男が彼女や奥さんに作ってほしい料理ベスト5!これが作れれば問題なし!

『彼女に作ってほしい料理って一体何?』と思いませんか?

料理ができると何かと役に立つため勉強したい女性も多いはずです。

一方で、『どうせ勉強するのならば男性が作ってほしい料理を学びたい』と思いますよね。

せっかく得意料理を身につけても、それが作ってほしい料理に該当しなかったら悲しいですしね。

 

男性が好きな料理はもちろん個人によるのですが、それでも『男はこんな物が好き』という大体の基準があります。

なので、それさえ押さえておけばOKです。

 

はっきり言えば、料理教室に通ったり難しいテクニックを身につける必要はなく、男が作ってほしい料理にだけ拘れればそれで落とせます。

以下では、そんな男性が作ってほしい料理ベスト5と、料理に対する男性の考え方を紹介します。

男は炭水化物系が好き

まず最初に知って頂きたいのが、男は炭水化物系が好きということです。

ラーメンや蕎麦、パスタなどの麺類・米系など、炭水化物が好きな男性は非常に多いので、この辺を意識した料理を作ってあげると喜びますよ。

 

炭水化物系の良いところは量を調整できること。

ラーメンならば大盛や替え玉があり、米も増減ができますよね。

なので、男性の胃袋を程よく満たしてくれるのです。

 

ですから、これらの炭水化物料理を『あなただけの味付け』でできるようにしたら、『この女のあれが食べたい』と思うようになり、結果的に結婚までしてしまうわけです。

『男の胃袋を掴む』とはこんな仕組みです。

 

女性は料理を勉強する際に、お洒落で優雅なものを目指そうとするのでは?

もちろんそれも良いですが、一方で、男が何よりも拘るのは『味と量』です。

なので、見た目よりもあなた独自の味付けにして、彼好みの量を提供できるようにすると、作ってほしい料理に近づけそうです。

男性が作ってほしい料理ベスト5

以下は、男性が作ってほしい料理ベスト5です。

ベスト5ですが順位はつけておりません。

この中の3品くらいを自信作にできれば、どんな男でも落とせるかもしれません。

パスタ

一つ目はパスタです。

これは是非作ってほしいですね。

 

パスタと言えば炭水化物の代表格ですが、バリエーションが豊富なのが良いですよね。

人気は、ミートソース、ペペロンチーノ、クリームパスタ当たりかなと思いますが、他にも拘って作れると、男性は喜びます。

 

パスタは麺の量を微調整できますから、これも大きなメリットです。

それにミートソースのように、同時にたんぱく質も摂れるタイプだとそれが嬉しい男性もいます。

例えば体を鍛えている彼ならば『炭水化物も欲しいがたんぱく質も大事』と必ず思いますから、そういう人にはなお評判が良いですよ。

 

全体的に、パスタが嫌いな人ってあまりいないように思います。

癖もなく大衆的な一品ですから、これを美味しく作れるとモテるかもしれません。

 

またパスタ同様、蕎麦・うどんも人気です。

大変ではありますが、つゆや麺を拘れると、実はパスタよりも作ってほしいメニューになります。

なので、料理が好きな女性には蕎麦・うどんもお勧めです。

チャーハン

拘ると非常に奥が深いのがチャーハンですが、これも人気メニューの一つです。

米って、白米のままだとちょっと食べづらい部分がありますよね。

もちろん『白米が好き』『いくらでも食べられる』という人も多いですが、反対に『米だけだとキツイ・苦しい』というタイプもいたりします。

 

そういう人は、チャーハン上手な女性だと嬉しかったりするわけです。

というのも、白米だとキツイなと思いつつも米は食べたい人って結構いるんです。

それに、チャーハンそのものが好きな男も多いですから、その点で作ってほしい料理に入る訳です。

 

例えば、ラーメン屋に行った時に『ラーメンとチャーハン』を頼む男性っていますよね。

これって『炭水化物と炭水化物』という組み合わせなので良い組み合わせとは言えませんが、それでも頼むのは『どちらも食べたいから』なんです。

つまり、『ラーメンも食べたいけどチャーハンも食べておかないと後悔する』こういう感覚です。

 

このくらい、チャーハン好きな男も多いので、あなたにしか作れないオリジナルチャーハンができると、『他とは違う女だ』と思われるかもしれません。

オムレツ

オムレツも作ってほしい料理ですよ。

また始めに書きますが、オムレツ同様、卵焼きも人気があります。

これらの共通点は『卵が絶妙に味付けされている点』です。

 

