ツンデレ女子がモテる理由と男性心理!つい追いかけてしまう仕組みを徹底解説!

ツンデレ女子って、モテるのかモテないのか?いまいち分からないところがありませんか?

『ツンデレは無理』と拒絶する男性がいる一方で、『ツンデレは可愛い』と言う男性もいますので、結局どっちなのか分かり辛いですよね。

 

ツンデレ女子がモテるかどうかは、

 

女性のタイプ
男性の心理状態
環境

 

などによって大きく変わります。

 

良い環境が整えば相当モテますが、悪い環境になった場合モテないどころか憎まれる場合もある訳です。

以下では、そんなツンデレ女性について様々な角度から書いていきます。

ツンデレは、男性に追いかけさせる手段としては最強なので、相手の心理を読み取れるようならば、使ってみるのもアリかもしれませんね。

ツンデレ女子のギャップ効果には善し悪しがある

ツンデレと言えばギャップですよね。

このギャップ効果ですが、一般的には善し悪しがあります。

男は女性のギャップが好きですが、ツンデレに関しては、『これはない』と幻滅するパターンもありますから、そこは注意したいところです。

ツンからのデレはイメージダウン

実は、ツンからのデレってイメージダウンになる場合が多いのです。

これってとても意外じゃないですか?

むしろ男は、『ツンとしている女性が自分にだけデレデレする』これを好むと思いますよね。

もちろんそういう男性もいます。

 

しかし一般的には、ツンとした女性と交際する男性は、その『ツンとした姿』が好きだから付き合うのです。

しっかりしてそうとか誰にも媚びない姿に惹かれたからこそ交際しているので、実際に深い関係になってみたらデレデレするタイプだったら、『イメージと違った…』と幻滅する場合があります。

 

あなたも、クールなイケメンだと思って付き合ったのに、『実際は赤ちゃん言葉を連発するダメ男』だったとしたら嫌じゃないですか?

もちろんこれに関しても、『そういうところが可愛い』と思う女性もいるでしょうが、一方で『幻滅だ』と感じる女性もいるはずです。

 

こんな風に、ツンからのデレって意外と引かれる傾向があります。

何より心理的には、『既に手に入った相手がデレデレしてくる』という状況だと、そこで全てが満たされてしまうのです。

 

要するに、ツンとしたクールな女だから惚れさせるのは難しいだろうと思って臨んでいたのに、二人きりになった途端デレデレだったら、『簡単』な訳です。

これだと、男の狩猟本能は刺激されないため心理的に追いかけることがなく、だから満たされてしまうのです。

 

なので一般的には、ツンデレでも、『ツンからのデレ』はモテそうなイメージだけはあってもすぐに飽きられます。

ツンならばツンで通した方が断然モテるし飽きないので、あなたがツンならばその方がいいかもしれません。

デレからツンはプラス効果

一方で、デレからのツンはプラスに働く場合が多いです。

これも意外かもしれませんね。

しかも、『デレからツンになる』って印象が悪いと思いますよね。

確かに印象は悪いですよ。でも、それがいいんです。

 

というのも男は、交際前はデレデレタイプだった女が、付き合った途端に『ツン』としたら『何だコイツ』と思います。

『あんなに愛想が良かったのに』とか『誰にでも笑顔で接していたのに』と思う訳です。

しかし交際直後って、『だから別れる』でもないんですよ。

理由は、『何もかも手に入っていないから』です。

 

この状況は、条件として男性から告白なりアプローチした場合に限りますけどね。

その場合、『デレだった女が付き合った途端にツンになった』でも、『まだ肉体関係を持っていない』『まだ俺を好きになっていない』というダブルの不満があるため、むしろツンになられた方が追いかけます。

 

男は心理的に、『どうしても欲しい物』に関しては、『逃げるほど追いかけたくなる』のです。

狩猟本能に例えるのならば、どうでもいい小動物はそこまで追いかけないが、数日分の食料となる大型動物は命がけで狩りをするとかこんな感じです。

実際に日本人の祖先は、敢えて超大型のナウマンゾウを狩っていたと言われていますよね。

 

なので、『デレからのツンなんて印象が悪い』と思う必要はありません。

むしろ男性は『何としてでも振り向かせたい』と考えるため手法としては完璧です。

 

なので例えば、大勢の前では八方美人のように振舞って、あなたに好意を持ってきた男性に対してはちょっと素っ気なくしつつも誘いは断らないとか、こんな風にすると『デレからのツン』が完成するかもしれません。

