20歳代後半で結婚したいのか分からない女性がやりたいこと!後悔しないための法則

20歳代後半くらいになると結婚式に呼ばれる機会が増えたり、女子会でも、何かと結婚に関する話題が多くなるのでは?

女性はこのくらいの年齢になると結婚を意識しだしますよね。

『30歳までには結婚したい』『子供は〇人ほしい』といったように、具体的なプランが決まっている人もいるのではないでしょうか?

 

一方で、『結婚したいのか分からない』と悩む人も多いですよね。

20歳代後半ってとても複雑で、精神面も体力面もまだまだ若いですし、社会人としてもまだ若手として扱われるため、『結婚をして家庭を持つ』ということに実感が沸かない人もいるはずです。

要するに、大人ではあるけれど『大人と子供の中間』とも取れる年代なので、それもあり『結婚したいのか分からない』と悩んでしまう人もたくさんいる訳です。

 

一方で20歳代後半だと、30歳代の手前であるためのんびりもできないと思いますよね?

もちろん、30歳代になったら結婚できないとかそんなことではないですが、年齢が若いほど結婚率が高いことがこの国の現状です。

 

従ってこの記事では、結婚したいのか分からないと悩む人がやりたいことについて書いていきます。

最も恐れるべきは、今の決断に後悔することです。

後になって、『この選択は違った』と思う人も多いので、それを避けるためにも徹底的に考え尽くしましょう。

自分が結婚したいのか必要ないのか、あらゆる可能性を考えてみましょう。

10年後も現状と同じでいいか考える

最初に言えるのは、10年後も現状と同じでいいかを考えることです。

今は実感がないかもしれませんが、20歳代後半と30歳代後半は明らかに違います。

そのため例えば、『私は、10年後も独身のままでいい』と判断したとしても、それを10年後にも受け入れられるかはまた別問題なので、それについて考えてみる必要があります。

20歳代後半と30歳代後半の違い

20歳代後半と30歳代後半とでは、努力ではどうにもならない壁があります。

仕事や健康面は今から努力していれば10年後も現状と同じかそれ以上にできますが、自分の力ではどうにもならないものが『人間関係』と『自分自身』の変化です。

以下ではそれぞれ解説します。

人間関係の変化

まずは人間関係の変化。

残酷なようですが、確実にモテなくなります。

20歳代後半ならば問題なくモテるかもしれませんし、『男を切らしたことがない』『寂しいとか感じない』『奢ってくれる男がいくらでもいる』とかこんな状態かもしれません。

 

しかし30歳代後半の場合、こういう男は激減します。

ゼロになるかどうかは分かりませんが、確実に数は減ります。

 

女優を例にすると分かりやすいかもしれません。

彼女らも、アラサーをピークにその後はドラマや映画の出演が激減しますよね。

もちろんCMでも見かけなくなるでしょう。

これは、『その下の世代に人気が移行するから』です。

 

厳しいことを書いてしまいますが、これは一般人でもあることです。

なので、現状がどんなに満たされていても、10年後は今と同じではないですし、それは自分の力ではどうにもならないため、結婚したいのか分からない場合には参考にするべきと言えそうです。

 

また、人間関係の変化にはもう一つあり、それが友人関係です。

これも、20歳代後半と10年後では異なります。

厳密には、10歳代後半の時と20歳代後半でも違ったはずです。

10年前に親しかった人全員と、今でも変わらず親しいでしょうか?

親しい場合、それは相当稀です。

たいていの場合、年齢と共にそれぞれの道に進んだり事情があって少しずつ離れていくはずです。

 

これは、今から10年後にはさらに顕著になります。

何より、独身者は圧倒的に減るため、『結婚しなくてもいいかも』と思っている場合には、その未来も受け入れる覚悟が必要です。

現在は仲間に満たされていても、結婚して忙しくなったりパートナーの都合で疎遠になるなど皆色々あります。

 

こんな風に、人間関係の変化に関してはどうにもならないので、結婚したいのか分からない場合には、これも十分に考えておいた方がいいかもしれません。

自分自身の変化

20歳代後半と30歳代後半の違い、続いては自分自身の変化です。

自分自身の問題は努力でどうにでもなると思うかもしれませんが、そうでもないです。

というのも、20歳代後半までは確かに努力でどうにでもなりますが、そこから先の10年、さらに10年後は、努力をしても限界があります。

 

具体的には体力です。

最も分かりやすいのはアスリートの引退。

競技によりますが、30歳代で引退するアスリートって多いですよね。

アスリートは、日々同じトレーニングを繰り返しているにも関わらず、年齢と共に体力の限界を感じ引退を決意します。

こうして考えると、普通の人が『努力していれば10年後も全く衰えない』というのはあり得ないと思いませんか?

 

さらに、体力が低下すると気力もなくなってくると言われています。

そのため、20歳代後半の今ならばなんとも思わないことでも、10年後には気になったりとかもあるため、この点でも『10年後も現状と同じで良い』と思えても、『全く同じではいられない』という覚悟が必要と言えそうです。

結婚と独身のメリットデメリットを見比べる

結婚したいのか分からない場合には、結婚と独身のメリットデメリットを見比べてみるのも大切です。

『どうしたいのか分からない』この気持ちの時にはしっかり分析できていないので、それぞれに対し時間をかけて向き合ってみましょう。

結婚と独身のメリットとデメリット

以下は、主に考えられる結婚と独身のメリットデメリットです。

 

結婚のメリット(独身のデメリット)

 

精神的な安定(不安定)
共に助け合える(支えてくれる相手がいない)
家族がいる(常に孤独)

 

 

結婚のデメリット(独身のメリット)

 

時間、自由、お金の拘束(全て自由)
離婚による泥沼化(リスクがない)
冷え切った夫婦生活(リスクがない)

