クリスマスを一緒に過ごそうと誘う男友達の心理!好き?何もなし?目的は?

『クリスマス予定無いなら一緒に過ごさない?』と誘ってくる男友達、この心理って分からなくないですか?

『好意があるから誘っているのか?』『単純に友達としてなのか?』なんとも分かり辛いですよね。

 

一方で、あなたも特別予定がなかったら『クリスマス一人でいるよりかはマシだし』と、一緒に過ごしたりするのでは?

以下では、そんなクリスマスに誘う男友達の心理を紹介します。

 

クリスマスって、相手が男友達でも何となく意識してしまう日ですからね。

もちろんこの意識してしまう感覚は、男も同じです。

なので、心理的に『何もないけど一緒に過ごしたい』というのはごくごく稀です。

その辺について書いていきます。

ある程度気になっている可能性アリ

『ある程度気になっているから一緒に過ごしたいと思う』これが一般的な男性の心理です。

たとえ友達でも、やはり気になっているからクリスマスに誘う訳ですし、言い換えれば『なんとも思っていなかったら態々クリスマスに誘ったりしない』とも言えます。

なので、その相手が男友達でも、クリスマスに誘われたのならば、何かあるないは別として、『異性として見られている』くらいには思って良さそうです。

クリスマスは特別な日

クリスマスって特別な日ですよね。

なので、普通は良い想い出を作りたいと考えます。

例えばクリスマスシーズンが近づいた時に『去年はつまらなかったな』と思い出したくないため、そういうこともあり、一般的には一緒に居たい相手を誘う傾向があります。

 

一方で男性の場合、必ずしも好きな子を選ぶとは限りません。

というのも男は、『気になる』『惹かれる』『惚れる』の順で興味の度合いが強くなるため、気になる程度の段階でも一緒に過ごしたいと思いますし、惹かれている段階ならば『もっと知りたい』『深い仲になりたい』と考えることは当たり前です。

 

なので、『惚れる(好き)』まで到達していなくても、全然クリスマスに誘ったりする訳です。

 

ちなみにこの感覚は、普段友達として関わっていても普通に持ちます。

要するに、『この子は可愛いし気になるな』とか『魅力的で惹かれる、良い関係になりたい』などは、たとえ友達でも当たり前に持っている感情です。

こんな風に、普段から女友達を異性として見ているのが男ですから、そういうこともあり、クリスマスに誘ってきたら、高確率で『気になっている』と言えるでしょう。

クリスマスをきっかけにしたい

一方で、クリスマスをきっかけにしたいから誘っている場合もあります。

友達として関係が安定し過ぎていて、『とても告白する雰囲気じゃない』ということもありますよね?

そういう時にはきっかけが欲しいわけですが、クリスマスに一緒に過ごすことでお互いに意識したり急展開も期待できるため、『そろそろ恋人に昇格させたい!』という願いを込めて誘う場合もあります。

 

なのでこの場合、普段友達として会っている時よりも過ごし方が全然デートになるはずです。

クリスマスなので綺麗なイルミネーションを見たり、お洒落なレストランが予約されていたり、きっと気合いの入れ方が違うはずです。

 

男は心理的に、『落としたい!』という時には格好つけたり女性が喜びそうなことをしますからね。

なので、普段はどうでもいい話で盛り上がるだけの友達だとしても、クリスマス当日はお洒落なディナーとかデートコースが用意されているようならば、『好きなのかもしれない』と心の準備をした方が良いでしょう。

女性の脈を確認したい

一方で、女性の脈を確認したいからクリスマスに過ごす提案をする場合もあります。

というのも、自分が好きな時って一人で盛り上がったりもして冷静になれませんから、はっきりとした答えが知りたい訳です。

男友達側としても『彼女の方はどうなんだ?』というのが最も気になるため、それもありクリスマスに誘ったりもします。

 

この場合『OKならば脈アリ』と判断するのが一般的です。

なので、女性は自分の気持ちに気づいていることも前提になっています。

ですから、相手があなたを好きそうならば、たとえ友達でもクリスマスはしっかり考えた方がいいでしょう。

 

