手でも結婚できないことはないです。

というのも近年は、一部の男性は別ですが、全体的には『結婚したら女性が料理を作る』という感じでもなくなってきています。

つまり良い意味で『男は女に手料理を求めていない時代』なのです。

 

もちろん作ってくれたら嬉しいと感じる男性がほとんどでしょうが、一方で『女が作るのが当たり前』と思っている男性は圧倒的に少ないので、その点では下手でも苦手でも、あるいは作れなくても問題ないと言えるでしょう。

 

それに現在の場合、家事に関しても分担しますよね。

これも昔の日本家庭ならば、男は『妻がいないと家のことなんて何一つ分からない』『どこに何がしまってあるかさえ不明』『自分の食事さえ用意できない』とかこんな状態だったわけです。

 

しかし現在の場合、『掃除は男担当』『週替わりで食器洗い』など、性別に関係なく家事をする時代です。

共働き家庭が増えたためこうなるのも当たり前ですし、妻にも働いてほしい男性が多いため、その点からも料理が下手でも結婚できないことはないでしょう。

 

なので、取りあえず心配することはないですし、無理して勉強する必要もないように思います。

料理に関しては、『結婚後に必要ならば少しずつ勉強をする』こんな感じで十分なのかなと言った印象です。

男性が思い描く結婚後の食卓事情とは

『料理が下手でも結婚できないことはない』と書きましたが、一方で男性には、家庭や家事に対する理想があります。

そのため、総合的には料理が下手でも問題ないですが、最終的には『出会った男性が何を望んでいるか?』によって結婚できるかどうかも決まってくる訳です。

 

以下では、男性が思い描く結婚後の食卓事情について紹介します。

男性によっては手料理を期待する

まず、男性が好条件かどうかに関わらず、『結婚したら奥さんの手料理を毎日食べたい』、こんな理想を持っている人もいます。

なぜ食べたいのか分からないかもしれませんが、要するに『そうされることで幸せを感じる』という訳です。

 

人によって幸福感情は異なりますし、円満夫婦に対する理想像も違いますよね。

そのため、こうやってしてもらうことで満たされる男性もいるわけです。

なので、出会った人がこのタイプだった場合、料理が下手だと結婚できない可能性があります。

 

もちろん『下手だから』というだけで終わりにはなりませんが、それでも、『俺は毎日奥さんの手料理を食べるのが結婚後の理想だ』と言われる可能性はあります。

ですから、あなたが料理下手の場合には大変かもしれません。

 

一方で、こういうのは交際中にたいてい分かりますから、『あなたが頑張る覚悟を持つか』『彼に譲ってもらうか』のどちらかを考えた方がいいでしょう。

 

ただし、仮に彼が『大変ならしなくてもいいよ』と言ってくれたとしても、それだと結婚が遠のく場合もあります。

彼としては、結局自分の理想を曲げている訳ですからそれが引っ掛かる可能性もある訳です。

 

なので、この辺の判断って難しいです。

交際中の男性が、『結婚後は毎日奥さんの手料理を食べるのが理想』と考えているのなら、そのために頑張った方が色々いいのかもしれません。

女に作ってもらうことに拘る男もいる

年齢に関係なく、古風なタイプの男性ならば『料理は女がするもの』と思っていますから、結婚したら当たり前のように作ってくれと言われるかもしれません。

 

こういう男性って、『分担する』という発想そのものがありませんから、尽くしたい性格の女性じゃない限り合わないように思います。

一方で、仕事に関しては比較的きっちりやる人が多い印象ですけどね。

それでも稀に、何かのきっかけで働かなくなり、その後も妻をこき使い続けるとかこういう人もいます。

 

要するに頑固者です。

なので、全てが上手くいっている時には良いですが、ダメになった時には大変なので、交際中に見抜きたいタイプの典型かもしれません。

例えば、旦那が定年してから離婚する『熟年離婚型の夫婦』にはこんな旦那さんが多いように思います。

 

見抜き方としては、『俺について来いタイプ』がこれに当て嵌まる可能性があります。

もちろん、全ての俺について来いが頑固者という訳ではないですが、それでもこの性格の人は、根底には『女は黙って従えばいいんだ』という思考が良くも悪くもあります。

だからこそ、『結婚したら女が家事をするのが当たり前』とかこんな発想になるわけですから、あなたが料理下手ならば、結婚後に苦労しないためにも事前に性格分析した方が良いかもです。