 

簡単に言うと、

『結婚は、上手くいけば幸せだけど合わないと日々ストレスを受け泥沼化する』

『独身は、精神的には不安定だけど時間やお金、行動などすべて自由』

といった感じです。

 

そしておそらく、20歳代後半で結婚したいのか分からないと感じている多くの方は、『独身は寂しい・不安定』という実感がまだないはずです。

こういうのを考える場合、どうしても今を基準にしてしまいがちですからね。

しかし、先ほどの『10年後』のところでも書いた通り、未来と今とでは全然状況が違うので、それも含め考えた方がいいですよ。

 

おそらくポイントは、この『今は大丈夫でもこれから先独身だと孤独で寂しい可能性が高い』という部分です。

なので、結婚するかどうかは別としても、『いつでもできるように行動しておく』のは大切かもしれません。

 

例えば、たくさんの男性と連絡を取れる状態にしておけば、そのうちの誰かと気が合うかもしれませんし、『この人なら結婚してもいいかな』と思える相手が見つかる可能性もあります。

結婚するかどうかは最終的な決断でいいので、準備だけでもしておくと気持ちが楽になりますよ。

子供が欲しいかどうか

子供が欲しいかどうかは、結婚を考える一つの目安と言えますよね。

欲しい場合、シングルマザーという方法もありますが、やはり旦那さんがいた方がいろいろ助かりますし、子供もその方が楽しいと思えるため結婚を考えた方がいいように思います。

 

女性によっては『結婚はしたくないけど子供は欲しい』という人もいますよね。

つまり、誰かと夫婦になるのは面倒だけど、子供は可愛いから育ててみたいというタイプの方です。

この考えも全く悪いとは思わないのですが、難しいのは、現在の日本では『それを実現できる仕組みがない』ということです。

例えば恋人に、『結婚はしなくていいから子供を授けて』と頼んでも、法律上は父親になるため簡単に受け入れられる男は少ないように思います。

 

なので子供が欲しい場合には、原則結婚を選んだ方がいいでしょうし、それが近道かもしれません。

彼氏の立場としても、『結婚して子供が欲しい』と言われるのと、『結婚はいいから授けてほしい』と言われるのとでは全く印象が違います。

後者は、当然『あなたは必要ない』と言われているのと同じなので、それもあり理解してくれる男は少ないでしょう。

 

ですから、現状結婚したいのか分からないとしても、『子供は欲しいな』と感じるようならば、20歳代後半の今のうちに、前向きに結婚を検討した方がいいかもですね。

今最も拘っているものは何か

ちなみに、今最も拘っているものは何ですか?

例えば仕事とか趣味とか、友人関係でも、『この時間が大事』と思えるものがあるのかなと思います。

そうやって満たされたものがあると、『結婚したいのか分からない』と思えることもあります。

 

現状に満たされるほど『このままでいい』と思いがちですからね。

よくあるのが、『仕事を大切にしてきて結婚を考えなかった』というものなのでは?

20歳代後半の場合、仕事も楽しくなってくる時ですからその可能性もありますよね。

 

もちろん、現状が楽しいのは良いことなんですが、それと将来は別で捉えた方がいい場合もあります。

さらに、『仕事・趣味・仲間・恋愛・結婚』などは、全て別次元として考えた方がいいかもしれません。

一つの度合いが大きいと他への関心が薄れてしまいあまり考えなくなってしまうので、バランス良く時間を振り分けられると理想です。

 

例えば、帰宅後はじっくり将来について考える時間を作るとか、こんなのも良い方法です。

家に帰ったら何をしていますか?

ネットやテレビを見るなどのリラックスタイムでしょうか?

それも大切ですが、たまに、ネット等を一切見ず、静かな部屋の中で今後について真剣に考えてみるといいですよ。

そうすると、『自分が本当に進みたい道』が見えてきたりします。

 

20歳代後半って、仕事以外でも何かと忙しい時期なので、自分について考える時間がないと思います。

なので、敢えて作った方がいいですよ。

『結婚したいのか分からない』これに関しても考えることで答えが見えてくるので、是非やってみて下さい。

他人の状況に左右されないこと

結婚したいのか分からない時にやってしまいがちなのが、他人の状況に左右されたり影響を受けることです。

特に女性は、本能的に共感する特性を持っているので本当に気を付けましょう。

 

『結婚すべきかしないべきか』これは、自分で決断することです。

『友人が結婚生活は楽しいと言っていたから』『上司が離婚したから』など、こういうのに振り回されず、自分はどうしたいのかで決めましょう。

 

他人の言動なんて、9割は思惑が入っています。

例えば、『結婚は良い』と言った友人がいたとしても、本当に良いとは限りませんよね。

もしかしたら冷え切っていても、『最低の結婚生活だ』なんて言いたくないのかもしれません。

 

なのでこういうのって、人の状況を見て決めない方がいいです。

それでもそういう情報って必ず入ってきますので、参考程度にしておきましょう。

 

20歳代後半だと、まだ誰かに影響を受けるかもしれませんが、自分の力で決断しなかったことってどちらの結果でも後悔することが多いので、自分の気持ちだけを基準にしましょう。

最後に

20歳代後半って、結婚以外にもたくさんの選択肢があると思います。

そのため結婚に関しても、したいのかどうか分からないと思ってしまうのも無理はありません。

人生の分岐点ともいえる状況に差し掛かっているので大変だと思いますが、これからの決断は大きなものが多いので、慎重に考えていきましょう。

 

何よりも、後悔しないためには自分で決めることです。

自分の力で考え尽くして答えを出せば、後悔は避けられます。

10年後・20年後に、『この道を選んでよかった』と思えるよう、今を大切にしましょう。