あなたが受け入れられるようならばOKでいいでしょうが、『答えらえない』と思うのならばデートは避けた方が無難です。

おそらくNOでも友達ではいられるので、慎重になった方が良い状況ですね。

下心だけの可能性もある

単純な下心だけで、クリスマスを過ごそうと誘う男性もいます。

お互いに予定がない場合、『クリスマスどうするの?』みたいな話になりますよね。

そうなると、普段から『いい女だな』と思っていたとしたら、『クリスマスを一緒に過ごして楽しいことをしたい!』と考える男もいるわけです。

 

男は『チャンスがあるならしておきたい』『チャンスを作ってでもしておきたい』と考えるので、結局下心だけの男も存在するわけです。

ただし、クリスマスに誘う男の全てがそうとも限らないため、この辺は見極めが大切です。

普段から軽い男は要注意

ポイントは、普段から軽いとか調子がいい男は注意ということです。

こういう男は、『真剣にデートしよう』という心理にはならず、『さっさと楽しみたい』と考える傾向があるため、女性を誘う目的もたった一つでしかない場合が多いです。

 

なので、友達としては楽しい男でも『軽いな』と感じたり、過去の恋愛経験等が『酷いな』『自分勝手だな』と思えるようならば、クリスマスに誘われてもきっぱり断った方がいいでしょう。

 

事実クリスマスに関しても、お洒落なレストランとかイルミネーションなどはなく、『うちで映画でも見ない?』とかこんな誘い方の可能性もあります。

これだと、目的が明確過ぎますよね(笑)

もちろん、あなたもその気ならば全然いいんでしょうけどね。

 

いずれにせよ、好きなのか下心だけなのかの見極め方はデートの内容です。

しっかりクリスマスをするようならば好き傾向なので、仮にその夜に結ばれても、先があるかもしれません。

純粋に友達としての場合も

稀ではありますが、一切意識せず、純粋に友達として誘っている場合もあります。

普段から二人で飲んだりする関係ならば、その時点で異性を意識していない場合もありますので、そうなると、『クリスマス暇ならば一緒に飲まない?』とかこういうのもあるでしょう。

 

こういう関係だと、どちらかの家で飲んだりしても何もなかったりもしますし、男も『この女は大切な友達だ』と思うと心理的に何かをしようと思わないため、いつまで経っても発展したりしないのです。

 

男女の友情に関しては賛否が分かれますが、お互いに全く意識していなければ成立するように思います。

一方で、意識していないとはいえ男女ですから、同性といるよりかはドキドキする関係ですよね。

そのちょうど良い距離間ならば何もないですし、特別『クリスマスだから』ということにも捉われずに会ったりすることもあります。

 

なので、普段から二人で飲むくらい親しい関係ならば、クリスマスに誘われたとしても意識しなくて良いかもです。

 

ただしこの関係、どちらかが精神的に弱っている時には崩れる可能性があります。

そういう時は、身近な異性に救いを求めたくなるのが人間の心理なので、その点でややこしくなる場合もあります。

ですから、例えば『クリスマスは混んでいるし家で飲もう』とかになったとしたら、お互いの精神状態はしっかり考えた方がいいでしょう。

 

結局男と女は、どれだけ『ない』と思っても、小さなきっかけ一つで発展してしまうので、その辺は覚悟しておいた方が良さそうです。

最後に

男友達にクリスマスを一緒に過ごそうと誘われた場合、たいていは、あなたを気になっているか下心があるかだと考えられそうです。

ですから基本的には、発展しても良いと思える相手かで判断するのが無難でしょう。

 

やはりクリスマスって、それなりにムードがあるためデートをしたら飲み込まれる可能性もあります。

『食事だけならいいや』と思っていたのに、クリスマスの雰囲気に飲まれて結局二人きりになってしまったとかこういうのもあるはずです。

一方で男は、そんなクリスマス効果を狙っていたりもするので^^

 

毎年必ずやってくる季節なので、『去年は最悪だったな』とか、この時期が来るたびに思い出さないでいいように、相手はしっかり選びましょう。

【関連記事】
クリスマスイブにデートするのは好きということ?イブに誘う男性心理
クリスマスとクリスマスイブの違い!男は心理的にどちらが本気?
女からクリスマスデートに誘う方法と注意点!OK率が高い誘い方とは