自分が作りたいタイプもいる

男性の中には、自分が料理をしたい人もいます。

料理好きの男性が多いことは近年有名になってきていますよね。

こういう男性ならば、付き合った女性が料理下手でも気にしませんから結婚も問題ありません。

 

さらに、男は何でも教えたがる習性があるのです。

特に自分の得意分野に関しては、『教えてすごいと言われたい』こんな野望を持っているものです。

なので、むしろ料理下手な女性の方が『こういう男にとっては好都合』だったりもします。

 

例えば出会った段階で、あなたが『料理苦手だから勉強したいんです』と言ったなら、『そうなの?俺料理は自信があるから良かったら一緒にやろうよ』といったように距離が縮まったりもあるかもしれません。

 

料理って、一緒にやると常に体の距離が近いですよね。

しかも女性としては、苦手分野を教えてもらうことで『この人素敵』と思ったりしてしまいませんか?

男も、自分のアドバイスを従順に聞く姿や、慣れない包丁捌きなどをむしろ可愛いと思ったりもしますから、男性が料理好きならば結婚対象として全く問題ないですよ。

 

実際に料理系の合コンって多いですからね。

それだけ出会いのきっかけになるようですし、この点からも、『料理が下手な女性でも結婚対象として気にしない男も多い』と確信できそうですね。

家庭料理に拘らない男も多い

『家庭料理に拘らない』『外食や総菜系で良い』という男性も多いです。

男の場合、食に対して拘りを持っていない人もたくさんいるので、こういう人の場合、彼女の手料理がどうとかをそこまで考えません。

なのでこのタイプならば、『普段は総菜系』『たまに外食』といったように楽に済ませるパターンを選ぶかもしれません。

 

特に共働きならば、毎日拘った食事なんて大変ですからね。

近年はこういう家庭も多いでしょうし別に普通でしょう。

これに関しても、古風なのか現代風なのかで変わる部分です。

 

古風な人は『食卓』への拘りが強く、買ってきただけのものだと不満を持つ傾向にありますが、現代的な人は『スーパーで買ってくればいい』『作らなくても簡単に手に入る』と考える訳です。

なので、現代的であり家庭料理への拘りがない男性ならば料理下手でも問題ないですよ。

 

特に現在は、スーパー等の食材もハイレベルですからね。

その点でも、苦手な料理を無理して努力する必要はないのかもしれません。

結局料理はできた方がいい?

色々書いてきましたが、『結局料理はできた方がいいのか?』という疑問がありますよね。

これについては、『できた方が得』ではあります。

作れた方がモテ要素になりますし、男性を落とす武器になったり誘う口実にもできます。

なので、その点ではもちろん、料理はできるに越したことはないです。

 

ただし、できなくても問題ありません。

というのも、全体的に見れば男はそこまで女性の手料理を重視していませんし、現代は家事も分担する時代です。

なので、絶対ではないため『私はどうしても苦手…』『料理をするのは苦痛』と感じるようならば無理しないでいいように思います。

 

それに、お客さんが来るとか自宅でパーティーをするといったように、どうしても手料理が必要な時には料理代行サービスに依頼するのもアリだと思います。

料金は、会社や規模によるみたいですが5000円~といった感じ。

特別な日限定ならばこれもアリかもしれませんね。

 

ちなみに、伝説の家政婦として有名な志麻さんは、なんと1時間1500円~らしいですよ。

 

いずれにせよ、『料理はできれば長所になるが、できなくても問題はない』こんなところです。

なので、苦手過ぎるようならば料理は現状のままで、それ以外の部分に力を入れてみるのもいいかもしれませんね。

最後に

『料理が下手』これって女性の方が気にしますよね。

つまり、男は料理下手な女でもそこまで気にしていないのですが、女性自身は『料理下手な女では結婚できないかもしれない』と不安になるわけです。

こういうのってよくあります。

 

コンプレックスを最も気にするのは自分です。

そしてたいていの場合、『自分が思っているほど他人は気にしていない』のが現実です。

なので料理下手に関しても、気にしなくていいと思いますよ。

それよりも『私は料理はしない』と言い切りそれに自信を持ってしまうくらいで良いかもしれません。

 

背伸びするよりも、今の自分を受け入れてくれる相手を見つけた方が恋愛は楽ですから、『無理なものは無理』でいいはずです。

【関連記事】
男が彼女や奥さんに作ってほしい料理ベスト5!これが作れれば問題なし!
家事ができない女は結婚できない?家事に対する心理と境界線
仕事をしてない女は結婚できない?男は女の収入をどのくらい重視する?
実家暮らしの女は結婚できない?一人暮らし経験がない女への男の見解