こうすると、いつまでも追いかけてきてくれる、気持ちの良い彼氏を作れるでしょう。

ツンデレ女子がモテるかどうかは男性の心理状態次第

『デレからのツンならばモテる』と書きましたが、それでもツンデレに関しては、全ては男性の心理状態で決まります。

惚れ込んでいる場合には完全に追いかけるため良いのですが、惚れていない場合、何をやっても見向きもしないためきっと空しくなります。

 

男は、どうでもいいと思っている女に対しては本当に鈍感です。

つまり『何をされても気づかない』のです。

『自分を好きらしい』『何か伝えたいことがあるらしい』『あれは告白だったらしい』など、こういうのも全く気付かない場合があります。

 

なぜ気づかないか?それは『その女性が意識にないから』です。

あなたも、本当にどうでもいい男のことって考えませんよね?

そのためその男が、『実はあなたを好き』とか全く分からないでしょうし考えることもないでしょう。

 

男もこんな感じなので、ツンデレの場合、男性が惚れていないと全くモテません。

デレからのツンでもツンからのデレでも、基本的には『愛されていることが条件』になりますので、ツンデレで攻めるとしたら、最初に好意を持たせることが絶対条件と言えそうです。

注意しないと憎悪に変わる

またツンデレは、注意しないと憎悪に変わる場合があります。

デレからのツンならば、成功すれば高確率で追いかけられますが、一方でこの方法はかなりのストレスを与えるため、達成しなかった時には強大な憎悪になる可能性があります。

 

なので、ツンデレ手法で攻めるとしても、『追いかけさせるだけで何もさせない』というのは辞めた方がいいかもしれません。

 

理想は、『肉体関係は極力避けないこと』ですね^^

もちろん、毎回必ず応じる必要はないですが、それでも、毎回NOだと男は相当ストレスがたまるので、それだと近日中に爆発して去っていきます。

『体も気持ちも手に入らない』だとさすがに怒りにしかならないので、交際しているのならば男性の欲には応えてあげた方がいいように思います。

 

むしろ、『体は手に入るが気持ちは手に入らない』というバランスの方が男は燃えます。

この状態って絶妙なんですよ。

何しろ男としては『一線を越えたにも関わらず安定しない』訳ですから。

 

一般的な交際ならば、体の関係を機に男は安定期に入り彼女への配慮や気配りを緩めますが、なぜか気持ちだけ手に入っていない場合『まだ達成されていない』と感じるため気を抜きません。

女性は『交際したら彼氏の態度が雑になる』というのを嫌いますよね?

それを避けるための方法としてツンデレは有効ですし、確実に実現するためには『関係は持てるけど気持ちが手に入らない』と彼氏に思わせることです。

 

ツンデレって、上手くやれば完璧に追いかけてくるため居心地の良い交際ができますが、失敗すると強烈な憎悪にしかならないのでこの辺は注意した方がいいですね。

なので『体の関係』というのは必須なのです。

彼氏に、『アイツ、俺のこと好きじゃないな!でも、毎回できてるしな…』と疑問を持たせることがポイントです。

ツンデレは環境による作用が大きい

ここまで、ツンデレ女子やツンデレ戦略について書いてきましたが、実際には環境による作用が大きいため、『ツンデレ女になって彼氏をコントロールしてやる!』というのは難しいかもしれません。

もちろん不可能ではないですけどね。

しかし、相当な自己コントロールができないとダメですし、彼氏が初期の頃から心理的に追いかけていないと成立しないので、その点で本当に環境です。

 

私の経験として、これまでに『この女性はツンデレで追いかけさせたいんだな』と感じた人が何人かいましたが、そういうのって分かります。

やはり、こちらが冷静だと引っかからない訳です。

 

一方で、過去に交際した女性には完全に追いかけてしまった人がいて、それはこちらの心理と相手の性格がマッチしたからでした。

 

なので、最終的には彼氏に追いかけてほしいとしても、重要なのは出会った時の関係性です。

その時点で、あなたが先に惚れてしまったら上手くいかないので、『交際をするなら追いかけられたい』と考えるのなら、滅多に惚れない訓練をするのがいいかもしれませんね。

最後に

ツンデレ女子は、男性の好きレベルをさらに上げるという意味ではかなり良いです。

男をムキにさせるので、その点ではかなりモテる性格です。

 

ですから、『この人私に興味を持ってきたな』と感じた時の切替が大切です。

この心理を完璧に見抜ける人はモテます。

絶対的な上下関係が成立する手法なので、できたら楽しいかもしれませんね。