友達なのに『送るよ』と言う男性の心理とは?下心?いい人?目的は何?

単なる友達のはずなのに『送るよ』とか『車だから送っていくよ』と言ってくる男性っていますよね。

これを言われるとドキッとしたり、『なんで送ってくれるの?』と思いませんか?

恋愛関係にあるとか彼氏ならば分かるでしょうけど、友達なのに送るって心理が分からないかもしれません。

 

確かに男側も、二人で飲んだ後に何の理由もなく『送るよ』とは言いづらいです。

こうなると、その子のことが好きみたいですからね。

しかし、状況次第では好きとか下心とか関係なく送る場合もあります。

 

以下ではそんな状況と、友達なのに送ると言う男性心理を紹介します。

下心がない場合

女性は、男友達が送ると言ったら『下心があるの?』と疑うかもしれません。

確かにそういう男も多いですが、一方で、一切それなしに送る男性も結構います。

何より、男は友達でもそれが女性ならば『女』という見方をしています。

そのため、男友達と飲んだ時のように『じゃあな』とサバサバ解散する気分にならない場合もあり、結果的に送ったりもする訳です。

話したい気分だから送る

よくあるのが、話したい気分だから送るという状況です。

例えば大勢で遊んだ後に『方角一緒だし乗っていかない?』と言う男性もいると思います。

こうやってわざわざ誘っているのは、『何となく話したいことがある』『人恋しい』『あなたに聞いてほしい話がある』といった場合です。

 

あなたが話しやすい異性ならば、さっきまでは大勢で遊んでいても『二人だけで話したい』と思ったりもしますから、こっそり『乗っていかない?』とか『送るよ』と言う訳です。

 

それに、異性の方が話しやすい会話もありますからね。

男同士は何かとバカ騒ぎばかりで真剣な話ができないことも多いですが、異性の友達ならばしっかり聞いてくれる人もいるため、そういう状況ならば送ってでも話したいと思ったりもします。

つまり、送ると言っても絶対に下心とか恋愛対象な訳ではなく、『友人として居心地がいいから』という場合もあります。

 

このタイプの見分け方は、異性の話をしてくるかどうかです。

たいていの場合、男が女性と二人きりで話したいことって異性関係ですから、恋愛相談とか特定の女性について聞いてくるようならば、その男性にとってあなたは『信頼された友達』という位置づけだと思って間違いないでしょう。

男は女友達のことも心配する

女性によってはウザいと感じるかもしれませんが、男は、恋愛感情がない女友達のことも心配したりします。

特に、親しければ親しいほどこの傾向があるため、結果的に送ったりもする訳です。

 

例えば一緒に飲んでいて遅くなったら、『遅いし送ってやるよ』と家まで送る男性もいるかもしれません。

この場合の男性心理は、

 

友達だから面倒を見る
ちょっと好き
紳士的な自分に酔っている

 

のいずれかです。

友達だから面倒を見る

友達だから面倒を見るとは、例えばあなたも、親友クラスの男性が酔い潰れたら家まで送ったりしませんか?

普通に飲んでても送るよと言う男性は、『その過剰バージョン』と言えます。

要するに、正常な状態でもちょっと時間が遅いだけで『送らないとヤバいだろう』と勝手に思い込んでいるのです。

 

紳士とか優しいとか、良く言えばこんな感じになりますが、悪く言うとお節介です。

これに関しては、されて嬉しいかどうかは女性によって分かれるでしょうね。

 

一方で、こういう男性は義務的に送っているだけです。

つまり、『一緒に飲んでいたし、彼女に何かあったら自分の責任になるかもしれない』と大袈裟に言えばこんな心理から送っています。

そのため、本音では送らずに早く帰りたい場合もあるため、彼女の家に辿り着いたからと言って『上がっていい?』とか下心を出したりはしないはずです。

 

見極める方法はここです。

純粋に送るだけですぐに帰るようならば本当にいい人なだけなので、何が目的なのかと考える必要はないでしょう。

ちょっと好き

下心までいかなくても『ちょっと好きとか惹かれているから送る』という場合も多いです。

つまり、口説こうとかそういう気は全くないけれど、何となく気になっているから『送るよ』と無意識に言ってしまう訳です。

 

あなたも、何となく惹かれている男性とは『もう少し一緒にいたい』と思ったりしませんか?