オムレツや卵焼きの作り方や味付けは地方によって異なるようですが、『どんなアレンジにも合う』のも卵料理の長所かもしれませんね。

それにオムレツの場合、プレーンにするのか具材を入れるのか、入れるのならば何を入れるかによって全く味が変わるため、その点も男性に好かれる理由の一つです。

 

なので、例えば甘い系・さっぱり系どちらも作れるようにしておいて、出会った彼の好みに合わせて提供するとかしたらポイントが高いかもしれません。

特にオムレツのような、地方の特色が強い料理には拘る人も多いので、そんな時に『自分の味にピッタリだ!』と思える料理を出されたら男は落ちてしまいます。

 

このように、卵料理を極めると強いので、これも作ってほしい料理なんだなと記憶しておきましょう。

肉野菜炒め

誰にでも作れるイメージが強い肉野菜炒めですが、これは『下準備が面倒くさい』というデメリットがあります。

野菜の準備を面倒に感じる男は多いので、その点で作ってあげられると喜ばれます。

 

男は面倒くさがりですからね。

そんな性格から野菜不足になっていくのです。

 

男性の場合『最近野菜食べてないな』と感じていても、『でも調理するの面倒くさいし…』と結局やらなかったりするので、それに気づいてササっと出してあげれると『料理上手な彼女がいると助かるな』としみじみ感じたりします。

 

それに、準備は面倒でも肉野菜炒めは男性に人気です。

中華料理屋に行ったら最初に注文したいメニューだったりもするので、これが作れるかどうかは意外と重要かもしれません。

 

また野菜炒めのポイントは味の濃さですよね。

これに関しては、最初に完璧に合わせるのは難しいので確認しながらでOKです。

長期的に考えるのならば、正直な感想を聞きながら微調整していくと、定期的に食べたい野菜炒めが完成します。

味噌汁

味噌汁も作ってほしい料理です。

やはり、インスタントと自家製では全く味が違うので、拘った味噌汁が作れると男性から好印象と言えます。

 

特に、冬場の味噌汁は体が温まりますからね。

例えば彼氏が外回りとか現場仕事など寒い環境で働く人だったら、『美味しい味噌汁が飲みたい』と思うのは必然でしょう。

そんな時に、格別の逸品を出してあげられると『交際して良かった』と思うので、味噌汁も拘れると武器になります。

 

汁系は主食にはなりませんが、そこは気にする必要はありません。

むしろ、『軽く飲めて何杯もお替りできるのが良い』という部分もあるので、積極的に勉強したい料理と言えそうです。

難しい料理は必要なし!

『料理!』というとハードルが高く感じるかもしれませんが、男性が作ってほしい料理って決して難しいものではないのです。

それよりも男が求めているのは『彼女にしか出せない味』です。

 

料理は作り手の個性が出ますが、その個性が『自分にピッタリ』だと男は嵌ってしまうわけです。

なので、難しい料理に挑戦する必要はないので、庶民的なものでもあなたにしかできない逸品を作れるようにすると良さそうです。

 

また女性によってはレストランの味を目指す人もいますが、これもする必要はないと言えますよ。

レストランに関しては、そこに行けば済んでしまいますからね。

つまり、店の味というのは誰と付き合っていても食べられるのです。

 

だからこそ、『この女の味』こそが求められます。

難しさよりも、誰でも作れるものを、いかに『たった一つの料理』にできるかを考えてみましょう。

最後に

彼女に作ってほしい料理ベスト5を紹介しました。

どれもありきたりなものばかりですよね。

しかし、男はそれで満足です。

見たことも聞いたこともないような料理を出されるよりも、昔から知っている料理を美味しく出された方が嬉しいです。

 

それから、得意料理は1品~2品あれば十分です。

子供が『ママの好きな料理はハンバーグ!』と言うのと同じで、何か一つが突出していれば良いのと、それ以前に彼が好きな料理を彼好みに作れればそれでOKなので、『あれもこれと』と考える必要はありません。

 

なので、男性が作ってほしい料理を極端に言えば、好きな人に直接聞いて、それを徹底的に練習するのが最も確実な方法と言えそうです。

【関連記事】
料理が下手な女は結婚できない?男は彼女の手料理をどのくらい期待する?