その気持ちが行動に現れ送る男性も割と多いです。

 

友達として関わっていても、異性として魅力を感じている場合は結構ありますからね。

しかし一方で、『いいな』程度でそれ以上を求めない、これもやはり多いわけです。

例えば、『外見が綺麗だ』と感じている程度で特別な感情はないとかこんな感じです。

 

この状況だと、感情的には『無』なんですが、女友達の『美』は認めているため送ったりもしたくなるのです。

しかし、だからといって何をするでもないというなんとも複雑な心理ですが、要するに『純粋にやや惹かれている異性との時間を楽しんでいる』のかもしれません。

なので、普段から『女扱いされるな』と感じているようならば、『ちょっと好きなのかも』と疑ってみるのも一つです。

紳士的な自分に酔っている

『紳士的な自分に酔っている』これはよくいるタイプです。

要するにナルシストですね。

送るに限らず、『話を聞く』『誕生日を祝う』とかでも、『これだけのことをしてあげている格好良い自分』というイメージが好きで、つまり『俺って格好良いな』と自負するために行動しているのです。

 

このタイプの男はとにかく格好つけたいわけですが、目的は『女を手に入れること』ではないため害はありません。

それよりも『いかに格好良いか』こそが重要なため普通の人とは感覚がズレています。

なので、普段から『ちょっとナルシストだな』と感じるようならば都合良く送ってもらうのもアリですし、面倒くさいならば拒否も良いでしょう。

 

いずれにせよ、男によって『格好良い』に対する理想はそれぞれ異なります。

そのため、恋愛感情がなくてもとにかく紳士的に振舞うことこそが格好良いと思っている男は、下心がなくても送ることが普通にありますので、男性と出会った時には『ナルシストかどうか』を最初に見抜けると、色々便利かもしれませんね。

下心アリの男も多い

ここまで、下心なしで送る男性の状況や心理について書いてきましたが、やはり『下心があるから送る』と言う男性が多いのも現状です。

男は、それが友達でも『できるならしたい』と考える場合が多いので、『送る』というのは口実で、当然その先を期待していることが殆どです。

 

例えば『送りながら口説く』とかこれは全然あり得ます。

車で送った場合、密室で二人きりですから口説きやすいですよね。

さらに、女性がOKならばそのまま発展もあり得ますから、そういうのを期待しているのです。

 

また、飲んだ後に送る心理としては、『流れで男女の仲になれないか』と考えている訳です。

そのまま彼女の家に入り込んで一線を越えるとか、こういうのを考える男はたくさんいます。

 

それに男は、一般的に興味がない女とは関わらないのです。

興味がない場合友達にもならないことが殆どです。

つまり、ある程度でも『異性』として何らかの魅力を感じていない限り友達にはなりませんから、その点では『送る=下心あり』と考えた方が妥当かもしれません。

 

もちろんこれまで書いてきたように、そういうことなしに送る男性もいますけどね。

 

しかし一般的には『友達になっている時点で自分を異性として見ている』と思った方が良いです。

結果的に考え過ぎだとしても、『友達だから何もないはず』と過信するよりかは全然良いので、普段は親しいとしても、『送るよ』と言われたらそれなりに考えた方がいいかもしれません。

送ってもらうのは危険?

なら結局送ってもらうのは危険なのか?と思うかもしれませんが、友達ならば危険はないでしょう。

ただし、口説かれたり言い寄られる可能性は十分にあるので、それが嫌ならば送ってもらうのはNGにした方が楽でしょうね。

 

それに女性の中には、『拒んで友情関係に亀裂が入るのが嫌だから』という理由でOKしてしまう人もいるのでは?

これだと自分が嫌でしょうし、また交際には発展せず、それどころか定期的に関係を求められるようになるため都合の良い女になってしまいます。

 

なので、あなたが優位な立場ならば送ってもらうのも全然良いでしょうが、断るのが苦手な性格ならばNGにした方が無難です。

何よりこの『送る』という問題、どうなるかは送ってもらってからじゃないと分かりません。

 

例えば、『この人は紳士的だから大丈夫』『気が弱いから安心』と思っていても、実際に二人きりになったら何を言い出すか分からないのが男女関係です。

つまりは事前の判断は100%ではないので、そういう意味ではあなた自身が自分の性格を熟知して、『男友達と関わるのはここまで』とか決めた方が良いように思います。

 

それに、二人きりになると卑怯な交渉をしてくる男もいますからね。

なので一般的には、『送ってもらうのならば好きな人限定』が理想でしょう。

最後に

友達男性に送るよと言われた場合、基本的には下心があると思った方がいいです。

ただし『今現在下心があるかどうか』は難しいところです。

 

というのも、現時点では何もなく送ると言う男性も多いのですが、そんな人も心理的には『惹かれているから送りたい』と思っている訳です。

なので、いずれは恋愛感情なり下心に発展する可能性が高いです。

 

男女は何かしらの目的を持って関わっていますが、男は大前提として、許容範囲内だから関わります。

女性の目的は『話を聞いてほしい』『奢ってほしい』といったように異性としての機能を求めないことも多いでしょうが、男は基本女友達に対しても『異性としての機能』を求めます。

 

従ってこのことからも、『送る』というのはその目的を果たすためだと言えるので、『送るよ』と言われた際には『口説かれるかもしれない』くらいには思っていた方がいいでしょう。

【関連記事】
初デートで下心を出す男は全て遊び?男性の心理と本音を紹介!
友達なのに奢る男性心理!脈あり?下心?何がしたい?目的とは